ボウフラ 退治。 メダカの赤ちゃんがボウフラに食べられる!稚魚水槽のボウフラ対策

ボウフラの駆除は10円玉や油や魚で!安全に退治する方法!

ボウフラ 退治

Sponsored Links 実は簡単にできるボウフラ駆除 デング熱が拡大しているニュースが毎日流れていますが、 私たちの身近にいる蚊は大丈夫なのか?心配になりますよね。 蚊がいなくなる時期まで待つより、その前段階のボウフラをわかせない、発生させないこともデング熱の拡大を抑えることにもつながってきます。 蚊について色々調べてみたので参考にしてください。 バケツや水たまりにボウフラが発生していたらどうする? 水面に簡単浮かんでピクピクしているボウフラ・・気持ち悪くて見たくないですよね・・。 速攻でなんとかしたいものです。 そこですぐ効くボウフラ退治をご紹介します。 その他にも銅のイオンの効果で藻も生えなくなり、水の溜りもなくなります。 同じような作用を利用して作られたのが台所の排水溝用の「銅のゴミ受け」です。 ぬめりやにおいを抑えるてくれるので重宝します。 また、私たちの身近にある銅と言えば、 10円玉です。 ボウフラがわいている水たまりに10円玉を入れておくとボウフラは発生しにくくなります。 これが速くて一番安全な方法でしょう。 Sponsored Links 銅イオンの効果は量に比例しますので、植木鉢の受け皿など少量の水たまりなら1枚でも効果はありますが、水槽など大きなものだと、1枚、2枚では足りないです。 実験した方によると、 水100mlに対して、10円玉1枚の割合が良いそうです。 最近小学校では、食育の一環として 稲を育てる実習をするそうですが、 その稲なんですが、どういう場所で育てているかと言うとポリバケツで育ててるところが多いのです。 そうすると、そのバケツにものすごい数のボウフラがわいてしまうことがあるんですね。 ボウフラは 7、8日目から羽化を始め、遅くても2週間くらいでほぼ全てのボウフラが羽化しますので、忘れなければ5日に1回でもくらいでもいいでしょう。 蚊は澱んだ水(流れのない水)に産卵するので、流れを作ってやると来なくなります。 睡蓮鉢にめだかがいるのを見かけますね?風情があって和みますし、同時にボウフラ対策にもなってるわけです。 ただ、めだかって私も昔飼っていたことがありますが、繁殖力が強くで増えすぎて逆に困ってしまいました。 ボウフラがいなくなったらメダカの餌が必要です。 食器用の中性洗剤を少量水に混ぜてもいいそうです。 稲は枯れません。 でもその水を吸った稲は食べても大丈夫なのかな?という心配があります。 以上、10円玉、水替え、水流、油で駆除する方法をご紹介しました。 春先から夏にかけて、ボウフラは発生する前の対策をしっかりしておきたいですね。 いろいろとお試しください。

次の

ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】

ボウフラ 退治

先日、NHKの「あさイチ」というテレビを見ていたら、 蚊、やぶ蚊の予防対策という特集が組まれていました。 その中で、ボウフラを退治するグッズ・・・というのが紹介されていましたので、 早速自分も試してみました。 今日は、そのグッズの体験感想情報 (今回の記事は、苦手な方や食事中の方は、見ないほうがいいかもしれません) タイの少年が開発した便利グッズ なんでも、このグッズ。 タイの少年が開発して、表彰を受けたそうです。 作り方は簡単です。 番組では、2リットルのペットボトル1本と、500mlのペットボトル6本で作っていましたが、 管理人の家の水桶は、こんなに大きくないので、1lのペットボトル1本と500ml、3本で作りました。 次に、500mlのペットボトルの頭を写真のように 切込みを入れていきます。 次に500mlのペットボトルの口を1lサイズの切れ込みを入れたところに はめ込んでいきます。 ちょっと見にくいけど、こんな感じ。 出来上がりはこんな感じ。 実際の使い方 ちょっと衝撃的な絵です。 管理人としては、バケツをひっくり返してしまいたいんですが、 親が野菜を育てていて、水を使いたい・・・と言っているので。 こんな風に、水に浮かべて使います。 注意点としては、単に浮かべるだけではなくて、 500mlのペットボトルの口が完全に水に沈むように、 1l側のペットボトルにも水を半分くらい入れて浮かべることです。 ちょっと分かりにくいですが、こうするとペットボトルの中に ボウフラが入ってきますので、中身をどこか(灼熱のアスファルトにでも) 捨ててあげるといいです。 ボウフラが入る仕組み なぜ、こんなものでボウフラが捕れるのか・・・。 それは、ボウフラの生体の仕組みを上手く考えてあるそうです。 ボウフラは水面で呼吸する。 けれど、エサなどは底にあるので、そこまで潜る。 つまり、水中を上がったり下がったりするそうです。 その時に、狭いペットボトルの口から入ったボウフラは逃げ道がなくて 一度入ったら出られない・・・ということのようです。 実際に使ってみた感想 捕れないことはないが・・・ かなり期待して作りましたが、もちろん水桶のぼうふらを 全て捕まえられるわけではありません。 バランスが難しい 単に浮かべていればいいというのでなく、 必要な水がペットボトルに入っていなくてはいけないので、 調整がちょっと大変。 しかも、ひっくりかえったら使い物になりません。 ・・・難しいですね。 できたら、バケツの水をひっくり返したほうが楽そうです。 水たまりなどに10円玉などの銅を入れておくと効果があるようです。 (aさん、ありがとうございます。 ) お金はちょっとあれなんで、銅片などをホームセンターで買ってきて、入れておくといいかもしれませんね。 参考: 関連リンク ・・・NHKあさいち.

次の

ボウフラの駆除に無害な退治方法は?薬剤や殺虫剤のおすすめと対策法

ボウフラ 退治

あなたの財布の中に、もしくはポケットの中に、または拾ったり、10円玉があったら何に使いますか? はい、現代では(昔ながらの駄菓子屋を除いて)もう、10円玉一枚じゃ買い物もできません。 私が小学生の頃は10円玉で乾燥梅干し、5円チョコ2つ、飴玉、など10円1枚を握りしめて駄菓子屋にかけ出したものです。 (道に10円が落ちてるぐらいじゃ拾わないなんて言う人もいるけど、許さない・・・その余裕っぷりが許せない・・・・プルプルッ) でもね、今も昔も変わらず、 とても有効な10円玉の使い方が、あるのかもしれないのです。 日々、ホームセンターの害虫駆除・殺虫剤コーナーを巡り歩いていると聞こえてくるウワサ話があるんです。 それは、 10円硬貨で蚊の幼虫ボウフラを退治・駆除することができるらしい というもの。 10円玉を靴の中に入れておくと、銅の効果で匂いの発生を抑えるなんていう家庭で使える知識は有名だけど、 10円玉でボウフラをやっつける!?はあまり知られていないのではないでしょうか。 ガラス瓶の容器に溜めた雨水内で元気に泳ぐ蚊の幼虫ボウフラ まだ卵から孵化したばかりでしょうか、小さく、色も薄いです。 10円銅貨の効果を試すには絶好の獲物です(笑)。 2日は短いよ、という方、ボウフラが羽化するスピードは侮れない早さなんですよ、私は1日でも短いと思います。 ああ、 東京ディズニーランドで蚊が発生しないような工夫が一般市民に浸透したら蚊が媒介する病気はなくなると思うんだけどな・・・.

次の