料理 作り置き。 【みんなが作ってる】 作り置きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

一人暮らしの作り置き料理6選!一週間保存できるレシピを紹介!

料理 作り置き

週末にまとめて!一人暮らしの作り置きおかずレシピ 食事のたびに料理するのは面倒くさいし、一人分だけ作るのも大変。 冷蔵庫の残り物でちゃっちゃと作れるような腕もない、そんな一人暮らしの食事の悩みは節約にもなる、週末に数種類、一週間分を作り置きして解決しましょう! 1-1. 作り置きの注意点 作り置きする前に、保存の仕方の注意点を確認しておきましょう! 一週間もたせるには、細かい点に気をつけなければいけません。 清潔なタッパーやジッパー付き袋を使用する。 余分な水気は腐りやすさの素。 容器や蓋の水気はしっかり拭きましょう。 湯気や温度差による水滴も同様に!• 冷ましてから冷蔵 冷凍 すること。 保存の目安は、冷蔵庫で料理により3日から1週間、冷凍で2週間から1カ月です。 変な匂いがしないか、変な酸味などが出ていないか食べる前に確認しましょう。 このようなポイントを踏まえて保存に長けているおすすめのレシピを6つ紹介します! 2. 一人暮らしの作り置き料理6選 2-1.. 不足しがちな野菜も手軽に!野菜の作り置きレシピ 野菜の常備菜は冷蔵庫にストックしておくと嬉しいですよね。 疲れて帰った日のご飯のおかずにも、ちょっと飲みたい時の晩酌のおつまみにも、給料日前のお弁当のおかずにもなります。 人参1本をスライサーで太めの千切りにスライスする。 なければ千切りにする。 フライパンに油を大さじ1入れ、軽く人参を炒めたら、ツナ缶1缶を入れて炒め、塩、ほんだしをひとつまみずつ入れて蓋をして弱火にして蒸し焼きにする。 5分くらい蒸し焼きにしたら、玉子一個を溶いて入れ、玉子が固まるまで箸でかき混ぜながら炒め合わせ、しょうゆ小さじ1で香り付けする。 小松菜などの青菜1束を洗って2センチぐらいに切り分ける。 さっとゆでるか、500wの電子レンジで2分チンして火を通す。

次の

【みんなが作ってる】 作り置きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

料理 作り置き

1.まずは2〜3日分から始める 「まとめて作ること」に慣れてないうちに、1週間分をまとめて作る!は少しハードルが高いかもしれません。 まずは、自分が無理のない範囲で「とりあえず2〜3日分だけ、まとめて作りおきしてみよう!」という所からのスタートがおすすめ。 最初に無理をしすぎて挫折してしまうのを防げたり、実際に作りおきを完成させて「作りおきは便利だなー」と、 やるメリットを理解できる所も良いです。 時短で作る目線では「1週間分をまとめて作る」よりも「2〜3日分」の方が何度も繰り返す事になり、 何度も同じ工程を繰り返すのが良い練習となって調理スピードもあがりやすくなります。 2.同じ作業をまとめて行う まとめて作りおきする時。 実際に作る材料を買ってきてみると、その食材の量に圧倒されるかもしれません。 ですが、手順良く進めていけば、これらの材料を素早く料理に変えていく事ができます。 ポイントとしては、まずは材料を全てキッチンテーブルに広げて、使う材料を把握する事。 その中で、まずは「野菜類」「肉類」など大雑把に分けて、それらをまとめてカットしていきます。 「食材を分ける」「食材を切る」「食材を炒める」「食材を煮る」など、それぞれの調理工程を分けるようにして、バラバラでやらずに、 同時にやれるものはまとめてやるとスピードが上がります。 3.片付けをしながら調理する 作る料理の量が多いので、必然的にキッチンのテーブルの上も狭くなりがちです。 ですが、狭い場所での作業は、作業効率を大きく低下させてしまいます。 小さいテーブルの上に、何冊も参考書や教科書を置いて勉強するより、広々としたデスクで本を広げる方が勉強しやすいのと一緒です。 「調理スペースをしっかり確保する」を目的に、使った調理器具をテーブルの上に置きっぱなしにせず、せめてシンクの中に移動させて、「後でまとめて洗う」等の工夫をします。 4.同時進行で調理するのに慣れる 「1週間分をまとめて作りおきする」という事は、「料理を同時進行で作る」という事が必須です。 (料理を1品づつ作っていってたら、それだけで1日が終わってしまうかも…) 調理の同時進行スキルをアップさせるには、先程紹介した「片付けをしながら調理する」という他にも、電子レンジを活用して「ほったからし調理」の部分を増やしたり、自分自身の調理時間をうまくコントロールして、 合間に別の調理工程を入れていく必要があります。 そんな「はじめの一歩」を踏み出す時に便利なのが、作り置きのレシピ本。 こちらは、作り置きレシピ系の代表的な本で、多くの人が実際に参考しているものです。 本の中身は作り置き料理を作るのに必要な全ての調味料や材料はもちろん、• 基本の作り置き おかず 14品• ヘルシー作り置き おかず 13品• がっつり作り置き おかず 14品 のように、 まとめて作るのが前提でグループ分けされています。 さらに 実際のレシピも「タイムスケジュール」が明確で、どの料理をどのタイミングで作り初めて、どこの料理を同時進行でやるべき?なども一目瞭然となっていて、作り置きの練習用に最適な内容になっていました。 1週間分の作り置きをするのに、スーパーで実際にまとめて買ってくるべき材料の一覧(レシピに必要な材料)ものっているので、 「まとめ買い」する時にも参考にしやすいはずです。

次の

一人暮らしの作り置き料理6選!一週間保存できるレシピを紹介!

料理 作り置き

8つ目のメイン料理の作り置きレシピは、ピーマンの肉詰めトマト煮です。 ピーマン以外の材料を混ぜ合わせます。 ピーマンはヘタの部分から、中を上手にくりぬきます。 ペティーナイフを使うと良いでしょう。 ピーマンの中に小麦粉をふるい、混ぜ合わせた豚ひき肉を詰めます。 オリーブオイルをひいたフライパンで、ピーマンの肉詰めを焼きます。 鍋に調味料を入れ煮詰めておきます。 火を止めてしばらくそのまま冷まします。 完全に冷めてから保存しましょう。 冷凍保存したピーマンの肉詰めは、自然解凍してから温め直すか、電子レンジで解凍し、温めていただきます。

次の