あらかじめ 語 られる ロマンス 歌詞。 ロマンス~オペラ「パトラン先生」より

禁じられた遊び(愛のロマンス)ギター名曲

あらかじめ 語 られる ロマンス 歌詞

グリンカ/歌曲集「ペテルブルグよ、さようなら」 グリンカ/歌曲集「ペテルブルグよ、さようなら」 M. Glinka : A Farewell to St. Petersburg グリンカの残した歌曲作品の中で、まとまった歌曲集としては、この「ペテルブルグよ、さようなら」ただひとつのようでございます。 「ペテルブルグよ、さようなら」は全12曲から成っておりますが、それぞれの曲の内容は互いにストーリー的な関連性のようなものがあるわけではなく、たとえばシューベルトの「冬の旅」のような意味での連作歌曲集ではございません。 シューベルトでいうなら、「白鳥の歌」のような歌曲集に近いと思われます。 ただし、「白鳥の歌」とは異なり、「ペテルブルグよ、さようなら」の方は、全曲がただひとりの詩人ネストル・クコルニクの詩に拠っております。 クコルニクは単にグリンカの同時代人というばかりでなく、グリンカとは親交のあった詩人のようで、たとえば第3曲の「ボレロ」などはグリンカの作曲したピアノ曲に、後からクコルニクが歌詞をつけたということですから、二人はかなり親しい友人だったのかもしれません。 「ペテルブルグよ、さようなら」は1840年、グリンカ36歳の年の作品でございます。 寡聞にして、私はこの歌曲集がどのような経緯で書かれたものだか存じませんが、19世紀ロシア最初の大作曲家グリンカの唯一と申してよいこの歌曲、ぜひ全曲を音にしてみたいと思い、拙いながらも独奏弦楽器とピアノ伴奏の形で再現してみることにいたしました。 12〜2010.

次の

あらかじめ語られるロマンス 歌詞 乃木坂46 ※ uk.mylively.com

あらかじめ 語 られる ロマンス 歌詞

高木綾子さんのCD [1]でこの曲を聞いて以来、良い曲だなぁと思いながらちゃんと調べていなかったのを反省してちょっと調べて見ました。 フランソワ・バザン [2]の喜歌劇「パトラン先生」 1856 は、その中の「ロマンス」こそ演奏される機会がありますが、現代ではほとんど演奏されなくなってしまったオペラです。 笑いの中に、時代の流れに取り残されてゆく人の悲哀を埋め込んだ名作 [5]で、他の笑劇の三倍の長さを持つ点でも、また質的にも中世喜劇の代表作 [10]といわれます。 ちなみに、。 パトラン先生は、フランスはバス=ノルマンディー地方の小さな村の貧乏弁護士先生。 当時は国の制度が徐々に整い、正式な教育を受けた弁護士も出始めたところ。 パトラン先生は残念ながらそうした専門教育は受けていない、前世代の弁護士に属します。 当然、ちゃんと教育を受けた人たちに仕事を奪われて貧乏暮らしで、彼も奥さんも穴の開いた服を着ているような状態。 そこで、パトラン先生一計を案じ、布屋のギヨーム(Guillaume Joceaulme)のところに行ってお世辞おべんちゃらを言って、6ヤードの高級生地をツケで売るように説得します。 パトラン先生は早速布地を持って家に帰ると、ギヨームがお金を取りに来ることを奥さんのギユメット(Guillemette)に告げ、パトラン先生がすでに3ヶ月も床に臥しているように振る舞うように言います。 ギヨームがお金を取りに来ると、そこには長患いで錯乱したパトラン先生がいたので、お金の回収を諦めて帰ります。 そこへ、羊飼いのティボーがパトラン先生に助けを求めにやってきます。 彼はギヨームの羊を盗んで食べてしまっていて、それが見つかって訴えられたのです。 パトラン先生のところへは弁護をしてもらいに来たわけです。 久しぶりの仕事、もちろんパトラン先生は受けます。 そして、ティボーには、裁判では羊が啼くみたいに「メー」としか言うなと命じます。 狂人を装って裁判を乗り切ろうというわけです。 さて、裁判の場、ギヨームはティボーの弁護人が変装したパトラン先生であることを発見します。 彼は、裁判官に、パトラン先生に布地を騙し取られたことと、ティボーに羊を盗られたことを両方話そうとしますが、話がごちゃごちゃになってうまくいきません。 一方、証言を求められると、ティボーは「メー」としか言いません。 パトラン先生の策略がまんまと成功して、無事(?)ティボーは無罪を獲得します。 そこで、パトラン先生はティボーに弁護料を請求します。 ところが!ティボーはやはり「メー」としか言いません。 パトラン先生の画期的な戦術が今度は自分に対して使わていることに気づき、パトラン先生は諦めて帰ってゆきます。 この原作では、登場人物は5人。 抜け目がなく、口がうまい。 ギユメット Guillemette — パトラン先生の妻。 パトラン先生が病気だと装い、ギヨームを騙す。 ギヨーム・ジョソーム Guillaume Joceaulme — パトラン先生に布地を売る服屋。 非常に不誠実な男だが、今回は騙されてしまう。 最後にはパトラン先生を騙す。 裁判官 Le Juge — ギヨームと羊飼いの間の裁判を行う。 しかしながら、バザンのオペラでは登場人物が追加されています [9]。 (「天使のような」という意味)• シャルロ Charlot — 布屋のギヨームが後見人をする少年• ボビネット Bobinette — パトラン先生のメイド。 愛しているのに、その愛はうまくいっていません。 シャルロは思いを溢れさせます。 I see again you when I drowse In a mysterious dream. あ、でも、以前高木綾子さんと宮崎のお好み焼き屋さんで隣になった時 [1]、「ファンです、サインしてください」って言えなかった僕も捨てたもんじゃないか(笑。 では、Piotr Beczala の演奏で、どうぞ。 [1] 〜どうでも良いけど、一回だけお好み焼き屋さんのカウンターで偶然お腹の大きかった高木さんと隣りに座ったことがある…。 宮崎国際音楽祭にストラヴィンスキーの「きつね」に出演した打ち上げで。 サインもらえばよかった…。 まだ多分学生さんだった高木さんの「ブエノスアイレスの冬」を車の中でFMラジオで聞いて以来ファンなのですよ。 [4] 1457年作の韻文劇。 フランス最初の喜劇とされている。 初版は1464年。 「ラブレーをはじめとする16世紀の作家・劇作家たちに影響を与えただけでなく、現代フランス語にすらその痕跡を残した中世演劇の一大傑作」 [6]。 「混乱を極める法廷シーンでの判官の台詞、「羊の話に戻ろう」は、「本題に戻ろう」という意味の慣用句にもなっているとか。 」 [7] [5] 当時は非常によく演じられ、今でも演じられているようで、Youtubeには子供たちが演じている版などがたくさんアップされています。 ocn. htm.

次の

百万本のバラ ロシア歌謡曲

あらかじめ 語 られる ロマンス 歌詞

Musique tendre des paroles, Comme un sanglot de rossignols. Si tendre qu'on voudrait mourir, Sur la bouche qui les soupire! Et l'on n'entend battre qu'un coeur, Musique et silence de l'heure! ひとときの静けさに 心はひとつの心のことを愛する 行かせるが良い、そして眠らせよ 愛するものの心の上で! 優しき音楽の語り口は まるでナイチンゲールのすすり泣き とても優しすぎて死にたくなる者も出てくる 溜息をつく口の上で 人生の燃えるような陶酔感に 幸福な恋人は恍惚とする そして心臓の鼓動を聴く 音楽と、ひとときの静けさを 同じ「ロマンス」というタイトルの歌曲は、やはり同じポール・ブルジェの手になる別の詩につけた1891年の「2つのロマンス」の第1曲の方が良く知られていますが、この1883年作のロマンスもなかなかに美しく魅力的な曲です。 この頃のドビュッシーのポップソングかと見まがうばかりの旋律美は控え目で、むしろ中期以降の彼のスタイルを彷彿とさせる幻想的な雰囲気が強い曲ではありますが、後半部へ向けてのたたみかけるような盛り上がりはやはりポップです。 歌詞も見るからにロマンティックですね。 若きドビュッシーを育てた(不倫相手でもありましたが)ソプラノ歌手であったヴァニエ夫人に捧げた歌曲として最近良く取り上げられるようになった作品でしょうか。 EMIの歌曲全集録音には含まれておりませんでしたが、Sonyにあるドーン・アップショーの実に見事な歌唱で聴くことができます。 2009. 31 藤井宏行 ).

次の