ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 25。 【感想・ネタバレ】ある日、お姫様になってしまった件について 1のレビュー

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 25

無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、原作では、アタナシアは皇帝にエスコートすらしてもらえず一人ぼっちなのに、ジェニットはイゼキエルに付き添われ、クロードに認めてもらうという華々しいデビュタントをする設定だった。 そして現在、アタナシアはデビュタントのためにダンスレッスンを受けていた。 そのアタナシアの誕生日に、欲しいものしてもらいたいこと、なんでも言ってよいというクロードだが、現状が幸せな彼女は特にないと答える。 クロードはなんだかおもしろくなさそう。 フィリックスにも聞かれるが特に思いつかない。 デビュタントのデビューダンスの相手はどうするのかと聞かれ、フィリックスにすると答えるが、彼は嫌がる。 そのことをルーカスに話すと、クロードが踊りたいに決まっているだろうと指摘される。 だがどうしてもそこまでクロードが自分を好いてくれてるとは思えないアタナシアは、結局フィリックスを選ぶ。 彼女の決定を認めながらも、眉間に皺寄せてお茶を飲むクロード。 ゴーンと聞こえる鐘の音が、運命が開花した音だと勘違いするアタナシアなのだった。 やはりデビューダンスで父と踊るかもしれない、でも父と自分で身長が全然違うし、ハイヒールを履いて踊るから慣れずに足を踏んでしまうかもしれないと説明する。 だからその背の高さに変身し練習相手になれということかとルーカスは理解するが、俺が何故と乗り気でない。 そこで、世界一最強の能力者で宇宙一美少年の、天才魔法使いルーカス様、踊ってくれないかなと、可愛らしく微笑んでみるアタナシア。 ルーカスは、式神のような人型の真っ白でペラペラの紙をいきなり出現させ、俺は忙しいからこれで練習しろという。 いつも寝っ転がりながら何が忙しいのよと言うアタナシアに、俺は毎日息するのに忙しいのだという彼。 仕方なくそのペラペラで練習する彼女だが、ペラペラの足を踏んでしまい、滑って床に転倒する。 笑うルーカスに、これ骨も関節もなくペラペラしていて無理、倒れても支えようともしないし、のっぺらぼうみたいで気持ち悪いと、アタナシアは文句を言う。 ペラペラが傷つくぞというルーカスに、感情があるのと驚くアタナシア。 ルーカスはからかっているだけだ。 ペラペラと練習を続ける彼女だが、もう少し人間ぽいのは作れないのか、できればハンサムなのにしてと頼んでみる。 ルーカスは嫌だと言う。 どうしてと彼女が聞くと、ルーカスは、なぜかわからないが気分が悪いと言い、ムスっとする。 いっそフィリックスに頼んだほうがマシだったかもとアタナシアが漏らすと、お前結構残酷だなという彼。 アタナシアは床に座ると、疲れたと呟く。 そういえばイゼキエルが戻ってきてるみたい、6年も経ったからどのくらい成長したんだろうと言う彼女。 イゼキエルは、アルランタ学術院を首席で早期卒業したらしく、さすが男主人公である。 私だって遊んでばかりではなく一生懸命勉強したしと思っていると、そのシロの息子に興味があるのかと、ルーカスに聞かれる。 イゼキエルとの思い出は黒歴史だったため、事あるごとに思い出して辛かったのだとアタナシアは答える。 そんなに気になるなら直接みてくればいい、俺なら簡単だと言うルーカスは、またもや彼女を空中に瞬間移動させる。 ルーカスを罵りながら落下するアタナシア。 だが彼女はしっかり受け止められた。 大丈夫ですかと微笑む、成長したイゼキエルによって。 会う度に私を驚かせてくれますね、会いたかったですよ天使様と言う彼。 背も伸びすっかり男らしくなったイゼキエルを見て、アタナシアは驚くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」25話の感想 息をするのに忙しいルーカスは、アタナシアの練習相手にならず、ペラペラの紙を用意しました。 彼には愛嬌攻撃が通用しないようです。 ルーカスの気分が悪い理由は何なのでしょうか。 イケメンを用意しろと言ったからなのかと思いましたが、そのわりにはイゼキエルの元へはすぐ飛ばしてくれました。 相変わらずとんでもない所に飛ばすので、アタナシアは移動する度に悲惨な思いをしています。 そんな彼女を今度はしっかりと抱きとめたのは、成長したイゼキエル。 ほんわかした優しい雰囲気はそのままですが、かなり背が伸びました。 アタナシアも驚いていましたね。 まるで待っていたかのような言葉のイゼキエルですが、この後二人はどのような会話をするのか楽しみですね。 今回は瞳の色はそのままなので、宝石眼バレバレです。 皇女だと気づくでしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について 1巻 AKIKO

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 25

悲運のサブキャラプリンセスに転生!? ある時、彼女は自分が 人気のネット小説『かわいらしいお姫様』に登場するお姫様・アタナシアに転生してしまったことに気づきます。 しかし、 アタナシアは18歳の誕生日に父親であり冷酷な皇帝・クロードに殺されてしまうという悲運の持ち主。 なんとか 自らの死亡エンドを回避しようと、アタナシアは奮闘することを決意します。 処刑されてしまう18歳になる前に、この場所から出ていく。 月日を重ねていく中でアタナシアとクロードのふたりがどういった親子関係を築くのか、アタナシアは死亡エンドを回避できるのか。 ぜひご注目ください!• しかし、アタナシアは父親の皇帝・クロードに見捨てられた姫で、周囲にも冷たく扱われている。 小説の中では、妹で主人公姫のジェニットに毒を盛った濡れ衣を着せられ、18歳の誕生日にクロードに殺されてしまう運命のアタナシア。 どうにかして冷酷な皇帝パパから距離をおこうとするけれど、なんだかパパは私をかまいたがっているようで…? 【書誌情報はこちら】 【試し読みはこちら】• 詳細は各店舗にご確認ください。

次の

ある日、お姫様になってしまった件について 1巻 AKIKO

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 25

ある日、お姫様になってしまった件について32話ネタバレ 「姫様」 イゼキエルと別れて、フィリックスの元へ駆け寄るアタナシア。 「パパは?」 「陛下は他のご用件でしばし席を外されました」 (確かにクロードが暇な人間でもな…) ある懸念が過ぎり、アタナシアの動きがピタッと止まります。 (もしかして…) 原作でのジェニットの展開を想像し、悪寒が走るアタナシア。 「すぐにお戻りになりますので、ご心配なさらず」 「!」 微笑みを浮かべながらアタナシアの手を握るフィリックス。 「姫様のデビュタントですから、きっと最後まで一緒にいてくださいますよ。 では姫様、私とも一曲お願いします」 そう言ってにっこりと笑うフィリックスに、アタナシアも笑顔が溢れます。 「ええ、喜んで」 サーッと顔から血の気が引いているフィリックス。 「姫様。 もし私が姫様のお気に召さないことをしていたのでしたら、すみません」 ブーツの上からでもわかるくらい、フィリックスの両足の甲はヒリヒリと赤く腫れあがっていました。 「わかってて踊ろうって言ったんじゃないの?さっき私がパパの足を踏んだの見てたんでしょ?」 「陛下の足もこのように踏まれたのですか?」 びっくりするフィリックス。 「私だけではないのなら、安心しました」 不意にジェニットの後姿を見つけたアタナシア。 (ジェニットがパーティーホールに) 「陛下は少々遅くなられるようですね」 (じゃあクロードの用事はジェニットとは関係ないのかな) 「……」 黙り込むアタナシアを見て勘違いしたのか、フィリックスはこっそりと話かけます。 「姫様。 実は先ほど陛下から命じられたのですが、これ以上他の虫けらが寄り付かないように、姫様のそばをしっかり守るようにとのことです」 虫けら?と疑問符を浮かべるアタナシア。 「その気持ちがわからないわけではありませんが…」 フィリックスはアタナシアの肩を持ってくるりと方向転換させます。 「今日は姫様のための日ですから仕方ありませんね。 後で少し怒られるでしょうが…」 (えっ?) トンとアタナシアの背中を押すフィリックス。 「私が後ろをお守りするので、どうか心ゆくまでお楽しみください」 アタナシアの周りには、いつの間にかたくさんの令息令嬢たちが集まっていました。 (なっ、何?いつこんなにたくさんの人が集まってたの!?) 「アタナシア様、お会いできて光栄です」 「私はゲール侯爵家門の…」 「私の名前は…」 (ええ??) 「よろしければ次の曲は私と一緒に…」 「デビュタント、心よりお祝い申し上げます」 呑気に「楽しく遊んできてくださいね」と手を振るフィリックス。 (うわあ助けて!) * 「パパ!」 駆け寄ってきたアタナシアとフィリックスの姿に、クロードは「まだデビュタントが終わってないはずだが」と口を開きます。 「もうほぼ終わったから帰ろうと思って」 (休みたい。 今すぐ帰って布団の中に入りたい) 「あれほど待ち望んでいたデビュタントなのに、どうしてもう帰るんだ?」 「え?たっ、ただ…」 「面倒なやつがいたのか?」 (うっ、するどい) ハッとするクロード。 「誰かに傷つけるような言葉や行動でもされたのか?」 (ん?それってどういうこと?) 「…フィリックス・ロベイン」 クロードが言った瞬間、即座に片膝をつくフィリックス。 (えっ?) 「はい、陛下」 「俺がいない間、姫の面倒を見るよう命じたはずだが?」 「申し訳ございません陛下。 私の力不足ですべて把握することはできませんでした」 (えっ?) 「会場に戻る。 どうやら俺が最近大人しすぎたようだな」 (????) 「パ…パパ?」 「心配するな。 早く死にたくてもがいている連中がいるようだからな」 アタナシアへ寄せられるクロードの瞳は、見る者すべてが卒倒しそうなほど冷淡な色を浮かべていました。 「よくも俺の娘に…。 妄言を吐いた者は舌を焼き尽くし、礼儀知らずな振る舞いをした者は手足を切り落とし、城門の前にぶらさげて見せしめにしてやろう」 ゾッとするアタナシア。 「フィリックス。 姫をエメラルド宮に連れて行け」 「パ…パパちょっと待って行かないで!」 アタナシアは思わず力いっぱいクロードの腕を掴みます。 「怒らないで。 私傷ついたことなんて一切なかったよ」 「隠す必要はない。 誰であっても探し出して殺…」 「私はパパの娘なんだから誰もそんなことできないよ」 「ならどうして急に出てきた?虫けらがお前に変なことを言ったりしてきたんじゃないのか?」 (うわああいきなりどうなってんのよ) 「パパの姿がずっと見えないから私が探しにきたんだよ!」 ぴえーん、と泣きわめくアタナシア。 「パパと一緒にいたくて来たのに、またパパが中に行っちゃったら意味ないよ!」 固まるクロード。 徐々に、禍々しい黒いオーラが収束していきます。 (つっ、通じたかな?) 「いいからもう私と一緒にエメラルド宮に行こうよ。 宴会場は人が多くてうるさいから、もう入りたくないのよ」 (何よこれ!私は自分一人の命を守るのさえ大変なのに、他の人の命まで守り中) 「仕方ないな、エメラルド宮に行こう」 (や、やった!) 「急用があったのではありませんか?」 「こんなに望んでいるのに、少しくらい時間を作ってやっても良いだろう」 (あはは、それはどうも…。 あっ) 目を見開くアタナシア。 (このまま帰ったらジェニットと会わないで帰るんじゃ?) 「そういえば姫様、リボンがなくなってますよ」 フィリックスの言葉に、腰に巻いていたリボンがなくなっているのに気付きます。 「あっ、ホントだ」 「フィリックス、探して来い」 「大丈夫、このまま行こう」 (ダンスホールで踏まれてボロボロになってそう」 その時 「アタナシア姫様」 アタナシアの時が止まります。 クロードはおもむろに振り返りました。 「こちらを落とされましたよ」 振り返った先にあったのは、アタナシアのリボンを手にしたジェニットの姿でした。 (ジェニットがどうしてここに?) 32話はここで終了です。

次の