春 お 彼岸 いつ。 春の彼岸はいつ?期間は?春の彼岸の意味を知り心豊かな生活へ!

春のお彼岸とは?いつからいつまで?何をするの?

春 お 彼岸 いつ

そもそもお彼岸とは何か? 「お彼岸」という言葉を聞いて、いまいちピンとこない人も沢山いるかと思います。 そこでお彼岸とは何か?という疑問について解説したいと思います。 お彼岸とは、雑節(ざっせつ)のひとつです。 雑節というのは、二十四節気(にじゅうしせっき)といって1年間を24等分したものと、五節句(ごせっく)といって季節の節目の行事の他に、季節の移り変わりを感じ取るために設けられた特別な暦のことです。 お彼岸は春分と秋分を中日とし、前後それぞれ3日間を合わせた7日間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と言います。 最初の日を彼岸入り・彼岸の入り といい、最後の日を彼岸明け・彼岸の明け と呼びます。 また、彼岸とは仏教用語であり「頬悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで頬悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味を持ちます。 そして、お彼岸は、極楽浄土に思いを馳せ、より彼岸に近づけるように修行をする期間とも言われています。 お彼岸にお墓まいり という文化は仏教徒が多い他の国に比べても日本だけの独特の風習でもあります。 お彼岸の時期には季節が変わる時期でもあり、お墓参りがしやすい安定した気候になるというのも特徴です。 春のお彼岸と秋のお彼岸の違い。 まず、春のお彼岸は春分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間のことを言います。 秋のお彼岸は、秋分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間のことを言う という事が大きな違いでしょう。 春のお彼岸も、秋のお彼岸も共に、お墓参りをしてご先祖様の供養をするということなので、時期の違いはあるものの、他は特に違いはありません。 ちなみに、春のお彼岸は3月18日から3月24日までの間で、秋のお彼岸は9月20日から9月26日までの間ですので、季節が違うということがわかります。 なぜ、春と秋とで2回あるのかというと、仏教では極楽を「彼岸」といい、いま私たちが生きている世界を「此岸」というのですが、「彼岸」は西に位置し「此岸」は東に位置するとされています。 3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので「彼岸」と「此岸」が最も通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになりました。 よって、春と秋とで2回あるとされています。 お彼岸のお供え物は何が良い? お彼岸の食べ物というと「おはぎ」と「ぼたもち」を、よく食べるところが多いのです。 これは江戸時代にお彼岸や四十九日の忌明けに食べる習慣が定着したからのようです。 「ぼたもち」を春のお彼岸に、「おはぎ」を秋のお彼岸に食べます。 もともとは、祖霊崇拝の習慣でぼたもちやおはぎを捧げ、先祖を慰め自身の功徳を積んでいました。 本当は、自分たちで食べるものではなかったようです。 また、おはぎとぼたもちが春と秋で分かれているのには理由があります。 春には、収穫をもたらしてもらうために、小豆の赤色で、災難が降りかからないように「ぼたもち」を食べます。 秋には収穫を祝い感謝して、「おはぎ」を作ったものと言われています。 つまり、 「ぼたもち」と「おはぎ」は基本的には同じ食べ物ですが、食べる季節が違うため、呼び分けるようになというわけです。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回秋のお彼岸について、お彼岸の意味や時期、風習やお供え物について、そして、なぜ春と秋で2回あるのかという内容についてお話しました。 お彼岸とは、毎年春分の日と秋分の日を挟んだ1週間のことをいい、今年の秋のお彼岸は9月20日が彼岸の入り、9月23日が中日、9月26日が彼岸の明けです。 お彼岸には、彼岸の世界に渡った死者を供養すると共に、また成仏できずに彼岸の世界に渡りつけない死者たちに早く彼岸へと辿り着けるように祈る日だという考え方もあるようです。 またお彼岸は1年の供養の大切な節目として、お墓参りをされるという方も多いことから、色々な習慣が伝わっており、ぼたもちやおはぎをお供えする習慣などもあります。 お彼岸だからお墓参りで特別なことをする必要はありませんが、墓石に水をかけたり、磨いたりして、いつもより手厚く供養してみるのもいいと思います。 故人や先祖を改めて感じられる時間を大切にしましょう。 2018年、今年の秋のお彼岸の時期や意味が知りたいと思った方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

お彼岸のお墓参りはいつ行くもの?服装は?お供え物は何がいいの?

春 お 彼岸 いつ

「お彼岸は、いつ?」 「お彼岸って、何をすればいいの?」 「夫の実家にお彼岸で呼ばれたけど不安・・・お供えものは、何にしよう?」 毎年、春と秋にあるお彼岸。 しっかり準備を整え、安心してお参りしたいですよね。 こんにちは。 ホトカミ編集部仏教担当の横井です。 今回取り上げるテーマは 「お彼岸(おひがん)」。 以前、あるユーザーさんから 「3月に入ったし、そろそろお彼岸だな、お供えものはどうしようか?何か準備をしないといけないな・・・と思っているうちに、 お彼岸が過ぎてしまい、お参りできなかった!」という報告を受けました。 彼の後悔は、 しっかりお供えものを準備をして、 「お彼岸に、忘れずお参りしたかった!」 そこで今回は、 「お彼岸の意味」「お供えもの」「お墓まいりの作法」など、 安心してお彼岸にお参りするための、すべての知識をすべて紹介します! ぜひ最後まで読んで、お彼岸にお参りしてくださいね。 2020年春と秋のお彼岸はいつ? お彼岸とは、春分の日・秋分の日の前後3日間を含めた7日間の間に、 お仏壇やお墓に手を合わせて、先祖を供養する行事です。 そのとき、お仏壇やお墓もキレイに掃除をします。 『2020年のお彼岸は、春が3月17日(火)から3月23日(月)、 秋が 9月19日(土)から9月25日(金)まで』です。 2020年のお彼岸は、• 春:3月17日(火)から3月23日(月)まで• 秋:9月19日(土)から9月25日(金)まで 気づいたらお彼岸が終わってしまっていた・・・なんてことが起こらないように、 カレンダーなどに記入しておきましょうね。 初日にあたる3月17日(火)、9月19日(土)を 彼岸入り(ひがんいり)といい、 3月21日(木)の「春分の日」、9月23日(月)の「秋分の日」を 中日(ちゅうにち)、 お彼岸の最終日となる3月23日(月)、9月25日(金)を 彼岸明け(ひがんあけ)といいます。 一般的にお彼岸の期間は、 春分の日、秋分の日を中日(ちゅうにち:真ん中の日)とし、その前後3日間を入れた 合計7日間です。 また、 『2021年のお彼岸は、春が3月17日(水)から3月23日(火)、 秋が 9月20日(月)から9月26日(日)まで』です。 2021年のお彼岸は、• 春:3月17日(水)から3月23日(火)まで• 秋:9月20日(月)から9月26日(日)まで 2021年のお彼岸の日程もカレンダーに書き込んでおけば、安心ですね。 では、「なぜ、お彼岸は春分の日、秋分の日なのでしょうか?」 これには諸説あります。 今回は 「お彼岸に極楽の世界を拝むことができる」「春分の日・秋分の日は中道(ちゅうどう)という仏さまの教えを表す」という2つの説を紹介します。 まずは「極楽の世界を拝むことができる」という説について。 春分の日・秋分の日には太陽が真西に沈むため、 西にある極楽の世界を拝むことができるとされています。 沈んでいく太陽が、極楽の世界への目印というわけですね。 そのため、太陽が真西に沈むお彼岸にお参りします。 2つ目は「春分の日・秋分の日は中道(ちゅうどう)という仏さまの教えを表している」という説です。 仏教には、 かたよらないことを大切にする「中道」(ちゅうどう)という教えがあります。 春分の日・秋分の日は、昼と夜の長さが同じです。 昼と夜の長さが同じということは、かたよりの無い「中道」を表しています。 だから、「昼と夜の長さが同じになる 春分の日・秋分の日は中道(ちゅうどう)という仏さまの教えを表している」といえます。 なぜ、お彼岸は春分の日、秋分の日なのかというと、仏さまの教えに由来しているんですね! ここまで、「お彼岸の日程」と「なぜ、春分の日・秋分の日がお彼岸なのか?」ということを紹介しました。 次に、お彼岸にお参りするための準備について紹介します。 「お供えもの」「お墓参りの作法」を確認し、安心してお彼岸にお参りしましょう。 「お供えもの」「お墓参りの作法」お彼岸の不安を解消! 『2020年のお彼岸は、春が3月17日(火)から3月25日(月)、秋が 9月19日(土)から9月25日(金)まで』ということがわかりました。 次に、お彼岸にお参りするための準備をしましょう。 「お供えもの」や「お墓参りの作法」も確認し、しっかり準備を整え安心してお参りしたいですよね。 ここでは 「お供えもの」「お墓参りの作法」について解説します。 それでは、さっそく見ていきましょう。 お彼岸のお供えものは「ぼたもち」と「おはぎ」 「お供えものって、何が正解なんだろう・・・?」 いつも迷いますよね・・・ 一般的なお彼岸のお供えものは「ぼたもち」と「おはぎ」です。 「ぼたもち」と「おはぎ」は名前は異なります。 しかし、 「ぼたもち」と「おはぎ」はまったく同じものです。 春には「ぼたもち」、秋には「おはぎ」と名前が変わります。 春は牡丹(ぼたん)の花から「ぼたもち」、 秋は萩(はぎ)の花から「おはぎ」と呼ばれます。 季節の花の名前によって、名前が変わるんですね。 ちなみに、ぼたもちやおはぎの材料である あずきの赤い色は「魔(ま)をはらう」とされています。 そのため、ぼたもちやおはぎを食べることで、 「悪いものが入ってこないように」という意味が込められているんです。 そのほかにも、お供えものとして 「くだもの」や「和菓子」がオススメです。 お供えしたあとに、「おさがり」としてみんなで食べることができるからです。 また、ご先祖さまに喜んでいただけるのは、 ご先祖さまが生前好きだったものです。 そのため、 ご先祖さまに喜んでいただけるようなものもオススメです。 お彼岸のお供えものは、「おはぎ」や「ぼたもち」に加えて、 「くだもの」や「和菓子」、さらには「ご先祖さまが生前好きだったもの」が良いということが分かりました。 次に、「お墓まいりの作法」について見ていきましょう。 お墓参りの作法 「お墓参りの作法、毎回不安になってしまう・・・」という方もいるのではないでしょうか。 一緒にお墓まいりの作法を復習しましょう。 まず、お墓参りに必要なものを確認します。 お墓参りに必要なものは、• ろうそく• ライター• お供えもの 忘れものが無いようにしたいですね。 お墓には、 花立(はなたて)、香炉(こうろ)、水鉢(みずばち)などがあります。 必要なものを持ってお墓に到着したら、 1. お墓の掃除をする まず、お墓の掃除をしましょう。 合掌して一礼してから、 落ち葉や雑草を掃除し、墓石に水をかけながら、ぞうきんなどで汚れを落とします。 掃除をするとき、たわしなどを使うと傷がついてしまうので、 やわらかい布を使いましょう。 お供えものは半紙などの紙の上におきます。 (水鉢は、浄土真宗や神道式のお墓などにはない場合もあります。 ) お線香は香炉(こうろ)に立てましょう。 香炉に線香立てがついている場合は、線香立てを使います。 水鉢にお線香を立てたり、ろうそくを立てたりするのは間違いです。 気をつけましょう。 お参りする そして合掌し、 ご先祖さまに挨拶と感謝の心をお祈りください。 このとき、ご自身の宗派の お経やお念仏などを唱えるのもよいでしょう。 お祈りが終われば、 お供えものを「おさがり」として持ち帰りましょう。 花立の花は、お寺が処分して下さる場合もありますが、 放置すると腐ったり、動物に食べられたりすることがあります。 持ち帰るというルールが決まっている場合は、持ち帰りましょう。 ここまでお彼岸の日程、お供えものやお墓まいりの作法について見てきました。 これで安心して、お供えものを持って、お彼岸にお参りすることができますね。 最後に、より良くお彼岸を過ごすために、お彼岸の由来について紹介します。 実はお彼岸はインド由来の言葉なんです! 日本の伝統行事であるお彼岸と遠く離れたインドがどう関係しているのでしょうか? それでは、心を込めてお参りできるように、お彼岸について深く知りましょう。 お彼岸を深く味わうための豆知識 お彼岸は日本だけの仏教行事です。 しかし、「彼岸」はインド由来の言葉です。 遠く離れたインドの言葉がどのように日本に伝わったのでしょうか。 ややこしいのですが、この記事では「お彼岸」は日本だけの仏教行事、 「彼岸」は仏教でいう悟りの境地として紹介していきます。 「お彼岸」・・・日本だけの仏教行事• 「彼岸」・・・悟りの境地のこと ここでは、「彼岸」のルーツとなる言葉がインドから日本に伝わるまでの歴史と 「お彼岸」という日本の仏教行事が生まれるまでの歴史、 さらに、心を込めてお参りするための「お彼岸」の過ごし方を紹介します。 「彼岸」はインド由来の言葉 お彼岸の「彼岸」という言葉の由来、知っていますか? 「彼岸」は、遠く離れたインド由来の言葉なんです。 ここでは、「彼岸」の由来となる言葉がインドで生まれてから中国で漢字に翻訳され、日本に伝わるまでの歴史を紹介します。 お彼岸が生まれた背景を知り、心を込めてお参りできるようにしましょう。 それでは、まず「彼岸」の由来について説明していきます。 仏教が生まれたインドの言葉である、サンスクリット語に「パーラミター」という言葉があります。 「パーラミター」とは、「最高であること」や「彼方へ行った」という意味の言葉です。 特に仏教では「パーラミター」を、「悟りに至った」と解釈しました。 「パーラミター」という言葉が中国に伝わり、漢字に翻訳されたとき、中国のお坊さんは 「パーラミター」を「到彼岸(とうひがん)」と翻訳しました。 「到彼岸(とうひがん)」とは、直訳すると「あちらの岸に到る」という意味です。 「悟りに到る」ことを河を渡る様子にたとえ、「到彼岸(とうひがん)」と表現しました。 (まだ悟っていない状態を此岸(しがん)といいます。 ) 「パーラミター」というインドの言葉が中国で「到彼岸(とうひがん)」と漢字に翻訳され、仏教が日本に入ってくると同時に、日本にも「彼岸」という言葉が伝わったんですね。 「彼岸」という言葉は、インドから中国を通って日本まで旅してきたんですね。 では、「彼岸」が日本で「お彼岸」に発展するまでには、どのような歴史があったのでしょうか? それでは見ていきましょう。 「お彼岸」は日本だけの仏教行事 「彼岸」はインド由来の言葉ですが、「お彼岸」は日本だけの仏教行事なんです。 他の国にはお彼岸はないんですよ。 「お彼岸」・・・日本だけの仏教行事• 「彼岸」・・・悟りの境地のこと 「お彼岸」と同じくご先祖さまをおまつりする仏教行事といえば、夏に行われる「お盆」があります。 お盆は中国で成立したとされるお経に由来し、中国や台湾、そして日本などで広く行われている行事です。 お盆は、グローバルな行事なんですね。 それに対して、 「お彼岸」は日本人が昔から行っていた慣習に仏教が結びついてできた、日本だけの行事です。 「お彼岸」が日本で生まれるまでを紹介します。 秋のお彼岸に見ごろを迎える彼岸花。 日本人は古来より、農耕が始まる春分の日に豊作を太陽に祈願する慣習がありました。 これを「日願(ひがん)」といいます。 この「日願(ひがん)」に仏教の考え方が加わることで、仏教行事としての「お彼岸」が成立し、ご先祖さまをおまつりする行事になりました。 「お彼岸」の成立は、平安時代に宮中で「お彼岸」の法要が行われていたという記録からわかっています。 1000年近くも昔から日本では仏教行事として「お彼岸」を行っていたんですね。 古くからの日本の慣習と仏教の考え方が結びついて「お彼岸」は生まれました。 「お彼岸」はご先祖さまをおまつりする行事と紹介しましたが、実はそれだけではありません。 「お彼岸」には、より良く生きるためのエッセンスが詰まっているのです。 それでは「お彼岸」はどう過ごせば良いのでしょうか? より良い「お彼岸」の過ごし方をご紹介します! お彼岸は、自分を見つめなおす1週間 お彼岸は、ご先祖様を供養するだけの期間ではありません。 実はお彼岸は、 自分自身がよりよく生きるための方法を実践する期間でもあるのです。 仏教では、悟りに至るため励むべき6つのことである、 「六波羅蜜」(ろくはらみつ)というものがあります。 波羅蜜とは、先ほどご紹介したお彼岸の語源「パーラミター」の音写(音を漢字にあてはめた言葉)です。 六波羅蜜(ろくはらみつ)とは、• 布施(ふせ):見返りを求めない施しをすること• 持戒(じかい):ルールを守り、自分自身を戒めること• 精進(しょうじん):絶え間なく努力をすること• 忍辱(にんにく):短気にならず、忍耐をすること• 禅定(ぜんじょう):こころを落ち着かせ、反省をすること• 智慧(ちえ):上の五つをふまえ、物事の道理を見極めること この六波羅蜜(ろくはらみつ)を1つ1つ実践する日がお彼岸の期間というわけです。 お彼岸の1週間には、中日を除いた6日間のあいだは六波羅蜜に1つずつ取り組み、中日(ちゅうにち)にはご先祖さまに感謝をします。 おわりに 「お彼岸の日程」「お供えもの」「お墓参りの作法」そして、「お彼岸のより良い過ごし方」を紹介しました。 『2020年のお彼岸は、春が3月17日(火)から3月23日(月)、秋が 9月19日(土)から9月25日(金)まで』です。 ご先祖さまが 生前好きだったものなどをお供えし、 お仏壇やお墓へお参りしましょう。 ぜひ、この機会にお彼岸の由来や意味を知り、 ご先祖さまに感謝の想いを伝え、自分自身を見つめなおしてみてください。

次の

2020年お彼岸はいつ?3月春彼岸・秋彼岸の時期や供花、彼岸明けとは? [暮らしの歳時記] All About

春 お 彼岸 いつ

そもそものお彼岸について 語源としてはサンスクリット語のパーラム、パーラミターの意訳で到達・成就といった意味があり彼岸に至る=悟りを開くための超えるべき川の向こう岸に、いわゆる「涅槃(悟りと同じ意味で煩悩の無い世界)」があるとされています。 春分の日と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。 仏教ではあの世は西に存在すると考えられており、太陽がこの春分・秋分の日には真西の方角に沈む日になります。 こういった事があり、この秋分の日と秋分の日は、この世とあの世の距離が、最も近くなる日と考えられており、このお彼岸の期間に、供養をしっかり行う事によって、極楽浄土へ行けると考えられています。 ただし、お彼岸自体は日本仏教のみに存在するもので、世界各国にある仏教にお彼岸というものは存在しません。 日本では、この時期にはお墓参りをして墓石を掃除したり、お仏壇を掃除したり、馴染みのあるお寺の彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要に参加したりします。 お彼岸の迎え方と準備や御供えについて 語源としてはサンスクリット語のパーラム、パーラミターの意訳で到達・成就といった意味があり彼岸に至る=悟りを開くための超えるべき川の向こう岸に、いわゆる「涅槃(悟りと同じ意味で煩悩の無い世界)」があるとされています。 春分の日と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。 仏教ではあの世は西に存在すると考えられており、太陽がこの春分・秋分の日には真西の方角に沈む日になります。 こういった事があり、この秋分の日と秋分の日は、この世とあの世の距離が、最も近くなる日と考えられており、このお彼岸の期間に、供養をしっかり行う事によって、極楽浄土へ行けると考えられています。 ただし、お彼岸自体は日本仏教のみに存在するもので、世界各国にある仏教にお彼岸というものは存在しません。 日本では、この時期にはお墓参りをして墓石を掃除したり、お仏壇を掃除したり、馴染みのあるお寺の彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要に参加したりします。 お彼岸の準備や御供え物 基本的に準備としては、先ほども書いた通りお仏壇・仏具のお手入れやお掃除を行います。 また、墓石がある場合はお墓のお掃除も行います。 御供えに関しては、お彼岸の御供えは基本的に春が「牡丹餅」秋が「おはぎ」になります。 これは、春のぼたもちはが春の花でもある牡丹の花にちなんでおり、おはぎは秋の花である萩の花にちなんでいます。 御供えした後は自分たちでしっかりといただきます。 御供えしたものを自分たちが食べる事で、神仏力を自分たちに取り込むといった意味も込められています。 また、今の時期春のお彼岸も秋のお彼岸の時期も、年度によっては非常に暑い時期もあります。 ぼたもちもおはぎも生モノですから、そのあたりについてもしっかりと注意をしておきましょう。

次の