お手数でございますが。 「お手数」の意味と使い方を解説!正しい読み方と英語表現も

「お手数おかけしました」の意味と使い方・類語・返事の仕方

お手数でございますが

「お手数をおかけしました」は感謝やお詫びの気持ちを表す言葉 ビジネスシーンだけでなく日常生活の中でも耳にする機会の多い 「お手数をおかけしました」というフレーズは、相手への感謝やお詫びの気持ちを表す言葉です。 相手を敬う敬語表現なので、目上の人や上司、取引先に対しても使うことができます。 例えば相手に何かをしてもらった際、単に「ありがとうございます」とだけ言うよりも「お手数をおかけしました。 ありがとうございます」と一言付け加えたほうが丁寧な印象になります。 ですがしてもらった事柄の内容によっては「お手数をおかけしました」では失礼に当たる場合もあるため、類語を身に付けておきその場面やシチュエーションに応じたフレーズを選択できるようしておくと安心です。 「お手数をおかけしました」の意味 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「手数」は何かを行うのに要する動作・細工・作業などの数や、自分以外の第三者のためにことさらにかける手間という意味です。 「おかけしました」の「おかけ」は「かける」を「お〜する」と表現した謙譲語で、あることや物のために時間・費用・労力など費やす・負担をかけることを表しています。 そのため「お手数をおかけしました」は、相手に手間や負担をかけたことに対する恐縮の念を込めた表現となります。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数おかけしました」の使い方は「しました」と表現しているように、相手が時間や手間を費やして何かをしてくれた過去の事柄に対して使用します。 感謝やお詫びの気持ちを伝えるフレーズですが、一言だけでどちらにも使えるというわけではありません。 ここでは感謝を伝える場合と謝罪を示す場合、両方のパターンの例文をご紹介していくのでチェックしてみましょう。 ありがとうございます」 ただ 「お手数をおかけしました」だけではお礼としての意味合いが弱いので、感謝の言葉を別に添える必要があります。 感謝の言葉は相手を問わず「ありがとうございます」が使えます。 ですがビジネスメールや目上の方に対して、より丁寧に感謝の気持ちを表現したい場合は「厚く御礼申し上げます」「感謝申し上げます」などに言い換えても良いでしょう。 間違いやすいのが、一見良さそうに聞こえる「お手数おかけしましたが、ありがとうございました」という表現です。 これだと「時間や手間をとらせましたが、ありがとう」という意味合いになるため適切では無いので注意しましょう。 お詫びする際に使える「お手数をおかけしました」の例文 お詫びをする際は、相手や内容によって適切な言い回しを使い分ける必要があります。 「お手数おかけしました」を使った謝罪の例文をチェックしてみましょう。 「お手数をおかけして申し訳ございません」 相手へお詫びをする際の、最も基本的な「お手数をおかけしました」を使った例文です。 これは目上の人やクライアントに対してはもちろん、社内の同僚に対しても使える表現です。 上述のように、感謝の気持ちを伝える場合は「お手数をおかけして+(感謝の言葉)」と表現するのは適切でないとご説明しましたが、この場合は「手間をとらせてしまい、申し訳ございません」という意味なので謝罪の意味として成立します。 そのため「お手数をおかけして申し訳ございません」も「お手数をおかけしました。 申し訳ございません」でも、どちらでも使うことができます。 「お手数をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」 相手へ丁寧な謝罪をする際の「お手数をおかけしますが」を使った例文です。 この表現は目上の人やクライアントに対するビジネスメールでも使うことができます。 この場合は「お手数」の本来の意味である「相手に手間をかけさせた」というよりも、相手に迷惑をかけてしまったというニュアンスが強い表現です。 実際ほとんど手間をとらせていない内容の場合は、大げさになってしまうので場面を見極めて使いましょう。 申し訳ございません」 「手間」とは「ある事のために費やす時間や労力」という意味で使われます。 接頭語に「お」を付けることで敬語表現になるので、目上の方やクライアントに対しても問題なく使うことができます。 「お手数」は自分以外の第三者のための行いに対して使う言葉ですが、「お手間」は自分の行動にも第三者にも使うことができます。 例えば自分が手間をかけた場合は「手間をかける」と表現しますが、相手が手間をかけてくれた場合は「手間を取らせる」と表現します。 そのため 「お手間をおかけしました」と言い間違えないよう注意して使いましょう。 お手を煩わせてしまいました 「お手数をおかけしました」に似た表現に「お手を煩わせてしまいました」というフレーズがあります。 申し訳ございませんでした」 「手を煩わせる」という言葉には、面倒をかける・手間を取らせるなどの意味があります。 「お手数をおかけしました」と同じく、相手の行動を労ったり謝罪したりする際に使うことができます。 「お手数」と同じく「お手」には尊敬を表す接頭語が付いているため、目上の人やクライアントに対して使える表現です。 「お手数をおかけしました」をはじめとした、これまでご紹介した類語の中でも、非常に丁寧な印象を与えるフレーズです。 感謝の気持ちよりも「何かをしてもらって申し訳ない」というニュアンスが強いので、相手を気遣う気持ちをしっかりと伝えたいときに使うと良いでしょう。 ・I am deeply sorry for troubling you. ビジネスシーンだけでなく日常でも使いやすい「お手数おかけしました」ですが、これだけでは単に相手の行いを労う言葉にすぎません。 感謝や謝罪の気持ちを伝える際に使う場合は、それに見合った言葉を添えて使うようにしましょう。 些細なことのように感じますが、労いの一言があるかないかで相手が自分に対して持つ印象は大きく異なります。 プラスの印象を与えることは、ビジネスシーンでも有利に働くことでしょう。 ぜひ「お手数をおかけしました」を活用して、丁寧に気持ちを表現できるビジネスパーソンを目指しましょう。

次の

「お手数をおかけして」の意味と使い方・類語・二重敬語なのか

お手数でございますが

「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 過去に起こったことについての謝罪文のビジネスメールに使われます。 「多大な」の意味は「数や量が非常に大きいさま」なので、この文例は、他の謝罪文よりもよりいっそう深く謝罪する場合に用います。 前述のように「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 「大変な」と「深く」という言葉を入れることで、よりいっそう強く謝罪する姿勢を示すフレーズです。 この言い回しは、起こったトラブルについて、相手側がこうむった心労や心配に言及して、謝罪するフレーズです。 「お手数」とは、「他人や相手にかけさせた面倒や手続きの数」のことで、「この度はお手数を煩わせまして申し訳ありませんでした」とは、相手に賭けた面倒なことの多さについての謝罪なのです。 「ご面倒」とは、「お手数」と同じで相手に対して賭けたトラブルについて言及する言葉です。 このフレーズはクレーム処理に使われることが多く、「この度はわたくしどもの手違いから、不都合が生じましたことを深くお詫び申し上げます」という使い方をすることが多いです。 このフレーズは「ご不便をおかけします」という言葉が、「ご理解ください」「ご了承ください」といった言葉とセットで使われることが多い言い回しで、工事現場などでよく見かける表現です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」に似た間違いフレーズは? 間違いフレーズ「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」というフレーズは、よく使っているのを目にしますが、実は間違いです。 「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのが最適なので、まだ何も起こっていない段階で使うのは間違いなのです。 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」の正しい言い回し まだ不利益が生じていないので、「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」という言い方は間違いです。 「ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します」とか、「不利益を生じさせてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します」という言い方であれば適切なフレーズになります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のご迷惑の意味と類語は? 「ご迷惑」は「迷惑」を丁寧に表現した言い回し 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「ご迷惑」とは、「迷惑」という名詞に「ご」をつけて、丁寧に言い回しにしたものです。 漢字では、「御迷惑」と書きます。 単語の頭につくことで丁寧な言い回しに変える「御」という漢字は、「オン」と読むことも多いのですが、「迷惑」という言葉につく時には「ゴ」と読みます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「迷惑」という言葉の意味 「迷惑」の意味は、「人のしたことに困ったり、不快になったりすることや、そんな有様のこと」「困ること」「どうしていいか迷うこと」です。 「迷惑」という漢字をそのまま分析すると、「迷ったり戸惑ったりすること」となります。 簡単に言うと「トラブル」こそ「迷惑」の意味そのままです。 「困難」という言葉の意味は、「不幸なもしくは苦痛な状態」や「よい結果を出すのにトラブルとなる要因、あるいは悪い結果になってしまう要因」などを指します。 「困難な状況」イコール「相手に迷惑をかけた状況」として、謝罪文を書くことがあります。 「手数」という言葉は「てすう」とも「てかず」とも読みます。 「面倒な手続きや努力などの数のこと」を「手数」といい、相手に面倒をかけることを「お手数をおかけしますが」と表現します。 ご面倒をおかけいたしますという言い方によく使われるこの単語は、「煩わしさ」や「大変さ」など、「対処することが難しい」ことを指します。 「厄介」という言葉の意味は「煩わしいこと」または「難しい懸念」です。 「ご厄介になります」という言い回しは、人に面倒を見てもらったり、あるいは新しいグループに入るときに誓ったりするフレーズです。 「不快で不便でなこと」や「悪い方へ変化する出来事や事態」「面倒な努力」の意味を持つのが「不都合」という言葉です。 「不都合なことがありましたら、お知らせください」という言い回しがよく使われます。 」 謝罪の英語表現の1つ目は「I'm sorry for troubling you. 」です。 「I'm sorry for troubling you. 」の意味は「ご迷惑をおかけします」とか、「お手数を煩わせてすみません」です。 英語の関連記事がほかにもありますので、合わせてお読みください。 「I sincerely apologize for the inconvenience I have caused. 」といえば、「私が起こしましたことで、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」という意味です。 「I deeply apologize for having troubled you」という文の意味は、「大変なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」です。 「apologize」は、英語で謝罪の敬語にあたります。 たとえば「Please accept our apologies for the trouble this matter」の文章は、「この件で、大変ご迷惑をおかけしたお詫びを、どうか受け入れてください」という意味になります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」以外の謝罪文例は? 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪の言葉 前述のように、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪をする場合の典型的なフレーズで、日常的にもビジネスメールでも頻繁に使われる言葉です。 日本語の文章では謝罪に使われる言い回しはとても多いですが、簡単な謝罪と難しい表現の謝罪があります。 堅苦しい言い方である「陳謝」ですが、「陳謝」とは「欠点、短所または失敗を認めること」や「誰かに困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」という意味があります。 「お詫び」とは「困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」のことです。 たとえば「詫び状」とは昔から、謝罪のために書く手紙のことを言います。 「お詫びいたします」という謝罪の表現もあります。 「弁解」とは「謝罪することによって防御や説明をしたりする行為のこと」です。 また「謝罪や言い訳をすることによって事態を修復して片づけること」という意味もあります。 「ご容赦ください」というフレーズは、「どうか勘弁してください」という意味があります。 「ご了承ください」とは全く違う言葉なので混同しないように注意したい表現です。 政治家の言い訳としてよく聞くこのフレーズは、「私の人格に徳がなかったせいで事態が起こりました」というニュアンスがあります。 ほかにも謙譲語の記事がありますので、合わせてお読みください。 「ご迷惑」の使い方はぜひ身に付けたい!謝罪が上手な日本人 日本のビジネスメールには、例えば英語のビジネスメールに比べると、格段に謝罪を意味するフレーズの言葉が多いです。 また普段から、たいしたことではなくても「すみません」とか「ごめん下さい」といった、「謝罪の意味」のある言葉をお互いにかけ、敬語にも気を遣う姿勢は日本人の日常生活に浸透しています。 このように、日本人は比較的謝ることが好きな民族といえます。 言い換えれば、謝罪や感謝の言葉を頻繁に使うことによって、人の集団の人間関係が円滑に回るようなシステムを、日本語は持っているのです。 いわば相手に対する配慮の言葉として、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズは使われているのです。 なので、ビジネスメールに精通したいと願っておられる方は、いろいろな謝罪の言葉をたくさん知っておくといいと思います。 普段から謝罪の言葉になれていると、ビジネスメールを書く時だけではなく、ビジネスのいろいろなシーンでも、必ず役に立つはずです。 言葉というものは、仕事を順調に進めるのに不可欠なものなのです。

次の

乗捨手数料改定のお知らせ|ニッポンレンタカー

お手数でございますが

「お手数おかけしました」の類語は、「ご面倒をおかけしました」と表現されます。 「お手数」と「ご面倒」は似たような言葉ですが、意味は下記のように違います。 「お手数おかけしました」 相手にいくつもの行動をさせて、手間をかけさせることに対する恐縮の念を表明する言い方です。 「ご面倒をおかけしました」 相手に面倒な思いをさせることを断り、謝意を示す表現。 「ご面倒お掛けし恐縮です」といった意味合いを背景に持った言い回しで、「お手数をお掛けしました」も同様の意味で用いられます。 結論から言えば、言い方の違う同じ意味の言葉だということです。 しかし使い方は同じでなく、場面に応じて使い分けることが必要になってきます。 「お手数おかけしました」という言葉は、ていねいな言葉のようですが、ていねいな言葉に直すと次のようになります。 「お手数おかけいたしました」 2. 「お手数をおかけしました」 3. 「お手数をおかけいたしました」 4. 「お手数をおかけしております」 5. 「お手数おかけいたしております」 手数という言葉は、「お手数を掛ける」または「お手数をお掛けする」が基本的な意味の使い方です。 「手数」が、本来、何かを行うときに取る手段・手法・手続きなどの数を意味することから、「手数が掛かる」の形で「手間取る」・「面倒」・「煩雑」などを意味します。 お手数は人の行動などに敬意を払う尊敬語であり、「お手数を掛ける」、または「お手数をお掛けする」の形で、人に面倒を掛けることに対する謝罪や感謝の気持ちを表します。 メールで「お手数おかけしました」と送る場合は、ほとんどがビジネスメールで謝罪やお礼をする場合になります。 ここでは「お手数おかけしました」のメールでの使い方について考えてみます。 メールで使う「お手数おかけしました」の文章は次のようになります。 この度は大変お手数をお掛け致しました。 お手数をお掛けしましたが、無事終わりました。 お手数を掛けて申し訳ありません。 お手数をお掛けして大変恐縮です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 このように「お手数おかけしました」のメールでの文章は、「お詫び」と「お礼」の内容が多く、相手に敬意をはらう文章になります。 ただし使い方を間違えると意味がわからなくなるので、注意が必要です。 ビジネスの場合 相手から「お手数おかけしました」とビジネスメールがきたら、どのように対応して返信すればよいのでしょうか。 内容により変化しますが、「とんでもございません。今後ともよろしくお願い申し上げます」などが無難な例でしょう。 「こちらこそ、本来〇〇すべきところを行き届かず申し訳ございません」なども使います。 本当にこちらの配慮次第では、先方の不手際を防げた場合など、先方が不満に感じていても仕事上、「お手数おかけしました」と言わざるを得ないこともありますから、そういう場合にこういう言い方をすれば、相手の不満も和らげることができます。 「していただけると有難いです」となると少し軽いですので、人によっては気分を損ねられる場合もあります。 「していただければ幸いです」の方が美しく決まるので、おすすめです。 「お手数おかけしました」をお礼として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 大変感謝しております」 2. 「お手数おかけしました。 感謝申し上げます」 3. 「お手数おかけしました。 厚く御礼申し上げます」 4. 「お手数おかけしました。 有難うございます」 5. 「お手数おかけしました。 誠にありがとうございます」 「お手数おかけしました」で相手にしてもらったことをねぎらった上で、次に感謝の言葉を付け加えると、より良い感謝の言葉になります。 この言葉は目上、目下どちらにも使うことができますし、メールなどの用途にも活用できます。 メールなどで返信する場合は、感謝の気持ちを早めに使えるように心がけます。 返し 「お手数おかけしました」を返信として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 後ほどお返事させていただきます」 2. 「お手数おかけしました。 確認のうえ、ご返信をさせていただきます」 3. 「お手数おかけしました。 改めてご連絡させていただきます」 4. 「お手数おかけしました。 折り返しお返事させていただきます」 5. 「お手数おかけしました。 至急お返事させていただきます」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「早く返事をする」ということを、相手に伝えなければならないので注意が必要ですし、早い返信を心がけないと相手に失礼にあたります。 謝罪 「お手数おかけしました」を謝罪として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 誠に申し訳ございません」 2. 「お手数おかけしました。 お詫び申し上げます」 3,「お手数おかけしました。 申し訳ありませんでした」 4. 「お手数おかけしました。 失礼致しました」 5. 「お手数おかけしました。 大変ご迷惑をお掛けいたしました」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「もうしわけない」ということを、相手に率直に伝えなければならないので注意が必要です。 また、早い謝罪と返信を心がけないと、相手に失礼にあたります。 特に目上の方には、早めの謝罪をしたほうが良いです。 「お手数おかけしました」という言葉は、「お手数をおかけしました」と言い換えることで、ていねいな言葉になります。 しかし、ていねいな言葉に直しても、言葉の本当の意味がわかっていないと、相手に伝わらないことになります。 「お手数おかけしました」という言葉は、相手にとっては、「自分の手を止めてしてあげた」ということに対するねぎらいの言葉であり、感謝の言葉ではありません。 つまり、「お手数おかけしました」でも「お手数をおかけしました」でも、その言葉のあとに感謝の言葉をつなげないと、相手には気持ちは伝わりません。 誰もがした事に対しては感謝の言葉は欲しいとおもっています。 それを上手く伝えるために、クッション言葉として、「お手数おかけしました」という言葉があるのではないでしょうか。 そして、それにつなげる言葉によって、相手に感謝の気持ちが伝わるのです。

次の