電子たばこ。 電子たばことは

「加熱式たばこ」と「電子たばこ」の違い、説明できる?|@DIME アットダイム

電子たばこ

電子たばこってなに? そもそも、電子たばこってどういったものなのでしょうか? 国内で言う電子タバコとは、リキッドと呼ばれる液体を専用の機械で気化して、その煙を楽しむものです。 電子たばこという名称よりもVAPEという名称の方が一般的かもしれません。 一方で国内でユーザーを伸ばしているアイコスは電子タバコではなく、加熱式タバコに分類されます。 こちらは後述しますね。 電子たばこはリキッドと本体があれば楽しむことができるので、そういった手軽さも支持される理由の1つでしょう。 自分好みのリキッドが選べるのもVAPEの魅力 このリキッドには様々なフレーバーがあり、自分好みのフレーバーを充填することで味を変えることができます。 メンソールなどお馴染みのフレーバーから、マンゴー、アップルなどフルーツフレーバー。 変わり種にはエナジードリンク系のフレーバーなどがあります。 さらに!複数のフレーバーを混ぜて自分好みのフレーバーを作り上げるという上級者もいます。 タバコにはない、無限のカスタマイズ性もVAPEの魅力と言えます。 ちなみに国内の電子たばこ のリキッド にはニコチンは含まれていません。 海外の電子たばこではニコチン入りのリキッドがあるものも販売されています。 ペン型、ボックス型、POD型シーンに応じて本体を選ぶ リキッドと同じくVAPEを構成する重要な要素のVAPE本体。 本体にリキッドをセットし、煙を楽しむことができます。 ボックス型や持ち運びのしやすいペン型など様々なタイプがあり、自分のスタイルに合った本体を探すのも魅力です。 商品があり過ぎて迷うという問題もありますが・・・ デザイン重視でファッション感覚で選ぶのも選択肢の1つでしょう。 最近ではリキッドの交換も可能なPOD型の人気があります。 VAPE上級者ともなると、爆煙を楽しめるかどうかで選ぶ人もいます。 電子タバコとアイコスの違い 一方で電子タバコ=という認識もあるようですが、アイコスは正確には加熱式タバコに分類されます。 タバコのフィルターにブレードと呼ばれるセラミックの金属片を差し込み、温め吸引します。 火を使わずに鉄芯の熱だけで煙を吸引するというスタイルになります。 一方でVAPEはリキッドを温めて、その煙を吸い込むスタイルです。 VAPE アイコス ニコチン なし あり スタイル リキッドを温めて蒸気を吸い込む タバコ葉をブレードで温めて煙を吸う 電子たばこ VAPE はどこで購入できる? 「よし、VAPEデビューしてみよう!」と思っても、どこで購入すれば良いのか悩んでしまいますよね。 VAPEを購入する選択肢は2つです。 ネットショップで購入する• 専門店など実店舗で購入する ネットショップでは他の人のレビューを見ながら、じっくり検討することができます。 商品の多さも魅力ですね。 一方、実店舗の場合はリキッドの試し吸いが出来たりとネットショップにはない魅力もあります。 人によっては入り辛い印象がある、という人もいますが自分次第といった感じでしょうか。 ネットショップ 実店舗 メリット ・たくさんの商品から選ぶことができる ・レビューから良い商品を探すことができる ・リキッドの試し吸いができる ・VAPE初心者はスタッフに質問ができる デメリット ・試し吸いができない ・サクラレビューなどで粗悪品を購入してしまうリスクがある ・全国各地どこでも店舗があるわけではない ・人によっては入りづらいと感じることも まとめ いかがでしたでしょうか。 電子タバコとは?という点からアイコスとの違いを絡めて紹介しました。 電子タバコ=というわけではなく、ニコチンありなし・加熱方式などで色々と違ってきますね。 アイコス・VAPE両方を使用している筆者ですが、同じようで異なる商品だと感じています。 それぞれに、それぞれの良さや楽しみ方があります。 VAPEに挑戦してみようかな?と考えている人はぜひ参考にしてみてください。 【関連記事】.

次の

米で6人死亡「風味つき電子たばこ」販売を規制へ : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

電子たばこ

従来のたばこの代替として考案された電子喫煙機器。 Eシガレットとも呼ばれる。 2003年中国人薬剤師によって考案された。 加熱装置を作動させると,と,や植物由来などの溶剤,香味剤などの化学物質を含む液剤が熱せられ,たばこの煙によく似た霧状の気体に変化する。 紙巻きたばこ状のものは「シガライク」と呼ばれ,ほかにも葉巻や水煙管に似たもの,使い捨て式,カートリッジ式,タンク式などがある。 機器は完成品の状態でも購入できるが,部品を買って自分で組み立てることもできる。 液剤もニコチンの含有量(1mlあたり 0~48mg)をはじめ,プロピレングリコールとグリセリンの割合やフレーバーなどを組み合わせることができる。 などの病気を誘発する紙巻きたばこに比べれば害が少ないと考えられるが,液剤にはたばこ由来の発癌物質を含むものもあり,霧状の気体にスズや鉄などの金属やなどの有害物質が含まれることもあるため,電子たばこの健康への害については議論が分かれる。 依存を引き起こすニコチンの血中濃度は機器の組み合わせなどにより紙巻きたばこと同程度まで高くなる。 2014年アメリカの食品医薬品局 は,電子たばこを含むすべてのたばこ製品を規制の対象とすることを提案した。 同 2014年10月に開催された WHOのたばこ規制枠組条約第6回締約国会議で国際的な対応が検討され,電子たばこの安全性が証明されていないことを考慮し,未成年者に対する宣伝活動および未確認の健康効果の宣伝を禁止する規制策が提案された。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 カートリッジに入った液体を、吸い口のある筒状の装置に入れ、電気的に加熱して発生させた蒸気を吸入する製品。 一般的に外形は紙巻きたばこに似せてつくられている。 e-cigarette、e-cigと略す。 カートリッジの中の液体はイーリキッドやイージュースなどとよばれ、人工香料、アルコールの一種で蒸気の量を増やすためのグリセリン、のどの通りをよくするプロピレングリコールなどが含まれる。 火を使わず有害なタールや一酸化炭素、およびたばこの先端から副流煙が発生しないため、たばこの代替品や禁煙の補助用具として使用される。 2011年の世界の市場規模は約20億ドルで、アメリカ、ロシア、ドイツで60%を占め、とくにアメリカでの売上げは急増しており、2008年の2000万ドルから2013年には10億ドルになっている(財務省「たばこ・塩を巡る最近の諸情勢」)。 日本でも2010年(平成22)の増税によるたばこの値上げ以降注目されている。 こうしたなか、2014年8月に世界保健機関(WHO)は、電子たばこが未成年者や胎児に深刻な影響を及ぼすおそれがあるとした報告書を公表し、各国に対して未成年者などへの販売を規制するよう勧告した。 しかしこれまでフランスやスペインなどの一部の国を除いて、こうした規制を行っている国は少ない。 日本の場合、たばこ事業法では葉タバコを原料にしたものが製造たばことして定義されているため、電子たばこはこの規制対象にはならない。 一方で、薬事法上ではニコチンの国内での製造、販売に厚生労働省の承認を必要としており、電子たばこでその承認を得たものはない。 しかし、2010年に国内で流通していた電子たばこの一部からニコチンが検出されたため、厚生労働省は消費者に注意を呼びかけるとともに自治体に対して監視の徹底を指導している。 [編集部].

次の

電子たばこが肺に免疫障害を引き起こす可能性、米大学の研究から明らかに

電子たばこ

見たところ健康そうな米国の学生や若者たちのなかに、深刻な病を抱える者が増えている。 2019年6月から9月初旬までの間に、原因のわからない呼吸器系の症例がユタ州で28件、ウィスコンシン州で32件報告されているのだ。 米国全体では、重篤な呼吸器疾患を発症した患者の数が25州で200人を超えている。 8月にはイリノイ州に住む30歳の女性が亡くなり、9月はじめにはオレゴン州でまたひとり死者が出た。 患者たちには呼吸困難、胸の痛み、息切れといった症状があり、一部に嘔吐や下痢の症状も見られる。 ウイルスや細菌による感染は確認されていない。 普通に呼吸することができなくなったようなのだ。 それまで健康に過ごしていたこれらの人々の共通点として、唯一わかっていることがある。 それは全員が電子たばこを吸っていたことだった。 ニコチン無添加でも肺の免疫系が機能不全に 米疾病管理予防センター(CDC)や各州の保健機関、米食品医薬品局(FDA)は原因究明を急いでいる。 米国では高校生のおよそ2割が電子たばこに親しんでいることから、この習慣が人体に与える影響の解明は喫緊の課題となっている。 米医学誌『Journal of Clinical Investigation』で9月4日付で発表された研究が、このパズルにひとつのピースをはめてくれるかもしれない。 ヒューストンのベイラー医科大学の研究チームによると、電子たばこの蒸気にさらされたマウスには、紙巻きたばこの煙を吸ったマウスとはまったく別の重い症状がいくつも現れたという。 研究からは、ニコチン無添加の電子たばこの蒸気をマウスが吸い込んだだけで、その肺を感染から守るはずの重要な細胞がすっかり変質してしまうことがわかった。 マウスの肺の免疫系が機能不全に陥ったのだ。 免疫障害と電子たばことの関連は何年もの間ささやかれてきた。 だが、ノースカロライナ大学チャペルヒル校の教授で、今回の研究にかかわっていないイローナ・ジャスパースによると、電子たばこが肺機能にどんな影響を与えるかを観察した例はこれまでになく、今回の発見がおおむね初めての成果であるという。 溶剤が肺の脂質層を傷つけている可能性 肺は体内のガス交換を担う臓器だ。 酸素を取り込み、二酸化炭素を出す。 だがまったく汚れのないきれいな空気を吸っている人など、ほとんどいない。 汚れ、細菌、ウイルスなどが遠慮なく入ってくる。 そうした汚染物質から肺を守り、結果的に体全体を守っているのが、左右の肺を覆う薄い脂質の層と、マクロファージと呼ばれる非常に重要な細胞群だ。 脂質層は体内に侵入してくる異物や毒素を回収し、自らと一体化させることによって肺胞嚢への接近を阻止する。 一方、マクロファージにはふたつの重要な役目がある。 ひとつはどんな侵入物質も見つけ次第に食い尽くすこと。 もうひとつは1日に数回、肺を覆う脂質層を新しくして、再生利用することだ。 ところが今回のマウスによる研究を見ると、電子たばこのカートリッジを満たしている溶剤が脂質層を傷つけ、マクロファージのクリーニング作業を妨害して、大事なこの働きを狂わせているようなのだ。 脂質層に何が起きているのか、正確なところはケラドマンドにもわからない。 何が変化しているのかを知るには、さらなる調査が必要だ。 しかし何が起きているにせよ、肺の働きが損なわれていることは確かだ。 そうなると、マクロファージは脂質をうまく再生利用できなくなるだけでなく、毒素や異物を見分けて排除する役目も果たせなくなる。 「免疫システムがバランスを失ってしまうのです」と、ジャスパースは言う。 彼女は自身の研究で、電子たばこが鼻の細胞にも同様の免疫障害を生じさせることを発見した。 「免疫システムは無防備なので、すぐに調子を崩してしまうのです」 科学者たちの考え方にも変化 CDCが調査に当たっている原因不明の症例のうち、一部はリポイド肺炎と診断されている。 肺炎に似た症状を伴うが細菌感染に起因せず、肺に脂肪が蓄積する免疫反応の一種だ。 ケラドマンドの研究室では、一度もニコチンを吸い込んでいない複数のマウスにこの症状が確認された。 「慢性的に電子たばこの溶剤の蒸気にさらされるだけで、発症に至るには十分だったわけです」と彼女は言う。 全米で急増中の呼吸器疾患が、溶剤だけのせいで起きているとは考えにくい。 「原因として特定できそうな要素はほかにもあります」とジャスパースは言う。 毒性のある香料や超高濃度のニコチンのほか、テトラヒドロカンナビノール(THC)という物質も電子たばこの有害性を高める可能性がある。 また、危険を伴うほどの高温で化学物質を燃焼させるよう改良された電子たばこもそうだ。 この研究によって、電子たばこの疾病リスクに対する科学者たちの考え方にも変化が生じている。 電子たばこ使用者の大半は25歳未満で、これまでに喫煙してきた時間が比較的短い。 つまり、慢性的な喫煙習慣をもつ人によく見られる肺がんや肺気腫などの疾患とは、別の病気にかかる可能性をもつ人たちだということだ。 ジャスパースは言う。 「いままでと同じ考え方で病気を突き止めようとすべきではありません。 先入観をもたずに取り組んだほうがよさそうだと、多くの人が気づき始めています」 マウスを用いた研究に限界も 実際にケラドマンドも当初は、喫煙者によく見られる肺気腫と電子たばことの関係を探ろうとした。 観察を始めたころ、マウスには何の兆候も見られなかった。 しかしその後、ケラドマンドの研究室に所属する大学院生のマシュー・マディソンが、ニコチンを含まない電子たばこの蒸気を浴びたマウスたちの細胞を詳しく調べたところ、その見た目が通常の細胞と「著しく異なる」ことに気づいた。 そのときから彼らは視点を変え、溶剤が肺そのものをどのように変質させるのかに焦点を定めて研究を続けることにしたのだ。 健康そうだったマウスたちが突然、ささいな感染症から身を守れなくなった。 少量のインフルエンザウイルスをまいたところ、電子たばこの溶剤にさらされていたマウスたちは死んでしまった。 普通なら体に何の影響も及ぼさない量だったが、マウスたちはわずかなウイルスの侵入からも自らの肺を守れなくなっていたのだ。 だが、この研究にも限界はある。 「マウスは人間とは別の生きものです。 モデルとして完璧ではありません」と、カリフォルニア大学サンディエゴ校の呼吸器学者であるローラ・クロティ・アレクサンダーは指摘する。 人間の肺はマウスに比べてはるかに大きく、蒸気の吸収量も違うはずだ。 肺の免疫システムも、似てはいるがまったく同じではない。 マウスはさまざまなタイプの細胞をもっており、感染に対する反応もそれぞれ異なると考えられる。

次の