マイ プロテイン タンパク質 含有 量。 【マイプロテイン】オススメのプロテインを紹介します!!!

マイプロテインのタンパク質含有量ランキング!最強ホエイプロテイン

マイ プロテイン タンパク質 含有 量

セール情報の詳細は記事にもしています。 合わせてチェックすることを強くお勧め致します。 こんにちは!小川()です。 品質とコスパを考えてマイプロテインを購入しようと考えた時、気になるのは「成分表」ではないでしょうか? もちろん味も大事ですが「タンパク質含有量」や「脂質」、「糖質」がどの程度含まれているのかはデータとして知っておきたいところです。 しかしながら式サイトをチェックしてみても各フレーバーの成分表は出ていません…orz そこで!今回は僕が人柱となり、これまでレビューしてきたImpactホエイプロテイン69種類のフレーバーをデータ別に整理して掲載します。 この記事では客観的データでのランキングを作りたかったので、数字を基準としたランキングを掲載しています。 味ランキングは別記事にまとめていますので、そちらをご参照ください。 ここをクリック 目次• Impactホエイプロテインのタンパク質含有量ランキングTOP10 まずは最も気になる 「タンパク質含有量ランキング」から掲載していきます。 成分表には「100gあたり」と「1食分(25g)あたり」の2つの数字が記載されていますが、より正確なデータをお届けするために「100gあたり」の数字を採用しています。 順位 フレーバー 100gあたりのタンパク質含有量(g) 1位 85. 0g 2位 82g 3位 82. 0g 4位 81. 0g 5位 80. 6g 6位 80. 1g 7位 80. 0g 7位 80. 0g 7位 80. 0g 7位 80. 0g 7位 80. 0g 80. 0gで同率のフレーバーが多かったので11種類となっています。 1位は「オレンジクリーム味」で85%のタンパク質含有量が確認されました。 レビュー記事にも書いているのですが、「オレンジクリーム味」に書かれているマクロは良すぎて間違いを疑うレベルです。 (ノンフレーバーよりも成分が良いのはどういうこと…?) ランキングに載っている中で味の合格ラインを超えているのは「オレンジクリーム味」・「ピーチティー味」・「北海道ミルク風」・「ティラミス味」・「ココナッツ味」あたりです。 一覧表から各フレーバーのレビュー記事に飛べるようにしていますので、気になるフレーバーをチェックしてみてください。 ちなみに、最もタンパク質含有量が低かったのは「チョコレートスムース味」でタンパク質含有量は「71g」でした。 マイプロテインのImpactホエイプロテインのタンパク質含有量は「70%~80%程度」と認識しておくのが良いでしょう。 味ランキングの記事ではタンパク質含有量の数字だけは拾っています。 ここをクリック Impactホエイプロテインの低糖質ランキングTOP10 次に「糖質量」で並べ替えたランキングを掲載します。 同じく100gあたりの糖質量で少ない順に並べています。 炭水化物=糖質+食物繊維なので、3つの数字を記載していますが、並び替えは糖質で行っています。 順位 フレーバー 100gあたりの糖質含有量(g) 炭水化物(g) 繊維(g) 1位 3. 6g 7. 9g 3. 4g 2位 3. 7g 3. 8g 0. 2g 2位 3. 7g 7. 7g 1. 6g 2位 3. 7g 7. 6g 1. 5g 2位 3. 7g 6. 9g 1. 5g 6位 3. 8g 2. 2g 未記載 6位 3. 8g 4. 0g 未記載 6位 3. 8g 5. 4g 1. 5g 9位 3. 9g 8. 1g 0. 2g 9位 3. 9g 6. 8g 0. 0g 9位 3. 9g 7. 2g 未記載 9位 3. 9g 6. 9g 0. 1g 9位 3. 9g 6. 5g 0. 1g 9位 3. 9g 5. 3g 未記載 9位 3. 9g 5. 9g 0. 1g 9位 3. 9g 5. 6g 0. 1g 9位 3. 9g 5. 1g 未記載 同率のものが多かったので17種類のフレーバーを掲載しています。 糖質含有量で比較してみると「チョコレートスムース味」が【100gあたり3. 6g】で1位でした。 (他のフレーバーとの差はあまりなかったです。 ) ちなみに、最も糖質量が多かったのは「バノフィー味」で糖質量は「13. 0g」でした。 マイプロテインのImpactホエイプロテインでは糖質量はバラバラなので、注文前する前に成分表を確認しておくことをお勧め致します。 各フレーバーの成分表はレビュー記事にまとめていますので、下記よりチェックしてみてください。 ここをクリック Impactホエイプロテインの低カロリーランキングTOP10 続いて「100gあたりのカロリー」で比較したランキングとなります。 低い順に並べており、25gあたりのカロリーも計算値で並べておきました。 (25gが大よそ1食分となります。 ) 順位 フレーバー 100gあたりのカロリー(kcal) 25gあたり(計算値) 1位 318kcal 79. 5kcal 2位 354kcal 88. 5kcal 3位 365kcal 91. 3kcal 4位 381kcal 95. 3kcal 5位 383kcal 95. 8kcal 6位 384kcal 96. 0kcal 7位 384kcal 96. 0kcal 8位 387kcal 96. 8kcal 9位 388kcal 97. 0kcal 10位 389kcal 97. 3kcal カロリー順で比較してみると「プラム味」が【100gあたり318kcal=25gあたり79. 5kcal】で最もカロリーが低くなっています。 2位が「ティラミス味」で【100gあたり354kcal=25gあたり88. 5kcal】と少し上がり、あとは少しずつ上がっています。 ちなみに、最もカロリーが高かったのは「スティッキー・トフィー・プディング味」で【100gあたり413kcal=25gあたり103. 25kcal】でした。 マイプロテインのImpactホエイプロテインは1食あたりのカロリーは80~100kcal程度と認識しておけば問題ないと考えます。 Impactホエイプロテインの低脂質ランキングTOP10 順位 フレーバー 100gあたりのカロリー(kcal) 25gあたり(計算値) 1位 0. 4g 0. 1g 2位 1. 5g 0. 4g 3位 5. 6g 1. 4g 4位 5. 8g 1. 5g 5位 5. 9g 1. 5g 5位 5. 9g 1. 5g 7位 6. 5g 1. 6g 8位 6. 7g 1. 7g 8位 6. 7g 1. 7g 10位 6. 8g 1. 7g 10位 6. 8g 1. 7g 脂質量で比較すると1位は「オレンジクリーム味」で「100gあたり0. 4g」という驚きのスコアで1位でした。 (やはり何か間違えているような…) 2位は「ティラミス味」で「100gあたり1. 5g」であり、3位以降は5gオーバーとなります。 ちなみに、最も脂質量が多かったのは「北海道ミルク風」で「100gあたり8. 04g」でした。 マイプロテインのImpactホエイプロテインの脂質量は「100gあたり5~8g程度」と認識しておくのが良いでしょう。 まとめ:プロテインを選ぶ時に注目するポイント プロテインを選ぶ時に、何を基準とするかは目的によって変わってきます。 コストを重視する場合:タンパク質含有量が高いもの• 糖質制限をしている人:糖質量が少ないもの• 脂質制限をしている人:脂質量が少ないもの ざっくりとした振り分けではありますが、こんな感じでしょうか。 今回記事にしてみて驚いたことは「糖質の量にかなりバラツキがあったこと」です。 タンパク質含有量や脂質量は、それほど変わらないレベルでしたが、糖質量は「3. 6g~13. 0g」とかなりの違いがありました。 僕自身は今のところ糖質制限を行っていませんが、糖質制限をしている人にとっては大問題であると考えます。 注文する前に成分表を確認することは意識された方が良いと考えます。 …と、この記事では数字で比較できるものを比較してみました。 ですが、正直な話…結局は「味」で選んでしまっています。 (笑) プロテインは毎日飲むものですから、いくら成分が良かったとしてもマズいものを飲み続けるのは苦痛です。 自分にとってご褒美と感じられる味をチョイスできるかどうかが、プロテインを飲み続けるコツだと考えています。 味の評価は人によって大きく異なるところではありますが、個人的なランキングは作成していますので味選びの参考にしていただければ嬉しいです。 ここをクリック はじめまして!小川健太です。 2016年11月に筋トレを始めました。 178cm57kgのガリガリから始めて少しずつ成長しています。 ボディメイクに関する情報は結構適当な情報が多いですが、しっかりと情報を調べて納得のいく選択をしたいものです。 基本はマイプロテインで大規模セールが開催された際のお買い得商品のお知らせを行いますが、筋トレやサプリに関するご質問にもわかる範囲でお答えさせていただきます。 お気軽にどうぞ! 現役理学療法士:Natsumi 結婚式に向けたボディメイクで筋トレに目覚める。 筋トレ歴は約3年。 現役理学療法士で脳卒中認定理学療法士も取得。 理学療法士として運動学的知識、神経学的知識も加えながら、より信頼性のある情報をお届け! 理系大学院生:Bryan(ブライアン) 筋トレ歴5年の24歳。 学生ボディビルで5位&脚部門で優勝経験あり。 英語が得意で海外のトレーニングサイトや論文を読むのが趣味。 サプリメントオタクでもあり、エビデンスに基づいた情報提供が得意。 現役調理師:鈴木 自営業の調理師をしながら、副業でジムのスタッフに(現在は退職済み)。 筋トレ歴は5年。 以前はクックパッドへの投稿をしていて総合アクセス数は約100万PV!家庭でも簡単にできるレシピの作成が得意。 現役和菓子職人:高下 筋トレ歴19年。 学生時代はプロレスに挑戦。 リングネームは「天狗たけし」。 現在はしまなみ海道の中心にある梅月堂で腕を振るう和菓子職人。 プロテインスイーツをお届け! きりさめ 生命理工学専攻で理学修士号と学芸員補取得。 平成うまれのゆとり。 デコるのが好き。 科学メディア「理系とーく」でもライターをしています。 も販売中。

次の

【1杯】マイプロテインの1スクープは何グラム?実際に測ってみた!

マイ プロテイン タンパク質 含有 量

プロテインを飲んでいる人ならマイプロテインという名前は聞いたこともあるかもしれせん。 マイプロテインImpactホエイプロテインはイギリスのマイプロテイン社が販売するプロテインです。 僕は週2~4回くらいの頻度でジムに行くのですが、トレーニング終わりにはいつもプロテインを飲んでいます。 いろいろプロテインを飲んできましたが、マイプロテインは僕の中でおすすめしたいプロテインの1つです。 特に価格は他のプロテインと比べて安めで、飲みやすいプロテインなので、コスパのいいプロテインが欲しい人にはおすすめだと思います。 コスパもよく、飲みやすいプロテインなので名前を聞いてことがある人は多いのではないでしょうか。 そんなマイプロテインについて、 成分や味、実際に飲んでみた感想を踏まえて紹介していこうと思います。 Contents• マイプロテインを飲んでみた感想 マイプロテインを飲んでいて思うのは、 甘すぎない味で丁度いい味ということです。 僕はチョコレート味を飲んでいるのですが、同じチョコレート味でもプロテインによっては味がかなり違います。 どのプロテインもチョコレート味はハズレに出会ったことはありませんが、味がかなり甘ったるかったり、薄かったりと様々です。 そんな中でマイプロテインは適度に甘く、丁度いいかな、といった感じの味でした。 言い方を変えると特に特徴のないような味です。 無難に飲むことが出来ますね。 実際のものはこんな感じです。 プロテインの入った袋は触ってみると少し耐久力が弱そうな印象です。 破れたことはないので気にし過ぎかもしれません。 中にはスプーンが同封されています。 スプーンがプロテインの奥底に埋もれていることが多いので、見つからない人は奥の方まで探してみてください。 スプーンにメモリが付いていますが、なんのためのメモリかはよくわかりません。 そして、このスプーン1杯は30gちょっとらしいです。 かなり中途半端ですね……。 スプーン1杯すりきりまで切ったものをシェイカーに入れて水で溶かしてみるとこんな感じに。 成分 100gあたり 25gあたり カロリー 387kcal 97kcal 脂質 飽和脂肪 7. 6g 5. 0g 1. 9g 1. 3g 炭水化物 糖類 6. 0g 4. 4g 1. 5g 1. 1g 食物繊維 3. 1g 0. 8g タンパク質 72g 18g 塩分 0. 25g 0. 06g 100gの中で72gがタンパク質です。 単純計算で1gあたりの72%がタンパク質ということになりますね。 まずまずの量ではないでしょうか。 プロテインの多くはタンパク質含有量が70%~80%くらいの間になるので、マイプロテインもだいたい他のプロテインと同じような割合です。 マイプロテインは炭水化物が少なめ マイプロテインの成分を見ていると炭水化物がかなり少なめになっています。 ダイエット目的やトレーニングで糖質を制限しているような状態だとプロテインの炭水化物量や糖質の量も気になりますよね。 マイプロテインは炭水化物量がかなり少なめです。 100gあたり6. 0gしか炭水化物が含まれていないので炭水化物量を気にする人には優しいプロテインですね。 ちなみに、ごはん1杯の炭水化物量は37g程度なのでどれくらい少ないかがわかると思います。 マイプロテインの作り方 マイプロテインは付属でスプーンが付いています。 人間は1度に30g程度のタンパク質しか吸収できません。 なので、100gも取ると40gくらいオーバーです。 実際に飲むときはスプーン1杯すりきりくらいで丁度いいくらいだと思います。 だいたい1杯で30gくらいなので、タンパク質量だと22g程度になります。 足りないと思う人はもう少しお好みで増やしてもいいと思います。 僕が飲むときは、 付属のスプーン1杯をシェイカーに入れて水300ml~400mlくらいを入れて混ぜています。 水の量はお好みで。 人によって濃さの好き嫌いがあるのでちょうどいい量水を入れましょう。 まとめ マイプロテインは僕が今まで飲んできたプロテインの中でおすすめ出来るプロテインの1つです。 コスパがいいので、プロテインを安く手に入れたい人には特におすすめです。 イギリスのメーカーなので袋はすべて英語で書かれていて、スプーンのサイズやメモリも謎ですが、味は悪くないのでまだマイプロテインを飲んだことがない人は一度試してみてはいかがでしょうか?.

次の

マイプロテインの飲み方とは?1日何杯?1回分の量はどれくらい?

マイ プロテイン タンパク質 含有 量

本日もゆるふわ、とんぺーフィットネスです。 今回の記事では高重量をとにかく求めていく パワーリフターである僕が普段取っているプロテインをご紹介します。 現在トレーニング歴は四年、パワーリフティング歴は3年に差しかかろうとしています。 トレーニングを続けていく中で様々なサプリメントを試しました。 リフターの中にはサプリを全く取らないにも関わらず途轍もない記録を出す選手もいますが、僕は性格が凝り性なのでビルダーの方並みのサプリの量(15種類くらい)をとっていた時期もありました。 累計で20種類近くのサプリを使用してきたのですが、現在では 4種類のサプリのみに絞っています。 その4種類とは以下のサプリです。 ・プロテイン ・クレアチン ・EAA ・BCAA 今回はその中でも一番重要な プロテインに関して、 サプリで取る狙いやメーカーについてまとめました。 3分程度読めるのでぜひ読んでいって下さい。 プロテインについて 僕がトレーニングで継続して成長する上で最も重要だと考えているのがプロテインです。 プロテインをサプリに入れるかどうかは人によって判断が分かれるところなのですが(タンパク質の粉なので食品と見なす場合もある)今回の記事ではサプリに入れます。 プロテインを飲む理由 プロテインを飲む狙いは、1日のタンパク質量を確保するためです。 現在の体重が98kg程度なので、100kgと仮定して毎日 200g以上は取るようにしています。 食事に関してはある程度タンパク質量の多いものを選んで食べるようにはしているのですが、それでも100gくらいが限界です。 特に現在は極端な増量をしているわけではないのでそもそもの食事の摂取量がそこまで多くないです。 それでも100kg近い体重が維持できるのが人間のホメオスタシス(恒常性)の凄いところです。 ) そこでプロテインを朝食やトレーニング後、寝る前などに飲むことで足りないタンパク質を補うようにしています。 基本的には1日3回(朝食時、トレーニング後、寝る前)の3回に分けて1回につき40g取るようにしています。 食事での100gとプロテインでの120gで1日の合計タンパク質量を220g以上は取れるように調整しています。 1日のタンパク質量を一定以上確保することで、単純に筋量を増加させるだけではなく、 筋力自体の向上も図ります。 タンパク質が筋量だけでなく筋力にポジティブな影響を与えることについての 「科学的根拠」が書かれた本。 トレーニング中級者以上が読んでも気づきが得られる。 パワーリフターにとって、筋量の増加はもちろん、MAX重量を出す更新するためには筋力を上げるのは必須です。 日々の食事から一定以上のタンパク質量が取れる方以外であれば、プロテインでタンパク質量を確保するのがオススメです。 (実際、食事だけでタンパク質を摂取するのは無駄なカロリーを摂取してしまう点でも、お金がかかり経済的ではないという点から考えても大変だと思います) オススメのプロテインメーカー 僕が普段飲んでいるプロテインのメーカーは、 です。 イギリスのメーカーのもので国内シェア率はトップクラスです。 (画像を押すとサイトに飛べます) 僕がマイプロテインをお勧めする理由は質が高く、金額が圧倒的に安いからです。 プロテインの質とは? プロテインの質を判断するのにはタンパク質含有量というものが大事になってきます。 プロテインパウダーはその全てがタンパク質というわけではなく、炭水化物や資質も少量ではありますが含まれています。 マイプロテインのタンパク質含有量は、1スクープ(1杯)25gのプロテインに対して19gのタンパク質が含まれています。 (下から2番目がタンパク質量。 (プレーン味の栄養成分表示。 味がないので飲みづらいが その分タンパク質量は味付きのものよりも高い。 プロテインの種類には大まかに考えると、 製法によりWPC(ホエイプロテインコンセントレート)と WPI(ホエイプロテインアイソレート)の2種類に分かれます。 ざっくり説明すると、WPCをさらに細かく濾過し品質を上げたものがWPIです。 その分値段は高いです。 僕が今回紹介したものはWPCの製品ですが、WPIのプロテインだと、MYPROTEINのものだと含有率は 90%です。 (100gあたり90g。 ) アイソレートの製品はコンセントレートのものよりもお腹を下しにくい (乳糖がほとんど入っていない)ので、牛乳を飲むとお腹を下す乳糖不耐症の方にはアイソレート製法で作られたプロテインを購入することをオススメします。 価格に関して 価格に関して僕が知る限りではMYPROTEINより安価な値段でプロテインを販売しているメーカーはないと思います。 トレーニング始めたての頃はドンキホーテに売っているような1kg5000円くらいするプロテインを見て適正価格はこのくらいなのかなと思っていたのですが、マイプロテインを始めた購入した時は驚きました。 下の画像は現在マイプロテインのサイトで5kgのもの(プレーン味)を購入する場合の値段なのですが、5kgで7302円です。 (今回は1300円弱の割引でしたが、これはかなり割引率が低い祭の数値です。 ) つまり 1kgあたり1460円で、ドンキなどに売られているものの3分の1以下の値段で購入できます。 ちなみにマイプロテインは年間を通して常に割引セールをしているのですが、クリスマスや感謝祭時にはその割引率が更にアップするのでそのタイミングで購入すると更に安く購入できます。 プロテインにしろ他のサプリでも継続して飲まないことには効果は出ないのでサプリを選ぶ上では値段というのは非常に大事になってきます。 MYPROTEINのプロテインを選ぶ際の注意点 マイプロテインを購入する際に気をつけなくてはならないポイントが何点かあります。 なのでクレジットカードを持っていない方は、作るか、代金引換もしくはコンビニ払いができるサイトで購入することをオススメします。 iherbというサイトはコンビニ払いができるのでカードを持っていない方はこちらのサイトで購入できます。 クリックするとiherbのサイトに飛べます。 ちなみにiherbで購入できるプロテインでおすすめなのは です。 値段に関してはMYPROTEINに軍配が上がりますが、質(タンパク質含有量)はほぼ同程度。 そして味が非常に美味しくて飲みやすいです。 多すぎて良く分かりません。 大抵のプロテインは美味しく飲めるのですがたまにハズレの味があります。 以前注文した抹茶味は干し草のような味がして、抹茶味と思って飲むと違和感がありました。 全く別のよくわからない味のものとして飲んだら意外とイケました。 他にもマイプロテインを飲んで人工甘味料の味を感じるという方もいて、苦手な方は苦手な印象です。 マイプロテインは味が合わなかった模様) 僕はプロテインの味に関してはそこまでこだわる方ではないので基本的に美味しく飲めます。 以前注文したあずき味も、あずき味と思って飲むと似ても似つかない味なのですが、別のテイストのものとして認識したら問題なく飲めました。 味に強いこだわりがある方は他のメーカー(先ほどのゴールドスタンダードなど)をオススメします。 僕がオススメする万人ウケする味は、 「ミルクティー」「チョコレート」「バナナ」「ブルーベリーチーズケーキ」、この辺りだと思います。 Amzon Primeで注文してその次の日に届くことに慣れている方には遅く感じるかもしれません。 以前までは1週間どころか2週間以上かかっていたこともあるのですが、 インフラが整ったのか最近ではほとんどのケースで1週間弱で着くことが多いのでよほどプロテインのストックがなく困窮している場合を除いたら特に問題は感じないと思います。 これは20回近くマイプロテインを注文してきて1度だけ経験があるのですが、EAAのパッケージの閉じが甘く、ほんの少しだけEAAの粉がこぼれていることがありました。 おそらく運送の過程で何度か衝撃にさらされるうちにパッケージの接着部分が開いてしまうのが原因だと思います。 こうした目にあうのが嫌でマイプロテインを買うのをやめた方がいるらしいのですが、カスタマーサービスに連絡すれば新しい商品を送ってくれるらしいのでので、そこまで問題はないかと思います。 (念の為写真を撮っておくとカスタマーサービスに連絡する時手続きが楽になると思われます。 ) 僕は溢れた割合がほんの少しだったので特に請求はしなかったのですが次こぼれていたときは新しいのを請求しようと思います👍 まとめ 以上、プロテインに関して、僕が飲む理由と、メーカーについて説明しました。 今までプロテインのメーカーだけで10種類近くのメーカーを試してきましたが、最終的にMYPROTEINに落ち着きました。 この記事を読むことで皆様がプロテインを選ぶ際、 選択が少しでも楽になれば幸いです。 また次の記事でお会いしましょう! それではまた!! (普段使用しているサプリメーカー。 画像を押すとサイトに飛べます) おまけ プロテインメーカーの中で最も安価と言われる「マイプロテイン」と国内最安値の「エクスプロージョン」の商品を「価格」から「栄養素」まで徹底比較した動画です。 良かったらご覧になって下さい😄 東北の地で、自由とは何かを考えながら筋トレと食事と睡眠の日々を送る大学生です。 筋肉留学・筋肉浪人・筋肉留年の全てを経験。 趣味は「パワーリフティング」で、筋トレを通じて心と身体を強くすれば、日本に挑戦する人が増え、最終的に挑戦に優しい素敵な社会になると本気で思っています。 普段はブログやYoutubeを通して「パワーリフティング」や「筋トレ」の布教活動しています。 大会公式記録 ・スクワット210kg ・ベンチプレス 150kg ・デッドリフト240kg Total:600kg 2017 全国大会 93kg jr 5位 2018 全国大会 93kg jr 4位 2019 宮城県春季パワーリフティング大会2位.

次の