ポケモンサンダー育成論。 【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン育成論まとめ】サンダーの調整と対策 USUM

ポケモンサンダー育成論

高火力が出せる上に、特性「がんじょう」により1回の行動が保証されるので、多くのポケモンと対面で戦うことができます。 ただし、特性を無視する「かたやぶり」を持つポケモンには注意が必要です。 命中不安だがダイサンダーの威力が上がる。 威力140のはがね技。 てっぺきで防御を2段階上げることで、多くの物理ポケモンの技を受けつつ、ボディプレスの威力を上げて攻撃していくことができます。 また「みがわり」を採用することで「ナットレイ」や「エアームド」などの受けポケモンに対しても強く出れる点も魅力のポケモンです。 ダイスチルで防御を上げられる ジバコイルの役割と立ち回り 特性「がんじょう」を持つ高火力アタッカー ジバコイルは、優秀な特性「がんじょう」を持つ高火力アタッカーです。 高い特攻種族値と「がんじょう」による1回の行動が保証されるので、多くのポケモンと対面で戦うことができます。 また、フェアリータイプに対してタイプ一致で弱点を突ける上に耐性を持っている貴重なポケモンなので、フェアリータイプ対策としても活躍できます。 受けポケモン対策としても活躍 鉄壁ボディプレ型にすることで、受けポケモンの対策としても活躍できます。 特に「ナットレイ」や「エアームド」、「アーマーガア」などのはがねタイプの受けポケモンは、「じりょく」で逃さず戦うことができるので、これらの受けポケモンが重いと感じる場合はパーティに採用してみましょう。 じめんタイプに注意 ジバコイルは「はがね・でんき」タイプのため、じめん技が二重弱点になります。 じめん技を使うポケモンと対面した場合は、裏のポケモンに引く立ち回りを行いましょう。 ジバコイルの対策 じめんタイプで対策 ジバコイルは、じめん技が二重弱点のため、じめんタイプで対策しましょう。 特に「かたやぶり」で「がんじょう」を無視して二重弱点を突けるドリュウズが対策としておすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】ローブシンの育成論と対策

ポケモンサンダー育成論

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 起点作り要員として使う カバルドンはHとBの種族値が優秀な、物理受け性能が高いポケモン。 あくびで後続のポケモンに有利な状況を作りつつ、砂嵐とステロダメージで削っていくのが主な役割だ。 ダイマックスへのストッパーにもなる カバルドンは耐久力が高く、ダイマックスわざでも1発は耐えられることが多い。 ダイマックス相手に1発耐えてあくびをすることで、こちらに有利な二択を相手に迫れる。 残りは補助技ならふきとばしやなまける、攻撃技ならじしんやキバ系、岩石封じあたりがオススメ。 ねむり対策に注意 ダイサンダーによるエレキフィールドや、ダイフェアリーによるミストフィールド状態だと、あくびをしてもねむり状態にならないので注意。 また、カバルドンの流行によりラム持ちのポケモンも増えている。 また砂嵐にされてもいわタイプではないため、特防が1. 5倍になることはない。 眠らせて良いタイミングを見極める カバルドンはあくびで起点作りをしてくることが多い。 ラムのみ持ちなど眠って良いポケモンで突破するか、後続に積まれても対処できる選出を行おう。 ひこう持ちを出せば攻撃を受けない カバルドンは攻撃技がじしんのみのことも多い。 ひこうタイプやふゆう持ちなら地震を受けないので比較的安全に戦える。 ただし、安易にカバルドンを倒すと眠らされて後続の起点になることがある。 また、いわ技を持っていることもあるので注意は必要だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】ローブシンの育成論と対策

ポケモンサンダー育成論

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 起点作り要員として使う カバルドンはHとBの種族値が優秀な、物理受け性能が高いポケモン。 あくびで後続のポケモンに有利な状況を作りつつ、砂嵐とステロダメージで削っていくのが主な役割だ。 ダイマックスへのストッパーにもなる カバルドンは耐久力が高く、ダイマックスわざでも1発は耐えられることが多い。 ダイマックス相手に1発耐えてあくびをすることで、こちらに有利な二択を相手に迫れる。 残りは補助技ならふきとばしやなまける、攻撃技ならじしんやキバ系、岩石封じあたりがオススメ。 ねむり対策に注意 ダイサンダーによるエレキフィールドや、ダイフェアリーによるミストフィールド状態だと、あくびをしてもねむり状態にならないので注意。 また、カバルドンの流行によりラム持ちのポケモンも増えている。 また砂嵐にされてもいわタイプではないため、特防が1. 5倍になることはない。 眠らせて良いタイミングを見極める カバルドンはあくびで起点作りをしてくることが多い。 ラムのみ持ちなど眠って良いポケモンで突破するか、後続に積まれても対処できる選出を行おう。 ひこう持ちを出せば攻撃を受けない カバルドンは攻撃技がじしんのみのことも多い。 ひこうタイプやふゆう持ちなら地震を受けないので比較的安全に戦える。 ただし、安易にカバルドンを倒すと眠らされて後続の起点になることがある。 また、いわ技を持っていることもあるので注意は必要だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の