ドコモ光 解約 ひかり電話。 フレッツ光のひかり電話の解約~解約後にすべきことって?

ドコモ光の解約方法まとめ!解約金・違約金なしで乗り換えるコツ

ドコモ光 解約 ひかり電話

0120-800-000 一般電話 151 ドコモの携帯回線のみ• 受付時間:9~21時 年中無休 解約手続きでは、ドコモの携帯回線の契約確認が必要なため、ネットワーク暗証番号と、口頭での本人確認を行います。 本人確認書類は必要ありませんが、念のため持参しておくと安心でしょう。 ドコモの携帯回線を持っていない方や、ドコモ光のペア回線を設定していない方は、契約ID お客様ID などで本人確認を行います。 撤去工事またはレンタル品を返却する 賃貸物件にお住まいで、管理会社や大家さんから原状復帰を求められたら、 撤去工事を依頼しましょう。 撤去工事は 無料で行えるため、もし必要であれば解約手続きのタイミングで申し込んでおくとスムーズです。 もし撤去工事を行わないのであれば、解約手続き後に送られてくる返却用の箱にレンタル品を入れ、ONUやケーブルなどを梱包して返送しましょう。 もし一定期間返却がなければ、ドコモから督促状が届いたり、レンタル機器相当額が請求されます。 そのため、返却用の箱が届いたら、なるべく早めに返却すると安心です。 もしレンタルしている機器が分からない場合は、解約手続きの際に確認しておきましょう。 解約金を精算する すべての手続きが終わったら、解約金の精算を行いましょう。 解約金とは、解約月の利用料金や違約金を指します。 これらのすべての精算を終え、ようやく解約手続きは完了です。 解約金について詳しくは、の項をご覧ください。 光コラボへの乗り換えも手続きが必要 ソフトバンク光などの光コラボ回線に乗り換える「事業者変更」を行う場合は、手順が若干変わります。 定期契約プランの契約期間内に事業者変更を行う場合、戸建ては13,000円、マンションなら8,000円の解約金が必要です。 解約金は、解約翌月に解約月の利用料金とともに請求されます。 また、事業者変更事務手数料として3,000円も必要です。 事業者変更は、以下の2ステップで行えます。 事業者変更承諾番号の取得 まずは、事業者変更に必要な事業者変更承諾番号を取得しましょう。 番号は、ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターで行えます。 番号の取得には、解約手続きと同じく契約確認が必要です。 ネットワーク暗証番号と口頭での本人確認を行います。 また、事業者変更承諾番号には発行日を含めて15日間の有効期限が設けられています。 期限切れの場合、再度番号の発行が必要です。 事業者変更の申し込み 事業者変更承諾番号を取得したら、契約したい事業者への申し込み手続きを行いましょう。 申し込み時には、事業者変更承諾番号に加え、NTT東日本エリアの場合はドコモ光設置場所ご利用者名・NTT西日本エリアの場合にはご契約IDが必要です。 申し込み後、変更先の光コラボ回線の工事完了をもって、ドコモ光は解約となります。 ドコモ光の解約金はいくら? ドコモ光は基本的に2年契約なので2年以内に解約をすると契約解除料と言われる違約金が発生します。 戸建てタイプ: 13,000円• マンションタイプ: 8,000円 この2年契約は自動更新となっているので、契約期間が満了しても、また契約期間が2年追加されてしまいます。 しかし、2年に一度だけ更新月が設けられており、この更新月に解約を行えば無料で解約できます。 また、ドコモ光には月額料金が上がる事を条件に2年契約を設定しないプランも存在します。 この2年契約なしのプランを使っている場合、当然ドコモ光を解約する際の違約金は発生しません。 スマホの解約にも注意が必要! ドコモ光を解約する理由は人それぞれですが、なかには スマホのキャリア変更と同時に固定回線も乗り換える方もいるでしょう。 しかし、ドコモスマホとドコモ光を同時に申し込みでもしていない限り、この2つの更新月がずれているケースがほとんどでしょう。 スマホの2年契約とドコモ光の2年契約の時期がずれていると、 両方一緒に解約しようとすると、どちらか一方で解約金が発生してしまうので注意が必要です。 もしドコモスマホとドコモ光のどちらかで解約金が発生するのであれば、新しい回線を申し込む際にキャッシュバックを上手く利用すると、解約金をカバーできるかもしれません。 ドコモ光の解約後、インターネットが使えない期間が発生する? 基本的にドコモ光を解約して他社回線に乗り換えるとき、回線自体は物理的に別回線になるため、 ドコモ光と他社回線を一定期間併用できます。 併用期間があれば、期間中に自分でパソコンやタブレット等の接続先を切り替えるだけなので、 インターネットが使えない期間を発生させずに乗り換えが可能です。 併用期間が長すぎると料金が二重払いになってしまいますが、数日であれば少ない負担で切り替えが出来るでしょう。 また、ドコモ光はNTTのフレッツ光の設備や回線を使った光コラボ事業者です。 同じようにフレッツ光の設備を利用している他社光コラボ事業者へ乗り換える際、 事業者によってはドコモ光の引き込み線が使える場合もあります。 既存の引き込み線が使える事業者であれば、工事費が安くなる可能性があるので、新しいサービスへの申し込み後、工事をする前に確認をしてみましょう。 ただ、ドコモ光の引き込み線を再度利用する場合、 ドコモ光の解約後に、別途工事が必要なケースがほとんどです。 そのため、場合によってはインターネットが使えなくなる期間が発生してしまう可能性もあるでしょう。 ドコモ光解約後に申し込みたい他社サービス ドコモ光を解約したいけど、どこを申し込もうか悩んでいる方も少なくないでしょう。 ここでは、乗り換えにオススメな3つの回線と、申し込む際にお得になる窓口をご紹介します。 回線 オススメ窓口 NURO光• 45,000円キャッシュバック• 最短2ヶ月後受け取り• 工事費実質無料• 設定サポート1回無料 auひかり• 最大52,000円キャッシュバック• 最短開通翌月受け取り ソフトバンク光• 最大33,000円キャッシュバック• 最短開通2ヶ月受け取り NURO光 NURO光は、ソフトバンクスマホへ乗り換えを行った方にオススメの回線です。 NURO光自体はソニーグループであるSo-netが提供しているサービスながら、ソフトバンクスマホとのセット割りが適用できます。 セット割についてはをご覧ください。 また、回線速度は 最大2Gbpsを誇り、家庭用インターネットの中では世界最速回線と言えるでしょう。 NURO光を申し込む際は、So-netが行っている公式キャンペーンを利用するのがオススメです。 キャンペーン: 45,000円キャッシュバック• 代理店を含めたNURO光のキャンペーンのなかでも高水準であり、提供元のキャンペーンのためトラブルにほぼ巻き込まれないため、 確実にお得に申し込みたい方にオススメのキャンペーンでしょう。 NURO光の公式キャンペーンについては、もチェックしてみてください。 auひかり auひかりは、auスマホへの乗り換えを検討している方に特におすすめです。 ドコモ光では、ドコモスマホ・携帯とペア回線を結ぶことでセット割りが適用されましたが、auひかりでは独自のセット割である auスマートバリューが適用されます。 また、ドコモ光と比べても 比較的速度が出やすいのも人気の秘密です。 でご説明した通り、フレッツ光と比べるとauひかりの方が技術的な面から速度が出やすいと言われています。 ドコモ光はフレッツ光の回線をそのまま利用しているので安定性や速度面ではフレッツ光と大差ありません。 そのため、ドコモ光よりもauひかりの方が速度的には有利と言えるでしょう。 auひかりを申し込む際は、正規代理店であるNNコミュニケーションズがオススメです。 キャンペーン: ネットのみ: 45,000円キャッシュバック ネット+電話: 52,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 申し込みページ: NNコミュニケーションズでは、 auひかりの申し込みで45,000円、auひかり電話の同時申し込みで52,000円のキャッシュバックを行っています。 申し込み時にキャッシュバックの振込先口座を口頭申告するだけで、別途手続きも必要なく確実にキャッシュバックを受け取れます。 最短で開通の翌月に受け取れるのも人気の理由でしょう。 キャンペーンの詳細についてはをご覧ください。 ソフトバンク光 ソフトバンクスマホへ乗り換えを行った方はソフトバンク光もおすすめです。 同じソフトバンク同士なので割引が適用され、 スマホのデータプランに応じて最大月額2,000円の割引が受けられます。 また、家族にソフトバンクを使っている方がいれば、スマホの台数分の割引が可能です。 ソフトバンク光の申し込み窓口で人気が高いのは、正規代理店のアウンカンパニーでしょう。 キャンペーン: 33,000円キャッシュバック• 戸建て月額料金: 5,200円• マンション月額料金: 3,800円 申し込みページ: ソフトバンク光は、公式でもキャンペーンを行っていますが、代理店から申し込みを行えばソフトバンク公式キャンペーンとは別に、代理店の独自のキャンペーンが適用可能です。 たとえば、アウンカンパニーでは、ドコモ光などの光コラボ事業者からの転用で13,000円がキャッシュバックされます。 また、乗り換え時に発生した違約金を最大10万円まで満額保証しているため、違約金が理由で乗り換えができない方にもオススメです。

次の

ドコモ光の解約

ドコモ光 解約 ひかり電話

本人確認書類などは必要ありませんが、ドコモの携帯電話から手続きする際は「ネットワーク暗証番号」が必要な場合があります。 また、ドコモの携帯以外から手続きする際は「契約ID」が必要な場合がありますよ。 プロバイダの手続きも必要? ドコモ光を解約する際、ドコモへ解約手続きを行います。 しかし、一つ疑問が「プロバイダへも解約手続きが必要なのか」という点です。 ドコモ光はあなたの好きな対応プロバイダを選択する事が出来ますよね。 例えば、OCNやso-net 、biglobe、ぷらら、ヤフーBBなどを利用しているはずです。 基本的には プロバイダの解約手続きはドコモが行います。 ドコモ光は「光回線とプロバイダとセット」でドコモと契約しています。 その為、ドコモ光で利用していた プロバイダへ解約手続きする必要はありません。 プロバイダで別途有料のオプションなど契約している場合のみ、オプション解約はプロバイダへ連絡する必要はありますよ。 ドコモ光を解約すると解約金(違約金)が必要? NTT docomoが提供している光回線を利用したインターネット接続サービス「ドコモ光」を利用している人が解約するための方法をご紹介する前に、 まずは確認しておきたい解約の費用である「解約金(違約金)」についてご紹介したいと思います。 ドコモ光を解約する時にドコモへ支払う 解約金(違約金)は支払いが 必要な場合と不要の場合があります。 まず、あなたのドコモ光の契約が「2年契約」か「契約期間なし」かを調べる必要があります。 契約タイプ マンションタイプ 戸建てタイプ タイプA 契約期間2年:4,000円 契約期間なし:5,000円 契約期間2年:5,200円 契約期間なし:6,700円 タイプB 契約期間2年:4,200円 契約期間なし:5,200円 契約期間2年:5,400円 契約期間なし:6,900円 単独タイプ 契約期間2年:3,800円 契約期間なし:4,800円 契約期間2年:5,000円 契約期間なし:6,500円 出典: 上記の表はドコモ光の月額料金です。 契約期間を2年にした場合、契約期間なしにした場合よりドコモ光の月額料金が安いですよね。 きっと、あなたも月額料金を安くするためのドコモ光を契約した際は契約期間2年(2年定期契約あり)にしたと思います。 契約が「契約期間なし」の場合は解約金不要! ほとんどの人はないと思いますが、 ドコモ光の月額料金が安くなる2年契約(2年定期契約あり)で契約せずに、 契約期間なしでドコモ光と契約した場合は、いつ解約しても 解約金は不要です。 ドコモ光の月額料金が高い「契約期間なし」で契約した人だけ解約金は必要ないんですね。 でも、月額1,000円以上高い「契約期間なし」で契約した人はほとんどいないでしょう。 2年契約の場合は2年以内の解約には解約金必要! ドコモ光を契約期間なしで契約した人は解約金(違約金)の支払いは必要ありませんでした。 では、 2年契約(2年定期契約あり)でドコモ光と契約している人の解約料はどうなるのでしょうか? ドコモ光公式サイトを確認すると以下のような記載があります。 定期契約プランをご契約で契約期間内(契約満了月の翌月・翌々月を除く)の契約解除の場合、解約金をお支払いいただきます。 出典: ん?読んでもイマイチよく解りませんね…。 この文章をイラストにすると以下のような図になります。 解約満了月の「翌月」「翌々月」の2ヶ月間は解約金不要! ドコモ光を2年契約で契約している人は、 契約月~24ヶ月目以内(2年以内)に解約すると 解約金が必要です。 2年契約の最後の月(24ヶ月目)が「契約満了月」です。 この契約満了月である24ヶ月目の翌月と翌々月(25ヶ月目と26ヶ月目)は 解約金が不要という事です。 契約満了月(24ヶ月目)にドコモ光から「そろそろ契約期間が終了するよ」というお知らせは一切ありません。 勝手に自動更新される契約ですので、あなた自身の注意や確認が必要になります。 あなたの契約満了月がいつなのかを確認することが重要そうですね。 そして解約するタイミングで解約金が不要になる期間があるって事ですね。 解約金はいくら? どうしてもドコモ光を契約満了月(24ヶ月目)の翌月・翌々月以外で解約しなければならない人もいるはずです。 では、ドコモへ支払わなくてはならない解約金(違約金)はいくらなのでしょうか? ドコモ光の解約金は契約している住所の建物によって異なります。 マンションタイプの 解約金 戸建てタイプの 解約金 8,000円 13,000円 出典: ドコモ光の解約金の支払いが必要な期間の解約には、 マンションタイプなら 8,000円、戸建てタイプなら 13,000円を支払わなくてはなりません。 ドコモ光を月の途中で解約したとしても、月額料金は日割りされず、その月の月額料金を全額支払う必要があるんですね。 解約手続きしたらドコモ光は即日解約になる? ドコモ光の解約手続きをした場合、手続き日の即日に解約できるのでしょうか?それとも解約手続き後に何日か日数が必要になるのでしょうか? そこで、ドコモ光の解約手続きして正式に解約される日数や解約後即日使えなくなるのかを調べてみました。 解約は予約も可能?何日前だったら手続き可能? ドコモへ ドコモ光の解約を申し出ると 「即日」解約することが出来ます。 しかし、即日に解約してしまうと、すぐにインターネットに繋がらない状況が発生してしまいます。 例えば、30日後に引っ越す予定なのに即日解約されると困りますよね。 そのような場合は、 ドコモ光の 解約をする日を予約する事が可能です。 では、解約日の予約は何日前まで可能かというと、 解約手続きした月の翌月末まで解約日の予約が可能になっています。 下の図で少し説明しましょう。 解約手続き月の翌月末までなら解約日を予約可能 上記図の例では、3月15日にドコモ光の解約手続きをした場合です。 解約手続きをした日は3月ですので、3月の翌月末(4月30日)までの期間であれば、ドコモ光の解約日を予約する事が可能です。 流石に、1年後や半年後などの解約日の予約は出来ませんよね・・・。 解約したのにネットが繋がる場合がある? 上記でドコモ光は「即日解約する事も可能である」とご説明しました。 しかし、ドコモ光を解約した人の口コミを見ると以下のようなものがありました。 ドコモ光を今日解約したのに使える!• 即日解約と聞いていたのに2日経っても繋がる!• 解約後に繋がらないと聞いたのにいつまで使えるんだよ! ん?なんで即日解約できるのに数日ネットに繋がり使えるのでしょうか?このような現象が起きると「本当に解約出来たのかな?」と心配になりますよね。 この原因はドコモ側の手続きにあるんです。 ドコモがあなたの代わりに利用していたプロバイダの解約手続きをする 上記図を見て頂ければ、なんとなく理解できると思います。 あなたがドコモ光の解約手続きを行うと 即日にでも解約が出来ます。 あなたとの解約手続きが完了すると、ドコモはあなたが利用していたプロバイダへ「解約したから停止してよ」という手続きを行います。 このドコモがプロバイダへ行う手続きは 早ければ即日、遅ければ2~4日掛かる場合があるんです。 即日解約しても数日間ドコモ光が使えてしまうのは、ドコモとプロバイダの手続きの問題なんですね。 解約日の予約をしていない場合、即日の解約手続きをしてもネットに繋がるのは上記のような原因なんです。 契約者が死亡した場合の解約方法 上記で「ドコモ光の解約は契約者だけが可能」と書きましたが特例があります。 それはドコモ光を契約していた人が亡くなった場合です。 ドコモ光の契約者が死亡した場合は、以下の書類を用意して ドコモショップでのみ解約手続きが可能です。 死亡の事実が確認できる書類 (葬式案内状や死亡診断書など)• 解約手続きする人の確認書類 (運転免許証など) 出典: 他社乗り換えで必要なドコモ光解約証明書 ドコモ光が不満で他社へ乗り換える人もいることでしょう。 例えば、ドコモ光を解約して新規でソフトバンク光へ乗り換える場合、 ソフトバンクはドコモ光の解約であなたが支払った 解約金などを最大10万円まで還元してれるを実施しています。 また、KDDIも auひかりへ乗り換えると 最大30,000円まで解約違約金を負担してくれるを実施してます。 ソフトバンク光やauひかりが実施している解約金を負担してくれるキャンペーンですが、ドコモ光を解約した際に支払った証明ができる明細(解約証明書)「請求書」や「領収書」などが必要です。 詳しい書類の請求はドコモ光「151」へ電話してください。 チェックすべきドコモ光の解約に関する疑問 上記ではドコモ光の解約金や解約手続き方法などを詳しく説明してきました。 ここから、チェックしていて損はない解約に関する疑問を解説していきましょう。 ドコモ光を解約すると回線撤去工事が必要? フレッツ光からドコモ光へ転用した人以外は、開通工事の為に立ち合いのもと工事業者がやってきた記憶がありませんか?その為に解約すると回線を撤去するための工事が必要だと思っている人もいることでしょう。 結論から言えば、 撤去工事が 必要な場合と不要の場合があります。 あなたがどのような契約をしているかで回線を撤去する工事が必要な場合があります。 撤去工事が必要な場合は、解約の際にドコモから詳細について案内がありますので、工事に立ち会える日などを打ち合わせましょう。 ドコモ光を解約してもドコモの携帯電話やスマホは同時解約されない。 けど、光でんわを契約している人は同時解約になるから注意が必要だね ドコモ光の開通前(工事前)は取り消しキャンセル出来る? 申し込み後に注意不足で「ドコモ光の契約内容をよく読んだら思っていたのと違っていた」なんて事もあるかもしれません。 また、何かしらのトラブルで開通工事前に取り消ししたい場合もあるかもしれません。 ドコモ光を申し込んで 開通工事前であれば無料でキャンセル取り消し可能です。 しかし、工事も終わり開通した後の無料キャンセルや取り消しは一切出来ません。 ただし、総務省の規定により「初期契約解除制度」で契約した日から8日間以内であれば無料で解除は可能です。 ドコモ光解約まとめ この記事ではドコモ光の解約方法を中心に解約に関する情報をまとめてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 ドコモ光の解約手続きはドコモショップの店舗や電話から可能です。 店舗まで行く時間がない人は電話で解約手続きをする事をおすすめします。 ドコモ光で利用してきたプロバイダへの解約手続きは不要です。 ドコモ光の解約手続きと同時にプロバイダの解約となります。 また、ドコモ光を解約時に支払う解約金ですが、2年契約自動更新で契約していた場合は契約満了月以外の解約では解約金の支払いが必要となります。

次の

ドコモ光電話/ドコモ光電話バリューのメリットデメリットまとめ

ドコモ光 解約 ひかり電話

0120-800-000 一般電話 151 ドコモの携帯回線のみ• 受付時間:9~21時 年中無休 解約手続きでは、ドコモの携帯回線の契約確認が必要なため、ネットワーク暗証番号と、口頭での本人確認を行います。 本人確認書類は必要ありませんが、念のため持参しておくと安心でしょう。 ドコモの携帯回線を持っていない方や、ドコモ光のペア回線を設定していない方は、契約ID お客様ID などで本人確認を行います。 撤去工事またはレンタル品を返却する 賃貸物件にお住まいで、管理会社や大家さんから原状復帰を求められたら、 撤去工事を依頼しましょう。 撤去工事は 無料で行えるため、もし必要であれば解約手続きのタイミングで申し込んでおくとスムーズです。 もし撤去工事を行わないのであれば、解約手続き後に送られてくる返却用の箱にレンタル品を入れ、ONUやケーブルなどを梱包して返送しましょう。 もし一定期間返却がなければ、ドコモから督促状が届いたり、レンタル機器相当額が請求されます。 そのため、返却用の箱が届いたら、なるべく早めに返却すると安心です。 もしレンタルしている機器が分からない場合は、解約手続きの際に確認しておきましょう。 解約金を精算する すべての手続きが終わったら、解約金の精算を行いましょう。 解約金とは、解約月の利用料金や違約金を指します。 これらのすべての精算を終え、ようやく解約手続きは完了です。 解約金について詳しくは、の項をご覧ください。 光コラボへの乗り換えも手続きが必要 ソフトバンク光などの光コラボ回線に乗り換える「事業者変更」を行う場合は、手順が若干変わります。 定期契約プランの契約期間内に事業者変更を行う場合、戸建ては13,000円、マンションなら8,000円の解約金が必要です。 解約金は、解約翌月に解約月の利用料金とともに請求されます。 また、事業者変更事務手数料として3,000円も必要です。 事業者変更は、以下の2ステップで行えます。 事業者変更承諾番号の取得 まずは、事業者変更に必要な事業者変更承諾番号を取得しましょう。 番号は、ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターで行えます。 番号の取得には、解約手続きと同じく契約確認が必要です。 ネットワーク暗証番号と口頭での本人確認を行います。 また、事業者変更承諾番号には発行日を含めて15日間の有効期限が設けられています。 期限切れの場合、再度番号の発行が必要です。 事業者変更の申し込み 事業者変更承諾番号を取得したら、契約したい事業者への申し込み手続きを行いましょう。 申し込み時には、事業者変更承諾番号に加え、NTT東日本エリアの場合はドコモ光設置場所ご利用者名・NTT西日本エリアの場合にはご契約IDが必要です。 申し込み後、変更先の光コラボ回線の工事完了をもって、ドコモ光は解約となります。 ドコモ光の解約金はいくら? ドコモ光は基本的に2年契約なので2年以内に解約をすると契約解除料と言われる違約金が発生します。 戸建てタイプ: 13,000円• マンションタイプ: 8,000円 この2年契約は自動更新となっているので、契約期間が満了しても、また契約期間が2年追加されてしまいます。 しかし、2年に一度だけ更新月が設けられており、この更新月に解約を行えば無料で解約できます。 また、ドコモ光には月額料金が上がる事を条件に2年契約を設定しないプランも存在します。 この2年契約なしのプランを使っている場合、当然ドコモ光を解約する際の違約金は発生しません。 スマホの解約にも注意が必要! ドコモ光を解約する理由は人それぞれですが、なかには スマホのキャリア変更と同時に固定回線も乗り換える方もいるでしょう。 しかし、ドコモスマホとドコモ光を同時に申し込みでもしていない限り、この2つの更新月がずれているケースがほとんどでしょう。 スマホの2年契約とドコモ光の2年契約の時期がずれていると、 両方一緒に解約しようとすると、どちらか一方で解約金が発生してしまうので注意が必要です。 もしドコモスマホとドコモ光のどちらかで解約金が発生するのであれば、新しい回線を申し込む際にキャッシュバックを上手く利用すると、解約金をカバーできるかもしれません。 ドコモ光の解約後、インターネットが使えない期間が発生する? 基本的にドコモ光を解約して他社回線に乗り換えるとき、回線自体は物理的に別回線になるため、 ドコモ光と他社回線を一定期間併用できます。 併用期間があれば、期間中に自分でパソコンやタブレット等の接続先を切り替えるだけなので、 インターネットが使えない期間を発生させずに乗り換えが可能です。 併用期間が長すぎると料金が二重払いになってしまいますが、数日であれば少ない負担で切り替えが出来るでしょう。 また、ドコモ光はNTTのフレッツ光の設備や回線を使った光コラボ事業者です。 同じようにフレッツ光の設備を利用している他社光コラボ事業者へ乗り換える際、 事業者によってはドコモ光の引き込み線が使える場合もあります。 既存の引き込み線が使える事業者であれば、工事費が安くなる可能性があるので、新しいサービスへの申し込み後、工事をする前に確認をしてみましょう。 ただ、ドコモ光の引き込み線を再度利用する場合、 ドコモ光の解約後に、別途工事が必要なケースがほとんどです。 そのため、場合によってはインターネットが使えなくなる期間が発生してしまう可能性もあるでしょう。 ドコモ光解約後に申し込みたい他社サービス ドコモ光を解約したいけど、どこを申し込もうか悩んでいる方も少なくないでしょう。 ここでは、乗り換えにオススメな3つの回線と、申し込む際にお得になる窓口をご紹介します。 回線 オススメ窓口 NURO光• 45,000円キャッシュバック• 最短2ヶ月後受け取り• 工事費実質無料• 設定サポート1回無料 auひかり• 最大52,000円キャッシュバック• 最短開通翌月受け取り ソフトバンク光• 最大33,000円キャッシュバック• 最短開通2ヶ月受け取り NURO光 NURO光は、ソフトバンクスマホへ乗り換えを行った方にオススメの回線です。 NURO光自体はソニーグループであるSo-netが提供しているサービスながら、ソフトバンクスマホとのセット割りが適用できます。 セット割についてはをご覧ください。 また、回線速度は 最大2Gbpsを誇り、家庭用インターネットの中では世界最速回線と言えるでしょう。 NURO光を申し込む際は、So-netが行っている公式キャンペーンを利用するのがオススメです。 キャンペーン: 45,000円キャッシュバック• 代理店を含めたNURO光のキャンペーンのなかでも高水準であり、提供元のキャンペーンのためトラブルにほぼ巻き込まれないため、 確実にお得に申し込みたい方にオススメのキャンペーンでしょう。 NURO光の公式キャンペーンについては、もチェックしてみてください。 auひかり auひかりは、auスマホへの乗り換えを検討している方に特におすすめです。 ドコモ光では、ドコモスマホ・携帯とペア回線を結ぶことでセット割りが適用されましたが、auひかりでは独自のセット割である auスマートバリューが適用されます。 また、ドコモ光と比べても 比較的速度が出やすいのも人気の秘密です。 でご説明した通り、フレッツ光と比べるとauひかりの方が技術的な面から速度が出やすいと言われています。 ドコモ光はフレッツ光の回線をそのまま利用しているので安定性や速度面ではフレッツ光と大差ありません。 そのため、ドコモ光よりもauひかりの方が速度的には有利と言えるでしょう。 auひかりを申し込む際は、正規代理店であるNNコミュニケーションズがオススメです。 キャンペーン: ネットのみ: 45,000円キャッシュバック ネット+電話: 52,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 申し込みページ: NNコミュニケーションズでは、 auひかりの申し込みで45,000円、auひかり電話の同時申し込みで52,000円のキャッシュバックを行っています。 申し込み時にキャッシュバックの振込先口座を口頭申告するだけで、別途手続きも必要なく確実にキャッシュバックを受け取れます。 最短で開通の翌月に受け取れるのも人気の理由でしょう。 キャンペーンの詳細についてはをご覧ください。 ソフトバンク光 ソフトバンクスマホへ乗り換えを行った方はソフトバンク光もおすすめです。 同じソフトバンク同士なので割引が適用され、 スマホのデータプランに応じて最大月額2,000円の割引が受けられます。 また、家族にソフトバンクを使っている方がいれば、スマホの台数分の割引が可能です。 ソフトバンク光の申し込み窓口で人気が高いのは、正規代理店のアウンカンパニーでしょう。 キャンペーン: 33,000円キャッシュバック• 戸建て月額料金: 5,200円• マンション月額料金: 3,800円 申し込みページ: ソフトバンク光は、公式でもキャンペーンを行っていますが、代理店から申し込みを行えばソフトバンク公式キャンペーンとは別に、代理店の独自のキャンペーンが適用可能です。 たとえば、アウンカンパニーでは、ドコモ光などの光コラボ事業者からの転用で13,000円がキャッシュバックされます。 また、乗り換え時に発生した違約金を最大10万円まで満額保証しているため、違約金が理由で乗り換えができない方にもオススメです。

次の