龍馬 伝 大泉 洋 長次郎。 龍馬伝(各回の出演者)

【ネタバレ】大泉洋の福山雅治「スター」モノマネが面白い!

龍馬 伝 大泉 洋 長次郎

竜馬や岡田以蔵、中岡慎太郎と同じ土佐の郷士という低い身分でありながら、尊王攘夷を掲げて「土佐勤皇党」を結成し、朝廷や各藩の志士との交流を行って土佐藩を薩摩・長州と並ぶほどの勢力へと押し上げた幕末偉人の一人です。 武市半平太という人物は演じるうえですごく難しい人物だと思います。 物語により多少違いはありますが、大概は土佐勤皇党結成以前や結成当初は爽やかで聡明な志士であり、京都で活躍するようになると以蔵を使って様々な人物を暗殺したりといったブラックな部分も出て来ます。 この龍馬伝における大森南朋さんの武市半平太もそのような人物に描かれたのですが、演じ分けが素晴らしかったですね。 根底にある土佐藩主・山内容堂への忠義を感じさせながらも純粋な志士から腹黒い策謀化へと変貌していくさまは見事でした。 そして壮絶な牢獄での闘争と最期の三文字腹での切腹。 ここに関しては説明も不要でしょう。 生々しい描写、特に切腹場面や処刑シーンなどはお茶を濁すどころかその場面をナレーションだけで済ます事が多い昨今、武市半平太のあの覚悟と意地を見せつけた三文字の切腹をリアルに描いたNHKも凄かった。 リアルであるからこそ武市半平太という男の想いも視聴者に伝わりました。 NHKの覚悟を見ましたね。 それに応えた大森南朋の迫真の演技も鳥肌ものです。 紛れもなく龍馬伝前半の主役でしたね。 岡田以蔵 おかだいぞう 演:佐藤健 さとうたける 田中新兵衛、中村半次郎 後の桐野利秋 、河上彦斎と並んで「」と呼ばれた岡田以蔵も龍馬を主人公で描く場合はとても重要な役です。 ハッキリ言って最初に以蔵役が佐藤健さんだと知った時は「ん?」となりました。 個人的な以蔵のイメージとして、ちょっと小汚くてワイルドで武骨という印象があったからです。 そういう意味では佐藤健さんではハッキリ言って岡田以蔵は「カッコよすぎる」という印象でした。 しかし見終わった今ではこの龍馬伝の以蔵は佐藤健さんで本当に良かったと思っています。 龍馬を時には兄のように、時には無二の友として慕うピュアな青年が「人斬り」となっていく悲しみを見事に演じていましたね。 佐藤さんは新たな岡田以蔵像をこのドラマで誕生させたと思います。 この若さ 撮影時20歳~21歳 で本当に素晴らしいと改めて感心させられました。 今の大活躍は当然といっていいでしょう。 最後、切腹を許されて見事に「武士」として果てた武市半平太とは対照的な、拷問によってあざだらけとなった顔で「罪人」として切腹すら許されず斬首される事となった岡田以蔵の悲哀。 最後の佐藤健さんの涙の笑顔が全てを物語っていました。 あの最期の以蔵の表情には号泣しました。 つーか、今も書いててうるうるきてます 苦笑。 先ほど岡田以蔵の項でも書いたように、岡田以蔵は武士でありながら武士としての最後である「切腹」を許されませんでした。 しかしこの長次郎は元々の身分は武士でなかったものの、最後は武士として切腹して果てました。 この辺りの対比もまた龍馬伝の面白いところですよね。 そんな饅頭屋長次郎を演じたのが大泉洋さん。 意外なことにこの「龍馬伝」での長次郎役が初の大河ドラマ出演となりました。 この大泉さんの演技がまたね・・いいんです。 近藤長次郎という人間の真面目さと、それが故の悲劇。 個人的には最初から長次郎の運命を知っていたのですが、大泉洋さんの演技によって最後の切腹の回にはこれまた泣かされました(爆汗)。 2016年の大河ドラマ「真田丸」では準主役といってもいい真田信之を演じた大泉洋さん。 長次郎といい信之といい本当にハマってましたよね。 次はもう大河主人公しかないでしょう。 いやマジで。

次の

龍馬伝 第34回 侍、長次郎

龍馬 伝 大泉 洋 長次郎

竜馬や岡田以蔵、中岡慎太郎と同じ土佐の郷士という低い身分でありながら、尊王攘夷を掲げて「土佐勤皇党」を結成し、朝廷や各藩の志士との交流を行って土佐藩を薩摩・長州と並ぶほどの勢力へと押し上げた幕末偉人の一人です。 武市半平太という人物は演じるうえですごく難しい人物だと思います。 物語により多少違いはありますが、大概は土佐勤皇党結成以前や結成当初は爽やかで聡明な志士であり、京都で活躍するようになると以蔵を使って様々な人物を暗殺したりといったブラックな部分も出て来ます。 この龍馬伝における大森南朋さんの武市半平太もそのような人物に描かれたのですが、演じ分けが素晴らしかったですね。 根底にある土佐藩主・山内容堂への忠義を感じさせながらも純粋な志士から腹黒い策謀化へと変貌していくさまは見事でした。 そして壮絶な牢獄での闘争と最期の三文字腹での切腹。 ここに関しては説明も不要でしょう。 生々しい描写、特に切腹場面や処刑シーンなどはお茶を濁すどころかその場面をナレーションだけで済ます事が多い昨今、武市半平太のあの覚悟と意地を見せつけた三文字の切腹をリアルに描いたNHKも凄かった。 リアルであるからこそ武市半平太という男の想いも視聴者に伝わりました。 NHKの覚悟を見ましたね。 それに応えた大森南朋の迫真の演技も鳥肌ものです。 紛れもなく龍馬伝前半の主役でしたね。 岡田以蔵 おかだいぞう 演:佐藤健 さとうたける 田中新兵衛、中村半次郎 後の桐野利秋 、河上彦斎と並んで「」と呼ばれた岡田以蔵も龍馬を主人公で描く場合はとても重要な役です。 ハッキリ言って最初に以蔵役が佐藤健さんだと知った時は「ん?」となりました。 個人的な以蔵のイメージとして、ちょっと小汚くてワイルドで武骨という印象があったからです。 そういう意味では佐藤健さんではハッキリ言って岡田以蔵は「カッコよすぎる」という印象でした。 しかし見終わった今ではこの龍馬伝の以蔵は佐藤健さんで本当に良かったと思っています。 龍馬を時には兄のように、時には無二の友として慕うピュアな青年が「人斬り」となっていく悲しみを見事に演じていましたね。 佐藤さんは新たな岡田以蔵像をこのドラマで誕生させたと思います。 この若さ 撮影時20歳~21歳 で本当に素晴らしいと改めて感心させられました。 今の大活躍は当然といっていいでしょう。 最後、切腹を許されて見事に「武士」として果てた武市半平太とは対照的な、拷問によってあざだらけとなった顔で「罪人」として切腹すら許されず斬首される事となった岡田以蔵の悲哀。 最後の佐藤健さんの涙の笑顔が全てを物語っていました。 あの最期の以蔵の表情には号泣しました。 つーか、今も書いててうるうるきてます 苦笑。 先ほど岡田以蔵の項でも書いたように、岡田以蔵は武士でありながら武士としての最後である「切腹」を許されませんでした。 しかしこの長次郎は元々の身分は武士でなかったものの、最後は武士として切腹して果てました。 この辺りの対比もまた龍馬伝の面白いところですよね。 そんな饅頭屋長次郎を演じたのが大泉洋さん。 意外なことにこの「龍馬伝」での長次郎役が初の大河ドラマ出演となりました。 この大泉さんの演技がまたね・・いいんです。 近藤長次郎という人間の真面目さと、それが故の悲劇。 個人的には最初から長次郎の運命を知っていたのですが、大泉洋さんの演技によって最後の切腹の回にはこれまた泣かされました(爆汗)。 2016年の大河ドラマ「真田丸」では準主役といってもいい真田信之を演じた大泉洋さん。 長次郎といい信之といい本当にハマってましたよね。 次はもう大河主人公しかないでしょう。 いやマジで。

次の

大泉洋の嫁は酒井若菜で大河ドラマ近藤長次郎で?本当の妻は誰?|ドラマ召すまま

龍馬 伝 大泉 洋 長次郎

基本的に、なんでもかんでも美談に仕立てるような描き方には懐疑的なわたくしですが、今回については否定しません。 相変わらず学生サークルみたいな、夢ばかり追ってるお子チャマみたいな隊員たち vs 一人せちがらい現実と向き合っていた長次郎、という図式はあまりにも現代的な価値観による脚色だと思うんですが、否定しません。 だってなんですもの。 実際には、龍馬とて「自分がいれば死なせはしなかったのに」とは言いつつも、同時に「百才あって一誠なし、みたいなところが奴の身を滅ぼした原因だ」みたいなことも言ってるわけですが、そんなのスルーした作りで良かったです。 だってなんですもの。 彼の饅頭屋は、頭が良くて心優しく、志高い人間なのです〜。 社中の金を横領したとか、もとから浮いてる存在だったとか、そういうふうには思えません。 思いたくありません。 うるる。 ていうか、そういうふうに思わせないための、だったのよね。 今回の像あってのキャ。 プロの仕事だー。 大泉さんも良かったよー。 うるる。 彼の亡骸を囲み涙するの面々を見ながら、「あーこの人ら、これから前に次々死んでいくんだよなあ。 こいつも、こいつも。 陸奥くらいなもんか、生き残るのは。 当の龍馬だって、命はあと数年なわけだ。 もう、かっこいいったらないのですが、この人この先、見せ場あるのかしら。 まんまと引っかかって、毎週ちょっとだけの出番にワーキャー言うてるわけですけどね、自分。 emitemit.

次の