じゃがいも ひき肉 甘辛。 じゃがいもと鶏ひき肉のスパイシー甘辛炒め レシピ・作り方 by むぅさんち|楽天レシピ

【超簡単】じゃがいもレシピ人気15選【つくれぽ10000越え!】殿堂・大量消費レシピ|サラダやチーズも!じゃがいもだけでおかずになる!

じゃがいも ひき肉 甘辛

新じゃがいもの準備 皮ごと食べるこの新じゃがの煮物は 春の時期に出回る『小つぶの新じゃが』で作るのがおすすめ。 小粒のほうが新じゃがらしい皮の風味をしっかり楽しめます。 下ごしらえは、土を洗い流すだけでOKですが、大きさがバラバラな場合は大きいものだけを半分に切り、火通りの時間を合わせるようにします。 鍋の大きさは、 芋が重ならず、ちょうど入る大きさのものがよいです。 鍋が大きすぎると煮汁がまわらず火が通りづらいですし、鍋が小さすぎても芋が重なって火通りに差が出てしまいます。 下の写真では一度鍋に芋を入れてみましたが、芋を取り出し、 はじめにAの調味料をすべて合わせて溶かし混ぜます。 新じゃがの煮物のレシピ/作り方 鍋を火にかける前に、芋を重ならないように広げ入れます。 はじめの煮汁は 煮汁から芋が顔を少しだけ出している状態です。 煮るときに落し蓋をして煮汁を対流させて、芋全体に火を通すわけです。 鍋を中火にかけ、沸いたら火を少し弱めて落し蓋をします。 常にじゃがいもの間から泡がぶくぶく沸いてくる強さを保ちつつ、12〜13分を目安に炊きます。 ここで一度竹串を刺してみて、新じゃがの火どおりを確認します。 いちばん大きな芋の中央に串がすっと通れば、蓋をはずしてさらに煮汁を煮詰めます。 (煮汁の残り加減によって、数分炊いた後に)煮汁が煮詰まってくるとバチバチと少し音がしてくるので、火加減を弱火にしてしっかり煮汁を煮詰め、鍋を軽くふって芋全体に煮汁をからめます。 煮汁にとろみがついて、しっかり芋にからめば完成。 器に盛り付けるときは、鍋に残った煮汁も上からかけるとよいです。 この煮物の仕上がりは、皮のまわりには濃い煮汁がからみ、箸で切ってみると中は味がしみ込まず、食べると芋の味がしっかり感じられます!•

次の

新じゃがいもの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

じゃがいも ひき肉 甘辛

新じゃがいもの準備 皮ごと食べるこの新じゃがの煮物は 春の時期に出回る『小つぶの新じゃが』で作るのがおすすめ。 小粒のほうが新じゃがらしい皮の風味をしっかり楽しめます。 下ごしらえは、土を洗い流すだけでOKですが、大きさがバラバラな場合は大きいものだけを半分に切り、火通りの時間を合わせるようにします。 鍋の大きさは、 芋が重ならず、ちょうど入る大きさのものがよいです。 鍋が大きすぎると煮汁がまわらず火が通りづらいですし、鍋が小さすぎても芋が重なって火通りに差が出てしまいます。 下の写真では一度鍋に芋を入れてみましたが、芋を取り出し、 はじめにAの調味料をすべて合わせて溶かし混ぜます。 新じゃがの煮物のレシピ/作り方 鍋を火にかける前に、芋を重ならないように広げ入れます。 はじめの煮汁は 煮汁から芋が顔を少しだけ出している状態です。 煮るときに落し蓋をして煮汁を対流させて、芋全体に火を通すわけです。 鍋を中火にかけ、沸いたら火を少し弱めて落し蓋をします。 常にじゃがいもの間から泡がぶくぶく沸いてくる強さを保ちつつ、12〜13分を目安に炊きます。 ここで一度竹串を刺してみて、新じゃがの火どおりを確認します。 いちばん大きな芋の中央に串がすっと通れば、蓋をはずしてさらに煮汁を煮詰めます。 (煮汁の残り加減によって、数分炊いた後に)煮汁が煮詰まってくるとバチバチと少し音がしてくるので、火加減を弱火にしてしっかり煮汁を煮詰め、鍋を軽くふって芋全体に煮汁をからめます。 煮汁にとろみがついて、しっかり芋にからめば完成。 器に盛り付けるときは、鍋に残った煮汁も上からかけるとよいです。 この煮物の仕上がりは、皮のまわりには濃い煮汁がからみ、箸で切ってみると中は味がしみ込まず、食べると芋の味がしっかり感じられます!•

次の

新じゃがとひき肉の人気レシピ!簡単に作れる肉じゃがや甘辛炒めも!

じゃがいも ひき肉 甘辛

新じゃがいもの準備 皮ごと食べるこの新じゃがの煮物は 春の時期に出回る『小つぶの新じゃが』で作るのがおすすめ。 小粒のほうが新じゃがらしい皮の風味をしっかり楽しめます。 下ごしらえは、土を洗い流すだけでOKですが、大きさがバラバラな場合は大きいものだけを半分に切り、火通りの時間を合わせるようにします。 鍋の大きさは、 芋が重ならず、ちょうど入る大きさのものがよいです。 鍋が大きすぎると煮汁がまわらず火が通りづらいですし、鍋が小さすぎても芋が重なって火通りに差が出てしまいます。 下の写真では一度鍋に芋を入れてみましたが、芋を取り出し、 はじめにAの調味料をすべて合わせて溶かし混ぜます。 新じゃがの煮物のレシピ/作り方 鍋を火にかける前に、芋を重ならないように広げ入れます。 はじめの煮汁は 煮汁から芋が顔を少しだけ出している状態です。 煮るときに落し蓋をして煮汁を対流させて、芋全体に火を通すわけです。 鍋を中火にかけ、沸いたら火を少し弱めて落し蓋をします。 常にじゃがいもの間から泡がぶくぶく沸いてくる強さを保ちつつ、12〜13分を目安に炊きます。 ここで一度竹串を刺してみて、新じゃがの火どおりを確認します。 いちばん大きな芋の中央に串がすっと通れば、蓋をはずしてさらに煮汁を煮詰めます。 (煮汁の残り加減によって、数分炊いた後に)煮汁が煮詰まってくるとバチバチと少し音がしてくるので、火加減を弱火にしてしっかり煮汁を煮詰め、鍋を軽くふって芋全体に煮汁をからめます。 煮汁にとろみがついて、しっかり芋にからめば完成。 器に盛り付けるときは、鍋に残った煮汁も上からかけるとよいです。 この煮物の仕上がりは、皮のまわりには濃い煮汁がからみ、箸で切ってみると中は味がしみ込まず、食べると芋の味がしっかり感じられます!•

次の