さつまいも レンジ。 超簡単!電子レンジでの焼き芋の作り方

なぜ電子レンジではサツマイモが甘くならないのか?

さつまいも レンジ

さつまいもの簡単なふかし方は? さつまいもを簡単にふかすには、どんな方法がよいでしょう。 さつまいものふかし方は蒸し器や炊飯器、オーブンなどいろいろあります。 蒸し器の場合は基本20分ほどかかりますし、鍋に水を入れたり洗ったりと片付けも大変です。 そもそも、蒸し器があるご家庭は、そう多くないと思います。 炊飯器は入れるだけでふかせますが、ご飯を炊いている時は使えません。 オーブンも、濡れた新聞紙に包んで焼くなどして20~30分はかかります。 そこで、一番手早くおいしく作れるのは電子レンジです。 電子レンジでさつまいもをふかすには 基本的な方法は、 「濡れた新聞紙やキッチンペーパで包みラップをして加熱」です。 ただ、加熱時間やワット数は、やり方がいろいろあります。 調べた中で多かった方法は、2つです。 その1: レンジ強(600W)で約3分加熱後、解凍モードで約10分加熱 その2: レンジ強(600W)で約1分加熱後、レンジ弱(160W・200W)で約10分~15分加熱 さつまいもは、じっくり時間をかけて加熱することで甘みが増すため、 低温でじっくり温める時間を作ると甘くなるようです。 ただし、レンジ強で加熱した後解凍モードを使うと、庫内温度が高温で解凍モードが使えないエラーになる場合もあります。 解凍モードとレンジ弱で違いがあるのかを試してみましたが、ほとんど違いはありませんでしたので、 「その2」のやり方のほうがやりやすいかもしれません。 電子レンジを使ったさつまいものふかし方 上記を踏まえて、一般的な電子レンジでできるさつまいものふかし方を説明します。

次の

さつまいもはレンジだと固い?おいしく柔らかく調理するには?

さつまいも レンジ

<レンジ(600W)でのサツマイモの蒸し方>• サツマイモ(今回は250g)を洗い、キッチンペーパーで全体を包む• 1の包んだサツマイモを軽く水で濡らし、上からラップを巻く• ラップで包んだサツマイモを耐熱皿に乗せてレンジに入れ、600Wで加熱する• 3分経ったら上下をひっくり返し、また3分加熱する(加熱時間:合計6分)。 竹串などを刺して、中心までスッと通れば食べごろ レンジにかけていると、ラップが膨らんでくることがあります。 気になる時は、加熱前に爪楊枝やフォークなどでラップの上から数ヶ所穴をあけるといいですよ。 なお、ラップ1枚では水が漏れる時は二重にしてもOKです。 濡らした水が多いと、出来上がりのしっとり感が強いような気がしますね。 火が通っているかを確認する時は、竹串やフォークなどがスッと中心まで通れば食べごろです。 包丁で切ってみてもいいですよ。 <サツマイモを輪切りにしてからレンジ加熱する方法>• サツマイモを洗って1cm前後の輪切りにし(今回は合計で150g)、水に浸けてアク抜きする• アク抜きが終わったサツマイモを耐熱皿に並べて、ラップをかける• レンジに入れ、600Wで3分30秒加熱する サツマイモはアク抜きした水を何度か入れ替えてから取り出し、水分がついたまま加熱してください。 (拭き取らなくていいです) アク抜きについては、サツマイモのアクは有毒成分というわけではないので、必須ではありません。 (つまりアク抜きしなくても食べられる) 私も少量の輪切りをササッとレンチンする時は、水で濡らすだけでアク抜きはしません。 さつまいものアク抜きや一通りの下処理についてはコチラで詳しく書いています。 スポンサーリンク レンジで蒸したさつまいもの食べ方と使い方レシピ レンジ加熱したお芋はそのまま食べるのももちろん美味しいのですが、 材料にして料理に使うこともできますよ。 あとはサツマイモを潰して使うならスイートポテトは定番のレシピです。 茹でる代わりにレンジで柔らかくするので、手順が簡単になりますね。 要は調味料と一緒にレンジにかけるだけなので、ほとんど手間もないかな~と思います。 蒸したサツマイモの保存期間や保存の仕方は? 蒸したサツマイモは温かいうちにラップに包んで、粗熱が取れたら冷蔵庫保存します。 とくに切って使いかけのものや輪切りをそのままにしておくと、切り口がパサついてきます。 なので温かいうちにラップを巻いてあげると保湿になり、パサつきを防ぐことができますよ。 蒸したものは1~2日くらいで食べきったほうが良いでしょう。 なお、レンジ加熱したものやスイートポテト用に潰したものは冷凍することもできます。 やり方はコチラで紹介しています。 スポンサーリンク さつまいものレンジでの加熱時間・蒸し方についてまとめ 今回は600Wと200Wでのやり方を紹介しましたが、600Wだと早く蒸しあがります。 200Wだと時間はかかりますが600Wより甘く仕上がります。 私の場合はすぐ食べたい時は600Wですが、時間に余裕がある時は200Wって感じですね。 600Wでの加熱は200Wに甘さは劣りますが、甘みが全くないわけではないですし、ホクホクで十分美味しいです。 お腹が空いてる時は待ちたくないから600Wかな。

次の

さつまいものふかし方|電子レンジで簡単に美味しくできる方法は?|hanamaru

さつまいも レンジ

<レンジ(600W)でのサツマイモの蒸し方>• サツマイモ(今回は250g)を洗い、キッチンペーパーで全体を包む• 1の包んだサツマイモを軽く水で濡らし、上からラップを巻く• ラップで包んだサツマイモを耐熱皿に乗せてレンジに入れ、600Wで加熱する• 3分経ったら上下をひっくり返し、また3分加熱する(加熱時間:合計6分)。 竹串などを刺して、中心までスッと通れば食べごろ レンジにかけていると、ラップが膨らんでくることがあります。 気になる時は、加熱前に爪楊枝やフォークなどでラップの上から数ヶ所穴をあけるといいですよ。 なお、ラップ1枚では水が漏れる時は二重にしてもOKです。 濡らした水が多いと、出来上がりのしっとり感が強いような気がしますね。 火が通っているかを確認する時は、竹串やフォークなどがスッと中心まで通れば食べごろです。 包丁で切ってみてもいいですよ。 <サツマイモを輪切りにしてからレンジ加熱する方法>• サツマイモを洗って1cm前後の輪切りにし(今回は合計で150g)、水に浸けてアク抜きする• アク抜きが終わったサツマイモを耐熱皿に並べて、ラップをかける• レンジに入れ、600Wで3分30秒加熱する サツマイモはアク抜きした水を何度か入れ替えてから取り出し、水分がついたまま加熱してください。 (拭き取らなくていいです) アク抜きについては、サツマイモのアクは有毒成分というわけではないので、必須ではありません。 (つまりアク抜きしなくても食べられる) 私も少量の輪切りをササッとレンチンする時は、水で濡らすだけでアク抜きはしません。 さつまいものアク抜きや一通りの下処理についてはコチラで詳しく書いています。 スポンサーリンク レンジで蒸したさつまいもの食べ方と使い方レシピ レンジ加熱したお芋はそのまま食べるのももちろん美味しいのですが、 材料にして料理に使うこともできますよ。 あとはサツマイモを潰して使うならスイートポテトは定番のレシピです。 茹でる代わりにレンジで柔らかくするので、手順が簡単になりますね。 要は調味料と一緒にレンジにかけるだけなので、ほとんど手間もないかな~と思います。 蒸したサツマイモの保存期間や保存の仕方は? 蒸したサツマイモは温かいうちにラップに包んで、粗熱が取れたら冷蔵庫保存します。 とくに切って使いかけのものや輪切りをそのままにしておくと、切り口がパサついてきます。 なので温かいうちにラップを巻いてあげると保湿になり、パサつきを防ぐことができますよ。 蒸したものは1~2日くらいで食べきったほうが良いでしょう。 なお、レンジ加熱したものやスイートポテト用に潰したものは冷凍することもできます。 やり方はコチラで紹介しています。 スポンサーリンク さつまいものレンジでの加熱時間・蒸し方についてまとめ 今回は600Wと200Wでのやり方を紹介しましたが、600Wだと早く蒸しあがります。 200Wだと時間はかかりますが600Wより甘く仕上がります。 私の場合はすぐ食べたい時は600Wですが、時間に余裕がある時は200Wって感じですね。 600Wでの加熱は200Wに甘さは劣りますが、甘みが全くないわけではないですし、ホクホクで十分美味しいです。 お腹が空いてる時は待ちたくないから600Wかな。

次の