おけぴ。 チケット購入はおけぴが最強説!ファンクラブ先行とのコンビネーション

【必見】おけぴで宝塚チケットの交換を成功させる方法!差額・郵送は?

おけぴ

チケット救済掲示板「おけぴチケット」ってかなり有名なサイトですよね。 私も、ずいぶん前に会員登録して、使わないまま数年が経過していましたが、 2018年3月に、『アラジン』のチケットが欲しくて、初めて「おけぴネット」を利用して、S席のチケットを譲っていただきました。 運営会社の「株式会社おけぴ」の設立が、2005年8月1日、とのことですので、もう10数年の実績があり、 四季劇場の中で耳に入ってくる会話などから、おけぴ常連さん、というか、チケット救済を通してお友達になっている人もいるように見受けられます。 運営が長く、利用件数が多い分、トラブル等の事例の集積もあり、疑問点などは、おけぴネットのサイトのFAQを見ていただくのが一番いいのかな、とも思いますが、 せっかくなので、実際に利用して、取引のやり方などで気が付いたことをまとめておきます。 高額転売を目的にチケットを買った人にお金を渡したくないし、自分がペナルティを受けるのもイヤですから。 おけぴネットの場合は、発券手数料も上乗せしてはいけないことになっており、本当にチケットの額面の金額以下に設定しなければなりません。 ただし、振込手数料や、紙チケットの場合の送料は、購入者負担にするのは可能です。 今回、私が購入したのは、劇団四季のQRチケットで、振込はゆうちょだったので、送料も振込手数料もかかりませんでした。 おけぴネットの取引は、メルカリやラクマと同様個人間取引です。 メルカリでは、規約以外に出品者独自の「個人ルール」や「暗黙の了解」があり、初めての人にはわかりにくい、慣れてきても正直めんどくさかったりしますが、 おけぴネットの場合は「こういうケースはこう」というのがかなり細かく明文化されていると感じます。 おけぴネットの利用法 会員登録は必要? おけぴネットは、会員登録なしでも利用できますが、普通の会員は無料なので、登録しておいた方が何かと便利です。 会員登録しているかどうかで、信用度を計られることもあります。 逆に、私も、チケットを探すときに「出品者が会員登録している人か?」はひとつの目安にしていました。 オケピネットでは「譲渡」より「交換」が多い? 出品されているチケットには、「交換」と「譲渡」があります。 私が探したときの印象では、劇団四季チケットの案件では 「交換」が多いと思います。 劇団四季はロングラン公演で、数か月先までチケットが販売されていることが多いので、 「今回は行かれないけれど、もし来月のチケットを持っている人がいれば交換をしたい」 という動機で投稿する人が多いのでしょう。 中には、抱き合わせ(ある公演と別の公演のチケット一緒に引き取ってほしい)を条件にしている出品もあります。 普通は、支払いが先ですが、 おけぴネットの「入金お取次ぎサービス」を利用する(有料)こともできます。 劇団四季アラジン• その週の公演• 席種S1• 譲渡 という条件で検索。 希望に合うチケットが見つかりすぐに「問い合わせ」を送りました。 「交渉中」「問い合わせ上限に達したので受付停止」となっていると問い合わせが送れません。 実は、譲ってもらったチケットの他にもよさそうなチケットあったのですが、タッチの差で「交渉中」になってしまい、そちらはあきらめました。 また、複数の問い合わせを受け付けている出品でも、自分が最初に問い合わせた人でないと、ほとんどの場合、成約にはいたらないようです。 複数問い合わせ可にしたら、本当は、すべての問い合わせに返信を送るのがマナーなのですが、実際に交渉に入った問い合わせの後から来た問い合わせには返信をせずにスルーされる方もいるそう。 問い合わせはおけぴネットの機能で送りますが、 その後の出品者さんからの返事以降のやりとりは、登録したメールアドレスで行うことになります。 ですので、問い合わせへのリプライが長時間来ないときには、迷惑メールに入っていないかを確認しましょう。 おけぴネットでの取引は、お互いに素人の個人であることが前提で、 出品者さんも業者ではありません。 それぞれ、仕事をしていたり子育てしていたり、と事情があります。 逆に、自分からは可能な限り早く返信を送るようにします。 幸い、問い合わせから1時間くらいで返信が来ました。 次の私からの返信で、すぐに交渉が成立。 お知らせいただいたゆうちょ口座に送金して、2時間後くらいに入金を確認いただいて、QRチケットのURLが送られてきました。 URLでQRチケットの表示を確認して、お礼のメールを送って、 取引完了。 この時はとてもスムーズに取引が完了したので、いつもこういう感じだったら、「チケットを入手する」一つの選択肢としておきたいかな、と思いました。 おけぴネットではバーコードチケットなどの、簡単に転送によって転売される可能性があるチケットの取引を推奨はしていません。 劇団四季のQRチケットは、QRコード表示のURLを何度でも他の人に転送することができるので同じリスクがあり得ます。 「買う」側のリスク=複数の人にも売られていて当日、自分が入場できなかったり、トラブルに巻き込まれる可能性がある 「売る」側のリスク=自分が譲ったものを、 自分の名前が入ったまま高額転売される可能性がある QRチケットは、譲渡に送料がかからず、郵便・配送事故の問題もない、という点は便利なのですが、利用する場合は上記のようなリスクがあることも考慮したほうがいいですね。 2019年5月追記 私はおけぴネットは、「定価以下取引」なので、高額転売に当たらないし、利用してもいいかな、と考えていたのですが、 2019年春にレミゼの高額転売が問題になった時、 もともと高額転売目的で購入していた人が、なかなか売れないので損切りのために定価以下で売ったり、 業者的な人でなくても最初から交換を見込んで多く購入していたり、というケースもあるという話を聞きました。 やっぱり一番安全なのは劇団四季公式の出品サービスを利用した譲渡なんでしょうね。 チケットぴあにもリセール制度があります。 おけぴネットの取引で気をつけたいこと 詐欺にあわないように 「チケットを譲ってもらう」立場で気をつけなければならないのは、まずは 詐欺 ですよね。 おけぴネットには、詐欺被害を防ぐためのページがあり、そこで振込口座のチェックもできます。 詐欺に使われた情報がある口座だと、その情報がヒットするそうです。 他にも慎重に取引した方が良いポイントが書かれていますので、必ず読みましょう。 メルカリやヤフオクで物を買う時もなのですが、何度か利用していると、大丈夫な相手とあぶない人、ってなんとなく雰囲気でもわかるものなのですが、初めてだと分かりにくいですよね。 チケットは金額が高いので、不安も大きいと思います。 出品する方からすれば、お金をもらわないと発送できないというのは当然ですが、 買う側からすると、 先にお金を払うのが不安 というのもあります。 この双方の不安を解消するのが、おけぴネットの「入金お取次ぎサービス」で、手数料630円で利用することができます。 買う側から、このサービスを使いたいと申し出る場合は、 紙チケットの場合の送付方法 劇団四季のQRチケットは、メールやLINEなどで送ってもらうことができるので、郵便事故等はありません。 全国公演や、劇団四季以外のプレイガイドから販売された紙のチケットを送ってもらうときには、普通郵便は避け、簡易書留やレターパックプラス(対面渡し)が安全です。 普通郵便は、万が一紛失があった場合に追跡をすることもできませんし、 休日を挟んだり、繁忙期に当たったりすると場所によっては届くまでに1週間程度かかってしまうこともあります。 最低でも、追跡ができる送付方法をお勧めします。 レターバックライト、クリックポストは追跡番号はつくのですが、郵便受けに投函、で配達終了なので、その後郵便受けからの抜き取りもあり得ます。 自分が劇団四季のチケットを「譲りたい」場合は? 前売り券を買っていたけれど行かれなくなり、できれば、他の人に引き取ってほしい、という理由で おけぴネットの利用を考える方もいると思います。 個人的には、おけぴネットの理由を特におすすすめも、止めもしませんが、個人間取引ならではのリスクがあるのは譲られる立場の場合と同じです。 チケットを譲る方法についてこちらにもまとめたので参考にしてみてください。 まとめ おけぴネットのコンセプトは「空席救済」で、定額以下の譲渡がルールです。 できるだけ、安全なやりとりができるように、ルールが細かく作られていますが、 おけぴネットの機能は、チケットを譲りたい人、チケットを譲ってほしい人のマッチングサイトで、 連絡・入金・チケットの送付は、あくまでも、個人対個人のやりとりなので、トラブルの可能性はあります。 もし、おけぴネットを利用する場合は、• 売る方は「引き受けてくれてありがとう」• 買う方は「譲ってくれてありがとう」 という気持ちで、見知らぬ人とのやりとりですから、質問や交渉も、ていねいな言葉づかいで、を心がけ、 詐欺の警戒を怠らず、支払い・送付のミスがないように注意、 というのがよいと思います。

次の

会社概要・沿革・組織 | 特定非営利活動法人おーけすとら・ぴっと

おけぴ

おけぴネットで出来ること 劇場の満席を応援するサービス おけぴネットでは、人気公演の舞台写真を含む観劇レポートを掲載し、気になるけど観に行こうか迷っている方が観劇するきっかけを作っています。 また、おけぴネットが主催で「観劇会」の開催、チケットを優待価格で会員に販売するなど、劇場で観劇する人を増やそう、応援しようという企画やサービスを提供しています。 空席を救済するサービス 複数応募して、チケットが重複してしまった。 急用で観劇できなくなった。 そのような理由で余ってしまったチケットを入手できなかった人に譲ることができれば、チケットが紙切れになることも、チケット代が無駄になってしまうこともなく、双方にメリットがあります。 おけぴネットでは、「チケット救済掲示板」という掲示板を中心に、チケットの個人間売買を支援しています。 おけぴネットの評判について おけぴネットの評判は、他の二次流通サービスに比べると良好ではないでしょうか? その理由を2点挙げておきます。 料金面で良心的 おけぴネットに出品できるチケットの値段は、チケット本体に印字されている額か、それ以下で、プレイガイドの先行抽選手数料等も上乗せできないという決まりです。 ネットオークションや二次流通サービスでの高額転売が社会現象となっている今、この点だけでもエンタメファンからの評価は高いです。 定価よりも大きく値下げをされる売り手は少ないという印象ですが、場合によっては半額などで取引される方もいらっしゃいます。 そもそも定価というのは、興行に対して本来払う料金なので、「損」ではありません。 売り手が確保に要した手数料や、仲介する運営側がシステム利用料をとらない点はむしろ得をさせてもらえるシステムと考えることができます。 郵送代が別途かかる場合はありますが、自己負担かどうかは必ず売り手が初期情報として記載する決まりになっていますので、「知らなかった・・・」ということはありません。 セキュリティ面で安心 掲示板に関して、管理人による注意喚起や、違反への対応もよく行き届いていると評判です。 ただし、それでも、「入金したのにチケットが届かないということはない?」「本当にチケットは届く?」と、不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。 そういった方は「おけぴ入金お取次ぎサービス」というサービスを利用すればOKです。 「おけぴ入金お取次ぎサービス」とは、名前の通り、おけぴネットが買い手からの代金を預かり、公演後に売り手へ入金するシステムです。 手数料は630円かかりますが、「チケットが届かないのに返金もない・・・」という最悪のケースを防ぐことが出来ます。 売り手側としても、安心して買ってもらえるので双方に良いサービスです。 プレイガイドの最速先行などでかかる手数料のことを考えると、630円というのはそれほど高くはありませんので、不安な方は「おけぴ入金お取次ぎサービス」を使ってみましょう。 会員登録をするべき? おけぴネットを利用するにあたって、登録せずに利用することも可能です。 しかし、会員登録をしたうえで利用されることをおすすめします。 なぜ、会員登録をした方が良いのか? 15年間支持され続けているおけぴネットのメインシステムは、「チケット救済」のための、定価以下限定のチケット掲示板です。 掲示板には、チケットの「譲渡」もしくは「交換」を望む売り手の情報が掲載されており、買い手がそれに問い合わせを行うことで、直接交渉していきます。 顔の見えない相手と、文章でのやりとりが中心の取引となりますので、少しでも安心できる材料が欲しいですよね。 会員登録をしているユーザーは、そのID と会員歴が開示されます。 会員として長く利用されている方の信頼度は高くなります。 ですので、買い手・売り手どちらで利用する場合も、会員登録はしておきましょう。 また、「観劇会」の開催や、チケット優待価格販売についてのメールが届くのも会員登録をするメリットの1つかなと思っています。 ) 宝塚歌劇&ジャニーズの注意点 宝塚歌劇&ジャニーズファンの方への注意点を2点挙げておきます。 プレミアム会員に登録するべきではない まず、1点目は宝塚歌劇やジャニーズファンの方にとって、プレミアム会員はあまりメリットがないという点です。 プレミアム会員の料金は31日間540円。 (クレジットカード払いの場合、2ヵ月に1度、2ヵ月分の自動引き落としとなります。 ) 特典はありますが、宝塚歌劇やジャニーズのファンの方に関しては、無料会員で良いかと思います。 例えば、プレミアム会員の特典として、「おけぴ観劇会という観劇企画で優先される」というメリットがあります。 しかし、おけぴ観劇会は、公開されている情報を見る限り、宝塚歌劇やジャニーズ作品の舞台の観劇会は開催されていません。 チケットの先行・優待販売、招待企画も宝塚歌劇やジャニーズ関連は対象外と考えてOKです。 あと、「プレミアムポイント」のプレゼントに応募は、上記のおけぴ企画の優待・先行チケットでの購入が条件ですので、宝塚歌劇やジャニーズファンにとってはメリットではありません。 あと、投稿の利便性があがるというメリットもあるのですが、そのためだけに、会費を払うのは高いですよね。 ということで、宝塚歌劇やジャニーズ関連(舞台&コンサート)のチケットについては、おけぴネットを使用する場合は、無料会員で十分と思います。 もちろん、おけぴネットのプレミアム会員制度を否定するものではありません。 例えば、おけぴ観劇会や、チケットの先行・優待販売、招待企画の対象となりうるジャンルの公演によく行かれる方ですと、メリットがあるでしょう。 また、おけぴネットは、「満席応援・空席救済」をモットーにした良心的なサービスですので、少しでもメリットを感じるのであれば、応援の意味も込めて、プレミアム会員になるのも良いとは思います。 定価以下ですが、交換が多いのが難点 次に交換が多いという点について。 まず、大前提として、宝塚歌劇やジャニーズ関連のチケットは高倍率ですので、せっかく当選したチケットを簡単には手放しません。 しかし、宝塚歌劇とジャニーズ関連のチケットの「交換」は、おけぴネット内でも常にたくさん見かけます。 宝塚歌劇の場合、1年を通して5組が代わる代わる公演を続けるスタイルですが、公式のファンクラブは1つだけですので、どうしても交換が多くなっています。 しかも、同じ公演の別の日程のチケットを交換する同種交換というよりは、例えば花組公演のチケットと宙組公演のチケットを交換するといった異種交換案件が目立ちます。 ジャニーズはグループごとにファンクラブがありますが、ファンクラブを掛け持ちしている方も少なくありませんので、こちらも別グループの別公演のチケット交換が多いです。 あまり良いことではないのかもしれませんが、人気がありすぎるがゆえに、交換でチケットを取るというやり方が当たり前になっています。 宝塚歌劇とジャニーズ関連以外であれば、定価以下のチケットがすんなり見つかることもあるでしょう。 しかし、宝塚歌劇とジャニーズ関連のおけぴネット内でのチケットは交換が中心のため、なかなか見つからないケースもあるということは理解しておきましょう。 詳しくは、、または、を読んでみてください。

次の

おけぴというサイトがあやしいのですが

おけぴ

サイト管理をしている人がいますが、基本は 個人同士のやりとりとなることをおさえておきましょう! 連絡の取り方はメールとなります。 個人同士でのやりとりとなるからこそ、ルールを守って誠実に対応することが大切です。 会員にならないまま、投稿し参加することもできますが 会員として参加することが絶対オススメです。 もし、あなたが取引したいと思った投稿を見つけたとしてもその投稿者が非会員だったら信頼性に疑問を感じることでしょう。 なかには 【おけぴ会員であること】を取引の条件に挙げる人もいるので、自分が取引しやすい(してもらいやすい)条件を整えておくことが自分のためにもなるのです。 また、譲渡の依頼をする場合もなるべくおけぴ会員を選ぶことが安全でしょう。 個人間のやり取りであることを意識し、トラブルに巻き込まれたり詐欺に合わないためにも絶対に覚えておきたいポイントです! なるべく対面での取引を心がけよう! 譲渡の場合は、投稿者へチケットの額面(定価)を支払います。 交換の場合は、チケット同士を交換し、差額が生じた場合は支払います。 その際、なるべく対面での取引がおすすめです。 取引相手と直接会うことで、その場でチケットや金額を確認することができるため、ほぼトラブルに巻き込まれる心配はなくなります。 待ち合わせの場所となるのは 「劇場付近」が一般的ですが双方の都合がつけば別の場所でも構いません。 郵送・振込はチケットの画像を確認しよう! 双方の家が遠い場合、また都合がつかず対面での取引ができない場合は郵送での交換や銀行振り込み後、チケットを郵送してもらうことになるでしょう。 その場合、 発送や入金をする前に、必ずチケットの画像を送ってもらうようにしましょう。 お互いの連絡先を交換すること 郵送する場合は必然的にお互いの住所や氏名などを交換することになります。 譲渡の場合は、チケットを手に入れられることで舞い上がってしまい、投稿者の連絡先を聞き忘れたまま、銀行口座へ入金してしまうのは非常に危険です。 もちろん『おけぴ』利用者のほとんどは誠実で純粋に観劇を楽しんでいるファンが ほとんどですが、 顔が見えない取引をしているということを忘れないでください。 必ず、 住所・氏名・電話番号を聞いてから入金するようにしましょう。 発送後は問い合わせ番号を教えてもらう 発送の方法は決められているわけではありませんが、 『簡易書留』『レターパック』などがおすすめです。 郵便物の追跡ができますし、書留は保証がついているからです。 普通郵便は追跡できないためやめましょう。 発送後は、必ず問い合わせ番号を送ってもらうようにしましょう。 自分が発送した場合は、相手に問い合わせ番号を教えるようにしてください。 万が一トラブルに巻き込まれたら? 「入金したのにチケットが送られてこない」 「音信不通になってしまった」 など、万が一トラブルに巻き込まれたら? まずは、 おけぴ管理人へ問い合わせるようにしましょう。 もしかしたら何かしらの郵送トラブルで到着が遅れているのかもしれません。 不在表を見過ごしていることもあります。 慌てず、自分が伝えた住所に間違いがないか、問い合わせ番号で郵便物がどこにあるのかを今一度確認してみましょう。 確認したけど・・・ 「問い合わせ番号で追跡できない」 「電話しても存在しない番号だった・・・」 「発送日から4日以上経っているのにチケットが届かない」 となると、最悪詐欺の可能性が高いですので、おけぴに問い合わせした上で 警察にも相談しましょう。 必要以上に恐れる必要はありませんが、個人間でも取引だということを意識して トラブルにならないよう注意することが大切です。 おわりに いかがでしたか? ここまでチケット救済サイト『おけぴ』での取引で注意することを解説してきました。 特に宝塚や劇団四季、東宝ミュージカルのファンは、同じ作品を複数回観劇する人が珍しくありません。 常に手元にチケットを所有しているファンが大勢います。 そのようなファン同士のネットワークを最大限活用して楽しい観劇ライフを送りましょう!.

次の