加古川 バイパス 事故 今日。 兵庫・加古川バイパス4台玉突き、酷い大破の車画像…母子3人死亡事故の原因は?キャリアカーの運転手逮捕!

加古川バイパス

加古川 バイパス 事故 今日

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 25日午前10時半ごろ、兵庫県加古川市平岡町高畑の国道2号加古川バイパス上り線で、車4台が絡む事故があった。 県警によると、うち軽乗用車1台が前後のトラックに挟まれる形で押しつぶされ、乗っていた30代とみられる女性と子ども2人の計3人が死亡。 残る3台の運転手ら計3人がけがを負ったという。 県警高速隊によると、現場は片側2車線の直線道路の追い越し車線で、ゆるやかな上り坂。 軽乗用車は先頭の大型トラックと、3台目の中型トラックの間に挟まれて大破。 中型トラックの後ろに車を運ぶキャリアカーが衝突したという。 大型トラックの運転手の男性(47)が軽傷を負ったほか、中型トラックの60歳ぐらいの男性運転手と、キャリアカーの男性運転手(50)が病院に運ばれた。 いずれも意識はあるという。 県警は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで捜査している。

次の

車4台が事故、トラックに挟まれ女性と子ども計3人死亡:朝日新聞デジタル

加古川 バイパス 事故 今日

先の2名の回答者が、もっともらしい意見を仰っておられますが、 実際の答えは、もっと単純なものだと思います。 『無料』であるが故に、車が多いだけの話だと思います。 車が多くなればその分、単に運転が下手くそな連中も多く混ざります。 速度超過が本当の原因であるなら、高速道はもっと事故が多いはずです。 特に、中国道なんかは「起伏しながらのカーブ」も多々にありますが、そんなに事故は起きません。 畑違いな話ですが、 人が群がる所では、喧嘩が勃発しやすいのと意味は同じでしょう。 昔 有料道路であった時代 は、今ほど事故はなかったですよ。 平日の通勤ラッシュ時に、1番事故は集中します。 僕は通勤ではなく、仕事の移動で、よく利用してますが、 やはり、通行量が多いのが一番の原因でしょうね。 改修工事をして、一時的に渋滞が解消されても、更に通行量が増えて、渋滞する。 イタチごっこのような感じです。 特に通勤時間帯は、一部の血迷ったドライバーが周囲確認せずに無謀な運転をするので事故が多い。 別に速度の出し過ぎだけが原因では無いと思います。 最近は確かに事故が多い気がしますが、もっと昔、30年近く前も、事故が多かったです。 そのほとんどが、やはりIC付近での事故でした。 また、今以上にICの誘導路の距離が短かったので、どのICでも信号待ちの車が本線に溢れていましたね。 最近は東播磨道ができたが為に、JCT付近に、ザクが増えたので、更に自然渋滞が増えましたね。 加古川バイパスは、アップダウンは有りますが、直線道路で、卓上の地図だけで見れば、あんな走りやすそうな道は、中々無いのですが、走りやすいが故に、事故が多い気がします。 また、3車線にすれば、一時的に渋滞は緩和されるかもしれませんが、姫路バイパスを見ていると、反って通行量が増えて、いずれ元に戻るような気もします。 加古川バイパスなんて、開通してから、もう40年以上は経過してます。 時代に追いついていないのと、周辺に工場や住宅が増えて、追いつけないのが現状でしょう。 加古川BP上り 高砂北ランプ~加古川西ランプ 右カーブした直後に下って上り坂になっており、この上りで速度の落ちた車に追突する事故が多発。 いわゆる速度の出しすぎです。 大型も80~100くらいで走っています。 恐らく高砂北~加古川西の間で事故が頻繁に起こっているはずです。 姫路BP 下り 中地ランプの渋滞と事故 車の集中により出口信号で処理できずが原因。 そして渋滞を避けようとした車が横に出てきたときに追突するパターン。 上りも同じですが、トンネル内でも渋滞しているので、トンネル内での事故もしょっちゅうやってます。 追加 今日も加古川BP姫路BP走りましたが、上り加古川西ランプ手前の上り坂で速度が落ちるんですよね。 実際にも同じ箇所で事故ってるのを見ています。 高砂北からの合流で事故ってるのもありますが、ただ単に【無料】だからではないですよ。 補足 事故が一番多いのが加古川西かな。 上り加古川ランプも朝は激混みで、無理に割り込みする車も多数あるから、後続車がブレーキをかける要因。 下りも加古川ランプの信号から渋滞。 これはしょうがない。 大型車は昔からで相生付近のR2を見てたらわかるけど、とにかくほとんど大型車!アップダウンもあるけど、高砂北過ぎたあたりの右カーブをすぎて下り坂から上り坂。 ここで詰まってるとこ下りからよく見かけています。 姫路BPも中地あたりはよく似ていて、ここもよく渋滞していますよね。

次の

加古川バイパス4台玉突き事故で小橋浩二、金哲寿容疑者の顔画像は?現場で事故が多い理由、事故原因も調査 │ オノマトペ

加古川 バイパス 事故 今日

事故の概要 25日、兵庫・加古川市で車4台が玉突き衝突し、軽自動車の幼い子ども2人を含む親子3人が死亡した事故で、警察は、50歳の運転手の男を逮捕した。 25日午前10時半ごろ、兵庫・加古川市平岡町の加古川バイパス上り車線で、車4台が玉突き衝突した。 4台は、先頭から大型トラック、軽自動車、中型トラック、そしてキャリアカーの順で走っていて、2台のトラックの間に軽自動車が挟まれた。 この事故で、 軽自動車に乗っていた衣笠佳奈さん 32 と長女の咲羽 みう ちゃん 2 、長男の蓮士 れんと ちゃん 0 の死亡が確認されたほか、トラックに乗っていた運転手2人もけがをした。 その後の調べで、最後尾のキャリアカーが、停車中の中型トラックに追突したことが、事故のきっかけになったことが判明。 警察は、 過失運転致死傷の疑いで、キャリアカーを運転していた 小橋浩二容疑者 50 を逮捕した。 小橋容疑者は、「追突事故を起こしたのは間違いありません」と容疑を認めている。 写真 引用:FNN 車4台の玉突き事故ですね。 母子3人が亡くなり、他の3台のトラック運転手もケガをして病院に搬送されました。 事故で亡くなった方々は? 氏名 衣笠佳奈 年齢 32歳 住所 姫路市北条梅原町 軽自動車を運転していました。 この車に同乗していたのが、 長女咲羽(みう)ちゃん(2)、長男蓮士(れんと)ちゃん(生後3カ月)です。 3人は、警察や消防が到着して軽乗用車内から外に出されましたが、すでに死亡していたそうです。 即死だったのかもしれません。 スポンサーリンク 事故現場の画像 上空からの画像です。 引用:FNN 先頭車は移動したようですが、軽自動車から後ろ2台が衝突したままの状況で止まっていますね。 軽自動車は、自動車としての原形をとどめていません。 引用:FNN 警察や消防が、車内から母子を救出しようとしています。 ですが、車がクシャクシャになっていて、ドアーも動かず苦労されているようです。 引用:FNN 軽自動車はこんなになってしまいました。 座席がこんなに押しつぶされています。 原形の3分の2くらいに縮まってしまったようです。 引用:FNN 軽自動車の後ろのトラックと最後尾のキャリアカーとの衝突部分。 積んであった車が、前のトラックにめり込んでいまね。 それだけ衝突の衝撃が強かったのでしょうね。 引用:FNN 事故の原因は? 過失運転致死傷の疑いで逮捕されたのは、キャリアカーを運転していた 小橋浩二容疑者 50 です。 その後の調べで、事故原因は、最後尾のキャリアカーが、停車中の中型トラックに追突したことが判明したからです。 引用:FNN 先頭の大型トラックが停止し、軽自動車、中型トラックは正常にとまった。 そこにキャリアカーが突っ込み、玉突き事故になり、一番強度の弱い軽自動車が押しつぶされたようです。 車体の重い車がぶつかってきたら、衝撃はもの凄いでしょうね。 なぜ、キャリアカーは突っ込んでしまったのでしょうか? 考えられる原因としては ・居眠り運転をしていた ・わき見運転をしていた(携帯電話を操作していた等) 等があげられます。 現時点では、わかりませんが、、、。 しっかりと前を見て運転をしていたら、こんな事故は起きなかったはずです。 追記: 小橋容疑者は調べに対し、「前が止まるとは思っていなかった」と話しているそうです。 また、先頭のトラックの運転手は「渋滞が発生していた」と話しています。 渋滞で止まることはよくあることですから、それに対処できるような速度と車間距離が必要です。 「前が止まるとは思っていなかった」というのは、言い訳ですね。 このような事故の場合、普通に乗っている者としては防ぎようがないですよね。 後ろからドーンと衝突してくるわけですから。 考えられる対策としては、前の車との車間距離をあけて走行、停車ということが考えられるます。 ですが、これも道路事情によってはなかなか難しいですよね。 車間距離をあけて運転をしていても、他の車がそこに割り込んできて、車間距離が縮まってしまうことがよくあります。 運転手、一人ひとりが、しっかりきちんと安全運転してもらうしかないのではないでしょうか。 スポンサーリンク 現場はどこ? 現場は、兵庫県加古川市平岡町の加古川バイパス上り車線です。 真っ直ぐな道路が続き、運転し易いようですが、返って、そのことが運転手にスキを与えるのかもしれませんね。 ネット上の反応 車間距離は大事だと思う。 旦那さん相当辛いよな。 引用:ヤフーニュース *残されたご家族は辛いですよね。 毎日、トラックの追突事故の報道が後を絶ちません。 プロドライバーとして追突事故は絶対起こしてはいけない事故です。 前を見ていないでどこを見て運転しているのでしょうか。 そんな人がひとたび事故を起こしたら大惨事になる大型車両を運転して良いのでしょうか。 業界ももっと危機感を持たないと悲惨な事故が無くならないと思います。 引用:ヤフーニュース キャリアカーは10t近い重量物を積載してるんだから、追突したらどうなるか? ドライバーは良く考えて運転 してない馬鹿がこんな事故を起こす 法定速度以上出ない仕組みや自動ブレーキ、居眠り運転とアルコール検知などフル装備しなきゃ車検通らないようにすべき 引用:ヤフーニュース スポンサーリンク まとめ 事故のニュースが後を絶たない現状です。 それぞれの運転手の安全運転と車の各種の装備とで、少しでも事故をなくしましょう。 亡くなられた3人のご冥福をお祈りいたします。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の