査収 意味。 「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

「ご査収」とはどんな意味?類語との違いや例文で使い方を正しく知ろう!|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

査収 意味

ご査収の使い方 ご査収を使うべき場面 「ご査収」は、下記のように資料やデータを相手にしっかり確認してほしいときに使います。 ・添付ファイルを送ったとき ・確認してほしいデータを送ったとき ・履歴書を送ったとき 確認してほしい書類やファイルがないのに文末に「ご査収ください」と入れていると、「なにを確認すればいいんだろう?」と相手を困惑させてしまいます。 闇雲に使う言葉ではないということを抑えておいてください。 また、ビジネスメールで使う表現には、送る相手や状況によって使えないときがあります。 間違えやすい表現が下記の記事にまとめられています。 「自分が間違った使い方をしているかも?」と不安に思う方はぜひチェックしてみてください。 参考: ご査収くださいと似ている表現 ご査収くださいと混同しやすい表現を紹介します。 それぞれの意味を理解して、使い分けていきましょう。 「ご確認ください」 繰り返しになりますが、「ご査収ください」は調べる必要があるときに使うので、何も調べるものがないときや添付ファイルがないときには使いません。 例えばメールの文面をただ確認してもらいたい場合だけでしたら、「ご査収ください」よりも「ご確認ください」の方が適切でしょう。 「ご確認ください」は、「ご査収ください」よりもさまざまな場面で広く使える言葉です。 例えば、「資料をお送りしましたので、よろしくご査収ください」を「資料をお送りしましたので、ご確認ください」と言い換えることもできます。 一方「ご査収ください」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 「ご査証ください」 もう一つ「ご査収ください」との違いがわかりにくい表現に、「ご査証ください」があります。 「査」は調べる、「証」は証明する意味をさします。 「ご査証ください」とは、調べて証明してくださいということです。 「ご査証ください」という表現ではなく、「査証」というビザを意味する言葉として知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 調べてさらにそれを証明することをさしているので、ビジネスシーンで使われる頻度は「ご確認ください」や「ご査収ください」よりも低くなります。 参考: ご査収くださいを使うときに気をつけるポイント ご査収くださいと書類やファイルを送るときに気をつけるべきポイントを紹介します。 確認してほしいポイントを記載する ご査収くださいという表現と添付ファイルだけでは、確認するべき箇所がわかりにくく、受け取った側の負担になります。 送った側と受け取った側で確認したポイントが違うと、思ったように話が進まずに二度手間になってしまうかもしれません。 ご査収くださいと記載する場合は、「添付ファイル8 ページの12行目」のように確認してほしいポイントを記載しましょう。 間違ったファイルを送っていないか確認する 間違ったファイルを添付してしまうと、もう一度正しいファイルを送らなければならず相手にとっても手間になります。 また、社内の機密情報がまとめられた資料など本来なら限られた人しか見られないものを送ってしまい、情報漏洩につながります。 注意しましょう。 ファイルの種類を確認する 添付したファイルを開くためのソフトを、相手が使っているとは限りません。 一般的に利用されているMicrosoftのOfficeツールであっても、Mac ユーザーでソフトをインストールしていなければ利用できません。 可能であれば、ファイルを送る相手に事前に確認しましょう。 確認が難しい場合には、PDFファイルや テキストファイルのような、環境に左右されずに閲覧できるファイルに変換したほうが親切でしょう。 ファイルのサイズを確認する 添付ファイルの容量が大きすぎると、ファイルを開く相手の環境によっては開けないことがあります。 開けたとしても容量を大幅に使ってしまうと負担になってしまいます。 相手に確認するか、Zipファイルを使って圧縮し受け取りやすいようにしましょう。 添付ファイルが安全か確認する 気づかないうちに、ファイルがウイルスに感染していることがあります。 ウイルスに感染したファイルを送ってしまうと、相手に大きな迷惑をかけてしまいます。 ウイルスに感染していないかチェックできるツールなどを利用して、安全だと確認してから相手に送りましょう。 上記のポイントをもとに文面や内容をもう一度確認してから、ファイルや書類を送りましょう。 参考: 意味を理解して「ご査収」を使おう ご査収を使うときは、使うシチュエーションを理解した上で使いましょう。 メールを送る側と受け取る側で、「ご査収」の意味の理解が違うこともあります。 意味の齟齬を防ぐために、ご査収を他の言葉に置き換える方法も、覚えておくといいでしょう。 ビジネスで送るメールの書き方を習得して、相手を混乱させずスムーズなやりとりを目指しましょう。 この記事を読んだ方にオススメ ページ 印刷物のカタログやパンフレットは、通常複数のページから成り立っています。 インターネットのホームページもまったく同じで、テーマや内容ごとにそれぞれの画面が作られています。 この画面のことを、インターネットでも「ページ」と呼んでいます。 ホームページは、多くの場合、複数ページから成り立っています。

次の

「ご査収ください」を使ってはいけないシーンは?正しい意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#1】

査収 意味

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 まとめ 「ご査収」の正しい意味と正しい使い方について解説してきました。 「ご査収」はメールに資料やデータを添付して送付する場合に添える言葉です。 郵便に資料を同封しているときにも添えます。 資料やデータを添付していないときには使いません。 文語体である「ご査収」はテキストのみで使用します。 直接会って話すときに使用するのは不自然ですので気をつけましょう。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 国公立の美術大学を卒業後、広告代理店やデザイン事務所のクリエイターを務める。 現在はライターとして活動中。 ビジネス関連や健康分野、デザイン関係、茶道、アウトドア、DIYなど幅広い分野のオウンドメディアに連載中。

次の

「ご査収ください」を使ってはいけないシーンは?正しい意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#1】

査収 意味

「よろしくご査収ください」 ビジネス用語にはたくさんのものがあり、その場に応じて使い分けないといけません。 時には耳にしたこともない言葉もありますが、日常的に使う言葉もあります。 そしてそれは知っていても誤った使い方をしているかもしれません。 その一つが 「ご査収」です。 ビジネス上では 「よろしくご査収ください」と言った言葉で使われるケースが多いです。 しかし使う機会も正しい意味・使い方を理解しておかないと恥をかいたりトラブルにつながりかねません。 「よろしくご査収ください」の意味 「よろしくご査収ください」という言葉はビジネス用語の一つとされており、相手に対して確認・受け取りをお願いする意味を持ちます。 「ご査収」の 「査」に関しては調べるという意味を含みます。 そして 「査収」の 「収」に関しては手元に収めるという意味を含みます。 そのため調べて自分で所有するとされます。 「確認してください」と意味を混同する非人も多いです。 しかし 「ご査収」はただ確認するだけとはちがい、調べることが必要という意味も込めています。 またより丁寧な用語となるため、ただ調べて受け取るだけではなく、 「しっかりとお願いします」と強調する意味合いも持ちます。 「よろしくご査収ください」の言葉の使い方 「よろしくご査収ください」という言葉は相手に対して確認・受け取りをお願いする時に使われます。 多くは添付資料やメール内容などを対象としています。 そしてただ送ったものを確認する時には使われません。 主には受け取り内容を調べたり確認してほしい時に使います。 そのためただ 「ご査収ください」と送るのではどこをどう調べたり確認すればいいかわかりづらくなります。 それを避けるうえでも具体的にどこを見ればいいかを明記したうえで使うことが望ましいとされています。 「よろしくご査収ください」を使った例文・短文 解釈 「よろしくご査収ください」は相手に調べたり確認をお願いする時に使います。 しかし類語も多く意味も混同されやすい言葉でもあります。 失敗を防ぐうえでもどのような使い方が適切か、例文とその解釈を紹介します。 「よろしくご査収ください」の例文1 「先ほど来週の会議に必要な資料をメールに添付させていただきました。 お手数おかけしますがよろしくご査収ください」 この場合、相手に会議資料を送り、その受け取り・中身の確認をお願いするために使われています。 ご査収と使うことでただのメール確認ではなく、資料の内容の確認が必要な旨を伝えています。 また 「来週の会議」と具体的に伝えることで何に使うか・いつまでに確認が必要かも合わせて伝える形となります。 「よろしくご査収ください」の例文2 「我が社の本年度の業績と来年度の予定・予算などをまとめました。 量はありますが、なにとぞよろしくご査証くださいませ」 この場合、長期間の会社データ・功績のまとめを渡し、その内容の確認をお願いしています。 予め資料の量が多いことを伝えることで 「相手に負担が欠けることを承知」ということを伝えています。 そのうえでより丁寧な 「ご査収」という言葉を使うことでより丁寧な対応・お願いとなり少しでも印象を良く見せることにつながっています。 「よろしくご査収ください」の例文3 「この前後輩が取引先に『よろしくご査収ください』と言っていたよ。 若いのにそんな言葉まで知っているとは驚かされたな」 この場合は過去に後輩が仕事上の会話で使っていたことへの驚きを示しています他者に対して後輩が知らなくても仕方ない言葉を知っており、ビジネス上で使いこなしていたことに対して褒める意味で会話中に使われています。 「よろしくご査収ください」の例文4 「地域ごとの顧客リストを送付いたしました。 お時間ある時でかまいませんので、よろしくご査収ください。 またもし不明点があればご連絡いただけたらと思います」 この場合、顧客リストの中身の確認をお願いするために用いています。 前置きに 「お時間ある時」とすることで急ぎではないこと・忙しい中にお願いしているという意味も含めています。 また不明点があったときに連絡してほしいと伝えることで 「しっかりと中身を確認してください」ということを重ねて伝えています。

次の