豆腐ハンバーグ ダイエット。 ダイエットレシピ!大葉が香る!鶏むね挽肉と豆腐のハンバーグ

豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

豆腐ハンバーグ ダイエット

豆腐ハンバーグのカロリーについて 肉やパン粉をたくさん使い、濃い味のソースで味付けをするハンバーグは、ご飯やパンなどの炭水化物とよく合うので、子供から大人まで誰にでも人気のあるメニューです。 しかし、ダイエットをしているときにはどうでしょう。 あまりカロリーの高いものも、味の濃いものも良くないので控えたいですよね。 でも、どうしてもハンバーグが食べたくなることもあります。 そんなときに役立つのが、豆腐ハンバーグのレシピ。 豆腐ハンバーグとは、肉の代わりに豆腐を使ったり、肉を減らした分豆腐でかさましをしたりするハンバーグレシピのことです。 豆腐を使わないハンバーグよりもさっぱりとした味わいですが、食べ応えがあるので、ダイエット中のご飯にも向いているんです。 豆腐ハンバーグのダイエット方法について 豆腐ハンバーグを中心としたメニューでダイエットをするには、いろいろな味付けを試す必要が出てきます。 豆腐ハンバーグは、デミグラスソースやケチャップ、青じそと大根おろしなど、工夫次第でいくつもレパートリーを増やすことができるのも魅力です。 また、高たんぱく低カロリーの食品になるので、筋トレや運動とも相性が良く、毎日食べてもOKな、優秀な食事になります。 付け合わせにはたっぷりの野菜やスープを。 炭水化物は、白いご飯よりも玄米や麦飯、パンは胚芽パンにするなど、主食にも少し気を付けると、よりダイエットの効果を高めることができるでしょう。 ダイエットは、無理をしすぎると続きません。 無理なく続けるためにも、好きなメニューをどのようにカロリーカットするかが重要になるのです。 適当な大きさにまとめ、成型してフライパンで焼き、お皿に盛ります。 作り方は、鶏ひき肉・豆腐・サラダ油・片栗粉・パン粉・鶏ガラスープの素・塩コショウをボウルに入れ、よくこねます。 フライパンに油を熱し、じっくりと焼いて中まで火を通し、両面に美味しそうな焦げ目を付けたら完成です。 お皿に盛り、サラダなど付け合わせるとオシャレなカフェ風ごはんになりますよ。 いかにもダイエットというよりも、創作料理といった風情のグルメ系豆腐ハンバーグです。 作り方は、みじん切りにしたえのき・鶏ひき肉・木綿豆腐・卵・パン粉・塩コショウを入れて、よくこねます。 主役は豆腐なので、低カロリー。 作り方は、水切りした豆腐・ひじき・ツナ・片栗粉・塩コショウを入れ、こねます。 ハンバーグの形に成型したら、ごま油を熱したフライパンで色よく焼きます。 めんつゆ・水・片栗粉で作ったタレを回し入れ、軽く煮込んだら出来上がりです。 ごま油で焼くのがコクを出すポイントですよ。 日本人になじみのある料理で、洋食屋さんやファミリーレストランなどの定番メニューのひとつであるハンバーグ。 子供からお年寄りまで老若男女問わず愛されているハンバーグは作り方もさまざまで、お肉をこねて焼くだけというシンプルなものですが、牛肉100%のものから豆腐やチーズを入れたもの、煮込んだものなどバリエーション豊かで奥が深い料理です。 ソースひとつで和風や洋風になったり、添えるものや乗せるもので変化するのもハンバーグの魅力です。 今回はそんなハンバーグの中でも人気のレシピをいくつか紹介していきます。 定番のハンバーグやヘルシーハンバーグ、ハンバーグ用のソースレシピなど、ぜひ次のハンバーグ作りの参考にしてみてくださいね。 豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

「豆腐ダイエット」って本当に痩せられる?管理栄養士がリバウンドしにくい方法を伝授

豆腐ハンバーグ ダイエット

【1】ダイエット中にハンバーグを食べると太る理由 ハンバーグの原材料は普通は牛肉と豚肉の混合をミンチにしたものです。 ミンチには白い脂身がたくさん入っていて脂質が多く高糖質・高カロリーです。 脂質はもちろん蓄積されれば太ります。 ハンバーグ手のひらサイズで約400kcalくらいです。 それプラス濃い味付けのソースをつければ450kcal、付け合せの野菜や糖質の多いライスも食べれば800kcalにもなってしまいます。 それを夜に食べれば消化しきれずに太ってしまうのは納得ですよね。 【2】ダイエット中、どうしてもハンバーグが食べたくなったら工夫すべき点 ポイント1:味付けの工夫 味付けはできればソースやケチャップ類ではなく塩コショウにするか、または大根おろしポン酢がオススメです。 大根おろしが脂肪をつきにくくし、ポン酢が血糖値の上昇を抑えたり、内臓脂肪を減らしてくれたりします。 ポイント2:付け合わせの工夫 付け合わせの定番であるポテトは糖質が高いためダイエット中は食べないようが良いです。 きのこ類やサラダが最適です。 ポイント3:時間帯の工夫 食べる時間はできれば昼が良いです。 夜に食べると消化しきれずに身体に蓄えてしまいます。 注意点 糖質が高いものと一緒に食べると太る可能性があるので注意です。 お米やパンなど主食、いも類、カボチャなどは控えるようにしましょう。 スポンサードリンク.

次の

【豆腐ハンバーグおろしポン酢ソース】ダイエット中にオススメ!!柚子胡椒のさっぱりレシピ

豆腐ハンバーグ ダイエット

ノンオイルでヘルシー!豆腐ハンバーグの作り方 <材料> 2人分(小さめ4~5個) 【豆腐ハンバーグ】• 鶏ひき肉 200~300g• 絹豆腐 150g• 乾燥ひじき 大さじ1(水で戻しておく)• 塩コショウ 適量• ナツメグ 少々 【和風あんかけ】• 水 250cc• 昆布つゆ 50cc• 砂糖 小さじ2• 小口ネギ(飾りつけ用) 適量• 片栗粉 大さじ1(適量でOK) 絹豆腐でクリーミー&ヘルシーに! まず、調理を始める前に絹豆腐の水切りをします。 写真を見ればお分かりいただけると思いますが、ボウルとザルはいい感じにサイズが合っていません。 (笑) ザルはボールがぴったりはまらない方が、豆腐から出てきた水が豆腐に触れないのでおススメです。 出てきた水に豆腐が触れてしまうと、水切りをしているのに豆腐がびちゃびちゃになってしまうからです。 そのため、 ザルより一回り小さいボウルを使って水切りするのがおススメです。 大体、 この状態で30分位置いてください。 豆腐のクリーミー感を出したいので、水分を完全にカットしなくて大丈夫です。 ちなみに30分置くと、豆腐からこれくらいの水分がでてきました。 塩コショウはしっかりと! 先ほどの水を捨て、キレイなボウルに豆腐ハンバーグの材料を全て入れます。 豆腐と鶏ひき肉で味がタンパクになりやすいので、 塩コショウはしっかりと入れてください。 ナツメグもスパイス容器で5振り程度入れています。 ここでしっかり下味をつけることで、豆腐の味が薄くなるので「ダイエット食」といった印象が薄くなります。 いかに豆腐を潰すかがポイント! 実際に捏ねていきます。 いかに豆腐を潰して肉と混ぜ合わせるかがポイントです。 タネを握りつぶすように、 手の水かき部分からタネを出しながら捏ねていきます。 そうすることで、豆腐の形がくずれ、よりお肉と一体化することができます。 豆腐が細かくなり、鶏ひき肉としっかり混ざったら終了です。 空気抜きはしなくてOK!やさしく成型するのがポイント タネが出来上がったら、ハンバーグの形に成型していきます。 通常ハンバーグは空気抜きをしながら成型していくんですが、今回の豆腐ハンバーグでは空気抜きはしなくて大丈夫です。 というのも、通常のハンバーグよりも水分が多いので、手にベタッとつきやすいのです。 なので、適量を手にとったら、 崩れないようにやさしく楕円型に成型してください。 焼くのは電子レンジにおまかせ!オート調理でカンタン! 今回はダイエットメニューなので、油を使わない方法でハンバーグを焼いていきます。 今回は、 電子レンジのオート調理を使いました。 私が使っているHITACHI製のベーカリーレンジ「ヘルシーシェフ」は、唐揚げから野菜炒め・焼き魚まで、 ボタンひとつでカンタンに調理することができます。 こんな風にハンバーグのボタンを選択すると、レンジが重さを計ってくれ、時間を計算し、ハンバーグに最適な調理法で焼いてくれます。 ここから焼き上がりまではレンジ任せです。 ヘルシーシェフのオススメは、 グリルやオーブン、レンジの機能を使い分けながらオート調理してくれるところ。 ハンバーグの場合は、レンジ機能で最初に火を通してから、次にグリル機能で表面を焼き上げてくれるという丁寧さ。 ひっくり返す手間もなく、一度にたくさん焼くことができるので、忙しい料理時間の味方です。 ちなみに、私はパンを焼くのが好きなので、通常のヘルシーシェフではなくベーカリーレンジタイプのヘルシーシェフを使っています。 フライパンで調理をする方は、フライパンにクッキングシートを敷くなどして油を使わない工夫をしてください。 またひっくり返すときは、 通常のハンバーグよりも崩れやすいので何回もひっくり返さないようにしてください。 蓋をして、 弱火でゆっくり中に火を通すのがオススメです。 というわけで、ハンバーグが焼き上がりました。 豆腐と鶏ひき肉なので、本当に火が通ったのか?という見た目です。 (笑) この見た目だと、ダイエット感が満載なので、和風あんかけで色を目立たなくしていきます。 和風あんかけで味気なさをカモフラージュ フライパンに水を入れ、沸騰したら昆布つゆと砂糖を加えます。 お好みで 擦り下ろしたしょうがを加えるのもオススメです。 ハンバーグを入れ、少し煮たら水溶き片栗粉であんかけにして完成です。 完成!!あんかけのおかげでハンバーグの色が目立たない! 器に盛り、小ネギと白いりごまを散らしたら完成です。 焼き上がり時は、ハンバーグが白すぎて食欲が沸かない見た目だったんですが、 あんかけにすることで色が目立たなくなりました。 豆腐をたくさんいれているのでフワッとしており、お箸でもカンタンに切ることができます。 ハンバーグにもしっかり下味がついていておいしい!! ダイエット食ときくと、味気がなくて食べ応えもなく、食欲を満たせなそうなイメージがありますが、これならおいしくダイエットができますね。 また、それぞれの材料のカロリーを足して算出しました。 ) ダイエット中にお肉が食べたい!という時でも、これなら安心して食べることができます。 また、豆腐ハンバーグに含まれるひじきには、余分な塩分を排出してむくみを防止するマグネシウム、お腹の調子を整えてくれる食物繊維も多く含まれています。 そのため、カロリーが低いというだけでなく、 様々なダイエット効果も期待できるメニューなのです。 ダイエットは、リバウンド防止のためにも長期間ゆっくり継続して行うことが重要です。 そのため、長期間継続させるには、ダイエット期間も楽しく過ごせるかどうかがポイントなのです。 短期間のつらいダイエットではなく、ダイエット中でも食事を楽しみたい、楽しみながらダイエットをしたいという方は、ぜひ今回のメニューを参考にしてみて下さいね。 ダイエット中のあなたには、こんな記事もオススメ! >> >>.

次の