ご参考までに。 「参考まで」に関連した中国語例文の一覧

「参考」の適切な使い方と例文5つ|「ご参考ください」は誤り

ご参考までに

ビジネスシーンでは「参考までに」という表現が多く使われます。 それは、参考にできる資料や、過去の事例などを可能な限り使うことで、未然に防げる失敗を取り除き、無駄な人的労力やコストを減らすことがビジネスにおいて大切だからです。 さて、ビジネスシーンにおける「参考までに」の意味ですが、「参照してください」「認識しておいてください」「判断材料の一部に使ってください」「目を通した方が業務がスムーズに運びます」などといった意味合いを含みます。 ビジネスシーン以外のプライベートな場面では、「参考までに」と言われたケースでも、聞き流したり、目を通さないでいたとしても、後から特に大きな問題になったり、誰かに多大な迷惑を掛けたりといったことは起こらないかもしれません。 しかし、この表現がビジネスシーンで使われた場合には、事前に配布されていた参考資料に目を通さなかったばかりに取引先に迷惑を掛ける結果を招いてしまったり、大きな損益を会社に与えてしまうなど、後々取り返しのつかない事態にも発展しかねません。 「参考までに」と言われたら、話であればよく聞き、資料であれば、その資料や情報には目を通すのが賢明です。 「ビジネスシーンで参考までにと言われたら、しっかりと聞く、読む」と覚えておくと良いでしょう。 そうでないと、後々、上司から「目を通していないのか」と詰問される事態にも陥りかねません。 「参考までに」の使い方 ・「参考までに意見を聞かせていただけますか」 ・「参考までに考えを聞きたいのですが」 といった場合です。 よく耳にするフレーズのようでもありますが、二つの用例とも、意見や考えを述べるのは相手ですが、参考にするのは発言した本人です。 そのため、ビジネスのシーンで目上の相手に対してこう発言してしまった場合には、相手によってはこの言葉の発言者に対して、失礼な人という印象を抱くことになります。 (目上の)あなたの意見や考えを、 (目下の)私の判断材料にさせてもらいます と言っているのと同じことだからです。 少しややこしいですが、ポイントは誰が参考にするのかといった行動の主体を、常に見失わないように意識することです。 上の二つの具体例を、失礼でない言い方にするとこうなります。 ・「ご意見を聞かせていただけますか」 ・「お考えをお聞きしたいのすが」 つまり、参考までに、の後半に続けることが可能であるのは、相手のためになることに関する表現だけだということです。 ここでいう相手のため、というのは、突き詰めて言えば、相手の利益、メリットになるということです。 先ほど既に挙げました、「参考までに、資料をメールに添付しておきました」というのが、良い例です。 自分の(利益やメリットの)ために、相手の意見や考えを聞きたいのであれば、「参考までに」を呑みこんで、言葉にせずに伏せておくほうが、どのような相手に対しても失礼がなく、無難だということです。 ご参考までにの用例としては ・「ご参考までに、こちらの物件もご覧になられますか」 ・「ご参考までに、今後の弊社の経営方針を説明させていただきます」 ・「ご参考までに、次回のイベントの日時を掲載させていただきました」 といった具合です。 参考までに、と比べると、相手の立場は、自分の立場よりもぐんと上がっています。 ここで気を付けたいポイントですが、参考するという行為の主体は、相手だということです。 その相手を敬っていることを表現した言葉なので、「ご参考までに」に続く言葉が、相手の行動に関するものであれば尊敬語を、こちらの行動に関するものであれば謙譲語を使うというルールを覚えておきます。 慣れないうちは、ご参考までにに続く表現を誤って使用してしまうかもしれませんが、ビジネス用語を自分のものにするコツは、慣れるまでの自分の間違いを気にせずに、馴染んでくるまでどんどん使うことです。 「ご参考までに」の誤った用例 それでは、この言葉の使い方の理解を深めるために、ご参考までにの誤用例を紹介します。 ・「ご参考までに、今週の式典に来てみますか」 ・「ご参考までに、明日の朝刊を読んでみてください」 ・「ご参考までに、私の体験を言います」 といった具合です。 いずれも誤った用例ですが、不自然さを感じるでしょうか。 違和感を覚えたら、その感覚は正解です。 三例とも、前半は相手を敬った表現であるのに、それに続く後半はすべての用例は「です」「ます」といった丁寧語であるだけで、相手を敬う尊敬語を使うことと、発言者である自分をへりくだることを忘れています。 「ご参考までに」に続く、後半部分も、そのまま相手を敬った表現を続けると日本語としてきれいです。 以下が正しい用例です。 ・「ご参考までに、あちらのお部屋もご覧になられますか」 ・「ご参考までに、今週の式典においでになられてみますか」 ・「ご参考までに、私の体験を述べさせていただきます」.

次の

「参考までに」「ご参考まで」は英語でどう言う?

ご参考までに

認識しておいてください• 参照してください• 目を通しておいた方が業務がスムーズに運びます ビジネスシーンで「ご参考までに」と言われた場合は、聞き流さずにきちんと確認しましょう。 事前に参照すべき資料を確認していなかったがために、会議で話についていけなかったり、取引先に迷惑をかけてしまったりする可能性があります。 ただし、「ご参考までに」がプライベートで使われた場合は、確認を強制する意味合いはありません。 【補足】「参考」と「参照」の違い 「参考」と「参照」にはどちらも「何かを決めたりする時に、何かにあたって調べること」という意味があります。 しかし、「参考」と「参照」では対象とするものの範囲が異なるため、実際に使う場合には注意が必要です。 「参照」は、目に見える文書やデータ化されたもののみを対象としており、「参考」の方が対象が広範囲に渡ります。 例文:(相手の行動の場合:尊敬語)「 ご参考までに過去の資料も ご覧になりますか。 」 「 ご参考までにお手元の資料を ご覧ください」 例文:(自分の行動の場合:謙譲語)「 ご参考までに資料を添付 いたします。 」 「 ご参考までに次回のイベントの日程を掲載 させていただきました。 」 敬語を正しく使えることは、できる社会人のポイントです。 「ご参考までに資料を拝見してください」のように、尊敬語と謙譲語を間違えないよう注意しましょう。 【補足】「ご参考までに」の注意点 メールや文書で「ご参考までに」を使う場合、その内容はもしかしたら相手に確認してもらえないかもしれない可能性があります。 「ご参考までに」の重要度は人によって異なるため、「参考程度でいいなら見なくてもいいか」とスルーする人もいるからです。 きちんと目を通してもらいたい大切な内容については「ご確認ください」「ご参照ください」「ください」といった言葉で確認を促すようにしましょう。•

次の

「ご参考までに」の意味や使い方!ビジネスでのメール/送付/参照を解説

ご参考までに

「ご参考までに」を使いたい状況の1つに、相手に自分の提供した情報を読んでもらいたい時があります。 相手の役に立つ情報を提供しているという自信があり、「ご参考までに」を使った文章で、読むように勧めることのできる、次のような例文があります。 ・ ご参考までにご覧ください ・ ご参考までにお目通しください これら二つの例文では「ご参考までに」と一緒に「ご覧ください」や「お目通しください」が使われているため、丁寧な言い回しで「読んでください」という意味が伝えられています。 そして、「ご覧ください」では、「見る」とい動詞の尊敬語が使われているため、ビジネスやメールを記入しているときに、目上の人の動作を、敬意を込めて表現できる文法です。 命令している失礼な印象を与えないためにも、便利な表現です。 自分が相手に提供している情報が、あくまで「参考にすぎない」という点を伝えたい場面に遭遇することもあります。 例えば、商品のデザインについて情報提供してても、真似をするのではなく、アイデアの一つとして扱って欲しい時に使用できる例文です。 ・参考程度に、ご活用ください この例文は「ご参考までに」ではなくて、「参考程度に」という言い方がされています。 ちなみに「程度」とは、「物質の性質や価値を量的に考えた時の大きさやほど」という意味があります。 つまり、「参考程度に」という表現で「役立てる程度に」や「役立てる目的で」という意味を伝えられています。 あくまで、商品の他のデザインを考えるための、参考にすぎないことを丁寧に伝えている例文です。 例えば、目上の人が間違った方法で仕事を行っているとします。 しかし、自分は正しい仕事の行い方に精通しています。 そのような場面では、失礼にならない言葉遣いで、正しい仕事の行い方について、情報を提供しなければなりません。 ・参考程度に、お役立てください 実際のところ「参考程度に、お役立てください」と言えば、自分の提供している情報が、「参考程度にしかならない」という意味も伝えているため、自分のへりくだった気持ちも表現できます。 目上の人に失礼な態度をとらないために役立つ表現です。 情報を受け取っている上司や目上の人は、部下から助けてもらっているという気持ちにはなりません。 むしろ、「参考程度」という言葉で、念のため自分に情報が提供されたと思ってくれるため、失礼な印象を与えずに済みます。 働き始めた頃は、仕事の知識に欠けているため、上司から仕事を行う方法を教えてもらいたいと感じる事が多いです。 そして、丁寧な言葉遣いで失礼な印象を与えずに、仕事を教えてくれるようにお願いする「ご参考までに」を使った例文があります。 ・ 参考までに教えてください ・ 参考までに教えいただけませんか どちらの例文を使っても「ご参考までに」と同じ意味が、「教えてください」や「教えていただけませんか」と一緒に使われています。 より丁寧な言い方がされているのが「教えていただけませんか」になります。 そのため、まだ信頼関係が構築されていない上司にお願いするときには「参考までに教えていただけませんか」を、そして、普段から親しい関係のある上司には「参考までに教えてください」を使うと良いです。 ビジネスやメール送付の場面では「ご参考までに」を使うのに一工夫する必要があります。 状況によっては、資料のやり取りを、目上の取引先と行われるビジネスの場面やメールの送付では、次のような正確な敬語表現が使われた例文がおすすめです。 ・ ご参考までに、資料を送付いたします ・ ご参考までに、お送りいたします これらの例文では「ご参考までに」と「資料を送付いたします」や「お送りいたします」が使われているため、ビジネスやメールの場面で、相手にとって役に立つ、何かの資料を送ることを表現しています。 そして、大切な点として「ご参考までに送付いたします」や「ご参考までにお送りいたします」では、後半部分に「いたします」と敬語の謙譲語が使われて、ビジネスやメールの場面での目上の人に深い敬意が示されています。 ビジネスメールを作成している時には「ご参考までに」と、ビジネスメールの送信に伴う言葉を、組み合わせる必要があります。 そのようにして、ビジネスメールの送信先や資料が送られてきた場所を正確に表現できる例文には、次のようなものがあります。 ・ ご参考までに、転送いたします この「ご参考までに、転送いたします」という例文では「転送」という言葉が使われているため、他の人が送ってきたビジネスメールを、そのまま送信していることを明らかにしています。 しかし、「ご参考までに」という言葉が最初に使われているので、その人にとって必要な情報だと判断したので、他の人のビジネスメールを、そのまま転送していることになります。 取引先とのやり取りを、誤解なくメールで伝えるのに役立つ例文です。 「ご参考までに」が使われている例文に「ご参考程度にしてください」があります。 しかし、「ご参考程度にしてください」を、上司の発言や信頼のおける情報源に関して使うと、情報の発信源の人に失礼になってしまう可能性があります。 自分の教えた情報について、「ご参考程度にしてください」という言葉遣いがされていると、自分の教えた内容に、「信憑性がない」と言われているように感じて、失礼な印象を覚えます。 そのため、社長が発言した内容を伝達する時は「山田社長がおっしゃっていましたが、ご参考程度にしてください」という失礼な発言を避けましょう。 むしろ、「参考にしてください」とはっきり言い切ってしまった方が、社長への敬意が示されています。

次の