ブラック ラット スネーク。 ブラックラットスネークのご紹介

ナミヘビ » 熱帯倶楽部

ブラック ラット スネーク

カリフォルニアキングスネークとは? カリフォルニアキングスネークはナミヘビ科キングヘビ属に分類されるコモンキングヘビの仲間です。 マニアの間では「カリキン」という愛称で親しまれています。 ロサンゼルスやサンフランシスコがあるアメリカ西部のカリフォルニア州にある草原や森林地帯、民家に生息しています。 現地では日本で言うアオダイショウのように身近な存在です。 昼行性で夜は他の動物が掘った穴や岩陰に身を潜めています。 キングスネークの名前の由来は同じアメリカに生息する猛毒のガラガラヘビも食べてしまうほど、ヘビを捕食する習性があることからヘビの王 キングスネーク と呼ばれるようになりました。 食性は幅広く、小型の哺乳類や両生類、爬虫類、鳥類などを食べる肉食性ですが、特に爬虫類を好んで食べます。 ペットとしてはコーンスネークにつぐ人気の高さで、繁殖も簡単なので何十種類ものモルフ カラーバリエーション が世界中のブリーダーの手によって生み出されています。 コレクション性が高いので、お気に入りの一匹を見つけ出して飼育する楽しみができますよ。 体の大きさ カリフォルニアキングスネークの大きさは120cm~150cmです。 数字にすると大きく感じますが、実際には丸々とこぶし2つ分の大きさで、片手でハンドリングできるくらいです。 寿命の長さ カリフォルニアキングスネークの寿命は平均して20年~25年とかなりの長寿です。 飼育下では運動不足や肥満で短命になりやすく、20年以下になることが多いです。 冬眠をする カリフォルニアキングスネークは10度を下回ると冬眠を行います。 冬眠は土の中や落ち葉の下など比較的暖かい場所で行います。 飼育下ではウッドチップをたくさん入れておいて、気温の変化が少ない場所にケージを置いておきましょう。 冬眠は難しいので、飼育下では行わない方が安全です。 カリフォルニアキングスネークの飼育に必要なもの カリフォルニアキングスネークは小型のヘビであり、簡素な飼育設備だと1万円、しっかりしたものでも3万円もあれば十分に準備することができます。 ケージの大きさ カリフォルニアキングスネークは地表を動き回るため、床面積の広さを確保する必要があります。 ケージには飼育が簡単な専用のプラスチックケースなどありますが、爬虫類専用ケージであるグラステラリウム6030がおすすめです。 こちらはレイアウトがしやすく、飼育を楽しむことができます。 逃げ出さないようにしっかりと戸締まりしましょう。 高さにある流木を入れておくことで立体移動もしてくれるようになるので、ケージに余裕があれば設置してあげましょう。 上下に動き回る姿を観察できて、飼育がさらに楽しくなりますよ。 で紹介しているので、ご参考ください。 ライトは観賞用に カリフォルニアキングスネークは昼行性ですがほとんど日光浴をしないため、バスキング用の照明や紫外線を含んだUVライトは必要ありません。 観賞用に蛍光灯を設置しておくといいですよ。 床材の選び方 床材には保湿性が高いヤシガラマットやウッドチップ、パームマットを使います。 フンをしたらこまめに取り除くようにしてください。 レイアウトを気にしなければ、新聞紙やペット用のトイレシートで代用することもできます。 こちらは簡単に交換できて、清潔に保ちやすいため、管理が楽になります。 カリフォルニアキングスネークの飼育方法について カリフォルニアキングスネークは飼育が簡単で、初めてのヘビ飼育の方にもおすすめの種類です。 しかしながら、餌付けするのは難しいので、最初から餌付いている個体を購入することが大切です。 値段と販売場所 カリフォルニアキングスネークはモルフや発色の良さ、バランスによって値段は大きく変わってきます。 一般的な価格だと2万円~5万円、美しい個体で10万円前後になります。 爬虫類は対面販売が義務づけられているので、ネット通販で購入することはできません。 入手したいときは爬虫類専門店に探しに行きましょう。 人気のヘビですので、比較的簡単に見つけることができますよ。 モルフにこだわりがあるときはナミヘビの専門店を探すか、全国で行われているペット即売会のイベントに参加することをおすすめします。 ベビーは温度や湿度に敏感で飼育が大変なので、初めての方はなるべく大きい個体を購入するようにしてください。 ハンドリングの可否は個体差が大きい カリフォルニアキングスネークは性格の個体差が激しく大人しい子もいれば、噛みつくのをやめない子もいます。 噛みつかれると多少は出血しますが、エサと思って飲み込もうとする姿は逆にかわいく思えます。 基本的には大人しい性格の子が多く、ハンドリング向きのヘビです。 飼育を初めて1ヶ月は新しい環境に慣れていないのでハンドリングをするのはやめておきましょう。 飼育者に対してストレスを感じているときは尻尾を揺らしてビイイイっと音を出して威嚇してくるので、すぐにわかります。 威嚇をされたときにしつこく近寄るとずっと仲良くなれなくなってしまうので、2日程度はあけてからチャレンジするようにしてください。 餌やりを通して飼育者の匂いを覚えることで、慣れてくれるようになりますよ。 気性が荒い個体のケージの掃除をしたいときはスネークフックを使いましょう。 適している温度 カリフォルニアキングスネークに適している温度は25度~30度を好みます。 温度が低くなると消化不良になってしまうので、25度を下回るようでしたらすぐに加温して下さい。 冬はパネル式ヒーターをケージの下に敷いて、床面積を暖めるようにします。 で紹介しているので、ご参考ください。 適している湿度 カリフォルニアキングスネークに適している湿度は60%~70%です。 大人になったらあまり気にする必要はありませんが、ベビーの頃は注意する必要があります。 毎日2回、朝と夜に霧吹きしてくださいね。 シェルターの中には水ゴケを入れてしっかりと湿度を保てると安心です。 カリフォルニアキングスネークの餌はマウスがメイン 餌は冷凍マウスがメイン カリフォルニアキングスネークの餌は冷凍マウスを与えます。 マウスは栄養満点なので、基本的にはこれひとつで最後まで飼育することができます。 冷凍マウスはビニール袋に入れて40度のお湯で解凍します。 次に水気を拭き取ってピンセットで目の前までもっていきましょう。 餌を食べずに拒食することが多いので、初めての方は最初からマウスに餌付いている個体を購入しましょう。 餌を食べてくれないようになったら、生きたマウスやエサ用のヤモリを使いましょう。 カリフォルニアキングスネークについてまとめ 今回はカリフォルニアキングスネークについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。 ペットのヘビとして一番人気のコーンスネークと比べると、拒食の問題があるのでナンバー2になってしまっていますが、やんちゃな性格で飼い主の手を噛んで来たりする姿がまたかわいらしくて憎めません。 150cmの小さな体でヘビ食らいの野生味も観察できるのはカリフォルニアキングスネークくらいです。 大人しいだけの子なんてつまらない!手間や傷も楽しみたい!笑。 という方にはとてもおすすめです!興味を持たれて方はショップに行って、そのかわいい姿を見に行ってみましょう。 比較の候補になりやすいコーンスネークについてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

次の

ヘビ に凄く詳しい人に質問です‼︎今はブラックラットスネーク1匹と生活を共にし...

ブラック ラット スネーク

ここではブラックラットスネークの飼育メモを入門程度に簡単にまとめておこうと思います。 同じアメリカンラットスネーク コモンラットスネーク であるイエローラットスネーク、グレーラットスネーク、エバーグレーズラットスネーク、テキサスラットスネークもほぼ同様で、温度・湿度を微調整する程度で飼育可能かと思います。 基本的に蛇に必要になるのは、サイズに見合ったケージ、野生環境の温度・湿度を再現できる器具、隠れ家、飲み水、水浴び場が最低限必要と思って頂ければまず間違いはないと思います。 最も重要なのは、その蛇の生息している環境を知ることだと思います。 反面臆病な面を見せる事が多く、アルビノを除く目の良い品種は触られる事を極度に嫌う傾向があります。 特に触られ慣れていない個体をいきなり掴んだりすると、尾の先を激しく振動させて威嚇してきたり、首をS字に持ち上げシューッと言う噴気音を立てたり、特に雄ではジャコウ臭を振りまいたりしてくる事が良くあります。 攻撃性は低いと書いたものの、食後などよっぽど気が立っていたり、若い個体の場合には噛みついてくる事もままあります。 上の写真は威嚇して首を持ち上げるブラックラットスネーク リューシスティック 下の写真は若くて落ち着いていないブラックラットに噛まれた跡。 また、攻撃性は比較的低いものの食欲は旺盛で、適温飼育している限りは食後2,3日で排泄を終え、すぐに餌を探しに動きまわる姿を見せてくれます。 充分な活動スペースを用意してやるならそれより広くてもいいぐらいです。 基本的にはとぐろの直径の3倍程度の幅を持ったケースがあれば良いそうですが、体を伸ばせるスペースがあると一直線に体を伸ばしてリラックスする事もあるので、広いに越したことはないようです。 バーチ 止まり木 などを渡してやると高さを使った活動もするようですが、転倒・転落しないよう要注意です。 ケージの材質自体はなんでもいいと思いますが、通気性は確保してやりましょう。 どんな生物でもそうですが、通気性が悪いと排泄物によるアンモニア中毒 自家中毒 で死んでしまうこともあります。 それから蛇には意外と力があるので、脱走されないよう強度のある蓋が必要です。 湿度はさほど必要ありませんが、全身が入る水容器があれば生体が自身で湿度をコントロールできます。 温度に幅を持たせる理由はわざわざ書くまでもないと思いますが、あえて書くとすれば爬虫類は変温動物だから…と言うのが理由になりますでしょうか。 湿度に関しては、脱皮の際にある程度の湿気を要求しますので、シェルターの 中に軽く湿らせたミズゴケを置いてやっても良いかもしれません。 脱皮前には特に湿気を必要とするのでケージ内の湿度を見つつ、霧吹きなどでコントロールしてやりましょう。 個人的な感想ですが、ペットシーツ等の吸水性の良過ぎるものは脱皮時に必要な湿気を吸ってしまうので、脱皮不全の原因になる事が多いように感じます。 一つは全身がどっぷり浸かれる程度の大きさの水入れで、もう一つは飲み水用のやや小さな水入れです。 脱皮の前になると大量の水分を摂取したり、水に全身浸かる事も少なくないので用意しておいてやりましょう。 脱皮前以外にも体温調整の為に水に浸かる個体、汚れを落とすために水に浸かる個体等もいます。 どちらの水も必ず新鮮な水を用意してやる事が大事と言えます。 上の写真は脱皮前に水入れに浸かるブラックラットスネークのアルビノ。 水容器やシェルターなどは多少ゴツゴツしたものを選んでやると脱皮時の取っ掛かりにするので、どちらかはそう言ったものを用意してあげましょう。 たとえ人馴れしている個体でも人間には蛇の感情までは把握する事はできません。 蛇の感情を推し量る材料は多いに越したことはありませんので入れてあげると良いでしょう。 また万一拒食になった場合、シェルターなどを用意することで立ち直る事があるとも言うので、予防的に普段から用意しておいてやるのも良いと思います。 構われたくない時はシェルターの中に引き籠って外に出てきませんが、空腹時や余裕のある時等は上の写真のようにシェルターから頭を出すと言う姿も見せてくれます。 またブラックラットスネークなどのナミヘビの場合はシェルターの代わりにハンモックなどを用意してやると、寝床としてもバーチの代わりとしても活用してくれるのでお勧めです。 ベビーにはピンクマウス、サブアダルト以降、胴回りよりやや細い程度のホッパー、アダルトとシフトしていけばいいと思います。 ベビーで3〜5日に1回1〜2匹、アダルトでは1週間〜2週間に1回2〜3匹程度で良いと思います。 コーンスネークや他のラットスネーク等、ショップではベビーで販売されている事が多いと思いますが、ベビーを迎えた場合の給餌方法などは慣れていないと戸惑う事が多いでしょう。 基本的にハッチ後であれば、全く餌を食べなくても30日前後なら大丈夫な事が多いです あくまで目安。 ベビーの内でもピンクマウスSSぐらいなら丸呑みできるのですが、アダルトの個体のようにがっついてアタックしてくるような事は基本的にありません。 小さく口を開け、掬い取るように飲むだけなので、蛇の視界に入る位置にそっと餌を置いてやるだけに留めた方がよいでしょう。 餌を置く時に将来使う予定のピンセットで置くと、ピンセットからの給餌への移行もスムーズです。 クーリングした後徐々に加温を始めると、比較的繁殖行動に出易いようです。 繁殖に使う個体は生後3年位経った体格の良い個体を使うべきでしょう。 大体雄が雌の体に沿うように追従し、雌は体を小刻みに動かしてサインを送るようです。 ここで相性が良くないと激しく暴れまわったりするので注意が必要です。 受け入れが出来ていると少しずつ体勢を動かして行き、最終的には尻尾の先を絡ませるようにして交尾に及びます。 交尾後約1ヶ月程度で雌の腹はパンパンに膨らんで、餌を食べなくなります。 その後大体の場合1回脱皮をし、その10日後位に卵を産み落とすケースが多いようです。 卵が水没しないよう深い水容器は撤去し、雌が全身入れられる程の浅い容器に湿らせたミズゴケ等を敷き詰めておくといいと思います。 転卵はせず、卵の上側にマーク等をつけておくといいかもしれません。 卵は順調に育っていれば約50日〜80日ぐらいすれば孵ります。 乾燥は厳禁ですが卵の表面に水滴が付くようではいけません。 下はブラックラットのベビーが孵化する様子。 3分過ぎまでは静止画状態なので3分過ぎ辺りまでスキップ推奨。 通常ハッチ後10日程度でファーストシェッド FirstShed:初脱皮 をします。 これが終わるまでは餌を食べないので、ある程度の湿度・温度を保ってそっと見守りましょう。 ファーストシェッドを終えると初給餌です。 この程度のサイズの個体でもピンクマウスSSぐらいはそのまま飲む事ができますが、たまに頭の小さな個体もいるので、もし食べられないようであれば餌を切断してやった方がいいかもしれません 臭いの弱いピンクマウスでも切断する事で臭いを放つようになる効果もあるにはあります。 仮に食べない場合、強制給餌などはせずに置き餌などで気長に付き合ってやったほうが良い結果になる事が多いと思います。 それでも拒食をする場合は環境の問題をまず疑うべきです。 温度・湿度は最適か、水は新鮮か、シェルターは設置されているか、触りすぎていないか、前回食べた分排泄できているか、脱皮の準備に入っていないか…などなど。 またベビーの場合、湿気のある隠れ家は用意されているのか、などが重要になります。 それらを改善しても良くならない場合は素直に獣医師の診断を仰ぐことをお勧めします。 上記以外の場合で、春先など暖かくなってきた頃発情期を迎え、一時的に拒食になるケースもあるようです。 その後一旦通常の色に戻り、2〜3日後には大体脱皮を終えるようです。 白くなってから脱皮を完了するまででおおよそ1〜2週間程度かかります。 この間餌は全く食べません。 健康な個体は上の写真のようにズルッと全身一枚皮が剥けます。 この時、この脱皮殻に穴が開いていないかをチェックする事で脱皮不全のチェックができます。 特に目の部分が残っていないかは注意してみてください。 通常は外傷も脱皮時にかさぶたのように剥がれ落ち、ゆっくりですが治って行きます。 ブラックラットスネークの脱皮動画 撮影時、カメラのことがまだ良くわかっていなかったので手ブレが結構酷いです。 酔いやすい方は御注意下さい。 それらの環境を疑ってみて改善しないようであれば、獣医師の診断を仰ぐのがベストでしょう。 …が、慣れていないならば雄だけ、あるいは雌だけをぱっと見てもわからないでしょう。 幼体にはポッピング、成体にはプローブを使用で判別するのが一番だと思いますが、慣れない人がやると蛇を負傷させてしまうことが多いです。 具体的な方法を知りたい方は、熟練されている方に直接アドバイスを受けて下さい。

次の

白蛇=テキサスラットスネークリューシスティック

ブラック ラット スネーク

(ラットスネークの5亜種に関してはをご覧下さい) 本亜種は幼体時には、大きめの黒褐色のブロッチがバンド状に入りますが、成長と共に斑紋は薄れ全体的に黒っぽくなります。 写真の個体は、その中でも特に全身が黒一色になった個体です。 自然下での生態などはおよびを参照して下さい。 残念ながら本亜種のノーマルあるいは写真の個体のような全身が黒色の個体はほとんど流通せず、リコリスティックスやアルビノ、あるいはリューシスティックといった色彩変異の品種が圧倒的に流通しています。 私のようなノーマルアメリカンラット好きの変わり者にとっては非常に残念です。 よく言われるように温和な性格の個体が多いと言われますが、中には神経質で気が荒い個体も見受けられるようです。 しかし、黒いヘビってカッコイイ... ちょっと変なトリミングの写真で申し訳ありません...この角度が一番カッコイイので、苦し紛れです。 赤っ恥をかかない程度の知識• アメリカのコモンラットスネークの基亜種• すべての個体が全身真っ黒になるわけではない• リコリススティックスやアルビノの方が多く流通する• コモンラットの中では気性は穏やかな方らしい• 飼育自体は容易 ブラックラットスネークの飼育方法 飼育の基本情報 〈飼育容器〉 フタがしっかりとできるプラケース。 高さの低いフラットプラケでも可。 大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。 成体は活動的なので大きめのケースを使う。 〈温度〉 特に保温の必要はない。 〈照明〉 特に必要なし(爬虫類用の紫外線ランプ程度があるといいらしい) 〈床材〉 ウッドシェイブなど。 新聞紙やクッキングペーパーでも良いが潜ってしまう。 〈容器内レイアウト〉 体全体が浸かるような倒されたりあふれたりしない水容器とシェルターを設置する。 〈餌〉 マウスに餌付いている場合は大きさに合わせたマウスを置き餌にする。 冷凍を解凍したものでよい。 〈基本的な世話〉• いわゆるナミヘビの飼育方法• 脱皮前はそっとしておく• 【関連記事】•

次の