課税 証明 書 見方。 課税証明書とは?どこで発行できるの?必要なものと見方について

固定資産評価証明書とは?概要や見方、取得方法などについて徹底解説

課税 証明 書 見方

令和2年度の所得・課税証明書は、5月22日 金 から発行を開始します。 郵送で証明書の交付を希望する場合は、下の『申請方法等 4郵送で申請される場合』をご覧ください。 お知らせ 3月17日 火 以降に申告書を提出された方へ 令和2年3月17日 火 以降に提出された個人市民税・県民税の申告書及び所得税の確定申告書の内容については、発行の時期によっては証明書に反映されない場合がありますので、ご了承ください。 事務の概要 所得に関する証明書を必要とされる場合(年金、福祉、公営住宅、教育、融資関係等)は、下の『申請方法等 1 申請場所』で申請すれば証明書の交付が受けられます。 また、新長田合同庁舎2階市税の窓口、各区役所の市税の窓口等以外でお近くのコンビニ等でも証明書の交付が受けられます。 (ただし、証明書コンビニ交付サービスを利用される場合は、交付できる年限は今年度をいれて2年度分となっています。 ) 未申告などの理由により、証明書を発行できない場合がありますので、ご注意ください。 申請用紙 市県民税所得・課税(非課税)証明書交付申請書 新長田合同庁舎2階市税の窓口、各区役所の市税の窓口等で所得・課税(非課税)証明書の交付を申請するための申請書です。 申請書は、証明書が必要な方1人につき1枚ずつ提出してください。 代理権授与通知書は、代理の方が申請される場合に、納税者本人から承諾を得ていることを証する書類として使用できます。 なお、A4サイズで印刷してください。 申請方法等 1 申請場所 新長田合同庁舎2階市税の窓口、市内全ての区役所・支所・出張所・サービスコーナー・連絡所で申請できます。 なお、市役所での申請はできません。 マイナンバーカードをお持ちの方は、コンビニエンスストア等に設置しているマルチコピー機で取得できます。 2 申請できる方 証明書の内容は納税者個人の秘密にかかわる事項ですので、申請できる方は以下のとおり納税者本人などに限られています。 納税者本人(納税管理人・相続人などを含みます)。 納税者本人の委任等を受けている人(委任状・代理権授与通知書などを持参した人)。 同居の親族で、納税者本人の依頼があったと認められる人。 3 申請に必要なもの (1)市県民税所得・課税(非課税)証明書交付申請書 必要事項を記入のうえお持ちください。 代理の方が申請される場合は、委任状・代理権授与通知書など納税者本人の承諾を証する書類を添付してください。 (2)証明手数料 1年度・1通につき300円(証明書コンビニ交付サービスを利用される場合は、1年度・1通につき150円) (3)本人確認書類 申請の際には、本人確認書類(運転免許証・マイナンバー(個人番号)カード・旅券などの官公署が発行した写真付き身分証明書等)をご提示ください。 詳しくは下記のページをご覧ください。 4 郵送で申請される場合 以下の(1)から(4)を、県市合同窓口(新長田合同庁舎2階)に郵送してください。 送付先 〒653-8762 神戸市長田区二葉町5丁目1番32-2階 新長田合同庁舎 市税の窓口 1 市県民税所得・課税(非課税)証明書交付申請書 必要事項をすべてご記入ください。 代理の方が申請される場合は、委任状・代理権授与通知書など納税者本人の承諾を証する書類を添付してください。 2 証明手数料分の定額小為替 ・郵便局で販売しています。 なお、切手による手数料の納付はできません。 (お釣りの出ないようにご用意ください。 ) ・定額小為替には何も記入しないでください。 3 返信用封筒 宛て先を書いて、切手を貼ってください。 4 本人確認書類(写) 詳しくは下記のページをご覧ください。 標準処理期間(処理期間のめやす)• 窓口で申請された場合 原則として即時交付• 郵送で申請された場合 新長田合同庁舎に到達してから1週間以内.

次の

神戸市:所得・課税(非課税)証明書の交付申請

課税 証明 書 見方

課税証明書では所得の証明ができる 課税証明書とは何なのでしょうか?課税証明書とは、あなたに住民税がいくら課税されたかを証明する書類です。 前年の1月1日から12月31日までの、一年間の所得に基づいて計算された、各市区町村における住民税の金額を示します。 非課税証明書は、住民税が課されなかった場合に発行されるので、両者は実質的に同じものです。 課税証明書、非課税証明書の様式は市区町村によって多少異なります。 ですが、一般的に課税の根拠となった所得(収入)金額が記載されているので、所得証明の役割も果たします。 市区町村によっては、所得証明と課税証明を分けているところもありますので、ホームページ等で確認することをお勧めします。 では、どのような場合に課税証明書、または非課税証明書は必要となるのでしょうか?基本的には、「所得の有無」「所得額」の証明が必要な場合です。 例えば、金融機関で住宅ローンやクレジットカードの申し込みをする際には、ある一定の所得を有することを証明するために、課税証明書が必要となります。 一方で、扶養申請をする場合や、児童手当の申請をする時などには、非課税証明書が必要となります。 課税証明書と所得証明書と納税証明書の違いとは 前述しましたが、市区町村によって「課税証明書」と「所得証明書」を分けているところがあります。 基本的に、両方とも所得を証明するという目的を果たすため、この二つの書類の間に大きな違いはありません。 さて、あなたはマイホーム購入のために金融機関で住宅ローンを組むことを決めました。 銀行でローン申請の際に、「課税と納税の証明をしてください。 」と告げられます。 課税の証明は「課税証明書」によって為されますが、では納税の証明には何が必要となってくるのでしょうか?また、なぜ納税の証明が必要なのでしょう? 納税を証明するには「納税証明書」を提示する必要があります。 「納税証明書」とは、言葉通り、納税していることを証明する書類です。 なぜ所得を証明する課税証明書だけではいけないのでしょう?理由は、あなたが一定の所得を有することを踏まえた上で、あなたが信用できる人物であるかを判断するためです。 課税証明書は課税額、所得額は示すものの、納税まで行っているかは証明しません。 そのため、納税をきちんと行っているかを確認できる、納税証明書の提出を求めることで、金融機関は信用状況を判断することができるのです。 課税証明書の発行はコンビニでもできる 課税証明書が必要な場合、どのような手順で発行できるのでしょうか?課税証明書の発行は、役所の窓口で発行する方法と、コンビニで発行する方法(全ての市区町村に当てはまるわけではありません。 )の2通りがあります。 あなたのお住まいの自治体が、証明書のコンビニ交付サービスを有するかは、ホームページ等から確認できます。 市区町村の役所にて発行する場合には、窓口にてもらえる「課税証明等請求書」(自治体によって名称が変わる場合があります。 )と身分証明証、印鑑が必要になります。 踏まえておきたいのは、証明書を発行する際に「その年の1月1日時点に住所を置いていた自治体」に請求するということです。 例えば、あなたが1月1日時点では東京に住所を置いていてその後、北海道に引っ越し、現在の住所は北海道だと仮定します。 この場合、その年の請求先は東京の区役所になります。 発行申請は本人、同一世帯の親族、また委任状があれば第三者でも申請することができます。 コンビニにて発行するには、マイナンバーカード(又は住民基本台帳カード)を利用し、コンビニのキオスク端末(マルチコピー機)から行います。 では、手順を追って説明します。 店舗に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)の画面に表示されている「行政サービス」ボタンを押し、利用開始• メニュー選択において「証明書交付サービス」を選択• キオスク端末の所定の場所にマイナンバーカードを置き、情報を読み取らせる• 証明交付市区町村の選択• マイナンバーカード交付時に設定した、暗証番号の入力• 証明書の種別選択(お住まいの市区町村で取得可能な証明書の一覧が表示されます。 記載事項選択• 部数選択• 発行内容確認• 料金支払い• 端末により多少の違いはあるものの、上記の手順で証明書を取得することができます。 市区町村によってはコンビニでの証明書交付手数料が、窓口交付に比べて半額など、お得になっていることもあります。 課税証明書の見方 課税証明書には「給与収入欄」のほかに「給与所得欄」があります。 これらの違いは何なのでしょう? 「給与収入欄」は、その年度のあなたの年収になります。 「給与所得欄」は、給与年収から控除分が差し引かれた金額になります。 これは、税金を計算する際に必要になる部分です。 給与収入額ー控除額=給与所得額 ということになります。 また、合計所得(又は総所得)とは区分された所得の合計のことを指します。 つまり給与所得と、その他の所得(雑所得、利子所得、一時所得、不動産所得など)がある場合、そのすべての合計となります。 まとめ 課税証明書についてお分かり頂けましたでしょうか?課税証明書は、人生において何度か取得する機会があるはずです。 現在は、コンビニで取得できたりと、便利になってきています。 課税証明書、または非課税証明書が必要になった際には、この記事を思い出して利用してみてください。

次の

神戸市:所得・課税(非課税)証明書の交付申請

課税 証明 書 見方

課税証明書では所得の証明ができる 課税証明書とは何なのでしょうか?課税証明書とは、あなたに住民税がいくら課税されたかを証明する書類です。 前年の1月1日から12月31日までの、一年間の所得に基づいて計算された、各市区町村における住民税の金額を示します。 非課税証明書は、住民税が課されなかった場合に発行されるので、両者は実質的に同じものです。 課税証明書、非課税証明書の様式は市区町村によって多少異なります。 ですが、一般的に課税の根拠となった所得(収入)金額が記載されているので、所得証明の役割も果たします。 市区町村によっては、所得証明と課税証明を分けているところもありますので、ホームページ等で確認することをお勧めします。 では、どのような場合に課税証明書、または非課税証明書は必要となるのでしょうか?基本的には、「所得の有無」「所得額」の証明が必要な場合です。 例えば、金融機関で住宅ローンやクレジットカードの申し込みをする際には、ある一定の所得を有することを証明するために、課税証明書が必要となります。 一方で、扶養申請をする場合や、児童手当の申請をする時などには、非課税証明書が必要となります。 課税証明書と所得証明書と納税証明書の違いとは 前述しましたが、市区町村によって「課税証明書」と「所得証明書」を分けているところがあります。 基本的に、両方とも所得を証明するという目的を果たすため、この二つの書類の間に大きな違いはありません。 さて、あなたはマイホーム購入のために金融機関で住宅ローンを組むことを決めました。 銀行でローン申請の際に、「課税と納税の証明をしてください。 」と告げられます。 課税の証明は「課税証明書」によって為されますが、では納税の証明には何が必要となってくるのでしょうか?また、なぜ納税の証明が必要なのでしょう? 納税を証明するには「納税証明書」を提示する必要があります。 「納税証明書」とは、言葉通り、納税していることを証明する書類です。 なぜ所得を証明する課税証明書だけではいけないのでしょう?理由は、あなたが一定の所得を有することを踏まえた上で、あなたが信用できる人物であるかを判断するためです。 課税証明書は課税額、所得額は示すものの、納税まで行っているかは証明しません。 そのため、納税をきちんと行っているかを確認できる、納税証明書の提出を求めることで、金融機関は信用状況を判断することができるのです。 課税証明書の発行はコンビニでもできる 課税証明書が必要な場合、どのような手順で発行できるのでしょうか?課税証明書の発行は、役所の窓口で発行する方法と、コンビニで発行する方法(全ての市区町村に当てはまるわけではありません。 )の2通りがあります。 あなたのお住まいの自治体が、証明書のコンビニ交付サービスを有するかは、ホームページ等から確認できます。 市区町村の役所にて発行する場合には、窓口にてもらえる「課税証明等請求書」(自治体によって名称が変わる場合があります。 )と身分証明証、印鑑が必要になります。 踏まえておきたいのは、証明書を発行する際に「その年の1月1日時点に住所を置いていた自治体」に請求するということです。 例えば、あなたが1月1日時点では東京に住所を置いていてその後、北海道に引っ越し、現在の住所は北海道だと仮定します。 この場合、その年の請求先は東京の区役所になります。 発行申請は本人、同一世帯の親族、また委任状があれば第三者でも申請することができます。 コンビニにて発行するには、マイナンバーカード(又は住民基本台帳カード)を利用し、コンビニのキオスク端末(マルチコピー機)から行います。 では、手順を追って説明します。 店舗に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)の画面に表示されている「行政サービス」ボタンを押し、利用開始• メニュー選択において「証明書交付サービス」を選択• キオスク端末の所定の場所にマイナンバーカードを置き、情報を読み取らせる• 証明交付市区町村の選択• マイナンバーカード交付時に設定した、暗証番号の入力• 証明書の種別選択(お住まいの市区町村で取得可能な証明書の一覧が表示されます。 記載事項選択• 部数選択• 発行内容確認• 料金支払い• 端末により多少の違いはあるものの、上記の手順で証明書を取得することができます。 市区町村によってはコンビニでの証明書交付手数料が、窓口交付に比べて半額など、お得になっていることもあります。 課税証明書の見方 課税証明書には「給与収入欄」のほかに「給与所得欄」があります。 これらの違いは何なのでしょう? 「給与収入欄」は、その年度のあなたの年収になります。 「給与所得欄」は、給与年収から控除分が差し引かれた金額になります。 これは、税金を計算する際に必要になる部分です。 給与収入額ー控除額=給与所得額 ということになります。 また、合計所得(又は総所得)とは区分された所得の合計のことを指します。 つまり給与所得と、その他の所得(雑所得、利子所得、一時所得、不動産所得など)がある場合、そのすべての合計となります。 まとめ 課税証明書についてお分かり頂けましたでしょうか?課税証明書は、人生において何度か取得する機会があるはずです。 現在は、コンビニで取得できたりと、便利になってきています。 課税証明書、または非課税証明書が必要になった際には、この記事を思い出して利用してみてください。

次の