ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット。 ハウスクリーニングで開業・独立・起業

直営店とフランチャイズ店のメリット・デメリットを比較してみる

ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット

個人事業主として開業する場合は、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」と「青色申告承認申請書」を提出するだけで完了です。 個人事業主は経費に認められる範囲が法人に比べ狭く、経理などは個人の確定申告により行います。 また、生命保険を経費に組み込むことはできず、 社員が5人未満の場合は社会保険の会社負担分はありません。 そして、赤字の繰り越し年数は3年になっており、銀行などの金融機関からの信頼は法人に比べて低いです。 法人としての自営業 法人として起業する場合は「登記申請書類」と「定款(ていかん)」を作成し、公証役場で承認申請を行ってから法務省にそれらの書類を提出・申請しますので、ある程度時間がかかります。 個人事業主に比べて経費として認められる範囲は広く、生命保険も経費に含まれます。 社会保険につきましては、会社の負担分が発生します。 また、決算の際は「法人決算書」を作成して申告しますが、税理士が必要になることも。 赤字の繰り越し年数は9年です。 事業を廃止する際には解散登記や広告が必要で、個人事業主に比べて手続きが複雑であるという特徴があります。 法人にて起業しますと、 何の事業を行っていない場合でも年間30万円程度のコストがかかってしまいます。 節税したり、補助金などの制度を活用したりするのを考慮しても、法人で起業するメリットが大きいケースは年商800万~1000万円を超える場合です。 自営業のメリットとデメリット 自営業の場合、 得た利益が事業主の手元にそのまま入ることが最大のメリットでしょう。 さらに、様々な控除を受けることが可能なので税金や費用をある程度、抑えることができます。 デメリットとしては、事前リサーチや経営に関するノウハウ獲得などを自分で全て行わなければならず、経営が軌道に乗るまで時間や手間がかかってしまうという点があげられます。 さらに赤字が出てしまった場合、全て事業主が負わなければならないというリスクがあります。 フランチャイズの方が起業しやすい フランチャイズは本部(フランチャイザー)と契約して加盟店(フランチャイジー)となり、経営を行っていくスタイルです。 事前にどのフランチャイズで起業するかをリサーチして、本部と契約を結びます。 契約時には加盟金が必要です。 それから開業、経営を行います。 本部から商標マークや経営のノウハウ、 経営の運営に当たり必要な情報やシステム、売れ筋のメニューや商品が提供されますので、自営業で起業するよりもスムーズに進められるでしょう。 フランチャイズのメリット 起業経験がなくても始めやすい 本部から経営ノウハウや企業戦略を教えてもらえますし、売れ筋の商品を卸してもらうことも可能です。 そのため、経験のない方も起業しやすいというメリットがあります。 知名度がある フランチャイズ店の多くは知名度やブランド力があることから、集客しやすいのが特徴です。 名前を見るだけでどんな商品を売っているかわかるので、広告や宣伝にお金をかけずに済みます。 フランチャイズのデメリット 売り上げが低い場合もある 本部の経営ノウハウを活用しても、立地や経営方法により売り上げが予想していたよりも上がらないことがあります。 初期費用やロイヤリティが高い 契約の際に必要な加盟金などの初期費用や毎月のロイヤリティが高く、 手元に利益がほとんど残らないということもあります。 中途解約ができないことがある 自営業のように経営がうまくいかなかったからといって、すぐにやめることができません。 中途解約をするとペナルティとして、違約金を払わなければならない場合もあります。 このように自営業とフランチャイズには、同じ起業でも大きな違いがあります。 それをよく理解した上で、自分に合った方法を選択して成功を目指しましょう。

次の

ハウスクリーニングの相場とメリット、デメリット|比較jp

ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット

どのような形であっても、独立・起業する際には必ずメリット・デメリットが存在します。 フランチャイズでの開業は、個人でゼロから起業するよりもメリットが多いと言われていますが、フランチャイズならではのデメリットもあります。 今まさに、フランチャイズで開業しようと検討されえている方に、フランチャイズ加盟のメリット・デメリットについて解説します。 目次 1. フランチャイズ加盟のメリット・デメリット フランチャイズで開業をすることは、個人で開業するのと比べ、異なる特徴があります。 フランチャイズの最大のメリットは、ブランド名の使用や運営ノウハウの提供により、経営未経験者や業界知識がない方でも独立・開業が可能なところでしょう。 成功実績を持つブランドでの開業は、資金や人員集めをはじめ、仕入れや流通、店舗の内外装の準備など、さまざまなメリットが受けられます。 一方、独自性を出すのが難しい、契約期間に縛られるなど、フランチャイズならではのデメリットもあります。 数あるメリット・デメリットの中でも、代表的なものは以下になります。 メリット デメリット ・未経験でもそのサービスへ参入できる ・ブランド毀損によるリスク ・運営ノウハウ提供・経営指導が受けられる ・運営方法、仕入先などの制限 ・商品開発は本部が行うため、店舗売り上げの拡大に専念できる ・店舗状況に関わらずロイヤリティを支払う場合がある ・フランチャイズ本部のブランド力が活かせる ・競合避止義務や契約期間の存在 ・ブランド認知や集客の一端を本部が担う ・仕入れコストに関するスケールメリットが受けられる ・他店舗の実績に基づく「サービスに最適な設備」が利用できる ・銀行からの融資を受けやすい ・ゼロからのスタートよりも低コストになる場合がある このようにフランチャイズでの開業には、メリット以外に注意すべき点も多々あります。 リスクも踏まえた上で、自分に合ったフランチャイズを選びましょう。 フランチャイズのメリット その1:開業するとき ここからは、先に挙げたフランチャイズのメリット・デメリットを詳しく解説していきます。 まず、開業前から開業時、フランチャイズを選ぶことでどんなメリットがあるでしょうか。 2-1 ノウハウ提供・経営指導を受けられる まずフランチャイズ開業における最大のメリットは「経営ノウハウの提供」ではないでしょうか。 個人で店舗を運営する場合、仕入れ・接客・広告など、経営にまつわるさまざまなことを全て個人で行います。 ゼロからの独立の場合、その一つ一つを、一から学んで行かなければなりませんので開業までにかなりの時間と労力がかかるでしょう。 一方、フランチャイズの場合は、仕入先、接客方法、販売促進など、経営にまつわるさまざまなものが、はじめからある状態で経営をスタートすることができるので、開業までがスピーディです。 また「こうすると成功しやすい」「こうすると失敗しやすい」といったノウハウも、直営店や過去の加盟店の実績から蓄積され、活用することができます。 本部からのサポートを受けながら独立・開業したいという方にオススメ! 2-2 未経験からでも参入できる 「未経験の職種でも、参入し経営者になれる」ということです。 通常自分で店舗を持とうとすると、まずはその職種に関する業務や経営の下積みが必要となります。 フランチャイズでは、経営や運営についてのノウハウ提供以外に研修制度が充実していたり、業務がマニュアル化されていることが多いので、全くその職種の業務や経営経験がなくとも店舗運営が可能になっています。 「経験がないから・・・」と独立を諦めていた方でも、フランチャイズでしたら夢を叶えることができるかもしれません。 こういった「未経験でもオーナーになれる」仕組みは、フランチャイズならではの特徴であり、魅力の一つではないでしょうか。 2-3 店舗売り上げの拡大に専念できる フランチャイズでは、店舗の売り上げを拡大させることに集中できる環境が用意されています。 商品開発・マス広告・接客マニュアルの改善などは、基本的に本部の仕事ですので、加盟店は決められたルールに沿うだけで、運営ができる仕組みです。 加盟店の役割は、その店舗の売り上げを維持拡大することです。 売り上げを上げるためには、地域住民から愛され、利用者を増やすことが重要です。 働く人々が、いきいきと仕事ができるように、店舗の環境を整えることも、オーナーの重要な役割です。 自分の店舗の売り上げは、自分の収入に直結するので、良い店舗づくりをしようという努力が、そのまま収入につながります。 3 フランチャイズのメリット その2:運営面 開業前から開業時、フランチャイズ加盟することで得られるメリットを見てきましたが、開業後はどうでしょう。 開業後には経営を安定させ、1日も早く利益を出せるように、集客など運営面でやらなければならないことがたくさんあります。 フランチャイズは運営面でどのようなメリットがあるでしょうか。 3-1 フランチャイズ本部のブランド力を活かせる フランチャイズの場合、すでに確立したブランド力(ブランドイメージ)がある状態で、経営を始めることができます。 知名度、認知度があるブランドであれば「このお店ならこんなサービスを受けられる」と、看板を見ただけでも商品・サービスをイメージしてもらえるので、開業しただけである程度の集客を見込めます。 フランチャイズ本部は、そのブランド力を維持・拡大していくために、商品開発や宣伝などを行います。 しかし、顧客が実際にそのサービスに触れるのは、直営店よりもフランチャイズ加盟店の場合が多くなります。 どの加盟店でも、同じ品質で商品・サービスに提供できるように、接客マニュアル・運営マニュアルを日頃から改善していくのも、フランチャイズ本部の大きな役割です。 3-2 集客の一端を本部が担う 店舗運営で最も重要とも言えるのが、「集客」です。 フランチャイズの場合、テレビCM・新聞広告などのマス広告は、基本的には本部の仕事です。 本部による過去の実績に基づいた広告宣伝の効果を、加盟店が享受できるのです。 また、本部から加盟店へのチラシの配布・アドバイスなど、加盟店自身でできる集客の支援も受けることも大きなメリット言えます。 (本部への広告宣伝費などの支払いが発生する場合があります。 ) 3-3 コストメリットを受けられる 商品や備品の仕入れをする際、ゼロからの独立の場合は一から仕入先を探し、商品の確保を全て自分で行わなければなりません。 それに対してフランチャイズの場合、直営店を含む全店舗の商品・備品を一括で仕入れて各加盟店に供給していることがほとんどなので、全くゼロから仕入先を探し購入するよりも、手間・価格ともに小さくなります。 3-4 サービスに最適な設備を利用できる 設備の面でも、メリットがあります。 最適な調理器具や椅子・机などの備品がどれなのか、最初からは分かりません。 ゼロからの独立の場合、それらを試しながら徐々に改善していく必要がありますが、フランチャイズなら、過去の店舗の実績から得た情報を基に、常に最適な備品の提供を受けることができます。 開業当初は経営面でも不安が多いと思いますが、売上補填や営業代行がある本部もあります 4 フランチャイズのメリット その3:開業資金 3つ目のメリットは、資金面についてです。 開業資金が集めやすく、低く抑えることができるのも、フランチャイズの魅力の一つです。 4-1 銀行からの融資を受けやすい 会社員からの独立・開業など、何も実績がない状態からでは、信用がないため、資金調達は難しくなります。 フランチャイズに加盟する場合、立地などが類似した過去の加盟店の実績を基に、信頼性の高い事業計画書を作成できるので、金融機関からの信用を得られやすく、資金調達がしやすくなります。 また、借り入れ以外にも、助成金や補助金の活用もおすすめです。 4-2ゼロからのスタートよりも低コストになる場合がある 店舗を開業するには、建物・設備など、通常1,000万円以上の開業資金が必要になります。 コンビニなどの一部のフランチャイズでは、開業時の建物・設備の費用を本部が負担するプランもあります。 その場合、通常1,000万円以上かかる開業資金を、300〜500万円と低く抑えることができます。 まずは低資金で開業できるFCブランドをチェック 5 知っておきたいフランチャイズのデメリット フランチャイズに加盟することのデメリットをご紹介します。 メリットだけでなく、デメリットも理解することで、より後悔の少ないフランチャイズ選びが実現できます。 5-1 ブランド毀損によるリスク フランチャイズは、加盟するフランチャイズ本部のブランド力を活用したビジネスです。 そのため、加盟したブランドのイメージが何らかの原因で低下してしまった場合、それによる影響も強く受けてしまいます。 例えば、最近はメディアでも頻繁に取り上げられているアルバイト従業員によるのインターネットへの書き込みや動画の投稿を出発点とした、ブランドイメージの毀損などです。 たった1店舗の不祥事で、加盟店全店がマイナスの影響を受けてしまうことが起き得ます。 一方、加盟店が行ったポジティブな出来事が広まり、それによるブランドイメージの向上が起こった場合、その影響も全店舗に及ぶので、一長一短といえます。 5-2 運営方法、仕入先などの制限 フランチャイズのメリットとして「運営・経営ノウハウの提供を受けることができる」ことなどを挙げましたが、逆を言えば本部が決めたルールやマニュアルに沿って店舗運営をしなければならないので「自由度」は低くなります。 例えば、地域性や客層に合わせた独自メニューやサービスの展開はオーナーの一存ではできないことがほとんどでしょう。 フランチャイズは、ブランドイメージの保守・経営効率の向上のため、多くの制限を設けています。 自分の好きなように店舗経営を行いたい方にとっては、自由度が低くなり、デメリットと言えます。 経営者といえども、すべてを自由に決定できるわけではない、ということを予め理解しておきましょう。 しかし、「仕入先が用意されている」「運営マニュアルが整っている」という点で、メリットにもなり得るので、各フランチャイズ本部のパッケージ内容を、よく確認しましょう。 5-3 店舗状況に関わらずロイヤリティを支払う場合がある フランチャイズパッケージの提供を受ける代わりに、その対価として毎月支払うのが「ロイヤリティ」です。 売り上げが想定どおりに上がらない場合でも、ロイヤリティを支払う義務が発生します。 そのブランドに加盟する対価として、適当だと思えるロイヤリティを設定しているフランチャイズを選ぶことが重要です。 5-4 競合避止義務や契約期間の存在 各フランチャイズ本部は、契約期間を設けています。 契約途中でフランチャイズ店舗を閉じる必要が出た際は、違約金を支払う必要があります。 また、契約が終了した後も、同業種での営業を禁止している場合がほとんどです。 これは、競合避止義務と呼ばれます。 フランチャイズ本部のノウハウの流出を防ぐためのルールです。 このような契約内容を理解しておくことで、10年後、20年後の自分の理想像に向けた、最適な選択がしやすくなります。 6 まとめ フランチャイズ加盟のメリットとデメリットをご説明しました。 未経験から参入でき、ゼロからの独立・開業に比べて成功率が高いのがフランチャイズです。 メリット・デメリットを正しく理解し、安定した経営が継続していけるのか、また自分が目指す経営がフランチャイズのメリット、デメリットがあることによってどのように影響するのか、しっかり見極めるために納得のいくまで情報収集をすることが大切です。

次の

ハウスクリーニングフランチャイズ加盟のデメリットを調べてみました!

ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット

失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• ノウハウやスキルを本部に教えてもらえる• 開業資金が安く済む• 運転資金が安く済む• 経費がかからず、利益率が高くなる• 大手の看板を使えるから信頼されやすい• 成長産業だから高い売上が見込める ここでは、それぞれのメリットについて詳しく説明していきましょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ノウハウやスキルを本部に教えてもらえる フランチャイズに加盟することのメリットの一つが、業務や経営のノウハウを本部に教えてもらえるという点です。 自分一人で開業する場合、業務知識はもちろん、経営や営業、広告宣伝など、様々な分野について勉強しなければなりません。 その点フランチャイズに加盟すれば、こうしたスキルやノウハウを研修で学べます。 これなら店舗運営に必要な知識を習得したうえで、業務に集中できます。 開業コストが安く済む ハウスクリーニングのメリットの一つが、開業コストが安く済むという点です。 同じフランチャイズでも、コンビニや飲食店などでは実店舗が必要になります。 実店舗を運営するためには、建物と土地が必要なため、そのぶん開業コストも高くなります。 その点、ハウスクリーニングは実店舗が必要ありません。 車一台あれば営業できるため、開業資金が安く抑えられるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 運転資金が安く済む コンビニや飲食店を経営する場合、一人で営業するのは難しいため、アルバイト店員を雇わなければなりません。 人手が必要な業種では、売上が少なくても、人件費が固定費としてかかるため、赤字になりやすいというデメリットがあります。 その点ハウスクリーニングなら、一人でも営業できます。 人件費がかからないぶん経費が抑えられ、赤字が出にくいというメリットがあるのです。 経費がかからず、利益率が高くなる コンビニなどの小売業では、商品の仕入れが必要です。 商品が予定通り売れればいいですが、売れなければ仕入れた商品は無駄になってしまいます。 この場合、仕入れるのに使った費用も無駄になるため、利益は少なくなってしまいます。 このように、物を売る仕事は、経費が高くなるというデメリットがあるのです。 その点ハウスクリーニングは、 売るための商品を仕入れる必要がないため、無駄な仕入れコストがかからず、経費を抑えられます。 利益の額は「売上-経費」で決まりますから、経費の額を抑えられれば、そのぶん利益の額が高くなります。 経費があまりかからないハウスクリーニング業は、利益率の高いビジネスだと言えるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 大手の看板を使えるから信頼されやすい ハウスクリーニングの仕事をするなら、信頼度の高さは重要です。 なぜなら、お客さんの立場からすれば、自分の大切な家を掃除してもらうのに、信頼できるか分からない業者を選ぶ確率は低いと言えるからです。 その点、フランチャイズに加盟すれば、知名度の高い本部の看板を借りて開業できます。 お客さんからすれば、知名度の高さはそのまま信頼度の高さになります。 そのため自分でハウスクリーニングを開業するよりも、フランチャイズに加盟して大手の看板を借りたほうが断然有利だと言えるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 成長産業だから高い売上が見込める ハウスクリーニング業は、以下二点の理由から、成長産業だと言われています。 高齢者の増加• 共働き世帯の増加 現代では少子高齢化が進み、今後ますます高齢者が増えていきます。 高齢になると、体力の衰えから自分で掃除をすることが難しくなるため、ハウスクリーニングの需要は必然的に高くなります。 また、共働きの世帯が増えているのも、ハウスクリーニングが成長産業だと言われる要因の一つです。 共働きの世帯では、自宅を掃除する時間がとれないというケースも多いため、やはりハウスクリーニングの需要が高くなるのです。 世間での需要が高く、成長産業であるハウスクリーニング業に参入すれば、高い売上を上げることが期待できます。 ハウスクリーニングのフランチャイズ経営の3つのデメリット ここまでハウスクリーニングのフランチャイズ経営のメリットについて説明してきましたが、これには以下のデメリットもあります。 本部にロイヤリティを支払わなければならない• クレームを受けやすい• 体力を使う ここでは、これらのデメリットについて詳しく説明していきます。 本部にロイヤリティを支払わなければならない フランチャイズに加盟した場合、本部に毎月、以下のお金を支払わなければなりません。 ロイヤリティ• 広告分担金 「ロイヤリティ」とは簡単に言えば、本部の看板を使うために支払うライセンス料のようなものです。 ハウスクリーニングのフランチャイズの場合、ロイヤリティの相場は6万円程度となっています。 また、フランチャイズでは多くの場合、フランチャイズチェーンの広告宣伝費を、加盟店が一部負担しなければなりません。 加盟店が支払う広告宣伝費の一部を、「広告分担金」と言います。 ハウスクリーニングの場合、広告分担金の相場は2万円となっています。 つまり ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟した場合、毎月8万円のお金を本部に支払わなければならないのです。 とはいえ、本部のブランド力やノウハウを活用できることを考えれば、これくらいの支出は許容範囲と言えるかもしれません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 クレームを受けやすい ハウスクリーニングは、クレームを受けやすい業種だと言えます。 ハウスクリーニングでは、一般家庭では使われないような特殊な機材や洗剤を使用します。 そのため、間違った方法で掃除すると、室内を傷つけてしまう危険があるのです。 こうした間違いを犯さないためには、業務知識が不可欠です。 その点で言えば、研修で業務知識をしっかり教えてくれるフランチャイズに加盟したほうが安心だと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 体力を使う ハウスクリーニングは広範囲を掃除したり、場合によっては重たい家具を移動することもあるため、体力を使う仕事です。 そのため高齢の方の場合、ハウスクリーニングの仕事を始めたものの、体力がもたずに廃業してしまうこともあるようです。 持病があるなど、体力に自信がない方は、ハウスクリーニング業は避けたほうが賢明かもしれません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニングのフランチャイズ経営には、以下のメリットがあります。 ノウハウやスキルを本部に教えてもらえる• 開業資金が安く済む• 運転資金が安く済む• 経費がかからず、利益率が高くなる• 大手の看板を使えるから信頼されやすい• 成長産業だから高い売上が見込める ハウスクリーニングは成長産業であるため、高い売上を上げることが期待できます。 また開業資金と運転資金、仕入れコストがかからないぶん、経費も安く抑えられます。 利益は「売上-経費」で求められるため、高い売上が見込め、かつ経費がかからないハウスクリーニングは高利益が見込めるビジネスだと言えるでしょう。 しかし信頼性がなければ、仕事を依頼されるチャンスは少なくなってしまいます。 その点フランチャイズに加盟すれば、信頼度の高い大手の看板を使えるため、多くの依頼を獲得できるはずです。 ハウスクリーニングでの開業を考えている方は、フランチャイズの加盟を検討したほうが賢明だと言えるでしょう。

次の