週刊 現代。 週刊現代 2020年7月18日号(最新号)

日本週刊現代驚爆 金正恩心導管手術失敗成植物人

週刊 現代

・この商品は電子書籍です。 (紙の書籍ではありません)• ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 ・もご確認ください。 ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。 ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。 また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 「おとなの週刊現代」シリーズ最新刊は、年配の方には身近な病院について。 新型コロナで病院通いが怖くなった人は多いはず。 でも、持病もあるし、ずっと行かないのも不安。 文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

次の

週刊現代 (2020年7/18号)(講談社) : 週刊現代

週刊 現代

自民党「総裁選要項」で露骨な石破封じ すっかり安倍総理の勝利が確定した雰囲気のある自民党総裁選である。 話題の中心は、石破氏の負け方に移っており、誰も石破氏の勝利を唱える者はいない。 国会議員票は(小泉進次郎の動向はあるが)固まってしまったので、残るは地方票をどれだけ石破茂が獲得できるか。 そしてその結果によっては、次のような形で石破の処遇が決まる。 現職総理に挑む総裁選とは本来、そういうもの!と知ったかぶりをしてみるが、小渕元総理にかかっていった加藤紘一などを見たらそれはハッキリしている。 戦う前から報復を批判するような石破茂は総裁戦に出る資格すらないかもしれない。 そして現職総理に対立した候補者は必ず報復を受ける。 程度の差こそあれ、必ず、である。 そうしないと求心力が保てないからである。 前置きが長くなったが、現職総理の強みを見せつけた形が記事になっていたので紹介します。 (週刊現代から引用) 8月27日の「総裁選挙管理委員会」で配付された資料(要項案)に、議員からは失笑が漏れた。 「安倍さんと石破さんの 一騎打ちなのに、中立性をタテにして、選挙運動がとことん石破さんに不利になるように作られているのです」(無派閥議員) まあ、社長に歯向かう平社員みたいなものだから、周囲が安倍首相を気遣ってもおかしくないわね。 具体的に何が書いてあるかというと次の通り。 街頭演説会が5回(前回17回)、討論会はわずか3回• インタビューなどメディアに出る場合には事前の届け出が必要 どれをとっても、悪くとれば悪くとれるし、当たり前と言えば当たり前のことばかりである。 街頭演説や討論会は、今回は現職の総理大臣である。 並列の立候補者から一人を決める前回と違って当たり前。 メディア出演規制も、通常の選挙と同じと考えれば当然のこと。 石破対策というよりも、メディアの(反安倍の)偏向対策が主だろう。 メディア出演時に事前の届け出が必要というのも当たり前の話。 現に石破茂のインタビュー記事など、ここ数週間のメディアにかなりの数載っている。 と、記事の否定ばかりしてもしょうがないが、記事の締めとして、露骨な石破対策には理由がある、としている。 それは、 8月に自民党員に行われた情勢調査で石破氏支持が52. 2%あったということ。 まあ、良くて善戦のこの総裁選、ボクは圧倒的な差で石破茂に負けて欲しいと思っている。 [こちらの記事もオススメです].

次の

【最新刊】週刊現代別冊 おとなの週刊現代 2020 vol.5 病院・医者との賢い付き合い方

週刊 現代

自民党「総裁選要項」で露骨な石破封じ すっかり安倍総理の勝利が確定した雰囲気のある自民党総裁選である。 話題の中心は、石破氏の負け方に移っており、誰も石破氏の勝利を唱える者はいない。 国会議員票は(小泉進次郎の動向はあるが)固まってしまったので、残るは地方票をどれだけ石破茂が獲得できるか。 そしてその結果によっては、次のような形で石破の処遇が決まる。 現職総理に挑む総裁選とは本来、そういうもの!と知ったかぶりをしてみるが、小渕元総理にかかっていった加藤紘一などを見たらそれはハッキリしている。 戦う前から報復を批判するような石破茂は総裁戦に出る資格すらないかもしれない。 そして現職総理に対立した候補者は必ず報復を受ける。 程度の差こそあれ、必ず、である。 そうしないと求心力が保てないからである。 前置きが長くなったが、現職総理の強みを見せつけた形が記事になっていたので紹介します。 (週刊現代から引用) 8月27日の「総裁選挙管理委員会」で配付された資料(要項案)に、議員からは失笑が漏れた。 「安倍さんと石破さんの 一騎打ちなのに、中立性をタテにして、選挙運動がとことん石破さんに不利になるように作られているのです」(無派閥議員) まあ、社長に歯向かう平社員みたいなものだから、周囲が安倍首相を気遣ってもおかしくないわね。 具体的に何が書いてあるかというと次の通り。 街頭演説会が5回(前回17回)、討論会はわずか3回• インタビューなどメディアに出る場合には事前の届け出が必要 どれをとっても、悪くとれば悪くとれるし、当たり前と言えば当たり前のことばかりである。 街頭演説や討論会は、今回は現職の総理大臣である。 並列の立候補者から一人を決める前回と違って当たり前。 メディア出演規制も、通常の選挙と同じと考えれば当然のこと。 石破対策というよりも、メディアの(反安倍の)偏向対策が主だろう。 メディア出演時に事前の届け出が必要というのも当たり前の話。 現に石破茂のインタビュー記事など、ここ数週間のメディアにかなりの数載っている。 と、記事の否定ばかりしてもしょうがないが、記事の締めとして、露骨な石破対策には理由がある、としている。 それは、 8月に自民党員に行われた情勢調査で石破氏支持が52. 2%あったということ。 まあ、良くて善戦のこの総裁選、ボクは圧倒的な差で石破茂に負けて欲しいと思っている。 [こちらの記事もオススメです].

次の