中国 新聞。 中国

中国新聞

中国 新聞

韓国の脱北者団体が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の体制などを批判するビラを大型風船で北朝鮮側にまくことに北朝鮮が激怒し、2018年以降、緊張が緩和さ… (2020年06月14日 02:01)• ベトナムメディアは13日、南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島付近で10日、16人乗りのベトナム漁船が中国船に体当たりされ、船の機材や漁獲物などを奪われたと報… (2020年06月14日 01:12)• 中国浙江省台州市の公安当局によると、高速道路で13日午後、タンクローリーが爆発した。 爆発の影響で周辺の民家や工場が倒壊し、国営中央テレビ(電子版)によると9人… (2020年06月13日 23:26)• 2019年10月、愛知県西尾市の矢作古川近くに置かれたスーツケースから女性の腐乱遺体が見つかった事件で、スーツケースを現場に捨てたとして、愛知県警は13日、中… (2020年06月13日 21:34)• 中国の北京市当局は13日、同市豊台区の食品卸売市場の従業員45人が12日に新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。 全員が現時点では無症状。 またこ… (2020年06月13日 18:56)• 韓国の脱北者団体が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の体制などを批判するビラを大型風船で北朝鮮側にまくことに北朝鮮が激怒し、2018年以降、緊張が緩和さ… (2020年06月13日 18:32)• 高島屋の2代飯田新七が、1878(明治11)年9月に51歳で急逝したとき、妻の歌は母として、子どもたちにこう言い聞かせている。 「たとえ一本の矢はもろくとも、… (2020年06月13日 12:00)• 「首都市民の生活保障について、早急に解決すべき問題がある」。 今月7日に行われた朝鮮労働党政治局会議で、金正恩委員長がときおり見せた厳しい表情は、北朝鮮経済がこ… (2020年06月13日 06:00)• 今回の新型コロナウイルスの感染拡大をめぐっては、マスク、医療用ガウン、人工呼吸器などの医療物資が不足した。 安倍政権は今回の反省から、これら医療物資の供給体制の… (2020年06月13日 05:25)• 茂木敏充外相は12日の参院外交防衛委員会で、5月に沖縄県・尖閣諸島周辺で領海に侵入した中国公船が日本漁船を追尾した問題で、「中国は一つずつステップを踏んで現状… (2020年6月13日 02:02).

次の

中国新聞社

中国 新聞

この項目では、日本の広島県に本社を置く新聞社について説明しています。 発行している新聞については「」をご覧ください。 のについては「」をご覧ください。 株式会社中国新聞社 The Chugoku Shimbun Co. , Ltd. 略称 中国新聞社 本社所在地 〒730-8677 7番1号 設立 (明治25年) 代表者 (代表取締役) 資本金 3億円 売上高 233億円(2017年12月期) 従業員数 439人 内訳:男357人、女82人(2018年2月1日現在) 決算期 毎年12月末 関係する人物 (前社長) 外部リンク 株式会社中国新聞社(ちゅうごくしんぶんしゃ)は、の発祥の。 (の)のを発刊しており、新聞発行のほかに、書籍の刊行やイベントの主催なども行っている。 本社は広島市にあり、広島県とにも地域本社を置く3本社体制である。 原爆投下後の市中心部。 中央やや右を縦断するのが相生通りであり、その道沿い手前から2つめの三角形の建物が東警察署で、その一つ向こう側が当時の社屋。 広島市大手町4丁目(現・広島市中区大手町2丁目)において会社設立。 姉妹会社の呉新聞社よりを創刊。 広島市上流川町(現・中区胡町)に新社屋(3階建て)が完成。 (広島~福山間)を創設。 中国新聞本紙に添付されていた「防長版」を廃止し、を創刊。 同年 を事実上の中国新聞傘下にする。 航空部を新設。 広島市上流川町に8階建ての新社屋(現在のがある場所)が完成。 がされ、に移行。 中国防長新聞が廃刊。 呉新聞に芸備日日新聞が統合。 創刊50周年を記念し、を制定。 空襲による呉新聞社の焼失により、中国新聞社が呉新聞を発行開始。 同年 原爆投下のため被災し、社員113人を失う。 代行印刷を他新聞社に依頼。 同年 他社印刷で新聞の発行再開。 同年 温品に疎開していた輪転機で自社印刷再開。 同年 による風水害で新聞発行が不可能となり、再度、代行印刷を他新聞社に依頼。 同年 本社屋に復帰し、新聞の自力印刷を再開。 夕刊ひろしま新聞社を創設し、を創刊。 会社組織をからに変更。 同年 を吸収合併し、会社組織を株式会社に変更。 賞制定。 同年 中国新聞に呉新聞が統合。 同年 夕刊ひろしま新聞社の社名を有限会社に変更し、新聞名も同じく夕刊中国とした。 夕刊中国の名称をに変更。 (現・)を制定。 同年 夕刊中国新聞を廃刊し、発行会社は中国新聞社が吸収。 広島市中区土橋町に中国新聞ビルが完成し、本社を移転。 第1回「」開催。 広島市で井口工場が完成し、オフセット輪転機を導入。 による新聞制作システムCTSに全面移行し、鉛活字が消える。 会長がを受章。 従三位に叙せられる。 オフセット輪転機2号機が稼働。 第1回「(ひろしま男子駅伝)」を開催。 の本社のほか、新たにに備後本社、(現)に防長本社を置き、3本社体制がスタート。 印刷工場の福山制作センター(プレッセびんご、2005年11月から「ふくやまちゅーピーパーク」)が稼動。 同年 中国新聞読者の「」が発足。 廿日市市大野で新印刷工場の広島制作センター()が稼働。 携帯電話の情報サイト「」がオープン。 報道・編集・メディア・製作管理の4センターで構成される総合編集本部が始動。 を創刊。 を休刊。 夕刊に代わる新媒体として、「」を創刊(当面は本紙とのセットのみ宅配で販売)。 防長本社をに移転。 「緊急時における新聞発行の相互援助協定」を朝日新聞社と締結 事業所 [ ] 本社 [ ] 中国新聞防長本社• 広島本社:7番1号• 備後本社:広島県御門町3丁目2番13号• 防長本社:大手町3番6号 支社 [ ]• 東京支社:2丁目2番1号 2階• 大阪支社:2丁目1番43号 紀陽ビル5階• 呉支社:広島県2丁目1番1号 総局 [ ]• 東広島総局:広島県西条岡町5番7号• 岩国総局:山口県麻里布町6丁目4番17号 支局 [ ]• :、、、、、、、、、、、、• :、、、• :、、• :、、、• : ステーション [ ]• :、、• :、 刊行物 [ ] 新聞・書籍 [ ] 刊行中• (2015年5月- 同4月まで発行し休刊したと入れ替わり発行。 一部夕刊の連載を引き継いでいる。 ) 廃刊・休刊• (1935年-1941年)• (1945年-1948年)• - - (1948年-1963年)• (1964年-1965年)• (1966年-1975年)• (1962年-2000年)• 中国新聞夕刊( -2015年) フリーペーパー [ ]• Cue オールカラー:24ページ 発行:毎週金曜日 配布地域• Cue広島版:広島・呉エリア((一部除く)、、、、・・・)。 沿線のJR駅(、、、など)には、駅利用者等向けの配布ラックが設置されている。 Cue東広島版:東広島エリア(、、の旧大和町地域など)。 沿線のJR駅(、、など)には、駅利用者等向けの配布ラックが設置されている。 東広島市内にある、工学部、の構内でも配布。 Cue山口版 岩柳エリア(、など)。 JRには、駅利用者等向けの配布ラックが設置されていた。 に追加創刊された(岩国駅での配布分は、広島版から山口版に変更)。 2012年4月時点で、山口版は公式サイトの配布エリアに含まれていない。 旅Cue 旅行情報を掲載した 旅Cueも本紙に挟み込まれていた。 2014年1月発行分から広島・山口地区に準じ 『Cue備後』と改題してリニューアルした。 などには駅利用者等向けの配布ラックが設置されている。 いずれも紙面には広島県内4局とテレビせとうちの1週間分のテレビ番組表が掲載されている。 中国新聞の各販売所では中国新聞ファミリーとしてミニコミ紙 地域ニュースかわら版が発行され、新聞の折り込みチラシと一緒に折り込んで配布されている。 グループ企業・事業 [ ]• 中国新聞社会事業団• 広島国際文化財団• 中国印刷• 中国新聞サービスセンター• 中国新聞輸送• 中国新聞文化事業社• 中国新聞販売センター• 中国新聞広告社• 中国新聞情報文化センター• 中国新聞企画サービス• メディア中国• ちゅーピーパーク• 中国新聞システム開発• 中国即売• 中国新聞福山制作センター• 中国新聞広島制作センター• 放送局との関係 [ ] 地元広島県の民間放送局全てと関係があり、CMも放映している。 (HTV)や(tss)などはキー局と親密な新聞資本の方が強く、(HOME)はの関係会社(事実上のグループ企業) に位置付けられている。 これらの放送局でもCMが放映されている他、イベントを共催する事がある。 また、の(KRY)とも関係があり、現在もCMを放送しているほか、ラジオの山口県内ニュースを提供している。 さらに、およびと関係の深い(tys)や、朝日新聞社およびと関係の深い(yab)でもCMを放映している。 主催イベント [ ]• (旧)• (旧) 関連人物 [ ]• (「ちゅーピーくらぶ」キャンペーンソングを担当)• (元中国新聞記者・論説委員)• (元中国新聞)• (元社員、)• (元社員、創設者、鶴学園名誉)• (元社員、を8期務める)• (、中国新聞系列会社の夕刊ひろしま新聞社に勤務)• (元社員 編集局長)、第31・32代)• (元社員、)• (中国新聞社の)• (戦後一時在籍、選手)• (元社員、)• (中国新聞で連載した) 友好社 [ ] も参照。 契約通信社 [ ]• 受注印刷紙 [ ] 以下の新聞の広島県及び周辺地区における地域版を、本社関連企業で委託印刷している。 中国印刷()• (中国新聞広島制作センターと2社で分担)• 中国新聞広島制作センター()• (2010年4月12日付までは、の中国新聞福山制作センター)• (同上) 朝日新聞の版については(編集・制作は)の版、それ以外の版はの版の印刷を受託している。 日刊スポーツは「」発行扱いであり、基本的に山口県東部向けの新聞は大阪本社版の記事がベースとしながら、広島・中四国地域向けに差し替えるページ(地元のスポーツクラブや公営競技など)あり。 脚注 [ ]• 2019年11月9日閲覧。 中国新聞社. 2012年4月26日閲覧。 「中国新聞社 第64期決算公告」、中国新聞社、2012年3月28日朝刊 24面。 中国新聞社広告局. 2012年4月26日閲覧。 2010年3月31日, at the. 全国紙とキー局の資本整理までは朝日新聞社・毎日新聞社との均等出資で、役員も3社から派遣され、3社とRCCの共同制作による「3社ニュース」が放送されていた。 RCCが3社均等出資だった時代は、現在よりも中国新聞の株式保有率が高く、報道面でも開局からしばらくの間は中国新聞社ラジオテレビ部への依存度が高かった。 その後の全国紙とキー局の資本整理の流れで、朝日新聞のRCC株と中国新聞のHOME株の保有比率調整が行われた。 参考資料 [ ]• - (2010年12月3日アーカイブ分)• 中国新聞社史編さん室『中国新聞百年史』(中国新聞社)• 中国新聞社史編さん室『中国新聞百年史 資料編・年表』(中国新聞社)• 中国新聞社『中国新聞八十年史』(中国新聞社)• 中国新聞社史編纂委員会『中国新聞六十五年史』(中国新聞社)• - 中国放送 RCC。 流川にあった戦前の社屋の映像がある。 関連項目 [ ]• (本部は中国新聞ビル内に設置)• (中四国事務局は中国新聞ビル内に設置)• (球団設立時に出資) 外部リンク [ ]• 1加盟局が運営・出資する(CSチャンネル) 2旧TBSは2009年に現TBSに放送免許を譲渡。 3旧CBCは2014年に現CBCに放送免許を譲渡。 4OTV大阪テレビ放送は後にABCに吸収。 OTV閉局当時はJNNが未発足であったが便宜的に記述。 5旧RKBは2016年に現RKBに放送免許を譲渡。 6旧MBSは2017年に現MBSに放送免許を譲渡。 7旧RSKは2019年に現RSKに放送免許を譲渡。 8母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 9JNN系列局はないが、友好関係がある新聞社(過去に系列局を置く計画があったが、断念した)。 10などが加盟するラジオネットワーク。 11旧称・TBSカンガルー災害募金。 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

次の

中国新聞社 (中華人民共和国)

中国 新聞

この項目では、中華人民共和国の通信社について説明しています。 日本の広島県に本社を置く新聞社については「」をご覧ください。 本部はにあり、国内外に複数の支局を置いている。 なお、のに本社を置く(を販売対象とするのを発行する)とは無関係である。 概要 [ ] 向け通信社であり、海外メディアへ中国関連ニュースの配信を行うことが主な業務である。 また、同社は中国で最初にのを開設した会社でもある。 にで www. chinanews. comを設立し、には、中国新聞社本部に「 中国新聞網(中新網) www. chinanews. com. cn」を設立した。 中国新聞社の前身は、期間中のにの指導の下、とが組織した 国際新聞社である。 中華人民共和国建国後、に現在の「中国新聞社」に改名。 初代社長には、(1952年11月-1967年2月)を務めた社会活動家であり、国際問題評論家のが就任した。 同社は同年10月1日、正式に海外へのニュース配信をスタートした。 中国新聞社の本部は北京市にあり、国内では各省・自治区・直轄市、、に、海外では、、、、、、、、、、、などに支局を置いている。 また、台湾にも駐在記者を派遣している。 北京、ニューヨーク、香港支局は記事配信の拠点となっている。 日本でのニュース配信業務は「中国新聞網」名義で行われており、東京支局がある。 組織 [ ] 支局 [ ] 中国国内 支局、支局、支局、支局、支局、支局、支局、支局、支局 国外 支局、支局、支局、支局 支部 [ ]• 支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部、支部 傘下媒体 [ ]• 、、、、、、、 関連会社 [ ]• 、、、、 主要契約媒体 [ ] 、、、 、、、 、 、 、、、 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (中国語)• [ ]• [ ].

次の