エキシラーマックス。 エキシラーマックス通販|早漏+ED薬|改善・防止|効果・副作用

エキシラーマックス通販|早漏・ED改善|グー薬局

エキシラーマックス

商品詳細 効果 【シアリス】と同じ有効成分タダラフィルが血管を拡張、陰茎部への血液流入を促し勃起させることで、 勃起不全や中折れといったED症状の改善・治療に効果があります。 早漏防止薬の【プリリジー】と同じ有効成分ダポキセチンが、脳と身体をリラックスした状態にし、性的興奮を抑制することで脳へ伝わる刺激を減らし、 射精までの時間を約3~5倍延長する効果があります。 特徴 ・エキシラーマックスはSAVA Healthcare Limited社で開発されたEDと早漏を同時に改善することができるジェネリック医薬品です。 ・エキシラーマックスはシアリスのジェネリック「エキシラー」に早漏防止成分「ダポキセチン」が配合された医薬品です。 ・ED治療薬シアリスの有効成分「タダラフィル」と早漏防止薬プリリジーの有効成分「ダポキセチン」が1錠に含まれています。 ・水に溶けにくい成分で穏やかに吸収されるため、 最大36時間と長時間の効果、また、 副作用が出にくいといわれます。 ・脂肪分を抑えたメニューで、摂取量が800kcal未満(ご飯2杯(470g以下))であれば食事の影響を受けづらいです。 ・形は楕円で、黄色い錠剤です。 ・当サイトでは80mgの購入が可能です。 ・シアリスやプリリジーと比較すると 約4分の1の価格で購入することができます。 ・エキシラーマックスの服用が向いている人 ・EDと早漏の2つの症状に悩んでいるので、どちらにも効果がある薬が欲しい ・パートナーと何度も性行為がしたいので効果時間が長いものを探している ・一度の性行為で挿入時間を長く保ちたい 時間 【タダラフィル】服用後、約1~3時間で効果があらわれ、持続時間は約30~36時間です。 【ダポキセチン】持続時間は約4~6時間です。 成分や効果が似ている商品 ・ (長時間持続効果が特徴のシアリスのジェネリック) ・ (水なしで服用できるチュアブルタイプのジェネリック) ・ (フィルムタイプで即効性に優れ、持ち運び便利) 服用・使用方法 1日1回、性行為の約1時間前に水またはぬるま湯で服用します。 食事の直後に服用すると十分な効果を得られないことがあるため、空腹の状態、または食後2時間以上空けてから服用するようにしてください。 副作用 【タダラフィル】 主な副作用では、ほてり、頭痛、鼻づまり、めまい、視覚障害が報告されています。 頭痛、鼻づまりがひどい場合は頭痛薬、鼻炎薬を併用することで症状を軽減することができます。 併用による問題は特にありません。 主な副作用では、下痢、吐き気、頭痛、めまい(起立性低血圧)、睡眠障害、のどの渇きが報告されています。 コップ1杯の水を補給してから服用することで、効果が出やすくなるうえ下痢の副作用が起こりづらくなる。 といわれています。 これらの症状は薬が作用していることで起こります。 作用が薄れていくと同時に副作用も徐々に落ち着くことがほとんどです。 薬の効果が切れているにもかかわらず、症状が落ち着かない。 悪化する。 または、4時間以上痛みを伴う勃起が続く(持続勃起症)といった場合は服用を中止し、医師の診察を受けてください。 有効成分 タダラフィル(Tadalafil) 20mg ダポキセチン(Dapoxetine) 60mg 関連トピック メーカー 発送国 シンガポール・インド 注意点 服用・使用時の注意点 ・次回の服用までは24時間以上空けるようにしてください。 ・たくさん飲んでも効果の強さは同じです。 副作用を強く引き出してしまうことがあるので摂取量を守って服用してください。 ・副作用が心配な方はを使ってカットし、少ない成分量から服用を開始してください。 ・勃起状態にするには性的刺激が必要です。 服用をしても性的な刺激がなければ通常時の状態のままで勃起することはありません。 ・タダラフィルはエネルギーが800kcal未満の食事であれば影響を受けづらいとされていますが、脂質と相性が悪いため脂質の摂取量によっては効果が出づらい場合があります。 ・グレープフルーツ(ジュースも含む)との併用は控えましょう。 薬の血中濃度を高めてしまい効果や副作用を過剰に強めてしまうことがあります。 ・飲酒は可能ですが、多量の飲酒は控えましょう。 血管拡張作用によりアルコールの作用を強め、酔いを促進させてしまう恐れがあります。 ・カフェインと同時に服用するのはやめましょう。 胃に負担をかけてしまい胃痛が起こる場合があります。 ・服用後、一時的にめまいや視覚障害があらわれることがあります。 車の運転や機械の操作、高所で作業を行う際には十分な注意が必要です。 併用注意 ・現在、持病や疾患をお持ちの方 ・過去になんらかの病気にかかったことがある方 ・過去に医薬品を使用し、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人は服用前に一度医師に相談をし、併用しても問題ないか確認する必要があります。 併用禁忌 【タダラフィル】 「ニトログリセリン」「亜硝酸アミル」「硝酸イソソルビド」等を含む降圧剤や遮断剤との併用は禁忌とされています。 また、アミオダロン塩酸塩が成分となる医薬品 抗不整脈薬 や、リオシグアトが成分の医薬品 肺高血圧症薬 も併用禁忌薬です。 【ダポキセチン】 「トリプトファン」「チオリダジン」「セイヨウオトギリソウ」等を含むSSRI、SNRI、MAO阻害薬(抗うつ薬)との併用は禁忌とされています。 また、テリスロマイシン、リソゾリドが成分となる医薬品(抗生物質)や、プロテアーゼ抑制剤が成分となる医薬品(HIV治療薬)も併用禁忌薬です。 保管方法 ・高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。 ・子供の手の届かないところに保管してください。 ・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。 結露により性質が変わったりコーティングが溶けてしまうことがあります。 ・他の薬と混ぜないように保管してください。 成分が作用し合い、性質が変化したり形状が崩れる可能性があります。 ・容器の移し替えはせずそのまま保管してください。 誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。 どうしてもの場合は飲む分だけを移し替えるようにしてください。 ・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。

次の

エキシラーマックス通販|早漏・ED改善|グー薬局

エキシラーマックス

エキシラーマックス エキシラーマックスは、サバヘルスケアが開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。 早漏治療薬であるプリリジーとED治療薬であるシアリスの2つの有効成分を配合しています。 ダポキセチンとタダラフィルが 射精を遅らせ勃起効果を長時間持続し、意図しないタイミングでの射精を防ぐことができる商品です。 在庫あり• 勃起力アップの効果は、早い方で服用後1時間前後から効き始め、最大36時間まで持続するため、加齢とともに男性としての自信を失いつつある方から早漏に悩む若い方まで幅広くお使いいただけます。 エキシラーマックスはジェネリック医薬品で、先発薬より安価であり続けやすいこともメリットです。 エキシラーマックスの効果 エキシラーマックスの有効成分タダラフィルは、効果の持続時間が長く、最大36時間の勃起持続効果を発揮します。 もうひとつの有効成分ダポキセチンは、脳の伝達物質であるセロトニンの濃度を高めることで、性的興奮が収まり射精を延長します。 エキシラーマックスの効果について詳しくはこちら• 参考文献 エキシラーマックス(タダラフィル)の効果について詳しくはこちら エキシラーマックスの作用時間 EDの症状を解消する効果が 最大36時間持続します。 さらに、性行為を行う際には 射精に至るまでの時間を約3~4倍に引き延ばすことが可能です。 エキシラーマックスの適応症状 エキシラーマックスは、ED(勃起不全)と早漏の症状を同時に改善します。 ・EDを患っている方 ・焦りやプレッシャーで思うように勃起しないと感じる方 ・勃起はするが途中で萎えてしまう方(中折れ) ・早漏症を患っている方 ・本人の意思に反して、射精に至っている方 ・パートナーとの良好な関係を取り戻したい方 エキシラーマックスの有効成分 エキシラーマックスの有効成分タダラフィルの「血管拡張促進作用」と、有効成分ダポキセチンの射精を遅らせるための「セロトニン分泌増加作用」が同時に働きかけ、双方の問題を解決へと導きます。 エキシラーマックスの有効成分について詳しくはこちら• 参考文献 エキシラーマックス(タダラフィル・ダポキセチン)の有効成分について詳しくはこちら エキシラーマックスの含有量・内容量 1箱4錠入りとなっています。 製薬会社 サバヘルスケア サバヘルスケアは、インドの製薬会社サバグループのグループ会社です。 WHO GMPの承認を受けた安全性の高い施設を有しており、インド国内でも高い知名度を誇ります。 シアリスのジェネリック医薬品の開発・製造をメインとしています。 製薬会社 関連商品 その他の商品 エキシラーマックスと同じ効果を得られるジェネリック医薬品です。 ・ 人気のシアリスジェネリック・タダライズに早漏防止効果を加えた治療薬 ・ EDと早漏、男性特有の2大障害をまとめて解決してくれる画期的な治療薬 ・ タダラフィル40mgとダポキセチン60mg配合したED・早漏防止治療薬 この他のジェネリック商品はこちら 早漏防止薬+ED治療薬 エキシラーマックスの有効成分タダラフィル以外の成分と有効成分ダポキセチンが配合された医薬品です。 ・ 早漏改善成分ダポキセチンにバイアグラの効能を配合した治療薬 ・ 早漏改善効果にレビトラのジェネリック・サビトラを併せ持つ治療薬 ・ アバナ100mgの効能に早漏防止成分ダポキセチンを配合した治療薬 この他の早漏防止成分を混合した商品はこちら この他のED治療薬の商品はこちら 用法用量 エキシラーマックスの服用方法 性行為の約1時間前を目安に、コップ1杯程度の水、もしくはぬるま湯にて服用してください。 ただし、タダラフィルが有する効果をしっかりと感じるためには、3~4時間前の服用をおすすめします。 成人の服用摂取量は1日1回までとし、必ず24時間以上の間隔を空けるようにしましょう。 エキシラーマックスの推奨用量 タダラフィルが含有されている薬は、1回服用につき、10mgが推奨用量となっています。 またダポキセチンが含有されている薬に推奨される開始用量は30mgです。 過剰投与による効果増大は期待できません。 エキシラーマックスの服用時の注意 食事の影響 エキシラーマックスの有効成分であるタダラフィルは、ED治療薬の中でもっとも食事の影響を受けにくい薬です。 800kcal以内であれば、服用直前の食事でも効果に影響を与えません。 ただし、よりよい効果を望むのであれば、空腹時の服用が最適です。 重い食事をすると影響が現われやすくなるため、食べ過ぎには注意をしましょう。 十分な水分補給の推奨 エキシラーマックスはたっぷりの水もしくはぬるま湯をともに飲むようにしてください。 4~6時間以上水分を取っていない、長時間発汗している、下痢気味であるなど、体が脱水している状態で服用してはいけません。 めまい・失神などを起こす危険性を回避するために、しっかりと水分補給をしてから服用しましょう。 アルコールの影響 エキシラーマックスを服用する時に、アルコールの摂取は避けてください。 アルコールとダポキセチンとの組み合わせは、アルコールに関連する神経認知効果を増加させ、また失神などの有害な神経心臓発作の影響を増大させる可能性があります。 それによって、偶発的な障害のリスクが増大する危険性が高まります。 眠気・めまいなどが発症しやすくなりますので、服用の際には、車の運転または危険な機械の操作を避けるようにしてください。 エキシラーマックスの服用方法について詳しくはこちら 副作用 主な副作用 頭痛、ほてり、潮紅、めまい、視覚異常、結膜炎、胸痛、動悸、頻脈、鼻炎、睡眠障害、嘔吐、下痢、疲労感、ねむけ、のどの渇き、起立性低血圧など 頭痛、ほてりの症状は、服用により血管が拡がっている状態ですので、2~3時間も経てば薬の効果とともに落ち着きます。 嘔吐、下痢などの副作用を予防するため、水分が十分に補給されている状態で服用ください。 また、めまいや、視覚障害に注意をはらい、車の運転、高所作業、機械操作等は十分に注意してください。 稀な副作用 少数ではありますが、持続勃起症(プリアピズム)が報告されています。 勃起が4時間以上続く場合は、すみやかに処置を行なってください。 また、急に立ち上がった時に起こる症状にて、ふらつき、四肢または全身のしびれ、気が遠くなる等の、起立性低血圧の症例が報告されています。 程度を問わず、副作用の症状が、服用後1日以上続く場合、無理をせず、かかりつけの医師に診断を受けてください。 エキシラーマックスの副作用について詳しくはこちら• 参考文献 エキシラーマックス(タダラフィル・ダポキセチン)の副作用について詳しくはこちら 使用上の注意 エキシラーマックスの服用に注意する人 次の人は、服用に注意する必要があります。 ・陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人 ・PDE5 阻害薬または他の勃起不全治療薬を使用している人 ・出血性疾患または消化性潰瘍のある人 ・高齢(65 歳以上)の人 ・早漏とうつ病をもつ人(特に自殺念慮と関連のあるうつ病、躁うつ病) ・統合失調症の人 ・てんかん既往のある人 ・緑内障の人 ・抗精神病剤を使用している人 ・出血傾向の人 服用前にかかりつけ医師にご相談ください。 エキシラーマックスの併用注意 併用を注意するものがあります。 ・グレープフルーツ(ジュースも含む)との併用は控えてください。 ・脂質の摂取量にお気をつけください。 ・過度のアルコール摂取はお控えください。 ・カフェインでの服用はお控えください。 ・うつ病以外の精神的健康問題の薬 ・非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェン、アセチルサリチル酸など) ・ワルファリンなど血を薄くする薬 ・高血圧や胸痛や前立腺肥大症の治療に使用される特定の医薬品は、血圧を下げる可能性があります。 ・真菌感染のための特定の他の薬剤(フルコナゾール) ・HIVのための特定の他の医薬品(アンプレナビル、フォスプレナビル) ・エリスロマイシンおよびクラリスロマイシンのような感染症を治療するための特定の他の抗生物質 ・アプレピタントなど吐き気を治療するための薬 いずれかの薬を服用している場合は、医師または薬剤師に相談してください。 エキシラーマックスの併用注意について詳しくはこちら エキシラーマックスを服用してはいけない人 次の人は、この薬を使用することはできません。 ・過去にエキシラーマックスに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ・ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している人 ・心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人 ・不安定狭心症の人または性交中に狭心症を起こしたことがある人 ・安定しない不整脈の人、低血圧の人または安定していない高血圧の人 ・最近3ヵ月以内に心筋梗塞を起こしたことがある人 ・最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことがある人 ・網膜色素変性症の人 ・過去に失神の経験がある人 ・過去にうつ病を患ったことがある人または重度のうつ病の人 ・肝臓に中等度または重い障害がある人 上記に該当する人は、この薬を服用しないでください。 ご自身で判断できない場合は、この薬を服用する前に医師または薬剤師に相談してください。 エキシラーマックスの併用禁忌薬 この薬には併用してはいけない薬があります。 ・硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) ・sGC刺激剤 リオシグアト(アデムパス) ・MAO阻害剤(セレギリン塩酸塩、エフピー) ・ピモジド(オーラップ) ・チオリダジン ・リチウム ・リネゾリド ・トリプトファン ・セントジョンズワート ・トラマドール ・ケトコナゾールおよびイトラコナゾールを含む特定の真菌感染用医薬品 ・リトナビル、サキナビル、ネルフィナビルおよびアタザナビルを含む特定のHIV用医薬品 ・テリスロマイシンを含む感染症治療のための特定の抗生物質 ・ネファゾドン(抗うつ薬)、その他のうつ病治療薬 他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談してください。 エキシラーマックスの併用禁忌について詳しくはこちら• 参考文献 エキシラーマックス(タダラフィル・ダポキセチン)の併用禁忌について詳しくはこちら 保管方法と取り扱い上の注意 エキシラーマックスの保管方法 ・この医薬品は特別な保管条件を必要としません。 ・子供の手の届かない所に保管してください。 誤って服用する可能性は避けましょう。 ・割った錠剤は、ラップで包み、密閉できる容器に保管することをおすすめします。 割った錠剤はコーティングが剥がれているため、湿気を帯びやすくなり、錠剤がボロボロに崩れる恐れがあります。 ・ピルケースでの保管をおすすめします。 エキシラーマックスの取り扱い上の注意 ・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください 効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼす恐れがあります。 ・排水や家庭廃棄物を介して薬を投棄しないでください。 使用していない薬を捨てる方法については、薬剤師に相談してください。 これらの措置は、環境を保護するのに役立ちます。 商品情報 エキシラーマックスの商品分類 医療用医薬品:ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。 ジェネリック医薬品について詳しくはこちら エキシラーマックスの形状・剤形 経口服用タイプの錠剤 エキシラーマックスの対象性別 EDと早漏症の同時治療を目的とした成人男性 関連ページ 早漏とは男性特有の性機能障害で挿入前もしくは挿入してすぐに、意志に反して早く射精してしまう状態のことを指します。 早漏症の原因や症状、その対策や改善・治療方法などのすべてを分かりやすく説明しています。 早漏防止薬とは、男性特有の性機能障害である早漏に効果をしめす医薬品です。 精神的ストレスを緩和させたり、陰茎の刺激に対する過敏状態を緩和させ、早漏を防止ます。 服用タイプ・塗布タイプなど多種多様の医薬品があります。 どういう症状がED・勃起不全・インポテンツと言われるか、セルフチェックの方法、勃起の仕組みやEDの予兆、器質性・心因性・混合性などEDの原因、改善方法や予防策、治療方法、ED治療薬について総合的な説明をしています。 ED治療薬・勃起薬・精力剤の違い、効果作用、どんな人に合っているか、バイアグラなどED治療薬の種類、気になる副作用や注意事項、精力増強剤について、正しい飲み方、入手方法、自分に合った薬の選び方などを解説しています。 バイアグラ・レビトラの後に開発された第3のED治療薬として、世界シェア率トップを誇る医薬品です。 効果、副作用、服用方法、有効成分タダラフィル、ジェネリック医薬品、購入方法など全てを説明しています。 タダラフィルとは|第3のED治療薬シアリスの有効成分です。 タダラフィルの作用機序や効果、含有する医薬品、服用方法、副作用、注意事項、併用禁忌、確実な入手方法などを知って、充実したナイトライフを送りましょう。 参考文献 医薬品情報サイト さまざまな症状や世界各国の医薬品、またそれらの有効成分について書かれたアメリカの情報サイトです。 薬の効果や服用方法だけではなく、有効成分の作用機序や相互作用、また医療関係者向けの情報と患者向けの情報が調べられます。 アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。 成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。 作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。 病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。 各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。 ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典(海外版)です。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。 製薬会社サイト サバヘルスケアは、インドの製薬会社サバグループのグループ会社です。 WHO GMPの承認を受けた安全性の高い施設を有しており、インド国内でも高い知名度を誇ります。 シアリスのジェネリック医薬品の開発・製造をメインとしています。 行政機関サイト 生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。 医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の

エキシラーマックス

エキシラーマックス

エキシラーマックスは、SAVA Healthcare社が開発したプリリジー(早漏防止)+シアリス(勃起促進)のジェネリック薬です。 商品説明 エキシラーマックスは、SAVA Healthcare社が開発した早漏とEDのふたつの症状を同時に解決することができるハイブリッド治療薬です。 ED治療薬として有名なシアリスと早漏防止薬として有名なプリリジーの有効成分を配合した商品です。 勃起促進効果として先発薬シアリス同様、最大36時間の持続効果を得る事ができ、早漏改善効果としては、通常の射精到達時間を3~4倍まで延長させます。 男性特有のコンプレックスであるED(勃起不全)を患っている方の3分の1が早漏症を患っているといわれています。 いずれの症状もストレスなどからくることが多いとされています。 エキシラーマックスは、長時間にわたるED改善効果と早漏防止効果で、男性としての自信を取り戻させる画期的な治療薬です。 有効成分は、シアリスの主成分と同じタダラフィルとプリリジーの主成分ダポキセチンになります。 タダラフィルは、食事の影響も受けづらく、ゆっくりと体内に浸透することから副作用も少ない有効成分です。 ダポキセチンは、元は抗うつ剤に使用されていた成分ですが、その後の研究過程から早漏防止効果があることが発見された、世界でも唯一認められている内服薬タイプの早漏防止効果のある成分です。 エキシラーマックスを服用し、快適なナイトライフを送りましょう。 服用方法 1日1回性行為の3~4時間前に経口服用します。 服用してから体内浸透までに時間がダポキセチンは1~3時間、タダラフィルは1~4時間で効果が得られるといわれております。 そのため、当サイトでは、余裕をもって3~4時間前に服用されることを推奨しております。 食事への影響はないといわれておりますが、効果を得る為に出来るだけ空腹時に服用されることをおすすめします。 過度なアルコール摂取時は本来の効果が得られない可能性がありますのでご注意ください。 初めて服用される方は、副作用の確認もかねて、錠剤を2分の1にカットするなどして、少量からお試しになるのがよいでしょう。 服用後、次に飲むまでの間隔は、24時間以上あけてください。 副作用 頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、はき気、下痢、不眠、疲労感、視覚異常など 重い副作用の事例は滅多にないとされておりますが、可能性がゼロではありません。 副作用として多くみられるのが頭痛やほてりです。 局所的とはいえ、血管を拡げる作用のある医薬品ですので、時間の経過とともに症状が軽くなる程度のものでしたら特に問題ないでしょう。 ダポキセチンの含有量が多ければ多いほど、効果発現が持続することは臨床試験でも検証されていますが、その分、副作用が強くでる可能性も高まります。 しばらくしても副作用がおさまらないようでしたら直ちに受診するようにしてください。 本来的に性交は心臓への負荷がかかる行為です。 心臓に障害があり、性行為が不適当と考えられる方にはおすすめできません。 健康な方に比べ、リスクが伴うことが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。

次の