どんな とき も wifi 固定 回線。 固定回線・ポケットWiFi・テザリングの比較まとめ!【完全版】

モバイルWiFiでオンラインゲームは快適にできるのか? 実際にPS4 / スイッチで遊んでみた

どんな とき も wifi 固定 回線

違約金なしで解約できる「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」は、• 契約ユーザーなら契約期間中いつでも利用可能• ユーザーに合った乗り換える回線・WiFi会社を紹介• 違約金なしで解約後に他社回線に乗り換え というのが特徴です。 通常解約の他にも、いつでも解約サポートと呼ばれる上記の特徴を持ったサービスを利用すると、違約金なしで解約出来ます。 いつでも契約サポートを利用すると違約金なしで解約できるので、一見すると お得なサービスに見えますが、実はきちんと理由があるのです。 なぜ違約金なしで解約できるのか?その理由を次項でご案内します。 どんなときもWiFiが紹介する他社への契約で違約金なしになるのが理由 どんなときもWiFiを解約する方法は下記の表のようになります。 いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるのですが、 紹介してもらう他社で回線サービスを申込む必要があります。 ユーザー自身に合った契約を見直したいなら適していますが、今の通信契約を全て解約してリセットしたいという人には向いていませんのでご注意下さい。 いつでも解約サポート利用時にどの通信会社がおすすめされるかは公表されていない いつでも解約サポート利用時には、ユーザーとどんなときもWiFi側で乗り換え先の通信事業者を決めていくようになっています。 乗り換え先を提案するのは、どんなときもWiFiで、ユーザーへのヒアリングを基におすすめの通信会社を紹介されるようですが、 どの会社をおすすめされるかは非公表です。 1つの予想ですが、どんなときもWiFiを運営している株式会社グッド・ラックが運営している、下記のモバイルWiFiや固定回線を提案されるのでは? という声もあります。 ONE MOBILE モバイルWiFi• モバレコAir ホームルーター この3社はどんなときもWiFiよりも前から株式会社グッド・ラックが運営している通信会社なので、信頼しても良いかと思います。 いつでも解約サポートを利用するシチュエーション いつでも解約サポートは、どんなときもWiFiが おすすめする通信事業者に乗り換えると、違約金なしになる特殊な解約方法で、利用されるシチュエーションも通常解約とは違います。 どんなときもWiFiが想定している、いつでも解約サポートの利用シチュエーションは、主に以下の2点です。 無線よりも有線の固定回線を使いたくなった人 どんなときもWiFiのモバイルルーターの受信速度は、最大150Mbpsで実効速度は30~50Mbps程度、どうしても光回線には通信速度が及びません。 ビジネスで利用する人や自宅で高画質な動画をたっぷり見たい人には、モバイルルーターよりも固定回線の方が適性は高いのでいつでも解約サポートはおすすめできます。 モバイルルーターの通信速度が遅いので乗り換えたい人 「どんなときもWiFiを家の固定回線の代わりに契約したが、想定以上に通信速度が遅い」という方には2年契約を継続するより、いつでも解約サポートを推奨しています。 ただし、どんなときもWiFiのモバイルルーターの仕様上、今まで使えていたのに急に遅くなった場合は、他社に乗り換えた場合でも通信速度が改善しない可能性もあります。 通信速度が遅くなったから、「いつでも解約サポートを利用して別のモバイルWiFiが欲しい」という方は一旦、 モバイルルーターが故障を起こしていないか確認しましょう。 モバイルルーターの通信速度が急低下なら故障の可能性あり モバイルルーターの通信速度低下が解約の理由になる場合、解約は少し待って、モバイルルーターが 故障や不具合を起こしていないか確認した方がおすすめです。 最初から異常をきたしているなら初期不良の可能性がありますが、今まで問題なく使えていたのに急に通信速度が落ちた場合は、回線起因ではなくモバイルルーターが原因の可能性があります。 どんなときもWiFiは複数のLTE回線が使用できる仕様な点を思い出そう どんなときもWiFiのモバイルルーターはドコモ、au、ソフトバンクの3社のLTE回線が使える次世代クラウドSIMを搭載したモバイルルーターです。 1社のキャリア回線が使えない、速度が低下した場合は、他社の回線がフォローするので 通信の安定性が高いのが特徴です。 それでもモバイルルーターの通信速度が急に下がった場合は、モバイルルーターの故障や不具合の可能性が高くなってきます。 いつでも解約サポートを利用する手順 いつでも解約サポートを利用して他社のネット回線に乗り換える場合、乗り換え先が モバイルルーターか固定回線かで手続きが若干変わります。 具体的には、乗り換え先が開通前の手続きまでは一緒ですが、乗り換え先が開通後の手続きが、固定回線の方が若干手間はかかるので留意しておきましょう。 下記の手順で手続きすることになります。 モバイルルーターに乗り換える場合の手順• 0120-320-146 いつでも解約サポート連絡先 に電話• オペレータにいつでも解約サポートでモバイルルーターに乗り換え希望の旨を伝達• どんなときもWiFi側から対象のモバイルルーターを案内される• ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始• 移行先のモバイルルーター開通後、どんなときもWiFiを解約• どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了 いつでも解約サポートを利用して、他社のモバイルルーターに乗り換える場合の手続きは上記のようになります。 どんなときもWiFiの解約は移行先の回線が開通後、どんなときもWiFiで承るとの事なので、 解約の連絡が必要か否か事前に確認しておきましょう。 固定回線に乗り換える場合の手順• 0120-320-146 いつでも解約サポート連絡先 に電話• オペレータにいつでも解約サポートで固定回線に乗り換え希望の旨を伝達• どんなときもWiFi側から対象の固定回線を案内される• ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始• 開通後、再度1の電話番号へ電話し解約希望の旨を伝達• どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了 固定回線の場合はモバイルルーターの時と違い、 開通後ユーザー側で解約の手続きを踏まなくてはいけません。 忘れずに最初に解約の電話をかけたフリーダイヤルに連絡し、どんなときもWiFi解約の旨を伝えておきましょう。 固定回線が開通できたからどんなときもWiFiの契約も完了していると思い込んでしまうと、手続きが完了しませんので早めに解約手続きを行いましょう。 乗り換え後は速やかにどんなときもWiFiに機器一式を返却しよう モバイルルーターと固定回線どちらで乗り換える場合でも、最終的にどんなときもWiFiは解約するので、レンタルした機器一式の返却が必要です。 モバイルルーターから充電用ケーブルまで一式揃えて期日までに返却しないと、 機器損害金18,000円が違約金とは別に請求されてしまいます。 機器損害金はいつでも解約サポートでは免除されないので、不要な出費を避ける為にも、解約後には忘れずに早めにレンタルした機器を返却しましょう。 いつでも解約サポートを利用する際の注意点 いつでも解約サポートは、通常解約とは異なった処理なので、その分ユーザー側も注意事項を抑えておく必要があります。 事務手数料や初期費用は免除されない• 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される• 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない 重要なのは主に3つですが、その他の注意事項の項目も大事なので、一通り目を通してからいつでも解約サポートを申込みましょう。 事務手数料や初期費用は免除されない いつでも解約サポートで 免除されるのは違約金のみで、契約初期の初期費用や事務手数料は免除されずキャッシュバックもされません。 先ほどお伝えした機器損害金18,000円も免除の対象外なので、いつでも解約サポートを利用しても、ユーザー側で手続きが遅れると追加料金が発生する可能性があります。 よくあるケースとしては、「モバイルルーター本体は返送したのは良いがケーブルの返品が必要無いと思って同梱を忘れてしまった」という、うっかりパターンがありますのでご注意下さい。 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される いつでも解約サポートで移行したモバイルルーターや固定回線を使用したが、調子が悪い、エリアが通じないといった理由で解約すると免除された違約金が再度請求されます。 いつでも解約サポートを利用した時の唯一違約金が請求されるパターンなので、移行したら必ず利用するという気持ちでいるべきでしょう。 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない いつでも解約サポートを利用して他社のモバイルルーターや固定回線に乗り換えた後、やっぱり、どんなときもWiFiに戻したいと思っても契約を戻す事は出来ません。 他社に移行した時点で、どんなときもWiFiの契約は既に解約済みなので、どうしても どんなときもWiFiを契約したいなら新規で契約し直す必要があります。 その場合、再度新しい回線は2年契約でスタートしますので、乗り換え前にはどんなときもWiFiを解約しても良いか、よく考えてから申し込みしましょう。 いつでも解約サポートを利用すると1年間は再度適用できない• 乗り換え後の回線で初期費用や開通工事費用が発生した場合は、どんなときもWiFiは関知しない• 解約までに開通できない場合は一旦違約金を請求し開通後に違約金をキャッシュバックする いつでも解約サポートのその他の注意事項は上記になり、特に注意したいのが、 1度利用すると1年間は利用出来ないので乱用はできません。 違約金なしには出来ますが、固定回線で開通工事費が生じた場合も免除の対象外になるので、契約次第では出費もある点は覚悟しておきましょう。 回線にどうしても不満の場合にいつでも解約サポートを利用しよう いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるので、一見すると解約し放題に思えますが、紹介される他社との契約が必要です。 これは、回線に不満がある人が利用する為のサービスなので、お得な解約手段というよりも、 回線に納得できない方への救済措置としての意味合いが強めです。

次の

「どんなときもWiFi」はLTE回線が本当に無制限で使えるのか徹底調査してみた

どんな とき も wifi 固定 回線

いつでも解約サポートとは? いつでも解約サポートの詳細や、いつでも解約サポートを利用した乗り換え先一覧について見ていきましょう。 いつでも解約サポートとは何か 引用:Broad WiMAX「ト」 いつでも解約サポートとは、 「いつでも解約サポート」の専用窓口を通して他のポケットWifiや固定回線を紹介してもらうことで、解約違約金を負担してもらえるという制度です。 いざ契約してみたものの、使えない・繋がらないなどの不満があった場合、種類の違う回線(WiMAXからLTE無制限ポケットWiFi、ポケットWiFiから固定回線など)に本当は契約期間内であっても違約金なしで乗り換えることができるということ。 いつでも解約サポートの利用は、次のような場面が考えられます。 ポケットWifiを契約してみたけれど、思ったより速度が出ないから固定回線にしたい• 外出先でも使いたくてポケットWifiにしたけれど、結局ほとんど使わない• 引っ越し先での繋がりが悪く、ほとんど使えない• 速度制限に掛かるようになったので、固定回線を契約したい。 どの回線を選ぶか迷っている、WiMAXやポケットWiFiが本当に使えるかが不安と言った人はこのサポートがあるとだいぶ気が楽になりますね。 乗り換え時の他社解除料金負担は別 では、他社のインターネットサービス(固定回線、ポケットWiFiなど)から乗り換える際に契約途中の解約でかかってしまう解除料を負担してくれるサービスがあります。 固定回線を使っているけど外出先でも使いたいと言う場合や、家電量販店などの高いWiMAXに契約してしまっている人などはかなり活用できます。 たとえば、の平均月額料金は3,572円ですが、高いところだと3,880円のところもあります。 差額は308円。 1年だと3,696円、3年だと11,088円にもなります。 契約期間の縛りがあると間違って高いところで契約してしまっても違約金がかかるので3年使い続けなければなりませんが、なら解除料を負担してくれるので気にせずいつでも乗り換えられるということです。 もし高いところで契約してしまったら、さっさと乗り換えてしまった方が良いですね。 参考: 参考: ちなみにWiMAX系では高額(約30,000円)のキャッシュバックを貰えるもありますが、もし19,000円の解除料を負担してもらうのであれば、の方がお得です。 しかもGMOとくとくBBのキャッシュバックは契約後11カ月目以降にメールが来てからから翌月の末まで。 だいぶ先ですし、もしこの期間内に手続きをしないと貰えないというリスクがあります。 その点、BroadWiMAXは契約、そして他社解約後にすぐ貰うことができるのでおすすめです。 ちなみにGMOとBroadWiMAXそれぞれのキャッシュバックあり、なしの場合で料金比較すると、以下の通りになります。 GMOはキャッシュバックが高額であるものの、月額料金も高めなので平均するとそれほどまでではありません。 またもしキャッシュバックを貰い忘れると月額料金は4,229円とかなり高額です。 Broad WiMAXのオプションの種類と特徴 いつでも解約サポートが使えるのはどこ? いつでも解約サポート制度を利用できるポケットWifiは以下の3つです。 それぞれ確認しておきましょう。 ネクストモバイル 画像引用: は2年契約で、ソフトバンクのLTE回線を無制限に使うことができるポケットWifiです。 無制限で月額3,100円というかなりの低料金で使うことができるのが大きな特徴。 softbankのLTE回線を利用しているので、エリアも回線速度も十分です。 それこそ固定回線の代わりにも十分使えます。 WiMAXだと 3日で10GBの制限があったり、 エリアが狭く繋がらない所があったりで不満を感じている人も多いですが、このネクストモバイルならその 心配も不要です。 ちなみに解約金は1年以内の解約で19,000円、2年目でも14,000円掛かります。 ~12ヶ月 13~24ヶ月 25ヶ月 26ヵ月目以降 解約金 19,000円 14,000円 0円 9,500円 この違約金が他のポケットWiFiや固定回線に変更するにかからなくなるというわけです。 どんなときもWiFi 引用:」 は2年契約でクラウドSIMを採用しているポケットWifiです。 クラウドSIMとは複数のキャリアを利用することができるSIMのことで、どんなときもWiFiではドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのLTE回線を全て利用することができます。 それにより単一のキャリア回線を使うものに比べてエリアが広くなっています。 ただ月額料金は3,480円。 ネクストモバイルに比べると少し高めです。 なお解約金は1年以内の解約で 19,000円、2年目でも 14,000円掛かるなど解約金はやや高額。 更新月を逃すと9,500円の解約金が掛かっていまいます。 いつでも解約サポートがあるのは、心強いですね。 ~12ヶ月 13~24ヶ月 25ヶ月 26ヵ月目以降 解約金 19,000円 14,000円 0円 9,500円 Broad WiMAX (画像引用:) は3年単位で契約し、端末を購入するタイプ web割適用で0円 のポケットWifiです。 月額料金は平均3,562円、他社解除料負担有りなら3,062円。 回線はWiMAXを利用しますが、有料オプションでauのLTEを7GBまで使うことができるようになります。 WiMAXはLTE回線を利用するネクストモバイルやどんなときもWiFiに比べるとエリアが狭く、LTEでは繋がるのにWiMAXでは繋がらないという場所が特に地方で多いです。 ただ先ほども述べているように、他社解除料込みだとネクストモバイルに勝る低料金。 解約サポートがあるので、まずはで試してみてダメならネ他に契約を変えるというのも一つの手段ですね。 ちなみに1年以内の解約で19,000円、2年目でも14,000円、3年目以降は更新月以外が9,500円となっています。 初期費用が0円になる「web割」を使って契約した人が更新月以外に途中解約する場合に至っては、キャンペーン違約金として別途9,500円を支払わなければいけません。 いつでも解約サポート紹介先一覧• ソフトバンク光• auひかり• So-net光コラボレーション• ビッグローブ光• broad光withNTT東日本• broad光withNTT西日本• Yahoo! Broad LTE など ここに記載されているのは固定回線のみで、ポケットWifiはありません。 では、ポケットWifiなどは紹介してもらえないのかというと、そういうわけではないようです。 から入って、「webからのお問合せ」を選択すると、「いつでも解約サポート専用お問い合わせフォーム」が出ています。 引用:」 「お乗換えしたいインターネット回線」の候補を見ると、先ほどの一覧になかった「ネクストモバイル」や「ONE MOBILE」「どんなときもWiFi」などがありました。 この情報をもとに後ほどBroad WiMAXでもう一度問い合わせたところ、「ポケットWifiへの乗り換えはできない」という回答は間違っていたと訂正を受けました。 つまり、 乗り換えたい紹介先として、これらのポケットWifiも検討できるということです。 ポケットWifiへの乗り換えを検討していた人は、安心して利用してください。 解約金を気にして納得のいかない契約をだらだらと続けているくらいなら、他の契約先を紹介してもらったほうが良さそうね。 スポンサーリンク いつでも解約サポートを使う時に注意しておきたいこと いつでも解約サポートを利用する前に知っておきたい注意点は以下の通りです。 紹介先を初期契約解除で解約してはいけない• 固定回線の工事費用や初期費用は自己負担• 元のサービスに戻すことはできない 一つずつ確認していきましょう。 いつでも解約サポート窓口で紹介された紹介先での契約が必要 いつでも解約サポートは、あくまでも紹介先のインターネット回線の契約をする代わりに違約金を負担してもらえるというもの。 つまり、解約後に別のネット回線の利用を考えていない場合は、この制度を使うことができません。 今の契約に悩みや不満があって、別のネット回線を検討している人向けの制度である点に注意しましょう。 紹介先を8日以内に解約・初期契約解除制度による解約は、違約金発生 そういうズルいことをした場合は、違約金負担をしてもらえなくなるからやめようね。 ポケットWifiや固定回線版のクーリングオフ制度 初期契約解除制度 を利用して、紹介された契約を無かったことにした場合は、解約時の違約金を請求されることになります。 引用:Broad WiMAX「ト」 どのサイトにもこの点に関してはしっかり記載されているので、ズルいことを考えて解約するのは自分の首を絞めるだけなのでやめておきましょう。 紹介先の回線の工事などの初期費用はあくまでも自己負担 最も注意が必要なのは、いつでも解約サポートで負担してくれるのは、ポケットWifiのサービスに関わる違約金のみで、それ以外に発生する費用は自己負担だということです。 すなわち、 紹介先の固定回線を契約する時の事務手数料や工事費などは全て自分で支払わなければいけません。 固定回線の中には、公式サイトや代理店経由で契約することでキャッシュバックをもらえたり、工事費が割引されるような特典もあります。 そう考えると、 必ずしもいつでも解約サポートを通して契約するのがお得になるとは限らないため、 契約したい固定回線先のサイトなどを見て、よりお得に乗り換えできないかなどをよく確認しておきたいですね。 解約までに開通しない場合は一度違約金を負担しなければいけない 固定回線を紹介してもらった場合、工事の日取りが合わないなどの理由で開通が先延ばしになることがあります。 特に、 引っ越しなどの多い2~5月の繁忙期になると、土日はなかなか希望日が取れないことが多いです。 ポケットWifiの解約予定日よりも開通日が遅くなりそうであれば、 ポケットWifiの解約違約金を一度負担し、後日キャッシュバックを受け取ることになります。 開通工事の費用や新規回線の月額料金など出費がかさんでくるので、乗り換え時は懐の余裕をもって臨みたいですね。 乗り換えたら最後、元の契約先には戻れない いつでも解約サポートの趣旨は、契約や通信状態に何らかの理由があるために解約したい人を他の契約先に紹介するというものです。 したがって、 乗り換えてしまうと元の契約先に戻ることはできなくなります。 気分やノリなどで勢いあまって契約しないように気を付けてください。 再びサービスを利用できるのはいつか? 例えば、Broad WiMAXからどんなときもWiFiにいつでも解約サポートで乗り換えて、その後にネクストモバイルへ乗り換えた時、いつでも解約サポートを利用することは一応可能です。 ただ、一度利用した場合は、最初の利用から1年経過してからしか利用することができません。 解約金が高いうちに解約した方がお得なような気はしますが、規約上それはできないので注意してください。 いつでも解約サポートを使って他社に乗り換える方法 では、いつでも解約サポートを使って、他のインターネット回線に乗り換える方法について見ていきましょう。 ポケットWifi、固定回線ともに、いつでも解約サポートの問い合わせ先は以下の通りです。 乗り換えたはずなのに知らないところから請求が来ている、と焦らないようにしましょう。 速度制限などが気になっている人は、無制限Wifiを使うと無制限の嘘トラップから抜けることができますね。 無制限WiFiも完全に無制限というわけでもないですが、1日20GB程度使っても特に問題なく使えるので、通信の上限に困っているなら無償で乗り換えてしまいましょう。 Broad WiMAXからドコモ光へ乗り換え こちらは光回線に乗り換えた人の口コミです。 乗り換え先一覧にはありませんでしたが、いつでも解約サポートを使ってドコモ光 ドコモの光コラボ を紹介されています。 固定回線となると、WiMAX側や契約先の手続き担当、工事関係者など様々な担当者とのやり取りが必要です。 各担当者と一同に話ができるわけでもないため、手続き自体に労力を取られて疲れてしまうかもしれません。 解約時はいつでも解約サポートを利用するか検討してみよう いつでも解約サポートを利用できるポケットWifiや乗り換え先候補、乗換方法について解説しました。 スマホやポケットWifiの契約は、たとえあまり使ってなかったとしても解約金が気になって契約をだらだらと続けてしまっていることが多々あります。 それくらいなら、もっと納得できる他のネット回線を紹介してくれるうえに違約金を負担してくれる制度を利用したほうが良いでしょう。 ただ、約1~2万円の負担を避けるために無理やり他のネット回線を契約するのもおかしな話です。 いつでも解約サポートのオペレーターと話をして、自分のライフスタイルに合ったネット利用を相談してみてもいいかもしれませんね。

次の

固定回線・ポケットWiFi・テザリングの比較まとめ!【完全版】

どんな とき も wifi 固定 回線

どんなときもWiFiを解約するため「解約方法」や「解約違約金」についての解説しています。 どんなときもWiFiは公式サイトの解約ページからいつでも簡単にできますが、2年間の契約途中に解約すると解約違約金が発生してしまいますし、レンタルしている端末をすぐに返さないと損害金が請求される可能性あるので注意が必要です。 この記事では、どんなときもWiFi解約方法の解説だけではなく、解約前に知っておくべき注意点、違約金が0円になる『いつでも解約サポート』について詳しく説明しています。 最近のどんなときもWiFiは通信障害が起きていて復旧の見込みがなく、利用者は月間25ギガの制限がかけられているので、他社への乗り換えがおすすめです。 【サポート窓口】グッドラックサポートセンター TEL:0120-048-277 受付時間:11:00~18:00 月曜~土曜 どんなときもWiFiの解約時の注意点 どんなときもWiFiを解約する際に、知っておかなければ 損してしまいかねない注意点をご紹介いたします。 更新月以外の解約は違約金が発生 どんなときもWiFiの最低利用期間は2年間です。 契約が満期を迎えるのは24ヵ月目。 無料で解約できる更新月は25ヵ月目となります。 更新月に解約を申し出なければ、契約が自動更新され、新たに2年間の契約が結ばれる仕組みになっています。 自分の更新月が分からない方のために、更新月を確認する方法をご紹介いたします。 契約書類に記載の利用開始日から25ヵ月目を計算 2. メールBOXの受信日時から25ヵ月目を計算 3. 更新月の2ヵ月前に案内がメールが届くので、メールの受信ボックスを確認 2. 解約期限は毎月25日まで どんなときもWiFiの 解約申し込み期限は毎月25日までとなっています。 システムの都合上、毎月26日~月末までの解約は受付けできないので、受付開始は翌月1日以降になるとのこと。 契約は月末まで有効 契約は月末まで有効。 日割り計算はされず、1ヵ月分の料金が請求されます。 即日解約はできません。 つまり、解約の申し出が翌月にずれ込んでしまうと、翌月1ヵ月分の月額料金が請求されてしまいます。 余計な費用をかけず解約したいのであれば、更新月の25日までに解約を申し出るように心がけた方がよいでしょう。 レンタル端末は翌月10日までに返却 どんなときもWiFiで貸与されている 端末は翌月10日までに返却しなければなりません。 返却が遅れたり、返却時に端末が故障していた場合、機器損害金18,000円が請求されてしまうためご注意が必要です。 返却期限は 翌月の10日必着です。 余裕をもって翌月5日までには返却手続きを済ませておいた方がよいでしょう。 返却時の端末故障トラブルが心配な方は、サービス申し込みと同時に加入できる『あんしん補償(月額400円)』オプションをつけておくと心強いです。 あんしん補償未加入の方は、故障時に端末代を弁償しないといけなくなるため、端末の取り扱いには十分お気をつけください。 いつでも解約サポートで違約金を0円にできる どんなときもWiFiには、 条件を満たせば解約違約金0円で解約できるサービス『いつでも解約サポート』があります。 いつでも解約サポートとは? 『いつでも解約サポート』とは、サポート窓口で紹介されるネット回線に乗り換えれば、解約違約金が0円になるサービスです。 『いつでも解約サポート』で紹介可能なネット回線の一例は下記のとおりです。 いつでも解約サポートの申請方法 STEP1. 相談窓口に電話する 「いつでも解約サポート」を利用したい旨を伝えると、知識豊富な専任スタッフが希望を叶えてくれるサービスを紹介してくれます。 いつでも解約サポート相談窓口 TEL:0120-320-146 受付時間:10:00~19:00 月曜~土曜 STEP2. 乗り換え手続き開始 サポート窓口から確認の電話があります。 電話の内容は乗り換え先のサービスの概要、支払い方法、登録情報の確認や今後の流れの説明を受けます。 STEP3. どんなときもWiFIの解約手続き 乗り換え先が固定回線の場合、開通後に解約連絡をいれなければなりません。 乗り換え先がポケットWiFiの場合、報告の連絡は必要ありません。 どんなときもWiFiの端末を速やかに返却し、解約手続き完了となります。 乗り換え先で初期契約解除制度(クーリングオフ)をおこなってしまうと、通常通り解約違約金が発生します。 まとめ どんなときもWiFiは途中解約の違約金が高く、解約時にレンタル端末を返却しなければなりません。 最悪の事態を想定すると、端末を1年以内に壊してしまった場合、解約時に37,000円が請求される恐れがあります。 端末は全く一緒ですが、独自の回線設備を使っているので通信トラブルが起きにくく安心して利用できます。 このようなトラブルを起こさないためにも、この記事でご説明した全情報をお役立ていただければ幸いです。

次の