東京 都 健康 長寿 医療 センター。 東京都健康長寿医療センター 病院情報|民間医局レジナビ

渋沢栄一貢献の養育院からつながる東京都健康長寿医療センター(板橋区)

東京 都 健康 長寿 医療 センター

2017年6月9日、東京都が設立し管轄する独立行政法人の病院で、1年近くの間に、人工心臓をつける手術を受けた患者5人のうち3人が亡くなり、都が立ち入り検査を行っていたことが明らかになりました。 上田が、都福祉保健局に確認したところ、都が設立した独立行政法人の病院で東京・板橋区にあるで、一昨年の7月からの1年近くの間に、重い心臓病のために人工心臓をつける手術を受けた患者5人のうち20代の患者を含む3人がその後、死亡したとのことでした。 高齢者向病院で、なぜ若年患者が心臓手術で死亡? 昨年5月に外部から連絡があり、都が立ち入り検査を行って手術の実施状況や管理体制などを調べたところ「問題は見つからなかった」とし、小池知事は、同日の記者会見で「管理体制に問題ないことを確認している。 実施している心臓手術については定期的に外部からの評価を受けてる。 立ち入り検査の中で、今後も評価を受けるよう伝えた」と述べていました。 一見ごもっともで非の打ちどころのないコメントで、記者団達も追っての質問を進めませんでした。 その様子を見ていて… 私はその後、おや?と思ったのです。 なぜなら昨年第三回定例会にて、が公表され同センターについて地方独立行政法人法第25条の規定に基づき、都の地方独立行政法人の中期目標(平成30~35年)が定められたところで、その根幹をなす、そもそもの同センターの基本理念は 「地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターは、 高齢者の心身の特性に応じた適切な医療の提供、臨床と研究の連携、 高齢者のQOLを維持・向上させるための研究を通じて、高齢者の健康増進、健康長寿の実現を目指し、大都市東京における 超高齢社会の都市モデルの創造の一翼を担います。 」 と明確に規定されており、定款にも同様のことが規定されているからであります。 であるにも関わらず、高齢者向けの地域医療を提供する同センターにおいて、心臓移植待機患者を対象とする難易度の高い植込型補助人工心臓手術が、しかも…なぜ?!若年患者に行われ死亡してしまったのか、大いなる疑問を感じたのです。 2016年に突然始まった植込型補助人工心臓手術 植込型補助人工心臓手術とは、遠心型のポンプを体内に植込み、動力源を体外につなぐ方法でありまして、高度な技術やオペの環境が必要とされます。 同センター設立当初は行っていないオペであったのに、どうしたことか?非常に不自然に感じたので、同センターがいつ、どの医師によって植込型補助人工心臓手術を開始したのか、その医師らはいつ同センターに着任したのか。 その医師らが着任前に同オペは実施していたのか。 開始以降今日までの手術件数と死亡件数、死亡した方の場合は術後どのくらいの期間で死亡したのか、生存者の生存期間について福祉保健局へ確認したところ以下の実態がわかりました。 ・センターは、28年1月に植込型補助人工心臓実施施設として認定を受け、同年7月に1例目の手術を実施。 執刀医である心臓外科部長は2012年4月に着任。 手術は実施施設としての認定を受けなければ実施できない。 ・2017年12月までの当該手術の実施件数は7例、うち死亡事例3例の植込型補助人工心臓の装着期間は約4か月から約7か月の間 ・また、他の4例の装着期間は、2017年12月1日現在、約2か月から約1年1か月の間 つまり、2016年1月から突如として認定を受けてオペが開始され、7例のうち3例死亡したということです。 同オペの全国平均の360日後の生存率は、(日本における補助人工心臓に関連した市販後のデータ収集)によると、92%となっていることから、統計の考え方の違いはあるにせよ、同センターの死亡事例3例がいずれも術後360日に満たずに亡くなっていることについて確認したところ ・植込型補助人工心臓手術は、2年以上の生命予後が期待できない心臓移植待機患者に実施。 ・実施施設の更新基準は、装着例の3か月生存率が50%以上とされている。 死亡した3名は術後3か月の段階では全員が生存 ・事例検討会では、死亡した3例はリスクの高い症例であったことや、手術の実施体制、患者管理は適切であったことが確認されている。 とのことで要は「問題がない」とのことです。 白い巨塔体質が残ってないか確認 心臓外科手術は、医師はもちろん、専門技術・経験を有する医療スタッフが不可欠。 症例数が多ければ多いほど、医療技術も習熟するものと考えたことから、同センターで突如として開始された植込型補助人工心臓手術を支えるスタッフ体制が気になりました。 念のため都が関わっている地方独立行政法人(独法)の病院において、ことに「白い巨塔」と言われる医療現場のハイエラルキーが指摘されて久しい中、立場上異議を唱えることのできない職員の声をどう受け止めているか、受け止められているか懸念をし、同センターにおける公益通報のできる組織風土、パワーハラスメント等あらゆるハラスメント撲滅対策と現状の課題についても、確認しましたが、独法であることから、都は個別のハラスメント事案について把握・調査を行っていないが、制度は整っているということでした。 つまり「問題がない」とのことです。 自主回収が出ていた植込型補助人工システム さらに、当該オペで使用していたJarvik2000植込型補助人工心臓システムにつきセンチュリーメディカル株式会社より大規模な製品自主回収の報告が2017年11月16日()にあった情報を上田が独自入手しました。 そこで、同センターにおいての同オペ全ての事例に関して確認をしているか、カンファレンスにおいて不具合を指摘した医師はいなかったのか、いたとしたら報告はどうなっていたのか、当然のことながら該当する患者に情報提供と説明をしたのか、代替対応策と他のシステム導入についてはどうするのか確認。 ・センターで植込型補助人工心臓手術を行った7例のうち、4例で回収対象となる機器を使用。 ・製造販売業者による自主回収時点で、既に2名が亡くなっていたが、装着中の2名に対しては、速やかに説明を行った上で、製造販売業者とともに当該機器に不具合がなく、今後の使用に支障がないことを確認 ・回収対象となった医療機器の不具合は、「ポンプに直結した体内ケーブルの体外にあるコネクター内部のワイヤーに接続不良を起こしかねない」というものだが、心臓外科のほか、リハビリテーション科、薬剤科、臨床工学科等のスタッフが参加するカンファレンスにおいて、当該不具合の内容が指摘された記録はない。 とのことでこちらも「問題ない」ということです。 ここから先は医療現場の判断となりますことから、私は、この点の是非については毛頭論じるつもりはございません。 都は地域医療構想のもと自治体医療に専念を ただ、東京都議会議員として言わなければならないのは、東京大学医学部附属病院等のように専門性も高く、長い経験値のもと症例も多く、スタッフ機器と技術のハードもソフトも整った都内首都圏に複数存在する医療機関へ患者を紹介すればいいだけの話なのに、なぜ同センターにおいて、高齢者ではない若年死亡者を出してまで、難易度の高い患者に対し同オペをしなければならないのか、どうしても疑問が残るということです。 仮に急患で来て「」があったとしても、それこそ都が掲げるのもと、医療機関の専門性に応じて、役割分担をすべく、紹介状を書いて専門病院へ繋げればいいのです。 都は、私の疑義に対し「公的医療機関として、その有する医療機能を生かし、救急医療をはじめ、 高齢者に限らず広く都民に対し医療を提供」(お姐超訳=問題ないので、このまま続けます)という本末転倒な見解を持っております。 私の自治体医療に関しての見解は過去blog「」をご一読ください。 お姐総括 餅は餅屋! 得意分野を有する機関と役割分担をすることでコストとリスクを軽減すべき! 医師に属している医療技術を提供することが自治体病院の役割ではないはずです。 ことに高齢者に特化して評価の高い、同センターは、定款や中期計画に掲げる本来病院が提供すべき医療に専念すべきではないか…そのような観点から、亡くなられた患者様のご冥福をお祈りする気持ちを胸に、引き続き「植込型補助人工心臓手術」及びセンター事業をはじめ都の医療政策全般を都民のものとすべくチェックしてまいります。 追伸:本blogは、情報公開請求不要の議事録に残る文書質問(平成29年第四回定例会上田令子文書質問趣意書)を元に作成されております。 2007年統一地方選挙にて江戸川区議会議員初当選。 2期目江戸川区議会史上最高記録、2011年統一地方選挙東京都の候補全員の中で最多得票の1万2千票のトップ当選。 2013年東京都議会議員選挙初当選。 2014年11月地域政党「自由を守る会」を設立し、代表に就任。 2015年3月地域政党サミット 全国地域政党連絡協議会 を設立し、副代表に就任。

次の

東京都健康長寿医療センター 金 憲経先生

東京 都 健康 長寿 医療 センター

ニュース&トピックス 2020. 08 リソース研究 2020. 08 ドナー登録のご案内 2020. 08 ドナー登録のご案内 2020. 02 リソース研究 2020. 02 ドナー登録のご案内 2020. 19 公開講座 2020. 12 公開講座 2020. 12 ドナー登録のご案内 2020. 06 ドナー登録のご案内 2019. 04 リソース研究 2019. 01 ドナー登録のご案内 2019. 29 リソース研究 2019. 20 ドナー登録のご案内 2019. 03 リソース研究 2019. 01 ドナー登録のご案内 2019. 28 ご案内資料 2019. 02 リソース研究 2019. 31 ドナー登録のご案内 2019. 10 ドナー登録のご案内 2019. 07 リソース研究 2019. 07 ドナー登録のご案内 2019. 01 リソース研究 2019. 28 ドナー登録のご案内 2018. 15 ドナー登録のご案内 2018. 31 ドナー登録のご案内 2018. 31 リソース研究 2018. 05 リソース研究 2018. 01 研究所の方へ 2018. 31 ドナー登録のご案内 2018. 31 リソース研究 2018. 31 ドナー登録のご案内 2018. 20 公開講座 2018. 10 ドナー登録のご案内 2018. 04 リソース研究 2018. 02 ドナー登録のご案内 2018. 28 ニュースレター 2018. 10 リソース研究 2018. 01 ドナー登録のご案内 2018. 19 公開講座 2018. 04 お知らせ 2017. 28 ドナー登録のご案内 2017. 15 公開講座 2017. 01 ドナー登録のご案内 2017. 05 公開講座 2016. 15 公開講座 2015. 01 公開講座 2015. 01 ニュースレター 2015. 01 お知らせ 高齢者ブレインバンク ウェブサイトを公開いたしました お問い合わせ 高齢者ブレインバンク事務局 (東京都健康長寿医療センター内) 電話:03-3964-3241(内線4417、4419) 〒173-0015 東京都板橋区栄町35-2 e-mail:.

次の

【東京都健康長寿医療センター】 (東京都)

東京 都 健康 長寿 医療 センター

電話番号 03-3964-1141 公式サイト 診療時間 正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください 月 火 水 木 金 土 日 祝 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-17:00 09:00-12:00 09:00-17:00 ー ー ー 13:00-17:00 13:00-17:00 ー 13:00-17:00 ー ー ー ー クレジットカード 利用可 JCB, Diners Club, VISA, MasterCard, American Express, DISCOVER 指定病院 駐車場 あり 有料:204台 管理医師 許 俊鋭 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、、、、、、 外科系 、、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 眼科系 耳鼻咽喉科系 精神科系 歯科系 その他 、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 、、、、 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、、、、、、 リハビリ・麻酔系 、 検査系 、、、、 精神科系 、 歯科・その他 、 専門外来 脳・神経系 整形外科系 実施治療 実施治療 大動脈瘤 大動脈弁膜症 変形性股関節症 、 加齢黄斑変性症 予防接種 先進医療 脳・神経・眼科系 、 内科系 3年前に前立腺がんで他界した父を、最後の最後まで「人への尊厳」を尽くし看て頂いた緩和ケアの方々。 その節は大変お世話になりました。 本当は病院宛てにお礼の手紙を・・・と考えてましたが、何やら色々バタバ... 3年前に前立腺がんで他界した父を、最後の最後まで「人への尊厳」を尽くし看て頂いた緩和ケアの方々。 その節は大変お世話になりました。 本当は病院宛てにお礼の手紙を・・・と考えてましたが、何やら色々バタバタし出し忘れ、今に至り、「どうやってあの時のお礼を」と考えここに記録を残す事にしました。 父の担当の医師は3人変わりましたが、どの方も懸命に親身に父に寄り添い私達家族に寄り添ってくださいました。 緩和ケアの病棟は日の光が入り、天気の良い日はスカイツリーは勿論富士山まで見渡せる素晴らしく開放的な空間で、元気な頃は父も「外の庭の手入れを温かくなったらしてあげたい」と洩らしていました。 最後になったクリスマス会、最高の笑顔のサンタ姿の父は、3年経った今でもその笑顔を見ると涙があふれてしまうくらい楽しそうで、まるで友達のように父は緩和ケアの方々の事を私達が見舞いに行くと話してくれました。 クリスマスの翌日体調が急変し、その後全く目を覚ます事無く言葉を発する事無く亡くなった父ですが、意識が無い間も頻繁に病室へ看護師さん達は訪れてくれ、父のシーツを変え、パジャマを変え、姿勢の向きを変え、話し掛けてくれ、まるで父が病人ではなく普通に旅館に泊まりに来た旅行者のように本当に普通の健康な人間と同じ扱いをしてくれ、それを始終母と見つめ何度感謝した事か・・・。 何度か危篤があり、その度に優しい声のトーンで私達にも分かるように説明してくださった医師にも胸がいっぱいになりました。 毎日毎日沢山の方がこの病棟で息を引き取るのを見ている方々が、最後父が亡くなった時順番に病室に訪れてくれ話し掛けてくれた事・・・忘れません。 ありがとうございました。 父はガン患者ではなく、最後まで私たち家族の父として旅立つことが出来た事はとても幸せでしたし、ケアの細やかさは一級品でした。 最後にもう1つ。 今までの病棟から緩和ケアに移動する時、横になりながらナースセンターの前を通るとお世話をしてくださった看護師さんでしょうか・・・深々と父に頭を下げてくださり感謝で涙が出ました。 今日もまたあの病室から旅立たれる方を見送っているのでしょう。 厳しくも辛い「患者 現実 」に対峙して仕事にされてる方には本当に頭が下がります。 肺がんの父が3ヶ月ほどお世話になりました。 正直に申しますと先生方は素晴らしい方が多く安心してお任せする事ができました。 ただ看護師さん達は数が少ないのか、連携が取れていないのかお願いしたことが伝... 肺がんの父が3ヶ月ほどお世話になりました。 正直に申しますと先生方は素晴らしい方が多く安心してお任せする事ができました。 ただ看護師さん達は数が少ないのか、連携が取れていないのかお願いしたことが伝わっていなかったりミスの様なものも多くもやっとした事が多かったです。 あと説明不足も気になりました。 こちらから聞けば答えてくれますが、普通は聞かれなくても説明や状況説明はするものではないのかな?と思いました。 大変なお仕事だとは思いますが、命を預かっているのですからしっかりとしてもらいたいと思いました。 一度目は熱中症と診断され救急搬送され、点滴され、血液検査、心電図などとってもらいました。 二度目は、数日後体調不良のストレスや不安から過換気になり夜中に救急搬送されました。 初めて過換気になり本当... 一度目は熱中症と診断され救急搬送され、点滴され、血液検査、心電図などとってもらいました。 二度目は、数日後体調不良のストレスや不安から過換気になり夜中に救急搬送されました。 初めて過換気になり本当に怖かったのですが、その時の当直の先生がとても穏やかな方で、泣きながら話す私の話を親身になって聞いてくださりました。 そして、心療内科へ行ってはどうかと勧めてくれました。 今心療内科に通い自律神経失調症と診断され、薬も飲んでですが、あの頃よりはとても穏やかに生活出来ております。 あの過換気がなかったら、あの内科の先生の一言がなかったら今もなんの病気か分からず色んな病院を受診していたかもしれません。 感謝しています。 父が足腰の痛みを訴え、かかりつけ病院に入院しました。 色々検査をしましたが、何らかの悪性の血液疾患でないかと思われるが この病院は心臓血管外科に強い病院なのもあり これ以上はわからないとのことで、転... 父が足腰の痛みを訴え、かかりつけ病院に入院しました。 色々検査をしましたが、何らかの悪性の血液疾患でないかと思われるが この病院は心臓血管外科に強い病院なのもあり これ以上はわからないとのことで、転院を勧められました。 いくつかの病院を提示されましたが、 友人のお母さんの見舞で来訪した時に、 ・病院全体が明るく綺麗 ・通院している人に年配の方が多く、またそれに慣れた対応をしていること が記憶に残っていたので「健康長寿医療センター」を選びました。 初診の時は、待ち時間の途中で、父が背中が痛くなり横になれるところを探してもらおうとしたのですが、先生が診察時間を早めてくれたり 今回は検査の予約を取るだけだった 、採血採尿も、車椅子でも受けれるように対応してくださいました。 3日後、薬がどうにも効かず、立てなくなり、救急車で搬送・入院することになりましたが、その時の電話対応も落ち着いたもので、安心できました。 入院したまま検査をし、結果、全身の骨に癌が散らばっていて、余命も僅かでそのまま最期の日まで入院することになりました。 緩和ケア病棟を希望しましたが、待ち人数が多く入院することはかないませんでした。 ここで最期を迎えられたら良いと思えるくらい、素晴らしい病棟だったので待ち人数が多いのは理解できますが、父のような余命幾ばくもない、院内にいる患者はある程度融通欲しかったと、今でも思っています。 それでも、緩和ケアチームの先生や看護師さんが介入することにより、痛みの緩和はかなりできていたように感じます。 痛みのコントロールがしっかりできていたので、無くなる1週間前に、散髪や髭剃りをすることができ、病棟の看護師さん達も普通の患者さんに接するように、明るく感じよく対応してくださり、先生もできることは痛みを取る事しかなかったのに、毎日顔を見に来てくださりました。 病院を出る時にも、たくさんの方が手向けに来てくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。 亡くなった後、がんの原発巣が不明なのもあり、病理解剖に快諾しました。 解剖の結果、前立腺が原発の可能性が高いことがわかりました。 本人は骨転移後しか自覚症状がなかったようなので、検査の大事さを感じました。 身内が脊柱管狭窄症で、お世話になりました。 こちらの病院の患者さんは病院名の通り、お年寄りばかりです。 そのためか、医師の方も看護師の方も、すごく優しい方が多いです。 こちらがびっくりするほど、... 身内が脊柱管狭窄症で、お世話になりました。 こちらの病院の患者さんは病院名の通り、お年寄りばかりです。 そのためか、医師の方も看護師の方も、すごく優しい方が多いです。 こちらがびっくりするほど、気を遣ってくださいます。 新しい建物でキレイですし、院内の雰囲気もいいと思います。 リハビリ施設も充実しています。 他には、院内にある「カフェ・ド・クリエ」が朝早くから夜まで開いています。 オープンしている時間は短いですが食堂(レストラン)もあり、お手頃価格でありがたいです。 治療実績 病気別治療実績(DPCコードに基づく) 種類 DPCコードに基づく病気名 治療実績 順位 合計 手術あり 手術なし 東京都 全国 神経系疾患 39 21 18 32位 48 - 48 50位 18 18 - 32位 183 - 183 40位 10 - 10 64位 28 - 28 8位 91位 20 10 10 40位 26 - 26 15位 99位 35 - 35 4位 37位 49 - 49 14位 77位 30 - 30 6位 34位 21 - 21 18位 35 - 35 1位 10位 17 - 17 2位 5位 49 - 49 50位 眼科系疾患 1,589 1,589 - 1位 6位 28 - 28 14位 175 46 129 7位 45位 53 - 53 6位 28位 18 18 - 29位 20 20 - 25位 19 19 - 23位 耳鼻咽喉科系疾患 17 - 17 75位 13 - 13 40位 68 - 68 14位 15 15 - 27位 呼吸器系疾患 217 42 175 51位 48 - 48 28位 424 28 396 3位 63位 179 20 159 9位 26 - 26 62位 17 - 17 88位 24 - 24 69位 18 - 18 51位 14 - 14 20位 循環器系疾患 55 55 - 43位 465 201 264 40位 12 - 12 16位 64 36 28 54位 52 13 39 28位 364 60 304 9位 58位 43 26 17 23位 104 85 19 23位 76 65 11 3位 70位 14 - 14 23位 62 62 - 2位 4位 42 42 - 45位 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 24 - 24 53位 155 87 68 38位 497 126 371 8位 16位 74 11 63 60位 39 10 29 61位 85 35 50 10位 75位 33 - 33 69位 344 334 10 32位 47 13 34 82位 95 42 53 27位 32 18 14 51位 20 10 10 68 68 - 77位 12 12 - 61位 10 - 10 44位 21 - 21 63位 85 12 73 59位 12 12 - 26位 12 - 12 73位 13 13 - 84位 58 38 20 55位 113 82 31 49位 20 - 20 54位 10 10 - 85位 64 - 64 52位 16 - 16 33位 筋骨格系疾患 27 27 - 5位 97位 54 54 - 32位 16 16 - 38位 67 32 35 47位 50 50 - 32位 69 - 69 9位 63位 15 - 15 5位 49位 79 - 79 21位 皮膚・皮下組織の疾患 17 17 - 31位 38 - 38 61位 内分泌・栄養・代謝に関する疾患 119 - 119 7位 57位 52 - 52 23位 28 - 28 22位 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 13 - 13 44位 13 - 13 66 14 52 85位 26 16 10 79位 23 23 - 37位 24 - 24 20位 92 53 39 53位 20 - 20 31位 152 12 140 17位 27 27 - 25位 血液・造血器・免疫臓器の疾患 33 33 - 33位 125 38 87 33位 27 11 16 25位 75 63 12 6位 65位 54 40 14 4位 9位 13 - 13 20位 外傷・熱傷・中毒 27 10 17 93位 16 - 16 46位 21 - 21 53 53 - 84位 その他 55 - 55 19位 30 30 - 61位.

次の