山健 組 2 ちゃんねる。 絆會(きずなかい)|兵庫県(旧任侠山口組)

【追記あり】山健組中田浩司(広志)組長が逮捕起訴:山健終わったのか?神戸山口組井上邦雄組長も逮捕?組長不在で山健はどうなる?

山健 組 2 ちゃんねる

会則 [ ]• 沈黙 略歴 [ ] 初代 [ ]• 1961年、は、に参画した。 1970年、健竜会を結成した。 1971年、山健組若頭に就任した。 大阪戦争 [ ]• 1978年9月2日、山健組系健竜会会員西住孔希と同会員道躰方彦は、和歌山県和歌山市北新桶屋町の松田組系西口組組長の自宅前で、二代目松田組系組員矢熊元彦と同組員下村郁生を射殺し、前木場信義は、共謀共同正犯で懲役15年、は、同犯で懲役17年、西住孔希は、懲役15年、道躰方彦は、懲役16年、金山義弘は、殺人幇助で懲役5年の実刑判決を受けた。 1982年、二代目山健組組長を襲名し、四代目に昇格した。 二代目 [ ]• 1982年、山健組若中健竜会副会長健竜塾塾長は、二代目健竜会会長を襲名し、二代目山健組に昇格した。 山一抗争 [ ]• 1985年4月23日、二代目山健組系二代目健竜会系梁取総業組員は、和歌山県和歌山市のクラブ「シンザン」で、系組員光山勝治を射殺した。 二代目山健組若頭に就任した。 三代目山健組組長を襲名し、五代目山口組に昇格した。 三代目 [ ]• 二代目山健組系二代目健竜会副会長二代目健竜塾塾長山本一廣は、三代目健竜会会長を襲名し、三代目山健組に昇格した。 三代目山健組若頭補佐に就任した。 四代目 [ ]• 2000年、は、四代目健竜会会長に襲名し、三代目山健組に昇格した。 2003年5月、三代目山健組若頭に就任した。 2005年、四代目山健組組長を襲名し、六代目山口組に昇格した。 五代目 [ ]• 2005年、四代目山健組系四代目健竜会若頭会長中田広志は、五代目健竜会会長に襲名し、四代目山健組に昇格した。 四代目山健組若頭補佐に就任した。 2015年9月29日、兵庫県警暴力団対策課は、別人名義で住宅ローンを組んだ詐欺容疑で、四代目山健組若頭補佐五代目健竜会会長中田広志(中田浩司)ら2人を逮捕した。 四代目山健組若頭代行に就任した。 2015年10月27日、神戸地検は、別人名義で住宅ローンを組んだ詐欺容疑で逮捕された四代目山健組若頭代行五代目健竜会会長中田広志ら2人を不起訴処分とした。 歴代 [ ]• 初代:渡辺芳則(五代目山口組組長/四代目山口組若頭/山健組若頭)2012年12月1日死去• 二代目:桑田兼吉(五代目山口組若頭補佐/二代目山健組若頭/山健組若中健竜会副会長)2007年4月5日死去• 三代目:山本一廣(四代目山健組舎弟頭補佐/三代目山健組若頭補佐/二代目山健組系二代目健竜会副会長)• 四代目:井上邦雄(神戸山口組組長兼四代目山健組組長/六代目山口組若頭補佐/三代目山健組若頭/山健組系健竜会理事長補佐)• 五代目:中田広志(五代目山健組組長/四代目山健組若頭/四代目山健組系五代目健竜会会長) 当代 [ ]• 六代目:西川良男(五代目山健組系六代目健竜会会長 構成 [ ]• 会長 - 西川 良男• 最高顧問 - 三島 敬一(三島組組長)• 副会長 - 西浦 徹守 西浦興業組長• 若頭 - 田辺泰之 健竜会若頭• 舎弟頭 - 蜜岡 伸貞(侠伸会会長)• 本部長 - 石掛 勝(竜仁会会長)• 相談役 - 宮崎 洋明• 相談役 - 岬 正義• 若頭補佐 - 太田 光甠• 若頭補佐- 田中 学 二代目金谷興業組長• 若頭補佐- 松尾 淳• 若頭補佐-山本 壱也 四代目竜心会会長• 若頭補佐-岡田 尚之 二代目一竜会会長• 若頭補佐-花井 博臣 志竜会会長• 若頭補佐 - 森田 充• 若頭補佐 - 堀 孝男 堀総業組長• 若頭補佐 - 磯村 雅之• 舎弟頭補佐 - 吉田 光守 武竜会会長• 舎弟頭補佐 - 津山盛路(津山組組長)• 舎弟頭補-北本 肇 北本組組長• 舎弟頭補佐-山本 靖秀(二代目八将会会長)• 舎弟頭補佐-山田 弥一(山田興業組長• 舎弟-神宮司 剛 豪政会会長• 舎弟 - 金本 将典• 幹部 -三井 芳造• 幹部 - 濱田 秀信 三代目火龍会会長• 幹部 -石橋 敬之 三代目竜正会会長• 幹部 -吉武 徹弥 闘竜会会長• 幹部 - 河合 将次• 若中-菊山 武平• 若中-関 富浩• 若中-田中 大気 二代目兵頭総業組長• 若中-喜多 安志 有仁会会長• 若中-濱嶋 満彦• 若中-青島 進• 若中-北山 亮• 若中-兼子 誠 二代目神誠会会長• 若中-出井 勇二• 若中-永田 健壱 二代目神竜会会長• 若中-宮崎 義和• 若中-山田 直• 若中-中嶋 淳• 若中-岸田 和樹• 若中-北野 貴之• 若中-山本 武史• 若中-辻本 光夫• 若中-豊山 勝利• 若中-西山 一男• 若中-細田 龍一 三代目中田組組長• 若中-河村 龍樹 本部預り-五代目春駒組 七代目紀州連合会 脚注 [ ] [].

次の

健竜会

山健 組 2 ちゃんねる

プラチナ級の実力者が集う四代目山健組本部 六代目山口組分裂後、神戸山口組の中核団体である四代目山健組は、常に脚光を集め続ける存在だった。 その理由は、神戸山口組の井上邦雄組長が四代目山健組の当代を兼任していることもあるが、六代目山口組系組織との間で起きた数々の抗争事件で、山健組系組員らが身体を賭けたことが大きいはずだ。 山健組には、三代目山口組時代から続く、武闘派組織としての血が脈々と受け継がれているということだろう。 非常事態に多くの人員を稼働させられる山健組の組織力を支えるのは、プラチナ(直参)級の実力があるとされる山健組幹部の面々だ。 若頭である五代目健竜会・中田浩司会長を筆頭に、その動向に注目が集まる人物が複数存在する。 神戸山口組発足時には、新設された「幹事」のポストに名を連ねていた幹部である。 関係者によれば、福原会長は同じく姫路市に本部を置く四代目山健組村正会の出身で、同会で最高幹部を務めていた際には、すでに姫路では顔役として知られる存在であったという。 筆者自身、20代を姫路少年刑務所で務めていた頃から、姫路という街に多少の縁があり、福原会長が山健組直参へと昇格する以前からの武勇伝を何度も耳にしていた。 また、その後の大阪刑務所時代には、邦楽會で執行部を務めた経験のある人物とも寝食を共にしたことがあったために、福原会長が姫路市においてどれだけの影響力をもっているかということを伝え聞いていた。 「資金力がとにかくずば抜けている。 その上、誰にでもズバッとものが言え、地元のカタギ衆の評判も抜群に良い昔気質の親分だ」(地元関係者) だからこそ任侠山口組・織田絆誠代表(元四代目山健組副組長)が神戸山口組から離脱し、二代目兼一会・植野雄仁会長(元四代目山健組統括委員長)が六代目山口組へ復帰するなど、有力幹部が山健組を割って出た際に、福原会長の動向が組織内外で話題に上がったことは必然だと思えたのである。 「織田代表も植野会長も、山健組での影響力には確かに定評がありました。 しかし福原会長の人望や知名度の高さは、2人に決して劣ってはいないと聞きます。 それゆえ、近年の福原会長の組織内での立ち振る舞いには常に注目が集まってきました。 実際に、山健組内での福原会長の存在感は日増しに大きくなっているようです」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) 俠友会からも新しい直参が誕生 大物幹部が離脱してもすぐに新たな幹部が立ち上がり、その存在感を示す。 これこそ山健組が「山健であらずんば山口にあらず」と評された頃から、今も変わらず、武闘派組織としての名をヤクザ社会内外に轟かせている所以ではないだろうか。 その福原会長が、4月9日に行われた神戸山口組定例会で、神戸山口組直参へと昇格を果たしたのだ。 他にも同定例会では、直参の中から二代目英組・藤田恭道組長が若中から幹部へと昇格を果たしており、寺岡修・神戸山口組若頭が率いる俠友会からは、同会若頭である修心會・薮内秀宝会長が福原会長と同じく直参へと昇格を果たしたことが明らかになった。 既報の通り【参考記事:、ここに来て、六代目山口組や任侠山口組でも直参を増員させたり、執行部を強化したりする動きが加速している。 神戸山口組では、さらに2次団体との兼任の直参組長を増員させていくことが噂されており、組織力の増強につながるのではないかと注目を集めている。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に(共にサイゾー)。 最新刊は(同)。

次の

中田広志組長自ら実行犯?山健組は山口組で一番の主流派組織だった【山口組対立抗争】

山健 組 2 ちゃんねる

神戸市中央区の弘道会拠点事務所の前で、男性組員 51 が何者かにより発砲され、重症となる事件が発生しました。 事件当初は意識不明の重体となりましたが、その後、一命は取り止めたようです。 犯人の男は、組事務所に停車中の軽乗用車バイクで近づき、そのクルマに乗車した組員に対し、数発を発砲、一部始終が防犯カメラに記録されていました。 12月4日に逮捕 事件直後から、一連の「山口組抗争」に関わる殺人未遂事件と考えられておりましたが、その後犯人に関する報道は一切ありませんでした。 ちまたでは「神戸山口組が雇ったヒットマンか?」などと、まことしやかな噂もされていた状態です。 しかし、犯人はなんと、神戸山口組傘下の二次団体である山健組の組長だったのです。 そう、神戸山口組直参で若頭補佐も務める、中田広志親分、その人当人だったのです。 sankei. 映画、ドラマ、小説などを見ていてもそのとおりのパターンが多いです。 もちろん、フィクションと現実とでは、いろいろと違いはあるにせよ、組長みずからという報道には驚かされました。 しかも、あの山健組の組長というから二度驚きです。 以下、簡単にご紹介します。 山健組が、山口組においてどれほど中心的な存在だったかがわかります。 三代目田岡組長の山本健一に対する信頼はかなりのものだったと伝えられています。 1981年、田岡一雄が病死しますが、翌年の1982年、山本健一も病で後を追うようにこの世を去りました。 そう、のちの山口組五代目代目組長となる人物です。 その渡辺が山口組五代目の時期に、若頭補佐の役職を務めています。 nikkan-gendai. 超ざっくり簡単に説明します。 この弘道会が、山口組の伝統を守ってきた山健組や宅見組などの主流派組織を差し置き、山口組の中心の座についたため、とされています。 もちろん実際は、こんなに簡単な一言では済まない、もっと深くて複雑な経緯があると思われます。 ちなみに、弘道会の本拠地は名古屋のため、山口組の分裂を表現するとき、「神戸」「名古屋」と本拠地名で表現する場合もあります。 なお、神戸山口組はさらに分裂し、任侠山口組 組長・織田絆誠 に再分裂しました。 これにより「山口組三国志」などと表現もされたりします。

次の