インターネット速度。 【2020最新】人気光回線9社の速度比較|実測値データは裏切らない!

【2020最新】人気光回線9社の速度比較|実測値データは裏切らない!

インターネット速度

測定結果をCopy インターネット回線の速度は主に利用するサービスによってどれくらいの速度が必要なのかが変わってきます。 WEBサイトの観覧であれば3Mbps~5Mbpsの速度があれば十分といった感じで、あなたの利用する用途でインターネット回線を決めるのが一番ではないでしょうか。 光回線は今や最大上り下り最大10Gbpsの速度で通信が可能な時代になっています。 そこまで本当に必要か?と聞かれれば、そんなにもスピードは必要ないでしょう。 1人で4K動画をみても20Mbps~40Mbpsあれば十分事足ります。 そんなに速度は必要ないと言っておきながら、もし私の住んでいる地域で10ギガサービスが展開されれば即申し込んでしまいます。 これはもうロマンですね。 1Gbpsを超える!スピードの向こう側を勝手に求めてしまいます。 スピードテストから少し話がずれましたが、光回線の現在のスタンダード1Gbpsを契約しても1Gbpsが出る事はありません。 ベストエフォートといって光回線の提供事業者は機器の最大値1ギガの速度を実現する為にサービスの改善をしながら提供していきますよ。 といったサービスです。 実際は様々な要因があって速度は落ちてしまいます。 私が以前利用していたフレッツ光ネクスト隼1ギガサービスは、昼間の快適な速度から夜間の混雑時には1Mbpsまで隼なみのスピードで悪化する光回線でした。 最近は画像なども多いWEBサイトが沢山ある為、WEBの観覧もスムーズにいかずにストレスMAXでしたので私はauひかりに乗り換えたわけですが、結果はものすごく良好で快適です。 インターネット回線を乗り換える前に是非一度スピードテストを実行して今の回線がどんな状況なのかを把握する事も大切かもしれません。 Contents• インターネット回線速度を改善できる一番簡単かつ有効的な方法 インターネット回線の速度を改善する一番簡単かつ効果的な方法としてはインターネット回線を乗り換える事が挙げられます。 特にフレッツ光をご利用中であれば絶大な効果を発揮できるでしょう。 今やインターネット回線はIPoE接続の光回線が主流になりつつあります。 残念なことにフレッツ光はPPPoE接続といって一昔前の古いインターネット接続方式となります。 IPoE接続との速度差は3~5倍程度IPoE接続が速い実験結果が公開されています。 実証実験元:NTT Communications インターネット速度はIpv6によく絡めて紹介されますが、Ipv6とはIpv4のIPアドレスの枯渇問題に対策した新しいIPアドレスの規格でインターネット速度とは根本的な部分が違いインターネット速度とは関連性が薄いので間違えないようにしてください。 インターネット速度はIPoE接続であることが高速通信を可能にする条件となり、その接続方式を採用しているのが、auひかりで先駆けとなっています。 続いてNURO光やIpv6オプション、プラス、アルファの名前で販売されている光コラボレーションとなります。 特に他社からの乗り換えでauひかりはキャッシュバックキャンペーンが手厚い為、業界No. 1の乗り換えメリットがあります。 光回線を選ぶ時には特に重視されるのが、利用しているスマホとのセット割引です。 ですが、実際問題光回線とセットで利用予定のスマホがあなただけの1台だとすると、お得!とは言えなくなっています。 1人の場合は500円~1,000円程度が割引の相場です。 しかもスマホの利用しているプランが割と安い料金設定である3G程度の通信料金プランの場合は割引額0円となることがほとんどです。 家族が多い場合でも割引対象になる料金プラン(5G以上の大容量通信プランがほとんど)を利用している家族は、果たしてどれくらいいるでしょうか? スマホのパケット利用量が割引金額が大きくなる境界ラインの5G程度であれば光回線を自宅に導入しWiFi環境を構築する事で3G程度に抑える事も可能になるでしょう。 そう考えるとスマホの利用コストを下げたいのであれば、格安SIM・格安スマホを利用した方がお得になる場合が多々あります。 POINT 光回線を選ぶ際にはスマホとセット割引を考える必要性は無い ですから自由に光回線を選ぶと良いかと思います。 業界No. 1のキャッシュバックキャンペーンを行っていて、IPoE接続のauひかりは文句のつけようがありません。 問題はauひかりがエリア外の場合です。 auひかりは人口密集地でもある東海エリア、関西エリアではホームタイプが提供不可となっています。 そういった場合はキャッシュバックキャンペーンがauひかりほどではありませんが、高速通信を期待できるIPoE接続が可能な光コラボレーションを選択すると良いのではないでしょうか。 インターネット回線が遅い場合の一番の対策方法を私の経験から紹介しましたが、速いはずの光回線を利用しているにも関わらず、スピードテスト結果が思うような数字がでない場合は、利用環境を疑った方が良い場合もあります。 10ギガサービスについての対策を紹介していますが、1ギガサービスの場合も同様です。 以下の記事で詳しくお伝えしていますので一度ご覧になってみてください。 スピードテストの仕組み スピードテストの仕組みを少しお伝えしておきます。 Flashプレーヤーが必要だったりJAVAが必要だったり、Javascriptが必要だったりでスピードテストを実行するにはいろいろな条件があったりします。 ですが、どの方法でも基本的な構造は同じで、サーバーから一定の量のデータを受信します。 その一定量のデータを受信する為にかかった時間とで算出されています。 受信はサーバーからデータをもらう下り方向=ダウンロード速度となります。 送信はサーバーにデータを送る上り方向=アップロード速度となります。 各スピードテストサイトはその計算測定方法やデータをJAVAを利用して計測するのかFlashを利用して計測するかの違いになります。 スピードテストサイト毎で測定結果のばらつきがある 色々なサイトでスピードテストを実行し、測定サイトごとで少々の違いであれば、インターネットの通信とはそういったもですから気にする必要がありません。 計測するタイミングで違って当たり前です。 こちらでご紹介したスピードテストサイトで実際に私が計測した結果からは、BNR、USEN、RBB、Googleを除けばどこも似たような結果だったと言えます。 それでは特になぜBNRやUSENではかなり違う結果がでたのか?気になりますよね。 それはスピードテストの方法にあります。 スピードテストの開始直後にサーバーとやり取りをして測定に使うデータ量を決定している方式で、段階的にスピードが速い回線は大きいデータを準備して計測の正確性を求めます。 おそらく想定が100Mbpsの回線を想定したテストデータ量の為、それ以上の高速回線でスピードテストを実行した場合、ダウンロードにかかる時間が短すぎて、ロスなど考慮した計算式が当てはまらず、正確な計測が出来ない状態となっていると想定できます。 高速な光回線の場合はNURO光やKDDIauひかり公式、ラディッシュなどを利用して計測すると良いでしょう。 回線事業者が開発しているauひかりスピードテスト、NURO光やラディッシュは回線事業者が採用できるレベルの計測品質だという事です。 スピードテストサイトにあるPing値とは? スピードテストで重要な指標は〇〇Mbpsといった一秒あたりにどれだけのデータを転送できるかといった指標の他にPingという遅延に関する値があります。 このPing値、遅延ともいいますが、具体的にはデータをサーバーからダウンロードする際にはダウンロードしたい意思をサーバーに伝えた後にダウンロードが始まります。 サーバーにコンタクトするまでにかかる時間をPing値で表されています。 〇〇Mbpsを重視するあまりPing値がおろそかになってしまいがちですが、実はこちらの値非常に重要な値となっています。 特に展開が速いオンラインゲームにおいては、通信も同様に展開が速く、データ量はさほど必要としないが、頻繁なアクセスを行う必要があり、Ping値が悪いと即座にゲーム内ラグとして現れます。 一般的なオンラインゲームでの基準として50ms以下であればほぼほぼ支障なくプレイできるようです。 理想として良く言われているのが15ms程度であれば快適なプレイが可能と言われています。 100ms以上の場合はハッキリとしたラグが発生していると感じるでしょう。 特にオンラインゲームをする場合は注視すると良い指標です。 YouTube動画などは、データを先読みしますので、必要転送速度はある程度必要ですがPing値についてはそれほど問題にはなりません。 Pingの値を正確に計測できる方法もありますので、興味がございましたら以下の記事も参考にして頂ければと思います。 余り知られていない遅延Jitterとは 上記までは結構知識がある方も多いかと思います。 オンラインゲームが普及していますから、Ping値を気にしている方も多いでしょう。 今度は余り聞きなれないJitterといった遅延の値をご紹介します。 ラディッシュスピードテストを実行したあなたならお気付きかもしれませんが、測定品質といった指標は見られましたでしょうか?スピードテストを実行している時間10秒程度の間に安定して通信できたかどうか?といった指標です。 パソコンを起動してしばらくしてから安定した状態で測定するとより正確な値を計測できます。 と記載されていたと思いますが、パソコンはスピードテスト実行中にはスピードテスト以外の処理も実行されています。 その場合スピードテストに割り振れるパソコンの能力はいくらか落ちてしまうことになります。 そういった状況でスピードテストに割り振れる能力が低下したときに発生するラグや処理遅延などが、スピードテスト結果の測定品質として表示されているのです。 同じような状況が、あなたのパソコン、そして接続先のサーバーまでの途中通信経路の機器でも起こります。 そこで発生する遅延をJitter値として計測され、オンラインゲームで快適なプレイをするにあたり、30ms以下という一つの基準があります。 こちらも大切な指標ですから、計測できるサイトがありましたら注視してみると良いでしょう。 速度測定スピードテストのコツ 例えば現在のインターネット回線が遅く、回線を乗り換える予定で前と後で差を比較したい場合や、自分で何らかのインターネット回線速度を改善させる施策を実行して前と後でどんな違いがあったかを比較したい。 こういった用途でスピードテストを行うのであれば、どこのサイトでも良いですが同じスピードテストサイトで同じ時間帯に比較することでできるだけテスト環境を同じにすることが可能になり、より正確な比較結果を得ることが出来るでしょう。 使いやすいスピードテストサイト9選 当サイト以外にもスピードテストを出来るサイトが沢山あります。 それぞれのスピードテストサイトに特色もありますので、私の独断で使いやすい、精度が良いと思うサイトから順番にご紹介します。 以下でご紹介するスピードテスト動画はほぼ同じ時間帯にそれぞれのスピードテストサイトにて実際にauひかりのスピードテストを実行した結果を掲載していますので、参考にしてみてください。 最近インターネットが遅い、またインターネットの速度に興味がございましたら、それぞれスピードテストしてみて頂ければと思います。 こちらの記事のトップ画像のスピードテスト結果は私の環境、auひかり1ギガホームで計測を行った画像です。 時間帯で変わりますが、当サイトでスピードテストを実行した結果は大凡400Mbps~800Mbpsの範囲のテスト結果となりました。 以下で紹介するスピードテストサイトでもそれぞれauひかり1ギガホームのスピードテストを実行して結果を動画にまとめてありますので、参考にして頂ければと思います。 Radish Network Speed Testing ラディッシュのスピードテストは当サイトでも速度測定結果の統計の紹介やauひかりの実際の測定など利用させて頂いているスピードテストサイトの一つです。 動画をご覧になってみてください。 auひかりが爆速です。 こちらのスピードテストサイトでは、パソコン、スマホどちらでも計測可能です。 ChromeでもIEでも測定できます。 しっかりと測定できたかを表す測定品質も数値化され確認することができますので、この数値が高いほど安定したスピードテストが行えたことを意味しています。 わかりやすくお伝えしますと、パソコンやスマホはスピードテストを実行している最中でも他の処理を行っていることがあります。 そんな場合はスピードテストにムラができ測定品質が低下します。 特にWiFiやスマホの回線を利用したスピードテストは測定に利用する機器の影響の他に、電波の状況にも左右されますので、速度が低下する原因、安定しない原因の一つといえます。 非常に精度が高く、こちらのスピードテストソフトは下記でお伝えするNURO光公式サイトのスピードテストなんかでも利用されています。 速度が売りのNURO光公式サイトがこちらのスピードテストソフトを採用しているのです。 その精度はかなりのものと思われます。 是非一度測定してみてはいかがでしょうか。 NURO光公式スピードテストサイト 速度が売りのNURO光公式スピードテストサイトで測定してみました。 ラディッシュのシステムを利用していますので、品質や精度は大変優れてると言えます。 ただ測定にはラディッシュのJAVAタイプを利用していますので、JAVAのサポートを終了したChromeでは測定する事ができません。 JAVAを実行できるブラウザIE等での測定が可能です。 選択項目や郵便番号、住所などは適当に入力しても違いは感じられませんでしたのであえて個人情報に繋がる情報を入力する必要性はないでしょう。 郵便番号なんかは未入力で大丈夫です。 KDDIauひかり公式スピードテストサイト 現在auひかりホームタイプ1ギガを利用しています。 上記でお伝えしたスピードテスト動画と同じ時間帯に計測しています。 ラディッシュやNURO光のスピードテストよりは若干低めの計測結果でした。 測定サーバーを近い地域に設定する事でより良い結果が得られ、ラディッシュやNURO光の結果と同等の速度測定結果となりました。 KDDIauひかりの公式スピードテストサイトで、KDDIauひかり以外の環境では残念ながらスピードテストはできません。 KDDIネットワーク内に測定サーバーが設置されていますので、速度低下になる要因の影響を受けにくいスピードテストが可能です。 また利用のブラウザ環境にも左右されず、Chrome、IEどちらでも計測可能でした。 郵便番号の入力を求められましたが、それによって速度が変化するといったことは感じられませんでしたので、適当な郵便番号でも大丈夫でしょう。 auひかりに乗り換えた後で是非スピードテストを実行してみてください。 Googleスピードテスト Google検索にて【スピードテスト】と入力する事で表示されるスピードテストです。 GoogleはMeasurement Lab(M-Lab)と提携して、スピードテストを提供しているようです。 スピードテストを行うサーバーは地域によって変わるようで日本からのスピードテストの場合は東京のサーバーが選択されテストが実行されました。 他のスピードテストサイトよりもダウンロード速度が低め、アップロード速度が速めの傾向がありました。 こちらのスピードテストはパソコン、モバイルからでも測定が可能です。 簡単で30秒以内にスピードテストを完了できるのですが、遅延に関するPingの計測結果は表示されません。 オンラインゲームなどでインターネットを利用する場合Ping値(遅延)は大切な指標ですから、気になるようでしたら他のスピードテストサイトなどを利用すると良いかもしれません。 Speedtest. net 海外のスピードテストサイトになります。 海外サイトだから測定サーバーは海外なのかといえばそうではありません。 日本に設置されているスピードテストサイトよりも多くの日本各地のサーバーに対してスピードテストを行うことができます。 サーバーは自動的に近いサーバーが選択されますが、自分で変更する事もできますので使い勝手は非常に良く、Ping値も計測出来ますので、高性能となっています。 アメリカ、ロシア、インドなど世界各地からの利用者が多く、世界的に有名なサイトですから、世界的な基準のスピードテストが実行可能です。 テスト可能な環境は多く、パソコン、スマホからも利用するブラウザを問わず計測が可能です。 ブロードバンドスピードテスト 私の記憶ではADSLが主流のころからあったスピードテストサイトです。 当時は今のOSの様な仕様(自動で最適な速度にチューニングされる)はなく、回線速度を極めるにはパソコンのチューニングが必要でこちらのサイトも参考にチューニングを行っていました。 WindowsやMACでFlashPlayerがインストールされている環境であればスピードテストが可能です。 動画を使ってスピードテストを行っているようです。 スピードテストを実行するサーバーが自動で選択されますので、もし物理的に遠いサーバーが選択された場合は思ったような速度計測結果が得られない可能性があります。 何度かページをリロードし東京のサーバーが選択された後スピードテストを実行してみると良いでしょう。 RBBスピードテスト こちらのスピードテストは Internet ExplorerおよびSafarでのスピードテストが可能です。 GoogleChromeはJAVAをサポートしていませんので、計測する事が出来ませんでした。 スピードテストを実行するには利用している回線の情報を入力する必要があり、少々手間がかかります。 これは回線による最適な測定結果を算出する為というより、データ取りが目的でしょう。 光回線のプロバイダなんかはこちらのサイトの統計結果などを利用しているようです。 何度か適当な回線や郵便番号を選択してスピードテストを実行しましたが、都度測定結果には反映されませんでした。 スピードテストの精度上げる為の目的ならまだしもデータ取りの為の入力項目が多く、正直使い勝手が余り良くありませんでした。 BNRスピードテスト こちらのBNRスピードテストサイトも相当古くから存在し、当時ブロードバンドスピードテストと併用して利用していました。 Flashを利用してスピードテストを行っていますので、IE、Chromeどちらでも速度が可能です。 スマホから測定の場合は画像版で測定が可能です。 数年単位で継続してBNRでスピードテストを行っていますが、現在もこちらのサイトでは100Mbpsの速度を超えたことがありません。 ADSL主流当時のままのテスト構造で 計測のデータサイズは自動調整されるようですが、 ギガ回線の計測精度は低いように感じます。 他のスピードテストサイトと比べ、計測数値は一番低く計測されました。 USEN USENのスピードテストサイトになります。 計測方法はFlashプレーヤーが必要なためブラウザにインストールしてある必要があります。 スマホからの計測は出来ませんでした。 USENはもともとメタルケーブル(電話線)を利用したサービスであり、こちらのスピードテストサイトもギガビット通信を測定する構造になっていないような感じがしました。 40Mbps程度までは正確に計測できるのではないでしょうか。 スピードテストまとめ スピードテストを実行して現在のあなたのインターネット回線の状態を把握出来ましたでしょうか? 混在が少ない日中、そして混雑が激しい夜間で計測してみるとより回線の状態を把握しやすくなるかと思います。 日中と夜間で比べて、もし夜間に極度な速度低下があるようでしたら利用者が多く混雑の影響を受けていると考えても良いでしょう。 内内な情報ですが、プロバイダによってはPPPoE接続の場合、利用者の公平を保つため帯域制限をかけるとか、かけないとか。。。 そんな情報が耳に入ってきています。 そういった対策を行っているプロバイダや光回線は時間帯、混雑状況で帯域制限が発動しますので、どんな対策を講じても速度は改善しません。 昼は速いのに夜間になると隼のスピードで遅くなる場合はかなりあやしいです。 今の時代PPPoE接続では対応しきれないのが現状でしょう。 そんな場合はIPoE接続のauひかりが威力を発揮します。 auひかりの速度につきましてはIPoE接続も含め、詳しく以下の記事にてお伝えしていますので興味がございましたら、コーヒーでものみならゆっくりとご覧になって頂ければと思います。 IPoE接続が可能なのは実はauひかりだけではないんですよね。 ビックローブ光なんかでもIPoE接続が可能です。 その場合かなり高速なインターネット通信が可能なんですね。 じゃあなんでauひかり紹介してんだよ? ってはなしですが、auひかりはキャッシュバックキャンペーンも凄いんです。 現在の速度に不満があって光回線を変えようかなと思ったら、どうせならキャンペーンがおいしいところが良いですよね。 速度が速く、キャンペーンもおいしいauひかり!そんな感じです。 お得なキャッシュバックキャンペーンのもらい忘れが無いよう安心のauひかり代理店も比較紹介しています。 auひかりはキャンペーンが凄くて人気なのですが、それに付け込んで悪質な商売をしている代理店なんかもありますので、代理店選びは慎重になさってください。 auひかりは東海エリアや関西エリアはエリア外ですから、エリア外の地域にお住いなら、ビッグローブ光がおすすめです。

次の

インターネット速度が遅い原因と速く改善する方法

インターネット速度

インターネット回線速度の測定サイトをお探しですか? インターネットを使う上で速度がどのくらい出ているのか、またはあなたが申し込みを考えているプロバイダはどのくらい速度が出せるものなのか気になってしまいますよね。 今回は実際に試してみた9つの測定サイトを挙げて、それぞれの特徴を見ながらご紹介していきます。 最初にお話ししておきますが、 測定サイトの結果はあくまで目安にしましょう。 理由としては、あなたのパソコンから測定するサーバーまでの距離や環境に依存するので、使う測定サイトによってもバラバラの結果が出ます。 また測定をした時間帯によってネットワークのデータ使用量の多い・少ないなども影響します。 測定結果が遅いからと言ってそのシステムが悪いという事でもなく、すべての測定結果がそれぞれ正しいという見方で試してみることをおすすめします。 その中で、「測定が簡単・機能が便利・デザインが好き」など自分の好みで使っていくのが良いと思います。 それでは、早速見ていきましょう! 目次• お手軽派の人向け Fast. com こちらはWebサイトを開くと自動的に速度測定が始まるのでお手軽中のお手軽と言えます。 ネット回線の速度測定サイトとしては後発ですが「POWERED BY NETFLIX」の表記があるように、NETFLIXの速度測定サイトなんです。 僕もそうですが、NETFLIXに関わらずHulu、Amazonプライムビデオ、Apple TVなど動画配信サービスをよく見る人にはひとつの指標になる測定サイトではないでしょうか。 また、検索結果には「次と比較: speedtest. net」というリンクがあり、下で紹介するSPEEDTESTの測定サイトでも速度を測ることができます。 ラピッドネット/Rapidnet ラピッドネットのスピードテストは他と比べて測定時間がもの凄く短いです。 サイトもシンプルなので、使い方に困るような事もありません。 「測定開始」のボタン押してほぼ一瞬で測定が終了。 最初は『あれ?これで測定できてるの?』と思ったほど。 測定結果には女の子のキャラクターがいます。 サイトもシンプルなので使い方に困るような事もありません。 特徴としては、精度は下がるけど結果が速くわかる「高速モード」を選ぶことができるので、ADSLのような低速回線や、光回線だけど速度が遅い時間帯に測定をするときなどに使えます。 測定システムはFLASHを使っていないとのことで、iPhoneやAndroidスマホ・タブレットからでも回線速度の測定ができます。 必要があれば、回線情報を選んでからの測定もできますよ。 ちなみに速度測定の機能はFlashで動いていますが、Flashが使えないパソコンや、iPhoneやAndroidスマホ・タブレットからは「画像読み込み版」から測定ができるようになっています。 ここはサイトも見やすく NUROユーザー以外も使えるのは嬉しいです。 いきなり測定もできますし、回線種別と郵便番号を入力してから測定も可能です。 ここもJAVAを使っているため Chrome以外のブラウザで測定しましょう。 測定は誰かがやっているときは待ち人数が表示されます。 測定結果は 上り・下りだけでなく回線の品質、測定状況もグラフで表示してくれるので良い感じです。 com(Google ChromeはNG) 価格. 上りと下りの両方が測れます。 注意点はJAVAを使っているために、ブラウザが Chromeだと測定できませんのでChrome以外で測りましょう。 comのスピードテストはサービスを終了してしまったようです。 com スピードテスト きっちり測定したい、サービス検討中、デザインも気になる人向け RBB SPEED TEST ニュースメディアサイト「RBB TODAY」が運営しているスピードテストで1998年から開始しているようです。 サイトのデザインはWindows8のタイルのようなフラットなデザイン。 スピード測定をするために郵便番号や回線種別、回線サービスやプロバイダも選ばなければならないので、少し面倒ですが、しっかりと測れそうな感じです。 ニュースサイトなだけに、スピードテストのページも測定の他に「ランキング」というコンテンツがあり、スマホなどのモバイル回線、光などの固定回線別に 他の人が測定した速度ランキングを、地域毎に見ることができます。 インターネットを検討中の人は一度覗いておくと良いかもしれませんね。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているので、スマホやタブレットからでもスピードテストが手軽にできますよ。 Radish Network Speed Test(Google ChromeはNG) 野菜のラディッシュが入っているロゴが可愛いRadishのスピード測定です。 簡単に測定ができることと、 上りと下りの回線速度と、回線品質として安定性も測れるので便利です。 サイトの特徴として、「みんなの測定結果」というページで、 過去にスピードテストをした人の結果を見ることができます。 回線・プロバイダ・地域で絞り込みができるので、特定のプロバイダを検討している人には申し込む前の参考にできると思います。 スピード測定にはJAVAを使っているので、ブラウザが Google Chromeだと上手く動作しません。 IE、Safariなど他のブラウザで測定をしましょう。 特に回線種別や何やらも入力する必要がないのも良いです。 気になるのは、測定するエリアの上下左右にGoogleの広告が張られているので、個人的にはちょっとやりすぎかな…とは思いますが。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているのでスマホやタブレットのスピードテストも手軽にできます。 ユーザーインターフェイスが格好良いですね。 ブロードバンド スピードテスト こちらのサイトは「スピードテストを開始する」ボタンのクリックひとつで測定が始まり、ping応答速度、上りと下りの回線速度が測れます。 手軽さと測定できる項目も多いのでバランスが優れていると思います。 また、 「私の地域でのスピード」ページで周辺の回線速度が見れるので、この機能もプロバイダを検討している人には助かりますよね。 iPhoneとAndroid用のスマホアプリも提供しているのでSIMのスピードテストも手軽にできます。 他にはない面白い機能としては、ここのスピードテストの機能のデザインをカスタマイズして、 自分のウェブサイトに貼り付けられるんです。 試しにやってみるのも良いのではないでしょうか。 うちの環境では測定できませんでしたが一応ご紹介 フレッツ光の回線速度測定 NTTのフレッツ光ユーザー向けに回線の速度測定ができます。 会員用の情報サイトからの利用です。 特長はフレッツ網だけの速度測定をするため、プロバイダに依存しない光回線の速度を調べることができます。 測定サイトへは会員サイトにログインしてください。 KDDIの通信速度測定サイト auのサービス利用者のみがアクセスできる仕組みになっています。 サイト上で他社ユーザーへはRadishとRBBの速度測定サイトをおすすめしていますね。 スピードテストをする時の心得と、遅いときの対処法 スピードテストをする時には、測定サイトを開いているブラウザ以外のアプリケーションやタスクは可能な限りすべて終了させてください。 回線速度の測定中にアプリケーションやタスクが動いていると測定結果に影響を与える可能性があります。 数分待って、パソコンが落ち着いてから測ってみるのが良いです。 一般的に「ベストエフォート型」と呼ばれる回線の場合は、戸建て向けのものであっても一本の回線をシェアする仕組みになっています。 契約の回線速度(例:最大1Gbps)の3割~5割くらいになるのが一般的だと思います。 マンションや集合住宅タイプの場合、ゴールデンタイムと呼ばれるネットワークが込み合う時間帯は更に遅くなるケースがあります。 無線LANで接続している場合、LANケーブル接続に比べて半分くらいの回線速度になります。 速度の関連用語を解説 スピードテストの測定結果では、ダウンロード速度やアップロード速度の他に「ping」や「Jitter」も測定することができます。 『一体何のこと?』という人のために以下補足しておきます。 ping(ピング、ピン)とは? pingとは「応答速度」のことで、サーバーから返ってくる反応の速さを表しています。 例えば、オンラインゲームでキャラにジャンプさせたい時、操作してから実際にそのキャラがジャンプするまでにはタイムラグがありますよね。 あれを数値化したものがpingです。 ping値は「ms(ミリ秒)」という数値で表されます。 pingの値が小さければ小さいほど通信は快適です。 快適にネットを利用できる目安は30ms程度ですが、リアルタイムでの応答が求められるオンラインゲームでは10ms以下が理想的と言われていますね。 pingはオンラインゲームのユーザーに特に重要視されていますが、音声通話などでもpingは低い方が良いと思います。 Jitter(ジッター、ジッタ)とは? Jitterとは、ping値の揺らぎのことです。 ping値の最大値と最小値の揺らぎが大きいほど通信が不安定なので、数値は小さい方が快適な通信を行うことができます。 Jitterもpingと同様に、単位を「ms(ミリ秒)」で表します。 速度重視・おすすめインターネット回線 スピードテスト・回線速度測定サイトを紹介してきました。 速度の「遅い・速い」は、体感以外で測定するには上記の方法でチェックするのがいいのですが、インターネット回線は「ベストエフォート型サービス」です。 2020年4月からフレッツ光回線系の光コラボレーションでも最大速度10Gbpsのサービスが提供開始になりましたが、10Gbpsの速度を出すために一生懸命頑張っていますよ!!という感じなのです。 しかし、その最大速度が速い方が、実測値も速く出ることは想像しやすいですよね。 ここでは、最大速度の速いインターネット回線を順番に紹介していきます。 auひかり:最大10Gbps・5Gbps・1Gbps 2018年3月に提供開始したころには大きな話題になりました。 auひかりでは、首都圏のホームタイプに限られますが、最大速度10Gbps・5Gbpsのサービスを開始しました。 10G 5G 1G マンション 1年目:5,880円 2年目:5,780円 3年目:5,680円 1年目:5,100円 2年目:5,000円 3年目:4,900円 3,800円 地方限定回線:最大1G 各地方の電力会社のグループ会社が提供している、地方限定のインターネット回線は、速度もさることながらコスパもよく、顧客満足度が高いのでおすすめです。 これらの回線は、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」も適用可能で、地域密着型でサービス内容も充実しています。 コミュファ光 (東海) eo光 (関西) メガエッグ (中国) 1年目:3,930円 2年~:4,930円 (ネット・電話) 1年目:2,953円 2年~:4,953円 4,200円 BBIQ (九州) ピカラ光 (四国) auひかりちゅら (沖縄) 1年目:3,700円 2年~:4,700円 4,900円 (フラットコース) 5,100円 IPv6接続可能な光コラボ~最大1Gbps 最近はデフォルトでIPv6接続可能な光回線が増えてきました。 基本的には、ご自分のスマホキャリアに合わせるのがコスト面でもベストですが、気になる回線があればこちらもチェックしてください。 ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割「おうち割光セット」の必須条件になっていて、月額500円で利用することが可能です。 ソフトバンクは様々なキャンペーンを打ち出したりしてきますので、ますます目が離せないインターネット回線です。 ソフトバンク光 戸建て:5,200円 マンション:3,800円 ・あんしん乗り換えキャンペーン(他社サービス解約金最大10万円まで還元) ・乗り換え新規で2. 4万円キャンペーン(乗り換えの方限定2. 4万円割引or還元) ・開通前WiFi無料レンタル ・おうち割光セットスタートキャンペーン 乗り換えの方へ向けた公式キャンペーンが豊富なので、携帯ごと乗り換える方にもおすすめです。 以下の3社は、キャンペーンもあり、お得にインターネットを始めることができます。 ビッグローブ光 @nifty光 So-net光プラス 戸建て:4,980円 マンション:3,980円 戸建て:4,500円 (3年目~5,200円) マンション:3,400円 (3年目~3,980円) 戸建て:5,580円 マンション:4,480円 <工事費> 実質無料 <工事費> 戸建:18,000円 マンション:15,000円 <工事費> 実質無料 最大26,000円のキャッシュバックがもらえる 最大15,000円のキャッシュバックがもらえる 最大45,000円のキャッシュバックがもらえる コスパで選ぶなら スマート光 スマート光 戸建てタイプ:4,300円 マンションタイプ:3,300円 IPv6接続オプション:月額300円 工事費無料キャンペーン中 キャッシュバックキャンペーンなどといった、大きな還元こそないものの、工事費無料で初期費用を抑えて始めることができる「 スマート光」。 月額料金は業界最安クラスで、IPv6接続に関してはオプションで対応してくれます。 格安SIMなどセット割を必要としない方は、 スマート光がおすすめです。

次の

▷ インターネットのスピードテスト

インターネット速度

気になるインターネット回線の速度を徹底解説! 知っておきたい情報から速度別回線比較までご紹介 「インターネット回線を契約したいけど目安となる速度が分からない」 「速度が安定している回線を見つけられない」 皆さん、こういったインターネットの速度については分からないことが多いですよね。 しかし、インターネット回線のスピードは ポイントさえ押さえれば意外と簡単に比較できます。 それは、インターネット回線の 混み合い具合と最高速度、そしてあなたの利用環境です!これが通信スピードを決める要因となっています。 そこで本ページでは、上記3つの普段は見えづらい部分を徹底調査。 インターネット回線の通信スピードの目安や遅いと感じる要因からおすすめのサービスまで網羅的にご紹介します。 こちらを読めば必ず安定した速度でインターネット回線をご利用いただけること間違い無しです。 それでは早速通信スピードの目安から確認していきましょう! 気になる快適なインターネット回線速度の目安とは? インターネット回線を安定した速度で利用するには、そもそも 通信速度の目安がわからなければ比較することもできません。 それでは一体その目安とはどれくらいなのでしょうか?本項ではその目安について徹底解説します。 まず、インターネット回線の速度について整理しましょう。 以下の表をご覧ください。 インターネット回線最高速度の目安• フレッツ光回線 1Gbps• auひかり回線 1Gbps• 電力会社系光回線 1Gbps• NURO光回線 2Gbps• ケーブルテレビ 1Mbps~300Mbps• WiMAX 1,237Mbps• LTE(ポケットWiFi) 682Mbps(ドコモ) インターネット回線の種類別最高速度の目安は上記のような結果に。 この数値を見ると、最高速度の側面では モバイルWiFiも健闘していることがわかります。 しかし、重要なのは 速度の安定性。 これはまだまだ光回線の方が強いです。 特にモバイルWiFiは地域差があったり、高い建物の近くは弱かったりと利用環境に大きく左右されるのです。 もちろんモバイルWiFiでもインターネットを快適に利用できますが、 安定性は光回線に軍配が上がります。 ケーブルテレビは干渉も大きく、最高速度も遅いので安定感に欠けることが多くあります。 よって固定回線では光回線の一択となるでしょう。 それでは続いて、快適にインターネット回線を利用できる速度の目安をご紹介します。 以下のまとめをご覧ください。 快適なインターネット回線速度の目安とは?• YouTubeやネットの閲覧など… 20Mbps以上• オンラインゲームやPS4の利用… 100Mbps以上 上記がインターネット回線を快適に利用するために目安となる速度です。 意外と低いと感じていらっしゃる方も多いでしょう。 しかし、 住居タイプやエリアなどあなたの利用環境に応じて通信速度は大きく変化しています。 その結果、この通信速度目安に満たないが故に不便を感じるケースがあるのです。 こちらではインターネット回線の速度の目安に焦点を当てて話してきました。 次項では、上記のようにインターネット回線の通信速度が遅いと感じる要因から対策まで詳しくご紹介します。 遅い通信スピードの原因と対処法 こちらでは、インターネット回線の通信速度が遅いと感じる要因と対策についてお話します。 前項でご紹介した通り、フレッツ光やauひかりは 最高速度が一緒なのになぜ実際の評判に差がでるのでしょうか?それは以下の3つが挙げられます。 インターネット回線の種類• 電力系事業者回線(最高速度1Gbps) 各地方電力系サービス(コミュファ光、eo光、メガ・エッグなど 以上、4つのうちフレッツ光回線は非常に利用者が多いため、 利用が集中する時間帯に速度が遅いと感じることが多いようです。 特にマンションでは同じ住居内で1つの光回線を分け合っているので遅いということがあります。 しかし、auひかりやNURO光、電力系事業者などのインターネット回線は利用者がまだ少なく 混み合うことがあまりないので評判が良いです。 フレッツ光や光コラボも問題ない速度で利用できますが、安定性に欠けるので遅いというパターンもあります。 続いてプロバイダが原因の場合。 プロバイダに関してもインターネット回線と同じく利用者が多くなると混み合うことも。 しかし、こちらに関してはプロバイダによって受け入れられる容量が異なっているのでそのバックボーン(収容量)によっては遅いです。 プロバイダとは高速道路の料金所のようなもので、 バックボーンは料金所の数。 つまりバックボーンが大きいプロバイダであれば、たくさん利用者がいてもインターネット回線が遅いという事態は起きません。 しかし、こちらに関しては測る基準が無く地域差も大きいので、 大手のプロバイダを選ぶ方が無難です。 ただ、大手だからと言って必ず安定するという保証はなく、インターネット回線速度が遅いこともあるので注意しましょう。 住居タイプによって遅い 結論から申しあげますと、戸建の方が遅いと感じない安定感のあるインターネット回線速度で利用できます。 それは工事でできることに限りがあるから。 戸建では工事に融通が効くので光ファイバーを通せますが、元々 電話線でインターネット接続をしていたマンションに光ファイバーを通すとなれば工事が必要です。 しかし、電話線を全て光ファイバーにするということまでやりたがらないオーナーが多いです。 そこで、マンションまでは光回線、部屋までは電話線ということもあるので、光回線本来の性能を活かせず遅いということも… インターネット回線とプロバイダ、各家庭の関係性 上記の画像の通り、接続方式によってインターネット回線速度の速い、遅いが分かれるのです。 ADSLやVDSLは既存の電話線を利用するので安定性が悪くなり遅い、光配線なら最高速度は同じでもインターネット回線の安定性は良いなど、 上記4つの方式によってインターネット回線の速度は変動します。 NUROは独自の方式なので、 他の3つの配線は利用できません。 つまり、工事をして新たな配線を引きます。 もう1つの違いがインターネット回線をマンションでは分け合っているという構造上の問題。 戸建には1本の光回線から直接家に繋ぎこみがされています。 しかしマンションの場合、 1本の光回線を共用部に繋ぎこみ、様々な方法で各部屋に接続されるのです。 よって、マンション内でインターネット回線が混み合うと遅い速度での利用しなければなりません。 家の利用環境 上記2つに加え、家での利用環境によってもインターネット回線の速度が遅いという状況が生まれます。 それは、 LANケーブルとWiFiルーターの規格が光回線の通信速度に対応しておらず遅いケース。 いくら速いインターネット回線を使っていても、その速度に対応していない機器では宝の持ち腐れに。 以下に対応している規格をまとめているのでご確認ください。 1GBのインターネット回線速度に対応している規格• LANケーブル 「5e」、「6」、「7」• WiFiルーター 「11n」、「11ac」 上記の規格であれば、1Gbpsの通信に対応しているので、心配ありません。 意外と昔のルーターやケーブルを使っているから遅いというケースもよくあります。 上記の2つの問題を考える前に確認しましょう。 以上、インターネット回線の速度が遅いと感じる要因について見てきました。 続いてはインターネットの回線速度についてお話します。 必見!速度制限について徹底解説 こちらではインターネット回線の速度制限に関して確認していきます。 スマホなどでは既定のデータ量を超えると速度制限がかかってしまいますよね。 それと同じようにインターネット回線にも速度制限が存在するので確認していきましょう。 インターネット回線の速度制限要因• 光回線 無制限に使えます。 しかし、1日のアップロードが30GB以上超えると制限がかかることが。 (何日か連続で超えると)ただ、家庭の利用でアップロードが30GB超えることはまず無いので心配いりません。 モバイルWiFi 速度制限があります。 ポケットWiFiは 月7GBの上限が設定されているケースが多く、それを超えると128Kbpsに速度を制限がされることが多いです。 WiMAXは前日までの3日間で10GB以上使うと通信スピードを1Mbpsにされます。 しかし、それ以外は縛りが無いので 実質100GBほど利用できるのが特徴。 インターネット回線の速度制限については以上のような結果となりました。 固定回線はダウンロード(下り)については速度制限が一切ないので心配いりません。 ネットの利用が多い方は 確実に光回線を選ぶことをおすすめします。 よく利用する方にとってはこちらだけでなく、利用が多い方にとってインターネット回線の通信速度は肝になりますよね。 安定感では光回線の方が良いので、そちらがおすすめです。 以上、インターネット回線の速度制限について解説してきました。 最後にインターネット回線を速度で比較しておりますのでぜひご覧ください。 インターネット回線を通信スピードで比較!おすすめはこれだ 最後に速度面から見るおすすめの光回線を比較していきます。 先ほど申し上げた通り、フレッツ光回線は利用者が多いです。 しかし、それ故に auひかりやNURO光と比較して速度の安定性では劣ります。 そういった要素を含めると、インターネット回線の速度別比較は以下の図のようになるのです。 早速上記のインターネット回線を順番に比較していきます。 速度だけでなく料金も良心的なインターネット回線ばかりなのでどうぞご覧ください。 NURO光 世界最速2Gbpsのインターネット回線 NURO光は他と比較しても圧倒的な 最高速度2Gbpsを誇るインターネット回線です。 NURO光はマンションでも戸建と同じように接続するので、通信速度が非常に安定します。 また、今なら工事費が無料になります。 そんなNURO光はプロバイダ込で 実質月額料金3,383円。 他社と比較しても非常に良心的な価格です。 しかし、 北海道、関東、関西、東海、九州の一部エリアでしか提供しておりません。 今後全国的に拡大していくでしょうが、まだエリアカバーはできていないというところです。 ただ、インターネット回線に速度を求める方には最初に検討していただきたい回線。 速度だけではなくauスマホとのセット割もあります。 また、中部電力が運営するインターネット回線なので比較的に安心感もあるのも強み。 そんなコミュファ光についてはこちらからどうぞ! auひかり 全国に展開!顧客満足度抜群 auひかりは顧客満足度が非常に高く、 全国的に安定したインターネット回線速度を誇っています。 もちろんauスマホとのセット割があるのでおすすめです。 auひかりは料金も他社と比較して安く、スマホ割により 毎月最大1,000円割引もも。 auひかりについて下記のボタンからどうぞ! フレッツ光と光コラボ インターネット回線界の王道! フレッツ光と光コラボ フレッツ光回線は利用者が多いのでインターネット回線速度は他回線と比較すると遅いです。 しかし、長年築いてきた安心感と信頼が持ち味ですので、安定した速度を確保できます。 また、他社と比較してエリアの網羅度は非常に高いです。 そんなフレッツ光回線ですが、 最近のトレンドは光コラボです。 光コラボなら各社独自のサービスを提供しているので、あなたの利用しているスマホやサービスに応じた割引を適用できるのが強み。 特にスマホとのセット割が適用できる ドコモ光とソフトバンク光はおすすめ。 他にもauひかりが使えない方や格安スマホを契約している人には、大手プロバイダSo-netが運営するSo-net光コラボが良いでしょう。 いずれも他の光コラボと比較して良質なインターネット回線です。 それぞれの詳細を確認したい方は以下のボタンからどうぞ!.

次の