ハプスブルク 家 奇形 児。 フッガー家、メディチ家、ハプスブルク家の違いを簡単に説明!

残酷な王と悲しみの王妃 中野京子

ハプスブルク 家 奇形 児

血族結婚 [編集] 一方で婚姻による所領の流失にも敏感であった。 そのため、叔父と姪やいとこ同士(二重いとこの場合もあった)という血族結婚を数多く重ね、一族外に所領が継承される事態を防ごうとした。 その結果、17世紀頃には誕生した子供の多くが障害を持っていたり、幼くして死亡するという事態が起こった[1]。 特にスペイン・ハプスブルク家ではカルロス2世のような虚弱体質・知的障害を併せ持った王位継承者を誕生させ、スペイン王位をブルボン家に渡すこととなった。 そのブルボン家も血族結婚を古くから重ねており、ブルボン家とハプスブルク家の間で頻繁に婚姻が行われるようになると、双方で夭折したり、成人に達しても身体に障害を持った人物が続出した。 特に血友病が有名である。 しかしハプスブルク家には強固な当主の概念があったため、イングランド王家のように外戚に家を乗っ取られることも、また一族内で争いが起こることもまれであった。 幸福な結婚、多産の伝統 [編集] ほとんどは他の王侯がそうであるように政略結婚であった。 しかしその割には夫婦仲が円満で子宝に恵まれたケースが多く、多産は伝統とも言える。 そのため現代でもハプスブルク家に関して、陰謀などの血生臭いイメージはあまり無い。 10人以上の子供がいる主な夫妻 フェルディナント1世と皇后アンナ(15人) マクシミリアン2世と皇后マリア(16人) レオポルト1世と皇后エレオノーレ・マグダレーネ(10人) フランツ・シュテファンと皇后・女王マリア・テレジア(16人) レオポルト2世と皇后マリア・ルドヴィカ(16人) フランツ2世と皇后マリア・テレジア(12人) wikiから引用しました。

次の

オーストリア=ハプスブルク家

ハプスブルク 家 奇形 児

スペイン・ハプスブルク家の断絶に見る、近親婚の結末 近親婚で滅んだ一族として有名なのは、スペインのハプスブルク家もその1つです。 スペインはハプスブルク王朝(1516~1700)の下で、世界の一大帝国として大きな繁栄を遂げました。 しかし、王家では叔父と姪、いとこ同士など血縁者間での結婚が一般的で、この近親交配が、繁栄を極めた王朝の滅亡の大きな原因だったとされます。 昨年4月にスペインのサンチアゴ・デ・コンポステラ大学が発表した研究論文「The Role of Inbreeding in the Extinction of a European Royal Dynasty」によると、スペイン・ハプスブルク家の最後の王、カルロス2世(1661~1700)の死因は遺伝性疾患という、長年唱えられてきた仮説が裏付けられました。 カルロス2世は、身体的障害・知的障害があったことで知られ、1700年に39歳で没しました。 生涯で2度結婚していますが、カルロス2世は性的にも不能だったとされ、子供を成すことができず、王位を継承させることができませんでした。 カルロス2世の死去によって、フランスのブルボン家へ王位継承権がわたり、フェリペ5世が即位しています。 これまでカルロス2世の死は近親婚による遺伝的疾患のためと仮説が立てられてきたものの、その遺伝的証拠が明示されたことはありませんでした。 同研究では、スペイン・ハプスブルク家を16世代前まで遡り、3千人以上の人々の近親交配係数(近親者との交配レベルがわかる係数)を計算して、調査しました。 その結果、スペイン・ハプスブルク家の近親交配係数は、王朝の創設者であるフェリペ1世の時代には0. 025だったものが、最後のカルロス2世の頃には0. 254まで飛躍的に増加していることが判明。 同王朝での近親婚に加え、それ以前の複数の先祖の近親婚が重なった結果、交配係数が通常ではあり得ない増加を示し、これがカルロス2世の遺伝性疾患を招いたことを裏付けました。 またカルロス2世以外でも、スペインのハプスブルク家では幼児の死亡率が異常に高く、10歳以上まで生き残ることができる子供が少なかったこともわかりました。 研究によると、1527年から1661年までの間にハプスブルク家には34人の子供がいたものの、そのうち10人(29. 4%)は1歳までに死亡、17人(50. 0%)は10歳までに死亡しています。 これは当時の一般的な乳幼児死亡率より明らかに高い数字です。 つづきはこちら.

次の

残酷な王と悲しみの王妃 中野京子

ハプスブルク 家 奇形 児

Contents• スペインハプスブルク家 最後の王、カルロス2世 スペインのカルロス2世は、スペインハプスブルク家最後の国王です。 ちなみにカルロス2世は、2019年上野で開催されているハプスブルク展のチケットに描かれた 「青いドレスの王女 マルガリータ」の弟でもあります。 参考記事: 度重なる近親婚の影響で生まれる子供は幼くしてなくなることが多く、また度重なる出産により王妃が衰弱し次々と亡くなるなか、 カルロス2世はまさに、断絶間近の王家の希望でもありました。 しかし「 奇跡の子」と呼ばれたカルロス2世は、成長するにつれ「 呪いの子」とささやかれるようになります。 カルロス2世にみられた、近親婚の影響 参考: どういう経緯で近親婚が繰り返されていたのかは、別記事に詳しく解説しておりますので興味のある方はから。 Discover誌にカルロス2世の特徴が生々しく記載されていましたので、下記に 翻訳したものを引用します。 スペインのハプスブルク王カルロス2世は、巨大な奇形の頭をもち、それも著しく退化していました。 彼の顎は非常に突出していて、2列の歯が噛み合うことはなく、彼の舌はとても大きくてほとんど話すこともできませんでした。 彼は知能にも同様に障害があり、彼の短い人生は、主に幼児期の延長から早老に至るまでの道のりでした。 カルロスの家族は「彼の寿命を伸ばすこと」を重要視し、教育についてはほとんど考えていませんでした。 5〜6歳まで乳を飲み、足が支えられずにうまく歩けず、何度も転びました。 discovermagazine. あえて訳すことはしませんが、一部あえて取り上げるのであれば、 「もし彼の出生が始まりだというのなら、 その始まり自体が彼の終わりだったというのが真実かもしれない」といったことが記されています。 日本の書籍などでは、 「生まれた時から死に瀕していた」という表現もされているようです。 I f birth is a beginning, of no man was it more true to say that in his beginning was his end. From the day of his birth they were waiting for his death. wikipedia. 宮廷は彼に教育を施さず唯一の王であった彼を「少しでも生き長らせる」ために奔走します。 自分たちを『 神に選ばれた特別な人間とし、下々の血で汚されてはならない』として、狭い中で婚姻を繰り返した結果が、カルロス2世の誕生でした。 し かし皮肉にもカルロス2世は子供をつくれる状態ではなく、180年続いたスペインハプスブルク家は、カルロス2世の代で終焉を迎えることになります。 スポンサーリンク あとがきにかえて (『フェリペ・プロスペロ王子』 1659年 ベラスケス ウィーン美術史美術館所蔵) 「青いドレスの王女」マルガリータにはもう一人弟がいました。 カルロス2世が生まれる前に亡くなってしまったのですが、 お姉ちゃんに似てとても儚くうつくしい「フェリペ・プロスペロ王子」、その儚く愛くるしい姿を当時の宮廷画家ベラスケスが描き残しています。 参考記事: カルロス2世は自らを「何かに呪われている」と信じ込み、祈祷師を頼っていたそうですが、それはある意味正しく、 数代続いた咎を一手に引き受け、呪いを止める役割を担っていたのかも しれません。 スペインハプスブルク家はここで断絶するわけですが、 オーストリアハプスブルク家はその後も世界に君臨しつづけ、マリーアントワネットの母であり絶世の美女 「女帝」など数々の英雄を生み出していくのでした。 ハプスブルク家シリーズの続編はこちら• この記事を読んだ人にオススメの記事• スポンサーリンク.

次の