トランペット 初心者 音の出し方。 トランペット吹きは、まずは運指をマスターしろ!基本の練習方法ご紹介

トランペット|ヤマハミュージックレッスン

トランペット 初心者 音の出し方

スポンサードリンク トランペットの吹き方 高い音を出す前に まずは高音限らず、トランペットを吹くうえで重要なポイントをご紹介します。 トランペットには ピストンが3本しかなく、そしてそれぞれを開閉する組み合わせはなんとたったの 8通りしかないので、 同じピストンの押さえ方でいくつかの音を出さなければいけないことがわかります。 したがって、出したい音をきちんと自分の中でイメージできていないと、練習を重ねていても音程を外してしまう……といったことが起きてしまうのです。 姿勢を正す 譜面台を使うことを面倒くさがって、楽譜を床や机に置いて演奏していると、どうしても前かがみになってしまい、 十分なブレスが取れなくなってしまったり、息がまっすぐはいらなくなってしまったりします。 さらにベルが下を向いてしまうと音が響かなくなってしまいます。 初心者のうちから良い姿勢での演奏を習慣づけるようにしましょう。 トランペットで高い音 ハイトーン を出す吹き方やコツ 続いて高い音が出せない……とつまずいてしまったときに注意したいポイントを紹介します。 息の入れ方 トランペットで高い音が出せないと悩んでいるとき、その原因の多くは 息の入れ方にある可能性が極めて高いです。 前の項目にも書きましたが、トランペットは唇を振動させて演奏する楽器で、高い音をふくためには、低い音を吹くときよりも息を調節して振動を速くさせなければなりません。 この感覚は水やりに使う ホースによく例えられます。 ホースの先を指で狭めると、蛇口から出る水の力を変えずに、勢いよく遠くへ水を飛ばすことができます。 トランペットの場合はホースの先を指で狭める代わりに、 舌の位置や息の圧をコントロールして高い音を出しますが、この感覚が理解できていると息の入れ方が改善できるのではないでしょうか。 アンブシュア アンブシュアとは、一般的に マウスピースをあてたときのフォームのことを言います。 歯並びなどによって人それぞれアンブシュアは変わってくるので、一概に「良いアンブシュア」というのは言い切れず、無理せずに吹くことができる自分に合ったものを探していく必要があります。 高い音を吹くときに、アンブシュアが崩れてしまうと悩んでいる方には、鏡を見ながらマウスピースだけでサイレンのように低い音から高い音をスラーで吹いてみる方法はおすすめです。 高い音を出すための練習方法 最後に高い音を出すために効果的な練習方法をいくつか紹介させていただきます。 リップスラー リップスラーとは、 同じ指のままスラーで2音以上を行き来する練習です。 マウスピースで唇をプレスせずに高い音を出したり、息のコントロールが上達したりするので、 音域を拡大するのに効果的な練習です。 このときアンブシュアが変わったり、楽器が動いてしまわないように注意が必要です。 2音のゆっくりなリップスラーからはじめ、慣れてきたら徐々に行き来する音を増やしたり、テンポを速くしたりして練習しましょう。 スケール 高い音を出すためには 低い音の練習も欠かせません。 アンブシュアが崩れないように意識しながら スケール 音階 練習はリップスラーと同様に効果的な練習方法です。 また、高い音を連続して吹いて唇がバテてしまったときの回復にも、 低い音のロングトーンは効果的です。 Advertisement 関連する記事• 金管楽器で必ず最初に行う練習方法がマウスピースでの練習です。 なぜマウスピースの練習が必要なのか? 今回はトロンボーンのマウスピースによる練習方法や練[…]• チューバを初めてやる皆さま。 ようこそ、チューバの世界へ! 地味にみえるチューバですが、やってみると大変奥が深いんですよ。 ここでは、吹き方のコツや、[…]• 吹奏楽でドラムセット叩く人ってハッキリ言って上手じゃないです。 そもそも練習量が足りないと思うんです! とは言え、学校でドラムセットばかり練習してたら[…]• クラリネット吹きなら誰しも経験するリードミス。 演奏していると大事なところで「ピー」とか「キャー」という音がなってしまったということは、一度は経験があ[…]• 肺活量をアップしたい!鍛えたい!というのは、吹奏楽部で楽器を始めたばかりの人に多い悩みですね。 ロングトーンが全然続かなくて、先輩に「肺活量鍛えなさい[…].

次の

トランペットのきれいな音の出し方!お約束を捨てれば出せる

トランペット 初心者 音の出し方

ジャズ、クラシック、ポピュラーなど、様々なジャンルで人気です。 トランペットの魅力はなんといってもその存在感。 ソロはもちろん、ビッグバンドやオーケストラなど、どこにいっても 主役レベルのメロディを担当します。 またジャンルも幅広くニーズも高いため、トランペットは金管楽器の王様と呼ばれます。 楽器自体はコンパクトですが、そこからはびっくりするような 大音量や輝かしい音色など、奏者の想いで自由自在に奏でることが出来ます。 トランペットの仲間 トランペット系の楽器には、コルネット、フリューゲルホルン、ピッコロトランペットなどがあります。 コルネットはトランペットよりやや暖かみのある音色、フリューゲルホルンはさらに太くて柔らかい音色が特長。 ピッコロトランペットはトランペットよりも通常1オクターブほど高い音域で演奏され、軽やかで輝かしい音色となります。 ビートルズの「ペニー・レーン」の間奏で聴ける音がピッコロトランペットの音です。 ヤマハミュージックレッスンでは、こんな曲でレッスンします。 トランペットコースでは、ジャズ、ポピュラー、クラシックの名曲など、 様々なジャンルの曲でレッスンします。 またアンサンブルで演奏する曲も数多くあり、 専用の伴奏音源を使ってコンボやビッグバンドに参加している気分も味わえます。 曲例 ポピュラー曲からラテン音楽、スタンダード・ジャズ、クラシックの名曲などを収録。 レパートリーを演奏する中で様々なテクニックを習得していきますので、無理なく楽しみながらレパートリーを増やしていけます。 また、ヤマハのオリジナルアレンジのトランペットアンサンブルも多数収録。 コンボやビッグバンドで演奏している気分を味わえる伴奏音源も完備しており、楽しみながらレッスンを続けていただけます。

次の

トランペットのおすすめ人気ランキング10選【初心者必見!】

トランペット 初心者 音の出し方

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 「トランペットの上達には、プロにレッスンを受けるのが一番です。 」 これ、管理人がずっと言い続けている事です。 あなたもそうですか? それと、 ・ピアノ弾けるというだけで、気がついたら吹奏楽部の顧問になっていた と言う指導者の方もいらっしゃるかもしれませんね。 ただし!このやり方、トランペットに詳しい方から見れば 「これ、タブーだよね。 アウトだよね!」 と言われかねない方法です。 それでも良ければご覧ください。 サクラ楽器のトランペット入門セットを購入しましょう あなたが初心者さんで、 ・教えてくれる人がいない ・頼れる人が誰もいないというのなら いちばん分かりやすい練習方法は、「サクラ楽器のトランペット入門セットを買うこと」です。 ・アマゾン ・楽天 どちらでも売っています。 アマゾンや楽天のサイトへ行ったら、検索窓に、 サクラ楽器 トランペット と、入力すれば出てきます。 絶対に「トランペット本体 もちろんケース付き だけ」を買わないでくださいね! 目当てはトランペットではないので。 詳しくは次の章で書きます。 目当てはトランペット本体ではありません サクラ楽器のトランペット入門セットを買う一番の目的は、トランペットではなく、セットの中に入っている、 ・「いちばんやさしいトランペット入門」という教則本と ・「トランペット入門」というDVD を手に入れる事なんです。 管理人、これを見て、教えてくれる人がいない初心者さんの他にも、 「トランペットの事が分からなくて、どう指導していいか分からない指導者さん」 にも、強力におススメします。 極端な話、 「トランペットの吹き方を教えてほしい?、実は私も分からないの。 これ見て勉強してもらえる?ゴメンネ。 特にDVDの方ですね。 再生時間約90分。 もちろん、どちらも ・本だけとか ・DVDだけとか 手に入れることはできるんですが、結構値段が高いのと、慢性品薄気味…。 なので、いっそのこと「サクラ楽器トランペット入門セット」を手に入れてしまった方が、他の付属品もついてきてお得感があるんです。 2019年8月現在、16,800円 税込み。 セミハードのトランペットケースだって、ケースだけだけ買えば、どんなに安くても1万円はしますから。 また、チューニングメーターとクリップマイクはKORG製。 アマゾンではセットで3,000円ちょっとで売られています。 日本の3大電子楽器メーカー ヤマハ、Roland、KORG の一つですので信頼性もありますしね。 買うなら迷わずチューニングメーターがついているセットです サクラ楽器トランペット入門セットは ・メトロノーム付きチューニングメーター付きのものか ・譜面台、ミュート 弱音機 、ラッカーポリッシュ トランペットを磨くための液体 の2通りを選べるんですが、迷わず「メトロノーム付きチューニングメーター付きのもの」を買ってください。 譜面台は吹奏楽部なら大概備品がありますし、個人でも譜面台代わりにできるものはいくらでもあります。 買うにしても1000円台からありますから。 必要なら買い足せばいいです。 チューニングメーターは、あなたの出している音が「何の音か知るために」すぐに使いたくなるはずですから。 メトロノームもDVDを見れば、欲しくなるはずです。 見る順番は1. DVD 2. 本です 見る順番のおススメは 1.DVD 2.教則本 です。 両方とも似たような内容が書いているんですが、やはり動画で見ることができるのは大きいです。 トランペットの吹き方の他にも、基本的な扱い方や、お手入れの仕方も紹介しているので、とても分かりやすいです。 肝心のトランペット本体はどうする? これは、ぶっちゃけちゃいましょう。 別に買ってください。 ヤマハの一番安いやつでいいので。 アマゾンや楽天で結構安く売っています。 これは管理人個人の意見になりますが、 「最初から一生モノのトランペットを手に入れる必要はない、長く吹けそうならグレードアップすればいい」 と思っていますから。 最後に いかがでしたでしょうか。 トランペットの初心者さんのための練習方法をテーマに、 ・教えてくれる人がいない ・頼れる人が全くいない トランペット初心者さんはもちろん、「教え方が分からない」と言う立場のあなたに向けても書きました。 管理人の身近でも、学校吹奏楽部でトランペットが全員卒業してしまったため、新入生が誰にも教えてもらえないという事態が起きています。 指導者も見つからないんだそうで…。 ただこの方法、できれば避けたい方法で、プロのトランペット講師や、トランペットに詳しい方なら、 「こんな方法書いて、邪道もいいとこ!ありえない!」 と、気分を害されるくらいのレベルのタブーだったりするんですね。 でも、現実を見ると、「この方法が一番かな」とは管理人は思います。 普段、このブログでも、「プロに教われ、プロに教われ!」と口酸っぱく言っていながら…、なんですが 本当にプロに教わることが可能ならプロに教わってください。 で、本当の本当の本当に、 「どうしても無理!教えてくれる人が見つからない!」 という時だけ、参考にしてください。

次の