郵便局配達時間。 レターパックプラスの配達時間は指定ができる?再配達の場合は?

緊急事態宣言で郵便局の営業時間や配送・配達はどうなる?

郵便局配達時間

郵便配達の時間って、夕方何時頃までに配り終えなければならない(それまでに配り終えればいい)とか、時間の決まりはあるのでしょうか。 実家のことなのですが、最近、午後7時を過ぎても配達がないことがあるようです。 翌朝の朝刊を取りに行くと郵便物が入っているので、どうも7時以降に配られているようなのです。 あまりに遅いので、郵便局にもっと早くしてもらうよう何度も言っているらしいのですが、改善されるのはその時だけで、3日もたてば、またずるずると遅くなっているようです。 過去の質問などを見ると、日に2回も配達してくれる地域もあるみたいですが、実家では、1日1回だけです。 郵便局は、民営化されてサービス向上を謳っているようですが、普通の郵便物を夜に配達するのは、ちょっと酷いように思います。 詳しいことは聞いていないのですが、たまに、郵便物が夜に届いたために、何かトラブルがあった(申し込みに間に合わなかったみたいな)ようなので、何とか、せめて夕方までに配達してもらえるようにしたいのですが、どこに言えばいいでしょう。 地元の郵便局(本局)に言っても、先に書いたように、その時だけしか改善されないので、もっとおおもとの、お客さまセンターみたいところへ言った方がよいのでしょうか。 「個人的に早くしてくれというのは無理だ」という回答を過去の質問で見ましたが、そういったトラブルもありますし、あまりに夜遅いのはどうかと思うのですが、やはり、どこに何を言っても無理なのでしょうか。 ちなみに、実家は、大阪のベッドタウンで、交通至便、人口も多い都市部です。 アドバイスをよろしくお願いいたします。 全国的に郵便の遅配が起きています。 そして、あなた同じ様な苦情が沢山よせられています。 原因は簡単です。 人員不足。 これは郵便業務を行う日本郵便も、その上の日本郵政のトップも認めています。 更に効率の悪い配達システムが導入され、現場は大混乱していると聞きます。 これは別に郊外や地方の話ではなく、都市部の方が特に酷い事もあるよです。 それ以外にも、その地区や局独自の問題もあるようですが、慢性的に遅配は各地で起こっています。 ですので苦情を上に上げても、一時的にはその地区を早く配達するように対処療法を行うでしょうが、本質的な改善は原状だと難しいと思いますよ。 元々郵便事業は採算がとれるものではないのに、民営化により利益を上げなければならず、そうなると事業費の7割をしめる人件費のカットが手っ取り早いわけです。 なので、この先大規模な人員削減を更に行っていく計画もあるそうで、状況は好転するどころか、ますます悪化していく可能性が強いです。 ちなみに普通郵便は社員でなく、ゆうメイトというアルバイトが配達しますが、このアルバイトも集まらない、また雇用されてもあまりの労働環境の悪さとキツサに対して、低賃金なためすぐに辞める人も覆いそうで。 とりあえず日本郵政および日本郵便のお客様窓口に苦情を伝えられてはどうでしょうか。 意見はメールでできますよ。 参考URL: Q 郵便物の配達ルートって大体決まってると思うんですが、 そのルートによって、郵便物配達の時間ってやっぱりかなり違うのでしょうか? 配達ルートの最初の方の家では朝9~10時くらいに郵便物が配達されて 最後の方だと夕方4~5時だったりとか。 それとも、ルートや時間はそれ程一定ではなく、日によって結構違うものなんでしょうか。 自分の家がいつも大体何時ごろに配達されるのか(ルート(最初の方とか真ん中くらいとか)のどの辺りとか)、 郵便局に尋ねれば教えてくれたり分かったりしますか? 1日中自宅ポストの前で張ってればわかるかもしれませんが、それもなかなか出来ないので^^; どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 A ベストアンサー No. 3です。 言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、 「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが) ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。 お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。 回収時刻は曜日によって決まっており、 【月曜~土曜】 1便 10:30 2便 13:40 | | 【日祝】 1便 11:30 などのようにポストの横に表示されています。 日曜日は他の日よりも便が少なく時刻も異なる場合が多いです。 このそれぞれの時刻までに投函すればその時刻に回収されるわけです。 但し交通事情などで多少早くなったり遅くなったりするので注意。 「郵便物の配達」 これは郵便物をあて先に届けること。 つまり、郵便配達員が、個人の家や企業など、それぞれのあて先に郵便を配る行為。 これは日曜日にはやってないはずです。 あなたがハガキをポストに投函すれば(局に直接持って行ってもよい)、ハガキは回収され、東京へ運ばれてあて先のところに配達されるわけです。 3です。 言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、 「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが) ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。 お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。 回収時刻は曜日によって決まっており、 【月曜~土曜】 1便 10:30 2便 13:40 | | 【日... Q 7月17日に関東の郵便局で投函した普通郵便がまだ届いていません(関西)。 いくらなんでも遅いのでは? と心配しています。 郵便物はA4サイズの大きなものだったため、 郵便局の窓口で送料を確認して投函しているそうなのですが、、、、 郵便物がどうなっているのか調べる方法はないでしょうか? 過去の経験から、郵便局に調査を依頼しても 「普通郵便は調べる手段がなく、大切なものは書留などにするように」と 言われるだろうとは思っているのですが、 亡くなった家族の思い出のものが入っているので何とかしたいのです。 普通郵便だから届かなくても仕方がない、 といったような考え方にも納得がいかず・・・・ このようなご経験のある方、アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調査があったとのことですが、No. 5の方が記入されていた通り、 郵便局による自発的な調査であって、中間ルートの調査までは行なっていない のではないかと推定されます。 所定の様式による調査書を提出すると、専属機関である「郵政観察室」なる部署が動き、輸送ルートや中継局まで調査し、結果を「郵政観察室」から直接連絡します。 考えにくいと思います。 というのは、郵便局間の輸送は毎日行なわれています。 確かに休日は輸送便が減少しますが、引き受けた郵便物が滞らないように便が 設定されていますので、仮に休日が挟んだとしても、1日程度の遅れで配達されます。 正直なことは申し上げにくいのですが、このような事態になった場合でも、郵便物はほとんどの確率で発見されています。 目撃者やご近所様からの通報による) 主にこのような行為を行なうのは「非常勤職員」と呼ばれる、いわゆるアルバイト職員なのです。 郵政職員 外務 はどちらかといえば職人肌の方々が多く感じられます。 あえて利益にならない懲戒免職になるような行為を進んで行なう人はいないでしょう。 でも国家公務員で一番懲戒免職が多いのは「郵政事業庁 旧郵政省 」なんですよね 恥。 郵政3事業別に見れば貯金・保険・郵便の順だったと記憶しています。 再び登場します. 正確に調査を行なう為には、申請書の提出が必須です。 申請は差出人・受取人どちらでも構いません。 電話での調... Q 12月24日に届くはずの定型外郵便物が届かなかった。 翌25日の昼になってもまだ来ないので一度聞いてみようと最寄りの郵便局へ電話した。 しばらく探して現物が見つかったらしく、 「それなら今ここにありますよ~。 今日の午後の配達になりますから」との返事。 しかし夕方6時になってもまだ届かず。 で、出掛けるついでに直接その郵便局(24時間営業)窓口へ行くと 「今、配送が持って行ってまだ帰ってきていないのでここにはありません」とのこと。 こんな時間にまだ配達しているのかと聞くと「責任者」という方が降りてきて 「申し訳ありません。 夜には戻ってきています」とおっしゃるので、 「では帰りにもう一度受け取りにきます」と返事した。 そして夜中の12時にいったん家に帰ったが、ポストには不在通知書も何も入っていない。 寒いけど、どうしても今日中に受け取りたい物だったので小雪舞う真夜中に歩いて再度郵便局へ。 ・・・一瞬ことばを失いつつも 「昼には確かにここにあった郵便物が、無いとはどういうことですか?」と聞くと 「配達の者がみんな帰ってきて見たけど無かったんですよ」と。 (なんとも軽い口調) は?とまったく意味がわからず、「無いということは郵便物の紛失ということですか?」と 強く詰め寄ると顔色変えて他の人と交代して引っ込み、 しばらくして「あ、ありました、すみませんね~」と笑いながら登場。 (あるやん!!) 最初は「無い」と言ってたものがちょっと探したらあった。 それは、無いと言われてもし私がすぐ帰っていたら受け取れなかったということ。 すると今度は「僕は聞いてなかったから」という返事。 (いやいやいやいや、聞いてなったから、で済む問題じゃないでしょう) しかも2日間、うちのポストには不在通知書が一度も入っておらず、配達された形跡はなし。 私が郵便局へ何度も足を運んで、しかも窓口で詰め寄らなければ今日中にも受け取れず 今もあの郵便局のどこかに埋もれていたということ。 一体どういうことなんでしょうか。 まったく同じ場所から同じものを送られたけれど、隣の区のお宅にはちゃんと24日に届いていた。 それは東京へ単身赴任している主人から家族へのクリスマスプレゼント。 ちゃんと出す時、主人は郵便局の人に「24日中には届きます」と確認を取って送ったそう。 それが25日を過ぎても届かず、私が直接取りに行くまで、結局郵便局内のどこだかに 置き去りにされてた。 窓口で「これは仕事の怠慢じゃないですか。 管理体制がなってないですよね。 昼も夜も夜中にもこちらは足を運んでいるのに、『僕は聞いてなった』とは連絡事項がなされていなさすぎでしょう」と 憤慨した私がなんだか後味も悪く、今はすっかり嫌な気持ちです。 みなさんはどう思われますか? 今回が初めてではなかっただけに 日本郵便へ苦情を言っても、口先だけで「申し訳ありません」と言われるだけで 結局は何も改善されないのかと思うと、なんともやり切れない気持ちでいっぱいです。 それとも私が小さなことにこだわり過ぎなのでしょうか。 悩んでいます。 どうぞ皆さまのご意見を聞かせてください。 よろしくお願いします。 12月24日に届くはずの定型外郵便物が届かなかった。 翌25日の昼になってもまだ来ないので一度聞いてみようと最寄りの郵便局へ電話した。 しばらく探して現物が見つかったらしく、 「それなら今ここにありますよ~。 今日の午後の配達になりますから」との返事。 しかし夕方6時になってもまだ届かず。 で、出掛けるついでに直接その郵便局(24時間営業)窓口へ行くと 「今、配送が持って行ってまだ帰ってきていないのでここにはありません」とのこと。 こんな時間にまだ配達しているのかと聞くと「責任者... A ベストアンサー 他の方も書かれているように、郵便局は全く以っていい加減です。 配達記録や特別送達のように重要であることが容易に予想できる郵便物 ですら再配達の指定時間内に届きません。 私の家は本局近くにあるのですが、指定時間に届かない時に電話すると 雰囲気的には郵便局内にあって、そのとき初めて持ち出してきたなと思う ことがよくあります。 かなり高い確率で何度でもあります。 一度、苦情の電話をしたら(回数が多すぎて理由は覚えてません) 「担当者がちょっと席を外してますので戻り次第折り返しご連絡します」 と言うので待っていました。 1時間経っても1時間半経っても電話がこないので、催促の電話をしたら 「今、食事休憩に出掛けています」 と言われてしまい、はぁ~?ってなカンジでした。 しかし、コイツも反応が鈍く、噴火した溶岩が溢れそうになったので 「食事の続きは後にして、今すぐ家に来てください!」 と言ったところ、2分後に手ぶらでみすぼらしい男性が来ました。 (金品での謝罪を求めていたわけではありませんが悪しからず) しかもコイツの謝罪の言葉もイライラするほどたどたどしく、再噴火しそう だったので、私は怒りで震えながら冷たく玄関ドアをバタン!と閉じること しかできませんでした。 結果、何だか私が悪いことをしたような気にさせられてしまいました。 一体どういうことだ!と思いましたよ。 <結局は何も改善されないのかと思うと、なんともやり切れない もぅ…お気持ちは私もスッゴイわかります! でも何度でも繰り返していくのでしょう。 いや、繰り返し続けてます。 だって、あんなだらしない事態にきちんとした謝罪ができないんです。 今では郵便局員に対して、哀れむ気持ちのほうが強くなっています。 他の方も書かれているように、郵便局は全く以っていい加減です。 配達記録や特別送達のように重要であることが容易に予想できる郵便物 ですら再配達の指定時間内に届きません。 私の家は本局近くにあるのですが、指定時間に届かない時に電話すると 雰囲気的には郵便局内にあって、そのとき初めて持ち出してきたなと思う ことがよくあります。 かなり高い確率で何度でもあります。 一度、苦情の電話をしたら(回数が多すぎて理由は覚えてません) 「担当者がちょっと席を外してますので戻り次第折り返しご連絡しま...

次の

宅配の午前中って何時から?ヤマト、郵便局、佐川の配達開始時間をまとめました♪

郵便局配達時間

「 夕方になってしまったし、今日はもう配達されないのかな…。 」 大事な手紙や荷物などの郵便、 そろそろ届く頃なのにいくら待っても届かないことってありますよね。 いつ届くのか、ソワソワと気持ちが落ち着かなくなってしまいます。 夕方になってしまったら、今日はもう届かないのでしょうか。 そして、明日以降になるなら、朝何時くらいから配達されているのでしょう。 いつかは届くと分かっていても、楽しみにしている郵便物の配達時間ってすごく気になりますよね。 そこで、郵便の配達時間を詳しく調査してみました。 「 配達時間は朝何時から何時まで?」 「 土日祝日は配達される?」 「 配達時間を変更したいときはどうすれば良い?」など、気になる郵便配達の『 ?』を徹底解説します!• 午前中• 12時頃~14時頃• 14時頃~16時頃• 16時頃~18時頃• 18時頃~20時頃• 19時頃~21時頃• 20時頃~21時 このように、配達時間の指定ができるサービスの場合、配達時間の最終は基本的に21:00となります。 また、ゆうパックには『』があります。 ゆうパックラベルのお問合せ番号から、配達状況を随時調べることができるので、時間指定と併せて、だいたいの到着時間を事前に把握することができます。 レターパックは朝9時~夜21時まで! レターパックは、信書を含む、A4サイズ・4kgまでの荷物を届けられる配達サービスのことです。 荷物が手渡しされ、受領印 または署名 が必要となる『 レターパックプラス』と、郵便受けに届けられる『 レターパックライト』の2種類があります。 このレターパックの基本的な配達時間は、朝9時~夜21時まで!ただし、 時期によっては21時をすぎる場合もあります。 レターパックは、ゆうパックのように配達時間の指定ができないサービスですが、速達扱いとなるので、21:00頃までは配達されています。 また、配達時間の指定はできませんが、『』があるので、 いつ頃届くのかだいたいの目安はつけられますよ。 ゆうメールは朝9時~夕方17時まで! ゆうメールは、1kgまでの書籍や雑誌 冊子とした印刷物 、CD・DVDなどが届けられる配達サービスのことです。 このゆうメールの基本的な配達時間は、普通郵便と同じ朝9時~夕方17時頃までです。 ただし、お住まいの郵便局や、その日の郵便物の量によって 30分~1時間程度のズレが生じる場合もあります。 郵便の配達時間を変更する方法 ポストに投函される郵便物であれば問題ないのですが、受領印の必要となる手渡しのゆうパックが届く場合、配達時間に家にいなければなりません。 しかし、いつも家にいられるとは限りませんし、ゆうパックに時間帯指定をしていた場合であっても「 配達予定日に急な仕事が入ってしまった!」など、 急用で不在となってしまうこともありますよね。 そんな時は、ポストに投函された不在届から再配達の手続きをするしか荷物を受け取る方法はないのでしょうか。 いいえ! 実は、ゆうパックの配達時間を変更する、という方法があるんですよ!都合に合わせて事前に配達時間を変更できれば、二度手間にならずに荷物が受け取れてとても便利ですよね。 そこで最後に、ゆうパックの配達時間を変更する方法について詳しくご説明します。 配達時間の変更はネットで簡単手続き 日本郵政では、随時『』が行われており、自宅で確実にゆうパックを受け取るサービスの一環として、2018年3月1日より、『』ができるようになりました。 配達時間帯を指定をしないで発送されたゆうパック、事前に配達時間帯の指定をして発送されたゆうパック、どちらの場合であっても、ご都合に合わせて配達日時を指定 または変更 することが可能です。 配達時間の指定・変更は、日本郵政のホームページ『』画面より行います。 尚、変更手続きには『 お問い合わせ番号』が必要となるので、予め発送先に確認しておきましょう。 ネットショッピングなどでは、発送完了の連絡メールに記載されていることが多いですよ。 まとめ 郵便は、朝9時頃から一斉に配達が開始されますが、配達サービスによって終了の時間が異なります。 手紙やはがきなど、郵便受けに投函される普通郵便は夕方17時頃まで。 速達やレターパック、時間帯指定のできるゆうパックなどは21時頃までとなりますよ。 さらに、お住まいの郵便局や一日の配達量によって、30分~1時間程度のズレが生じる場合もあります。 配達時間や配達状況をしっかり把握しておけば、いつ届くのかと無駄にソワソワすることも無くなりますよね。 楽しみにしている郵便物、ストレスフリーで受け取りましょう!.

次の

郵便配達の配達時間はほとんどが午前中になるでしょうか?

郵便局配達時間

「午後」と検索結果に記載されている郵便物を12~14時頃の時間帯(午後1)に配達を希望される場合は、配達日数が1日加算されますので特にご注意ください。 郵便物の種類について• 「手紙・はがき」とは、定形郵便物、通常はがき、往復はがき(第二種郵便物)のことをいいます。 「大型郵便物」とは、定形外郵便物、第三種郵便物および第四種郵便物等のことをいいます。 「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、配達の状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合があります。 「スマートレター」の送達日数は、「大型郵便物」と同様です。 「ゆうメール」の送達日数は「大型郵便物」と同様です。 「ゆうパケット」は、一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日に配達します。 「重量ゆうパック」は、通常のお届け日数に1日を加えたものになっております。 「ゴルフ・スキーゆうパック」の場合、プレー日が配達日の翌日以降であることを確認してください。 「空港ゆうパック」の場合、指定の空港でお渡し可能な日数を表示しております。 なお、お渡し可能な日数は通常のお届け日数に1日を加えたものになっております。 休日の取り扱いについて 配達までに 休日がある場合は、表示より所要日数が延びることがあります。 その他 天候による輸送ダイヤの乱れ等が発生した場合は、表示より遅れることがあります。 「例外地域」欄には、「配達予定」の欄に配達できない地域を表示しています。 ポスト投函の場合は窓口差出時間より概ね1~3時間前を目安にしてください。 また、ゆうパック取扱所での引き受けの場合は、各取扱所により異なりますので、ご注意ください。 お届け日数より遅れが生じている場合は、品名等から郵便物等の中身が航空搭載できないものであったため、配達が遅れている可能性があります。 結果が午後と表示される場合、ゆうパックについては、午後2時以降の配達希望時間帯の選択が可能です。 配達時間帯指定郵便の結果が夜間と表示される場合の配達は、17時から21時の間となります。 お問い合わせ ご不明な点がございましたら、「よくあるご質問」または当社サービス相談センターまでお問い合わせください。 お客さまサービス相談センター.

次の