ショート スリーパー 訓練。 睡眠時間を短くしよう!ショートスリーパーになる方法

ショートスリーパーを徹底解明!メリットデメリットまとめ

ショート スリーパー 訓練

ショートスリーパーとは? 1日およそ5時間以下の睡眠時間で問題ない人を「ショートスリーパー」とよびます 引用:ニュートン 睡眠の教科書 引用のように、この記事ではショートスリーパーを「 5時間以下の睡眠で問題ない人」と定義します。 問題がないというのは、日中に眠気を感じないことや体に不調が現れないことです。 【遺伝子で決まる】ショートスリーパーになる方法はない 結論から言いますと、ショートスリーパーは遺伝子で決まると一般的に言われています。 先天的な才能みたいなものですので、頑張ってなれるようなものではありません。 真のショートスリーパーは数百人に1人以下しかおらず、極めてまれです。 ショートスリーパーになるかどうかは、遺伝子で決まると考えられています。 訓練でショートスリーパーになれると主張する人もいますが、科学的な根拠はありません。 引用:ニュートン 睡眠の教科書 確率的には小学校に1人くらいということで、かなり少ない割合だと思います。 以上のように、専門家の間では「ショートスリーパーは遺伝子によるもの」という主張が主流です。 もはや才能みたいなものですね。 「訓練する」時点でショートスリーパーではない よく「訓練すればショートスリーパーになれますか?」という質問を聞きますが、本物のショートスリーパーであればそんな質問は出てきません。 それはショートスリーパーは訓練することもなく当たり前に出来るからです。 訓練しようとする時点で、ショートスリーパーではということを証明してしまっています。 どれだけ練習しても100mを9秒台で走れる人はほとんどいないのと同じで、多くの人は訓練してもショートスリーパーにはなれないということです。 もちろん無理やり睡眠時間を減らすことは可能ですが、それは単なる睡眠不足です。 一般人が短時間睡眠をすると仕事の生産性は下がりますし、イライラしやすくもなりますし、早死にのリスクも上がります。 短眠で活動時間を伸ばそうとした結果、早死にしたり生産性が落ちてしまったりすることは、本末転倒ではないでしょうか。 少しでもショートスリーパーに近付くための方法 先天的な才能なので、完全なショートスリーパーになることは難しいです。 しかし眠りの質を上げることで少しくらいは睡眠時間を減らし、活動時間を増やすことはできると思います。 ・寝付きをよくする ・睡眠環境を整える ・高性能のマットレスを購入する ・睡眠の知識を身につける など、様々なアプローチから睡眠の質を高めることはできます。 睡眠の質の高める方法に関しては、別の記事やTwitterで情報発信していますのでチェックしてみて下さい。 まとめ:大切なのはショートスリーパーになることでは無い ショートスリーパーになることは1つの手段でしかなく、本来の目的は「活動時間の充実」だと思います。 無理して睡眠時間を削ったところで、日中集中力が低かったり常にイライラしているようでは本末転倒です。 最近では多くの有名企業経営者も、十分な睡眠を取ることの重要性を述べています。 超多忙なイーロンマスクですら6時間は寝ています。 日中高いパフォーマンスを出すためには、やはり睡眠は欠かすことができません。 改めて「なぜ睡眠時間を削ろうとしたのか?」、その目的の部分に立ち返ってみてはいかがでしょうか。

次の

ショートスリーパーになりたい!短時間睡眠者になるコツと訓練方法

ショート スリーパー 訓練

ショートスリーパーになりたい!短時間睡眠者の特徴とは? 日本人の平均睡眠時間は7時間40分ほど、世界の平均睡眠時間は8時間20分ほどです。 それに対してショートスリーパーとは、 睡眠時間は6時間未満の人達のことを言います。 ・ショートスリーパー 短眠者 :6時間未満(5~8%) ・バリュアブルスリーパー 平均 :6~9時間(80~90%) ・ロングスリーパー 長眠者 :9時間以上(3~9%) ショートスリーパーに共通するのは、単に寝不足の人や睡眠障害で眠れない人とは違い、 短時間睡眠でも、昼間に眠気や集中力の低下がないというのが特徴です ショートスリーパーの有名人や実践者の特徴 実在する(した)ショートスリーパーの有名人や著名人の一部をご紹介します。 確かにみなさん、精力的な人生を送っているように見えます。 当サイトでインタビューした短時間睡眠実践者のA氏 映画業界)やB氏 画家 も、非常にパワフルでポジティブに充実した毎日を楽しんでいました。 ショートスリーパーの絶対的な条件 睡眠時間が短くても、一般人よりも元気で活動的なショートスリーパーたち。 そんなショートスリーパーになるための、絶対的な必要条件は以下の2点になります。 特徴1:起きている時間に眠気や集中力の低下がない 特徴2:短時間睡眠でも疲労回復が十分されている 当然のようですが、起きている時間に睡魔に襲われないための「眠気解消法」と、短時間でも疲れがとれる「時短睡眠法」がマスターできれば、必然的にショートスリーパーになれるということです。 それでは、ショートスリーパーになるための「眠気解消法」と「時短睡眠法」をマスターする方法をご説明します。 【ドーパミンとは?】 ドーパミンとは、アスリートが厳しい訓練に耐えて優勝を目指している時などに分泌される 「快楽」を司るホルモンです。 がんばった結果、目的や欲求を達成できるとより大きな「多幸感」を得られます。 また、「ドーパミン」には 強い覚醒作用があります。 この「ドーパミン」を出すことによって、生き生きと目標や欲求にむかってがんばることを楽しみつつ、眠くない状態を作り出すことが可能なのです。 ドーパミンを増加させる方法 ドーパミンの分泌によって 楽しく眠気解消ができるなら、ぜひ増加させたいですね。 ショートスリーパーになるには、この「ドーパミン」増幅が欠かせません。 では、どうやったら増やせるのでしょうか? 小さな課題や目標を設定して達成する ドーパミンを増やす一番の方法は、目標に向かってがんばることです。 目標が達成されるとさらにドーパミンが分泌されて 「快感」を得ることができます。 難しい目標のほうがより大量にドーパミンが出ますが、まずは日常的に小さな欲求や目標を達成していくのがおすすめです。 ・メールの返信を1分以内で書き上げる ・通勤電車で手すりにつかまらずにバランスをとる ・早起きして築地に寿司を食べに行く 目標はなんでも構いません。 別にストイックな目標ではなく、欲望を満たすような目標でもOKです。 ただ、 少しだけ挑戦的な目標を設定すると効果的です。 好きな趣味や作業に没頭する 好きなことに熱中している時は、自然と目標に向かっている時でもあります。 ・好きなゲームをクリアしようする ・キレイになるための服をショッピングする ・遊びや旅行の企画を考える 「好きなことに没頭して夜更かししてしまった!」とかありませんか?熱中するとドーパミンが出て、覚醒するのです。 美味しい料理の匂いを嗅いだり、好きな子のことを考えることでも「食べたい」「愛されたい」などの欲求が出て、ドーパミンが分泌して目覚めます。 アミノ酸チロシンを摂取する ドーパミンの原料は、 「チロシン」というアミノ酸です。 肉類、魚類、アーモンド、ヨーグルト、チョコレート、コーヒー、緑色野菜、りんご、バナナ、アボカドなどに多く含まれています。 これらを食べただけで効果があるわけではないですが、不足しないようにしたほうがよいでしょう。 【短時間睡眠のためには少食がいい?】 一般的には、短時間睡眠者になるには、少食がいいと言われています。 内臓をムダに疲れさせないためです。 しかし今回、ショートスリーパーのインタビューや有名人などの記録などを調査したところ、 少食の人もいればグルメな大食漢もいました。 食欲はドーパミンを高める欲求の一つです。 まだ研究が必要ですが、「少食が必須」とは言いきれないのは確かです。 ショートスリーパーになる方法!短時間睡眠で疲れをとるには? 目標を定めたり趣味に没頭していれば、ドーパミン作用で眠くなりにくいことがわかりました。 しかし、覚醒し続けていたら身体がもちません。 短時間でも 必要十分な睡眠を取るのが重要です。 短時間睡眠者と眠りの深さ ショートスリーパーに共通するのは、 睡眠の深さです。 短い睡眠時間でも、レム睡眠(身体だけが休んでいる浅い眠り)が少なく、 ノンレム睡眠(脳も身体も休んでいる深い睡眠)の割合が多いのが特徴です。 では、どうしたらノンレム睡眠の時間を増やして、深くて良質な睡眠をとることができるのでしょうか? 速攻で深い眠りに入る方法 武井壮は、 猛烈に疲れてから眠ることで、1日45分の睡眠でも8時間睡眠と同等の回復力を得ているそうです。 「疲れているのに短時間睡眠では起きられない!」と思うかもしれませんが、限界が来てから寝るからこそ、深い眠りを得られるのです。 他のショートスリーパーたちも、夜になったから眠るというより、強い眠気がきてからやっと眠る人が多いです。 現代の一般人が実践するならば、 夜は限界まで起きて、朝は決まった時間に起きるというのがおすすめです。 短時間睡眠でも朝すっきり起きて、昼間の眠気を防止するには、上述のドーパミンが効果的です。 不足分を補うパワーナップ 近年では、グーグル、アップル、NASAなどの最先端企業でも 短時間仮眠「パワーナップ」が、午後の仕事効率UPに効果があるとして推奨されています。 ナポレオン、エジソン、武井壮、また当サイトでインタビューした2名のショートスリーパーも、15分程度の仮眠を重視していました。 ショートスリーパーをめざして 夜の睡眠が不足する場合、この「パワーナップ」を積極的に活用するのがおすすめです。 「パワーナップ」はただ単に昼寝をすればいいというものではなく、やり方にルールがあります。 不足分は 15分程度の仮眠「パワーナップ」で補う。 一般的には、短時間睡眠者になるには以下の方法が言われています。 ・少食にする ・規則正しい生活 ・適度な運動 ・睡眠前にはブルーライトを見ない ・寝具にこだわる ・起きたら太陽を浴びる ただ、今回調査したショートスリーパーにはさほど当てはまっていませんでした。 睡眠時間を縮めるための工夫をするよりも、まずは、 起きている時間の眠気や集中力の低下をなくすことが、ショートスリーパーへ近づく第一歩です。

次の

ショートスリーパーと遺伝子は関係ない

ショート スリーパー 訓練

ショートスリーパーとは? 1日およそ5時間以下の睡眠時間で問題ない人を「ショートスリーパー」とよびます 引用:ニュートン 睡眠の教科書 引用のように、この記事ではショートスリーパーを「 5時間以下の睡眠で問題ない人」と定義します。 問題がないというのは、日中に眠気を感じないことや体に不調が現れないことです。 【遺伝子で決まる】ショートスリーパーになる方法はない 結論から言いますと、ショートスリーパーは遺伝子で決まると一般的に言われています。 先天的な才能みたいなものですので、頑張ってなれるようなものではありません。 真のショートスリーパーは数百人に1人以下しかおらず、極めてまれです。 ショートスリーパーになるかどうかは、遺伝子で決まると考えられています。 訓練でショートスリーパーになれると主張する人もいますが、科学的な根拠はありません。 引用:ニュートン 睡眠の教科書 確率的には小学校に1人くらいということで、かなり少ない割合だと思います。 以上のように、専門家の間では「ショートスリーパーは遺伝子によるもの」という主張が主流です。 もはや才能みたいなものですね。 「訓練する」時点でショートスリーパーではない よく「訓練すればショートスリーパーになれますか?」という質問を聞きますが、本物のショートスリーパーであればそんな質問は出てきません。 それはショートスリーパーは訓練することもなく当たり前に出来るからです。 訓練しようとする時点で、ショートスリーパーではということを証明してしまっています。 どれだけ練習しても100mを9秒台で走れる人はほとんどいないのと同じで、多くの人は訓練してもショートスリーパーにはなれないということです。 もちろん無理やり睡眠時間を減らすことは可能ですが、それは単なる睡眠不足です。 一般人が短時間睡眠をすると仕事の生産性は下がりますし、イライラしやすくもなりますし、早死にのリスクも上がります。 短眠で活動時間を伸ばそうとした結果、早死にしたり生産性が落ちてしまったりすることは、本末転倒ではないでしょうか。 少しでもショートスリーパーに近付くための方法 先天的な才能なので、完全なショートスリーパーになることは難しいです。 しかし眠りの質を上げることで少しくらいは睡眠時間を減らし、活動時間を増やすことはできると思います。 ・寝付きをよくする ・睡眠環境を整える ・高性能のマットレスを購入する ・睡眠の知識を身につける など、様々なアプローチから睡眠の質を高めることはできます。 睡眠の質の高める方法に関しては、別の記事やTwitterで情報発信していますのでチェックしてみて下さい。 まとめ:大切なのはショートスリーパーになることでは無い ショートスリーパーになることは1つの手段でしかなく、本来の目的は「活動時間の充実」だと思います。 無理して睡眠時間を削ったところで、日中集中力が低かったり常にイライラしているようでは本末転倒です。 最近では多くの有名企業経営者も、十分な睡眠を取ることの重要性を述べています。 超多忙なイーロンマスクですら6時間は寝ています。 日中高いパフォーマンスを出すためには、やはり睡眠は欠かすことができません。 改めて「なぜ睡眠時間を削ろうとしたのか?」、その目的の部分に立ち返ってみてはいかがでしょうか。

次の