白木屋コピペ。 伝説の白木屋コピペ

話題の飲酒スタイル「ステーション・バー」 「白木屋コピペ」と比較して、飲酒に関する社会の変化を感じる皆さん

白木屋コピペ

わかってはいるけれど、各々の気持ちの中には葛藤があって、いまいち正社員の道へ踏み込めない人も多いはずです。 しかしいつまでもフリーターを続けていくことはリスクが大きく、その末路は 悲惨なものだといいます。 歳を重ねていくにつれて、 フリーターで居続けることの問題点をまとめてみました。 またネット上で有名な 「伝説の白木屋コピペ」なるものを入手したので、合わせてご紹介します。 現在フリーターでいる僕ですが、焦りを感じました。。。 30代前半でも未経験OKな求人に応募できたり、職歴があればアピール次第で就職できる方も多いようです。 しかしこれが40代になるとほぼ 正社員での雇用は難しくなります。 直近までどこかで働いていた方であれば、経験や実績を活かした再就職が可能ですが、職歴や経験なしで40代となると自体は深刻です。 とある転職支援サイトによると、40代が最後のボーダーだそうで、それを越えると もう正社員は厳しいんだとか・・・。 まだ若いからいいや〜と思い、気づけば40代!なんて事だけは避けなければなりませんね。 年金受給額が下がる 国民年金を払っているフリーターと、厚生年金を払っている正社員では 将来受給できる年金額に差がでます。 体力も落ちていくので、今の感覚でいうアルバイト生活とは訳が違うことだけは理解しておきたいですね。 伝説の白木屋コピペとは? ネット上には実際にフリーター生活を続けた人たちの生の声が多数あります。 その中に2チャンネルで話題となった 『白木屋コピペ』というものがあるのをご存知でしょうか? 一部内容を抜粋したのでご覧ください。 なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。 一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。 俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、 おごってもらったのが白木屋だったな。 〜〜〜〜〜 あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。 ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 〜〜〜〜〜 もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは? 〜〜〜〜〜 だけど、もういいだろ。 十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。 そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ ひどすぎる。 笑 事実かどうかはさておき、このような見られ方をされてしまう可能性は十分にありますよね。 少し過激な表現かとは思いますが、 フリーターというだけで世間からの見られ方が良くないのも事実です。 理由のないフリーターほど厳しい目で見られる物はない!メンタルおばけじゃないときちーです。。。 フリーターから今すぐ脱却するには? 思っているよりも自体は深刻そうだ・・・と感じた方は今すぐにでも現状を打破する必要があります。 しかしいきなり正社員となると、これまでフリーターだった身からするとハードルが高いですよね。 また間違った就職先、いわゆるブラック企業に入ってしまうリスクをあるので、自分で調べて動くのも少し怖いはず。 ですので僕がオススメする方法としては 転職支援サービスに全て丸投げしてしまうということです。 正直これまでの職歴がなかったり、スキルがないことを意外と気にしている方も多いと思います。 僕自身、26歳まで正社員になったことはなく、大学卒業後もフリーターでした(正確には売れないお笑い芸人でした笑) 自分にはないもないから正社員無理でしょ・・・と半ば自信もなかったことを覚えています。 ですがそこからスムーズに正社員になれたのは、 転職支援サービスに任せたからです。 自分一人では難しい転職活動を優しくサポートしてくれるので、年齢や経験気にせず とりあえず登録しておくことをオススメします! フリーターのおすすめの転職支援サービス ジェイック これまで転職活動をしたことがない方でも安心して利用できる 業界最大手のフリーター向け転職支援サービスです。 長らくフリーターを経験してい方はもちろん、初めての就職活動でも優しくサポートしてくれるので、まずはから登録してみることをオススメします! UZUZカレッジ の特徴は相談に乗ってくれる アドバイザー全員が元フリーターであるという点です。 どんな仕事が自分には向いているのかって正直分かりませんよね。 ましてや正社員ともなれば、人生を大きく左右する転職活動ですし、失敗したくない方も多いはずです。 なら 自分に向いている仕事を発見してくれる無料のカウンセリングや、未経験OKな求人を2,300件以上も保有しているので、安心しながらの転職活動を可能です。 全国に9箇所のカウンセリング支店があるため、まずは足を運んで話を聞いてみるといいかもしれませんね! 無料ですし。 笑 まとめ フリーターで居続けることは歳を重ねる毎に深刻化していくのは間違いありません。 今はまだ若いからいいかと思っていると、気づけば30代、40代と歳を取っていたなんてこともあります。 危機感を持っていないと、フリーターの末路は悲惨なものなので、 できれば早急に対処が必要です。 しかし正社員となると経験したことがない分、転職活動のやり方がわからないという方も多いですよね。 そんな方は自分一人で動き出さず、 転職支援サービスを使ってスムーズに内定まで取ってしまうのが正社員への最短ルートです。 今回ご紹介したサービスはどれも費用がかからないですし、話を聞きにいくだけでも今後のイメージがつきやすいはず。 まずは現状を話して、あとは二人三脚で内定までこじつければ、 意外と転職活動は難しくないかもしれませんよ。

次の

【将来不安】2chのフリーター・ニートの絶望の末路コピペが怖すぎる【まとめ】

白木屋コピペ

白木屋コピペ、ご存知ですか? 若い頃快活だったけど、年を取って底辺で落ち着いてしまった同級生と白木屋で飲む話です。 「白木屋コピペ」で検索するとすぐ出てきます。 あのコピペほどじゃないですが、格安飲み屋で元同僚と飲んだ話をします。 「ビルメン=底辺」は当たり前だけど 元同僚と知り合ったのは、とある高層ビルの現場でした。 経験も豊富で、一緒に働いてる間はかなりお世話になったこともあり、彼が退職したあとも飲みに行ったりしていました。 話を聞くと、退社したあと彼は他の会社で非正規ビルメンとして勤務していました。 彼はそこで、過去に仕事がキツイ現場で出会った年輩の人の話をしました。 60代になって、真夏に直射日光の当たる現場で働いていた人たちの話…。 「あれは、アワレだ。 」 と彼は言いました。 しかしその話を聞きながら、私も彼も現状あまり変わらない境遇ではないか…と考えていました。 そう、あの白木屋コピペのようにこうやって格安居酒屋で訳の分からない怪しい酒を飲んでいるし…。 だからといって女の子のいるお店には私達の給与ではお互い行こうとは言い出せません。 今現在、アワレなのはこうやって飲んでいる我々も変わらないんでは…。 そして将来、話に出てきた炎天下で働くオジイサンになる可能性が今ここにいる我々に全くない訳ではない…。 そして酔いがほどよく回ってきた時に彼は言いました。 「電験も、科目合格じゃ意味ないんでしょ?」 彼は私が電験を受け続けているのも、いくつか科目合格していたのも知っていました。 なるほど、たしかにビルメンは底辺です。 傷の舐め合いも普通にやります。 私より転職が多く、景気の良い時もあったので彼は余計に今の境遇が辛かったのでしょう。 私は 「そうですね。 」 と言いました。 一緒に働いている時に彼が電験があればと言っていたのは聞いていました。 私は挑戦してみたらと言ったのですが 「この年じゃあ…。 」 と彼が言ったのでそれ以上は言いませんでした。 科目合格じゃ、しょうがないと言ったのは精一杯の酸っぱいぶどうだったのでしょう。 その夜は飲みすぎて、悪酔いしてしまいました。 プレッシャーを楽しむくらいだと底辺でも楽しめるかも 毎日、同じ仕事をしていて…ルーチンワークをこなして家に帰って…ビルメンの仕事はそんなにキツイものは少ないですし、あとは年を取るばかりで希望が無いなあと私も思っています。 考え方次第だと思います。 ある程度年齢が行くとあとは自分の、末期のことを考え出してしまって新しいことに挑戦していくのをしょうがないと考えるようになります。 それは、その通りです。 人間どうせ最期の行先は同じなのですから一所懸命やったって同じなのかもしれません。 けれども過程が…末期に行く過程を少しでも楽しみなものにしたいな、と考えるとやっぱり少しだけやってやるか!となるかもしれません。 今は辛くても、たとえ一生ビルメンでも働き方を変えられるヒントはいっぱいありますね。 そのひとつが資格です。 資格ひとつでビルメンとしての働き方が変わったりします。 「取ってもしょうがない。 」というのはよく言われます。 足の裏の米粒だと。 取らないと気持ち悪い、取っても食べられないことに対しての言葉です。 そのとおりです。 しかし私は「資格を持っていれば…。 」という場面に沢山遭遇してきましたし、悔しい思いの理由の一番が電験でしたので取ろうと考えました。 結果、たまたま取得できました。 将来、サラリーマン以外の働き方も模索できる可能性も出てきました。 合格できないかも、という圧力が無かったわけではないのですが受かったあとの事を考えると勉強しない訳にはいきませんでした。 やってる間はプレッシャーと友達になれた気がします。 ビルメン歴が長いかたも多いかもしれません。 職場で酸っぱいぶどう論を披露する同僚はいませんか? 生き方はそれぞれですが、自分がもし将来ちょっと変わった方向に進める可能性を考えるなら 「あのぶどうは甘いから大丈夫。 俺なら手が届く。 」 と考えてもう少しやってみませんか? 周りの環境が悪いほうが、手が届いた時楽しいかもしれないです。 私が保証しますよ。

次の

白木屋コピペについて

白木屋コピペ

一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。 俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、 おごってもらったのが白木屋だったな。 「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。 金が余ってしょーがねーから」 お前はそういって笑ってたっけな。 俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、 お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。 ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。 油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。 なあ、別に女が居る店でなくたっていい。 もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは? でも、今のお前を見ると、 お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、 俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。 お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。 お前が体壊したのも知ってたよ。 新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、 使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。 だけど、もういいだろ。 十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。 そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。

次の