円滑 類義語。 「助かります」と伝える時の敬語表現とビジネスでの例文集

「難儀する」とは?意味や使い方・類義語を説明

円滑 類義語

「率先垂範」の読み方、意味や語源とは それでは早速、「率先垂範」について順に知識を身に着けていきましょう。 「率先垂範」の読み方とは? 「率先垂範」は、 「そっせんすいはん」と読みます。 「そっせんすいはん」と音だけ聞くと、「ん?キャンプとかでやる飯盒炊飯(はんごうすいはん)のことかな…」と思ってしまいますが、ご飯を炊くという意味の「炊飯」ではありません(笑) では、どんな意味の言葉なのでしょうか。 「率先垂範」の意味とは? 「率先垂範」とは、「自らが進んで見本になる・模範を見せるということ」「大変なことや人が嫌がる仕事も、自ら率先して行うという姿勢」という意味になります。 会社やサークル等、何かのコミュニティを円滑に運営するには「率先垂範」を実行できるリーダー的な存在が欠かせませんね。 そのために「社長」「部長」などのいわゆる「役職」という立場があるのでしょう。 また、人の前に立つリーダーの背中を見て、仲間や後輩社員などがそれに続くという形こそが「率先垂範」の最たるものだと言えます。 つまり、リーダーシップ一つで、その組織がどんな組織になっていくのかも変化する、といっても過言ではないでしょう。 「率先垂範」を実践するには、組織を良くするぞ!という前向きな意思が必要というわけなのです。 「率先垂範」の英語・類義語表現 「率先垂範」の英語表現 「率先垂範」を英語で言うと、以下のような表現が最もふさわしい表現と言えるでしょう。 to be a good example as a leader(リーダーとして見本になること) また、「initiative(率先した)」という意味の単語を使って、以下のような表現も「率先垂範」という言葉を上手に表現した英語と言えます。 【例文】• take the initiative to set a good example(先頭に立って模範を示す) 「率先垂範」の類義語表現 日本語での「率先垂範」の類義語としては以下のような四字熟語が挙げられます。 実践躬行(じっせんきゅうこう)• 率先励行(そっせんれいこう)• 陣頭指揮(じんとうしき) 特に「陣頭指揮」は耳なじみのある言葉ですよね。 聞いたことがある言葉と一緒に覚えると頭に入りやすいので、是非活用してみてくださいね。 こちらの四字熟語も「率先垂範」と同じく「模範になる」という点では類似しています。 「率先垂範」の使い方の例文 では、具体的な「率先垂範」の使い方をご紹介していきましょう。 【例文】• 「彼の行動はまさに率先垂範だ。 後輩に慕われているのがその証拠だよ」• 「今期からいよいよ主任か。 部署のみんなをしっかりまとめるためにも率先垂範を意識していこう」• 「新しい部長の率先垂範のおかげで、うちのチームの成績はうなぎのぼりさ!」• 「部長が率先垂範してくれないと、また部員が辞めますよ!しっかりしてください!」• 「今回の指揮者は音楽に真摯に向き合っているな。 オーケストラの率先垂範となってくださっているから今夜のコンサートはきっと大成功に違いない」 名詞として使う他に、例文の通り「率先垂範する」という風に動詞としても使います。 色々な場面で使える「率先垂範」という言葉ですが、「リーダーシップ」や「けん引」などに置き換えると使いやすいですよ。 こちらの言葉も「率先垂範」に似ていて、仕事ができる人に向けた四字熟語と言えますね。 リーダシップをとった時の影響力の大きさ リーダーという存在は、いつでも人に見られています。 その分、リーダーになることができる人、というのも限られています。 もしリーダーになってしまったら、役割の多さゆえプッシャーも大きいかもしれません。 しかしその分、円滑な組織を構築できたり、雰囲気の良いサークルができたり、皆が良い気持ちで過ごせる環境を作り出せるのもまた、リーダーの特権ではないでしょうか。 しばしば、リーダーが変わると組織全体が変わることがあります。 それだけ影響力の大きい立場なので大変なことも多いかもしれませんが、リーダーになれる素質を持っているという事もまた貴重なこと。 持てる力を発揮して「率先垂範」し、あなたらしい組織を築くことができたら良いですね!.

次の

類義語から見る「ありがとう」の奥深さ

円滑 類義語

ビジネス上で使われる「やり取り」の意味は、ある事柄について連絡や対応している最中のことを表現していて、相手と進行させている業務内容の過程を指しています。 「建設プロジェクトの件は、誰とやり取りしていますか。 」というような言い方を聞いたことがあるでしょう。 「やり取り」は、担当者同士で連絡をしている、対応しているという意味合いを含んでいます。 ビジネス上でひんぱんに使われていますが、目上の方との会話ではそのまま「やり取り」という表現はふさわしくありません。 「やり取り」の意味を含む類語や敬語表現は知っておく必要があるでしょう。 「やり取り」は、日常でも使うので、ビジネス上の意味や使い方を改めて確認しておきたい言葉です。 「やり取り」は、一人または複数人の間で物を受け渡したり、会話したり、議論をしたりする行為をいい、漢字では「遣り取り」と書きます。 ビジネスでは、ある事柄についてお互いに話をしている」進捗状態のことを指すことが多いです。 「やり取り」は相手があることが大前提で、直接の会話だけでなく電話やメールでも、お互いに意見の交換や内容の確認をする行為が「やり取り」になります。 一方的ではなく双方向で1つのことに対処して時間的な継続性があります。 物理的に物を交換する場合も「やり取り」ですが、ビジネス上はマイナスのイメージがあるので敬遠される使い方です。 言葉の意味が変わったわけではなく、使う場面が変化している言葉の1つでしょう。 使い方次第で言葉の印象が変わるので、例文を数多く覚えましょう。 「やり取り」の特徴は、必ず相手がいることです。 一人で進行させている物事の進捗状況を上司や同僚に伝えても「やり取り」にはなりません。 二人以上で同じ方向に進行させている物事を「連絡」しあったり、「相談」したり、「対応」したりすることが「やり取り」です。 「やり取り」を意味する直接的な敬語表現はありません。 目上の方に「やり取り」の状況を報告する場合、「建設プロジェクトの件は、A社の鈴木様とやり取りしています。 」という使い方はふさわしくありません。 「A社の鈴木様に連絡しております。 」と言い換えるとよいでしょう。 ビジネスでは「やり取り」の内容に合わせて敬語表現にする使い方を学んでおく必要があります。 「やり取り」は相手との間で共通の物事が存在しているので、内容によって類語を選択できるようにしましょう。

次の

類義語から見る「ありがとう」の奥深さ

円滑 類義語

ビジネス上で使われる「やり取り」の意味は、ある事柄について連絡や対応している最中のことを表現していて、相手と進行させている業務内容の過程を指しています。 「建設プロジェクトの件は、誰とやり取りしていますか。 」というような言い方を聞いたことがあるでしょう。 「やり取り」は、担当者同士で連絡をしている、対応しているという意味合いを含んでいます。 ビジネス上でひんぱんに使われていますが、目上の方との会話ではそのまま「やり取り」という表現はふさわしくありません。 「やり取り」の意味を含む類語や敬語表現は知っておく必要があるでしょう。 「やり取り」は、日常でも使うので、ビジネス上の意味や使い方を改めて確認しておきたい言葉です。 「やり取り」は、一人または複数人の間で物を受け渡したり、会話したり、議論をしたりする行為をいい、漢字では「遣り取り」と書きます。 ビジネスでは、ある事柄についてお互いに話をしている」進捗状態のことを指すことが多いです。 「やり取り」は相手があることが大前提で、直接の会話だけでなく電話やメールでも、お互いに意見の交換や内容の確認をする行為が「やり取り」になります。 一方的ではなく双方向で1つのことに対処して時間的な継続性があります。 物理的に物を交換する場合も「やり取り」ですが、ビジネス上はマイナスのイメージがあるので敬遠される使い方です。 言葉の意味が変わったわけではなく、使う場面が変化している言葉の1つでしょう。 使い方次第で言葉の印象が変わるので、例文を数多く覚えましょう。 「やり取り」の特徴は、必ず相手がいることです。 一人で進行させている物事の進捗状況を上司や同僚に伝えても「やり取り」にはなりません。 二人以上で同じ方向に進行させている物事を「連絡」しあったり、「相談」したり、「対応」したりすることが「やり取り」です。 「やり取り」を意味する直接的な敬語表現はありません。 目上の方に「やり取り」の状況を報告する場合、「建設プロジェクトの件は、A社の鈴木様とやり取りしています。 」という使い方はふさわしくありません。 「A社の鈴木様に連絡しております。 」と言い換えるとよいでしょう。 ビジネスでは「やり取り」の内容に合わせて敬語表現にする使い方を学んでおく必要があります。 「やり取り」は相手との間で共通の物事が存在しているので、内容によって類語を選択できるようにしましょう。

次の