サバクトビバッタ 日本に来る可能性。 サバクトビバッタの大群は日本に来る?日本への影響は?

動画

サバクトビバッタ 日本に来る可能性

もくじ• 2019年末に第一波が襲いましたが、その第一波が生んだ卵が孵化し、20倍にもなった大二波の大群が農作物を食い荒らし、えさを求めて大陸を移動し続けています。 1キロ四方あたり4000~8000万匹がいるとされ、この1キロ四方あたりでバッタが食べる量は、人間なら3万5000人が食べる量と同じなんだとか。 ということは、(単純に考えると)1キロ四方に住む人間の食事をバッタが全部食い荒らしてしまうということ… 今世界はコロナ問題が大きく取りあげられていますが、実はバッタの大群の被害にあっている地域では、コロナ以上に深刻な問題になっているのです。 バッタの大群の現在位置はどこ?大量発生する動画が怖い! 2020年6月1日現在、インドの広い範囲でバッタの大群による被害が出ているようです。 インド政府は駆除作業に追われていますが、その被害は過去26年間で最悪の規模なんだとか。 インドでは新型コロナウィルスによるロックダウン中にも関わらず、バッタの大群が押し寄せたことで農家に打撃を与えています。 バッタの大群が日本に来る可能性はある? 現在インドやお隣の国・パキスタンあたりにいるバッタの大群ですが、中国大陸を経て日本に到達する可能性はあるのでしょうか? 改めて世界地図を確認して見ると、パキスタンやインドと中国はお隣の国ということが分かります。 一応中国との国境にはヒマラヤ山脈がありますので、高度的に越えることはムリなのではないかと言われていますが… 中国政府も6月中には中国にも到達するのではと睨んでおり、バッタの襲来に備えて大量のアヒルやガチョウを準備しているとのこと。 なかなか衝撃的な映像ですよね… 本当にアヒルがバッタ4000億匹と戦うことができるのでしょうか… その様子も怖いモノ見たさでちょっと気になりますけどね。 仮に進行した場合、その前には大国である中国の食糧を食い荒らしているということなので、 世界中にコロナ以上の甚大な被害を及ぼすのは確実です。 日本も大量の食糧を輸入していますし、中国製品の数々も、中国の方たちが働けなくなったら手に入らなくなってしまいますよね。 おそらく中国東部の大都市にまで到達することはないのではないでしょうか。 コロナの影であんまり目立ってないけど サバクトビバッタの大群4000億匹がインドからヒマラヤ山脈越えて中国へって予想がどうやら中東やアフリカに引き返してるらしい バッタの群れの大きさは神奈川県より大きいみたいヒィィィィィ ゚ロ゚;ノ ノ — KOYOMIX. R KSaikouji 引き返しているという情報もありますよね。 しかし第二派も来ているので、もう中国大陸へ来ないとは安心できなさそうです。 バッタの大群は日本に来るのか…不安の声相次ぐ バッタの大群のニュースが話題になるたびに、ネット上でも日本に来るのか来ないのか、現実的に不安視する声が広がっています。 — 涼火 suzusibi ガラスにバチバチバチーッて当たってて…😢 バッタの大群怖いっすね… — おせきはん。 絶対い一歩も外に出ない 2週間は引き籠もれるように買い溜めする 窓も開けたくない もう世界の終わりのように思えるバッタの大群 日本は島国でよかった 陸続きだったら日本にも来てた可能性がある・・・ — たか 憤怒のリモワSE taka29009 日本でも起こった蝗害はトノサマバッタの大群ですよ。 でも日本では蝗害が起こる数はそこまでだったんで、毎年稲に集って収穫に被害を出すイナゴに蝗の字を当てたんですよ。 元々の蝗はトノサマバッタの漢字だったらしいです。 日本でも【トノサマ】バッタとやっぱり恐れられてましたけど — あけましてお👀でとう aaaiiikkk1010 しかし日本でかつては定期的に蝗害は起きていました。 イナゴを食べる習慣もあったくらいですからね。 (現在も一部地域では食べられています) 近年では2007年に関空近辺で発生しています。 それにしても今回のアフリカから押し寄せる砂漠の大群は、日本では体験したことのないスケールです。 バッタの大群はなぜ巨大化した?大きさはどのくらい? 気候変動とサイクロンの影響により、2019年末に大量の雨が降りました。 ナイル川周辺地域では、雨量が増えたことにより湿度も上がり、バッタが大量発生する好条件を生んでしまったようです。 バッタの大群は普段私たちが日本で目にするバッタとは比べ物にならないほどの大きさです。 その大きさは、1体あたり• オスの成虫は60~75mm• メスの成虫は70~90mm にもなっていると言われています。 5倍になっています… めっちゃ大きくなっていますね(泣) そもそもなぜ巨大化したのかというと、 個体の量が多くなると、どんどん卵を産んでさらに増えていき、 生きていく環境も孤独相から群生相へ変化し、生体も攻撃的になってきます。 大量の仲間たちと一緒に飛ぶと、身体がぶつかり合うので、強靭な身体が必要になってくるのですね。 さらに1日に100kmも移動するようになってくるので、体力も必要になります。 バッタの中でも強いものが残っていくので、世代交代をするたびに強く大きいバッタへと変異していくようです。 (死んだ弱いバッタの死骸を食べることもあるようです…) そうして長さも羽の大きさも、従来ものもとは全く違う姿のバッタに変化していったそう… バッタの大群で飛行機に影響が出るって本当? インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom さらに、ニュースでもバッタの大群が旅客機の運航に深刻な影響を及ぼす可能性が高いとして、問題視されています。 世界中の航空会社が運営上苦境に立たされている中、なんとか原状復帰していこうとしているのにもかかわらず、 バッタの大群に運航を邪魔されてしまっては、たまったもんじゃないですよね… 中国・インド周辺の上空を飛ぶ飛行機はかなり大きので、 航空業界にも甚大な影響が出そうです。 【バッタの大群が日本に来るのか・現在地】まとめ 現在アフリカからインドにかけて大量発生しているサバクトビバッタの大群。 日本人が一番気になる【バッタの大群は日本に来るのか問題】についてまとめてみました。

次の

【サバクトビバッタ】最新の現在地はどこ?今後の移動経路の位置も

サバクトビバッタ 日本に来る可能性

東アフリカで大発生したバッタの大群が、海を越えて中東、さらに中国やインドに迫っている• 国連の食糧農業機関はその大発生の規模を「70年に一度」のものとも表現している• これによって懸念される食糧不足は人道危機であるばかりか、新型コロナの影響を受ける日本のサプライチェーンをさらに揺さぶりかねない 新型コロナに揺れるアジア諸国にもう一つの危機が迫っている。 アフリカから飛来し、各地で農産物を食い荒らしてきたバッタの大群が、中国西部にまで接近しているのだ。 コロナ蔓延に続くバッタ来襲 中国政府は、地方政府にバッタの来襲に備えるよう通達した。 それに先立って、2月末からにも、バッタの大群による農作物などへの蝗害(こうがい)を防ぐための専門家チームを派遣している。 パキスタンは中国の「一帯一路」構想にとって最重要拠点の一つだ。 その意味で、この支援は不思議でない。 しかし、いうまでもなく中国政府は新型コロナ対応に追われている。 その中国を突き動かすバッタの大群とは、どのようなものか。 一口にいえば、このバッタの大群は 東アフリカで大発生し、アジアにまで飛んできたものだ。 このバッタは乾燥地帯に暮らすサバクトビバッタで、基本的に日本にはいない種類のものだ。 より詳しくは昆虫学者に譲るが、生息環境の変化などに応じてサバクトビバッタの外見や行動パターンには変化が生まれ、集団で行動するようになると、風に乗って1日に100~200キロも移動しながら、行く先々で穀物や果物を食い荒らす。 1平方キロメートルに集まるサイズの比較的小さな群でも、といわれる。 70年に一度の危機 その大発生は、新型コロナとほぼ時を同じくして始まった。 新型コロナが問題になり始めていた、東アフリカのソマリア政府はバッタの大量発生で食糧危機が発生しつつあると緊急事態を宣言。 これと前後して、バッタの被害は東アフリカ一帯に広がり、国連のはソマリアでは25年、隣国ケニアでは70年に一度の危機として緊急事態を宣言した。 (出所)FAOウェブサイト その後、バッタの大群は紅海を越えてアラビア半島に至り、さらにペルシア湾を超えてアジアにまで飛来するようになった。 段階で、FAOは東アフリカ8カ国、中東5カ国、南アジア2カ国(アフガニスタン、パキスタン)で新たな群を確認している。 このうち、パキスタンの北東には中国の新疆ウイグル自治区がある。 つまり、バッタの大群は西からの風に乗って中国にも押し寄せる可能性がある。 先述の中国のパキスタンに対する支援は、単に外交的な関係に基づくものではなく、いわば自己防衛のための水際対策でもあるのだ。 スーパーコンピューターを用いた駆除 サバクトビバッタはこれまでにもしばしば大発生してきたが、今回の場合、昨年末に東アフリカ一帯で雨量が多かったことが原因とみられている。 サバクトビバッタは雨量が多いと大量に発生しやすい。 ところで、東アフリカではサバクトビバッタの産卵シーズンだった昨年10月から11月にかけて、降雨量が例年のに達したといわれる。 これが地球温暖化の影響によるものかは、。 ともあれ、この大雨がサバクトビバッタの大発生を促したとみられるのだが、これに対して各国も無策というわけではない。 イギリスの支援で設立されたではを用いてバッタの行動範囲などを計算し、この情報に基づいて、時に軍隊まで動員しながら、アフリカ各国は効率的な駆除を試みている。 新型コロナに手を貸されるバッタ しかし、それでもバッタの大群は各地に飛散し続けており、それは大きな被害をもたらし得る。 2003年から2005年にかけても、アフリカや中東の20カ国以上でサバクトビバッタによる蝗害が広がった。 この時のによると、対策のためにかかった経費は総額4億ドルを上回り、西アフリカ6カ国だけで838万人が食糧不足などの影響を受けた。 今回、FAOは各国に約1億3800万ドルの資金協力を呼びかけている。 少なくとも現状で金額だけ比べると、15年前より規模は小さい。 しかし、今回の場合、タイミングが悪すぎる。 ただでさえアフリカの問題は各国の関心を集めにくいが、新型コロナで各国の景気は冷え込んでいる。 そのため、寄せられた支援は3月3日段階でにとどまる。 つまり、 前回より各国の手が回らない状況は、バッタの大群にとって勢力を広げやすくする要因になる。 いわば新型コロナがバッタに手を貸しているともいえる。 対応が間に合わなければ、その影響は各方面におよぶ。 アフリカから中東にかけてはテロが横行し、紛争の火の手が各地であがっているが、。 アジアに迫る影 そのうえ、今回はアジアも無縁ではない。 2003~2005年の場合、最終的にはサウジアラビアなどアラビア半島でもサバクトビバッタの来襲は確認されたが、それまでに1年以上の月日を費やした。 発生したのが西アフリカで、中東に達するまで距離と時間がかかったからだ。 しかし、今回は東アフリカが発生源のため、15年前より早くアラビア半島を通過し、すでにアジアにその影をみせ始めている。 アフリカと比べても人口過密なアジアでバッタが農作物を奪えば、食糧危機が発生するリスクはさらに高い。 そのため、例えばパキスタンと隣接するインドでは、政府が。 また、インドはもともとパキスタンとの間でカシミール地方の領有を巡って緊張が高まっていたが、バッタの来襲を受け、。 気候などの問題から、サバクトビバッタが日本にまで飛来してくる可能性は限りなく低いかもしれない。 しかし、今回の大発生は人道危機であるだけでなく、日本にも直接かかわり得る。 アジアは中東やアフリカと比べて日本経済により緊密に結びついており、この地域で生産が滞れば、ただでさえ新型コロナでダメージを受けている日本のサプライチェーンは今よりさらに停滞しかねない。 旧約聖書には、神の怒りに触れた古代エジプトで、病気の蔓延やバッタの大発生といった災禍が相次いだという記述がある(出エジプト記)。 これを踏まえて、欧米メディアのなかには「」といったセンセーショナルな見出しを煽るものさえある。 筆者はそこまで信心深くはない。 しかし、バッタの来襲で食糧事情が悪化すれば、新型コロナですでに高まっていた国家間の緊張がさらに高まることは想像に難くない。 少なくとも、バッタが日本にまで来なければ無関係、といえないことは確かなのである。

次の

サバクトビバッタは食用で食べるのは無理?食べられない理由を調査!

サバクトビバッタ 日本に来る可能性

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【サバクトビバッタ】最新の現在地はどこ? サバクトビバッタの現在地は、国際連合食糧農業機関(FAO)のホームページを見ると確認できます。 FAOのホームページで確認できるサバクトビバッタの情報は、2020年5月27日付のもの。 で、最新のサバクトビバッタの現在地は大まかに、 ・ケニア、ソマリア、エチオピアなどを中心とした東アフリカ ・サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東 ・インドの北西部とインドのお隣のパキスタン となっています。 2020年6月2日時点 FAOのホームページには、サバクトビバッタの現在地が示されるデータエクスプローラがありましたので、それぞれの状況を画像で見ていきましょう。 ではまずは、今回の蝗害の発生源となってしまった東アフリカ周辺から。 続いては、サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東。 こちらも全体的にサバクトビバッタが繁殖しているのが分かります。 成虫の集団はイラクやイエメンに集中している感じですね。 成虫の集団は東アフリカほどではありませんが、幼虫の数がかなり多いようです。 駆除が追いつかなければ、これらの幼虫もいずれ成虫として増殖、拡大、分散をしていく可能性があるかもしれません。 最後は中国と隣接するインドとその隣のパキスタンです。 インドの北西部がエグいことになっていますね・・・。 ちょっと見づらいですが、パキスタンにも成虫の集団や幼虫がいるのが確認できます。 ちなみに、2020年5月4日のリスクマップでは、インドにサバクトビバッタ存在は確認されていませんでした。 もしかすると、1ヶ月くらいの間に餌を求めて移動したのかもしれません。 下の画像が5月4日のリスクマップ 中国や日本にサバクトビバッタは侵入するのか? インドまでサバクトビバッタが来ているのなら、隣接する中国にも侵入し、いずれに日本にも来るのでは?と思ってしまいますよね。 結論から言いますと、 サバクトビバッタが中国に侵入する確率はほぼないようです。 理由は「広大なヒマラヤ山脈がサバクトビバッタの行く手を阻んでいるから」です。 サバクトビバッタは気温が低くなると飛行できなくなるので、高いヒマラヤ山脈を超えることはまず不可能。 その証拠に中国ではサバクトビバッタの蝗害は歴史上1度もありませんし、 現在も中国に侵入している情報はありません。 突発的な偏西風などで山脈を超える可能性はゼロではないようですが、普通に考えて中国にサバクトビバッタが侵入するのはありえないようです。 中国に入れないのであれば、 サバクトビバッタが日本に来ることもまず考えられません。 「海を渡る可能性もあるのでは?」という声もあるようですが、過去のサバクトビバッタの動きから見てそれも現実的ではないようです。 サバクトビバッタの日本への侵入については別記事にまとめましたので、詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。 関連: 【サバクトビバッタ】今後の移動経路の位置も 東アフリカからインドまで繁殖と拡散をしてきたサバクトビバッタですが、上述したように中国に侵入することはできません。 ではインドまで来たサバクトビバッタは、今後どこに移動するのか気になりますよね? 実は長年サバクトビバッタを追い続けているFAOは、 サバクトビバッタの今後の移動経路の位置も予想してホームページに記していました。 というわけで、早速FAOが示す今後のサバクトビバッタの移動経路の画像を見てみましょう! まずは、被害が拡大しているインドやパキスタン付近のサバクトビバッタの動きから。 その後は赤色の点線で囲んだあたりで夏の繁殖を迎えるんでは?というのがFAOの今後の見方のようです。 インド。 西からラジャスタンに到着した春の育った未成熟な大人のグループと群れは、州の東部を東に移動し、マディヤプラデーシュ州とマハラシュトラ州の中央州に移動し続けました。 5月26日の時点で、少なくとも1つの群れがボパールの北東に達していた。 これらの動きの多くは、ベンガル湾のサイクロンアンファンからの強い西風と関連していた。 制御操作が進行中です。 7月までラジャスタンでは侵略の連続的な波がいくつか予想され、 インド北部をビハールとオリッサまで東向きに急増し、その後西向きに動き、モンスーンに伴う風の変化でラジャスタンに戻る。 これらの動きは、群れが繁殖し始め、移動性が低下すると停止します。 群れは南 インドに到達する可能性が低い、ネパール、バングラデシュ。 引用: 中国へは入れないにしろインド北部に甚大な被害を与えそうですね・・・。 次は東アフリカ付近のサバクトビバッタの今後の移動経路を見てみましょう。 現在東アフリカのサバクトビバッタは、4月~6月に繁殖している個体や集団がインド、パキスタン方面に移動するようです。 先程の「赤い点線の部分に集結するのでは?」ということのようですね。 で、そのほかにもいよいよ西アフリカの方まで移動して、 アフリカの大部分に被害を及ぼすのではないかと予想しているようです。 東アフリカは、 現在の状況は、東アフリカでは非常に憂慮すべきまま ケニア、 エチオピア、および ソマリアは、食料安全保障や生活に前例のない脅威に直面しています。 現在の繁殖による新しい群れは、6月中旬以降に発生し、収穫の開始と同時に発生します。 その後、群れが インドパキスタン国境の両側に沿って夏の繁殖地に移動するだけでなく、 スーダンやおそらく 西アフリカに移動するリスクがあります。 引用: FAOはサバクトビバッタが西アフリカまで行く可能性は少ないとしつつも、繁殖具合によっては 西アフリカも警戒が必要としています。 ちなみに、西アフリカにも砂漠があり元々サバクトビバッタはいるようですね。 2003~2005年には西アフリカでサバクトビバッタの蝗害があったとのこと 一度西アフリカまで移動してしまったら、環境の相性も手伝ってサバクトビバッタがさらに勢いを増す可能性は少なくなさそうです。 【サバクトビバッタ】最新の居場所と今後の動きについてのまとめ 2020年5月27日時点のFAOのデータでは、 東アフリカ、中近東、インド北西部、パキスタンなどがサバクトビバッタの居場所になっているようです。 東アフリカのサバクトビバッタはインド・パキスタン付近へ移動し、 一部は西アフリカまで行くのでは?と予想されています。 あくまで予想なのでこの先さらに勢力を伸ばすのか、落ち着くのかがわかりませんね~。 食用として活用出来ればまだいいのですが、現実的にそれは難しいようです。 日本には来ないとはいえ、地球規模で考えたら相当ヤバいことですよね。 蝗害での食糧不足など、日本人にも出来ることがあるといいのですが・・・。

次の