し ぬこ 炎上。 【保存版】企業のSNS炎上を防ぐ4つの対策と、炎上発生時の3つの心構え

えなこ裏垢発覚で性格悪すぎるのがばれた!彼氏とのツーショット写真も

し ぬこ 炎上

前者は、ユニ・チャームのおむつブランド「ムーニー」の例が挙げられます。 子育てに取り組む母親を応援する狙いでCMを公開しましたが、「ワンオペ育児を礼賛している」と批判を集めました。 ほかの家族が育児・家事に協力する姿はほとんど映されず、「その時間がいつか宝物になる」との言葉で結ばれた。 後者は、鹿児島県志布志市の、うなぎを少女に擬人化した動画が代表的です。 アダルトビデオまがいの広告で、非常に悪質だと考えます。 うなぎに扮(ふん)した水着姿の少女が語り手の男性に向かい「養って」と話しかけ、そこからプールでの奇妙な生活が始まる。 自分たちがこれまで消費してきた性的なコンテンツの要素の組み合わせとして制作してしまっているにもかかわらず、その点に無意識であると。 しかし、現在のようなSNS時代には、クリエイティブの送り手と受け手がオンライン上で出会ってしまいます。 つまり男性主体で作られた広告と、それに嫌悪感を抱く女性たちの言説空間がダイレクトに繋がってしまい、これまでのように見逃されることのない時代になったことで「炎上」という結果に至っています。 他方、女性を応援する意図で制作された広告は、伝えようとするメッセージ内容とその表現方法に乖離(かいり)が見られます。 現代の女性の多くがすでに限界まで頑張っている人が多いのに、そこに手を差し伸べるのではなく、さらに頑張れだとか、孤独感を与えてしまうような広告が反感を買っているのでしょう。 「ワンオペ育児」を助長するとして批判されたムーニーのCMもそうですが、映像の中で冒頭から終盤まで周囲の環境に変化が描かれていない。 この点は、広告の意味を誤読させる決定的な理由になっています。 つまり、主役の女性の気持ちは吐露されるものの、環境的な変化が一切描写されず、女性の大変さや生きづらさが個の問題としてしか表現されていない。 たとえそれが現実なのだとしても、その商品を購入したら、自分たちのつらさはどう解決されるのか?が描かれていないことによって、「そんな現実は十分知っている。 で?」といった不信感や不満を煽る要因となってしまいます。 朝日新聞が17年7月~8月に実施した調査(有効回答数:661)では、ジェンダー炎上について「ステレオタイプな表現を考え直すきっかけになり、よいことだ」(60. 8%)、「一部の人が騒いでいるに過ぎず、さまつな問題だ」(2. 9%)、「何が問題なのか理解できないケースが多い」(2. 7%)ともあります。 まず、問題とされるのが女性への差別表現に偏っているという意見についてですが、広告での男性と女性の登場割合をあわせて考える必要があるのではないでしょうか。 日本では容姿端麗な女性と商品とを並べて消費欲を刺激しようとする広告がとても多く、女性の方が広告に登場しやすいと言えます。 となれば、女性への差別表現が多く問題視されるのは当然だと考えられます。 それに、男性への差別表現についても、不快に感じた人はもっと声を上げていけば良いのではないでしょうか。 例えば、「ハゲ」「汚い」など外見に対する表現については気になっている人は少なくないはずです。 次に、炎上による広告の取り下げが、表現の自由を狭めてしまうのではないかという意見ですが、これについて私は懐疑的です。 不快な表現として、たとえば「スクール水着姿の女性」が挙げられたとしても、そうしたイメージの出てくる広告すべてが女性差別的かといったらそんなことはないですよね。 例えば、プールの宣伝に水着姿の女性が表現されてもまったく問題はないと思います。 表現の内容は常に文脈によって決定されるのですから、批判する側も単に「これこれの表現が良くないから取り締まろう」という主張をするだけでは、女性に対して差別的な表現の改善にはつながらないと思います。 現時点では広告表現の炎上と企業との間には短絡的で不幸な関係しか生まれていませんが、今後は問題となった表現の、どこが問題であるのか、別の表現方法や別のストーリー構成の可能性はなかったのか、といった点についてきちんと議論をしていく必要があるのではないでしょうか。 炎上は、表現の自由を守るということと、女性差別をしない広告を作るということの間に広大な空間を作り上げていくきっかけになると思っています。 また、一部の人が騒いでいるだけの些末な問題だという意見には、問題が些末かどうかは、問題視する人の数の多寡によって決まるものなのか、と問い返したいですね。 一部の人だけが問題視しているにすぎないとしても社会全体で問うべき重要な問題はあるし、そこから議論が広がっていくことは大切なことです。 何が問題なのか理解できないという意見については、そのような意見を述べる人たちの知識の欠如と勉強不足を指摘したいです。 全員がフェミニストになるべきとまでは言いませんが、ジェンダーをめぐる表現は無色透明の公平なものばかりではないという前提知識の有無によって、見える景色が違ってくるという点は認識していただきたいと考えています。 蜘蛛の糸のような布に絡めとられた女性が走りだすと、徐々に糸がほどけていき、障害物を払いのけた先に、明るく開けた地平に到達するという映像でした。 抽象度の高い映像ですが、シャネルの香水を身にまとうことで、閉塞した環境から解放感あふれる地平にたどり着けるという前向きなメッセージが感じられる映像の構成だったと思います。 企業は、現代の女性の生き方や価値観に合わせた広告を作るべきですし、もしそれらの課題や理想をきちんとすくいとることができれば、共感を得ることができるでしょう。 そのためには、企業はジェンダーに関して勉強し、正しいリサーチを行う必要があります。 女性の生き様が多様化している現在の社会において、価値観は常に変化し続けています。 そうした変化に対応した広告を作っていかないと、企業・ブランドイメージはどんどん悪くなってしまいます。 企業はそのような現実の変化に追いつくためにも、自社の女性社員に意見を聞くなどして 多様な視点を持つことが重要です。

次の

しぬこさんが悪口を言われ炎上騒動とは?アンチは気持ち悪い?顔は?調べてみた!

し ぬこ 炎上

事件の概要 【炎上】しまむら店員を焼土下座させたクレーマーが逆炎上wwwwwwww投稿者土下座しろと批判 — 秒刊サンデー公式 byokan 事件が起きたのは2013年のこと。 舞台は激安でお馴染みの洋服チェーン店「ファッションセンターしまむら」。 北海道のとある店舗に現れたのが、炎上主の 子連れ主婦だ。 主婦はしまむらで購入した 着用済み洋服が、不良品であるとして返品を迫った。 しかしながらそれは受け入れられず、 次に交通費を出すようにと脅迫する。 しかしそれも受け入れられない。 そこで激怒した主婦は店員に土下座を強要し、その写真を自身のツイッターに投稿したのだ。 反社会的な投稿は、当然ながらすぐに拡散し、多くの人の怒りを買った。 その後すぐに 主婦の個人情報はすべて特定・拡散され、日常生活が普通に営める状態ではなくなった。 それに激怒した彼女は、個人情報を特定・拡散した人物に対し、「 暴力団の名前を出して脅す」という行為に出た。 ネット炎上の仕組みを知る人間からすれば、こうした反撃が炎上のさらなる火種となり、長期化することは当然のこと。 怒りはさらなる怒りを買い、問題はネットの世界だけにとどまらず、 ワイドショーなどでも取り上げられる事態となった。 しまむらの店員を土下座させた奴、冷蔵庫に入ってウケ狙うバカとそれを炎上させて義憤燃やすタイプのバカの奇跡的なコラボレーションとも言えるハイブリッドバカという事だよな。 — コ口吉 0icco 同時期には店の冷蔵庫に入って炎上という案件もあった。 ツイッターはまさにバカ発見器。 【ガチすぎて怖い】しまむらの店長を土下座させ、写真うpする子連れ主婦wwww — ぱる速報 あぁ、典型的な統合失調症だね。 常に「敵」を設定して攻撃しつづけていないと、自分の存在がこの世から消えてしまうという妄想に怯えている。 — 安井 真守 mamorizm 主婦は統合失調症などの精神病なのではないかとの声も多い。 「しまむら土下座」の「まなみ」こと青木万利子 こいつだったか、はっきり顔が写っている。 で案の定、生活保護。 見るからに、言っちゃ悪いが朝鮮顔。 在日朝鮮人を日本から追い出したい、多分誰もが思うことだろう、在日は日本にいらない!真剣に思う。 — まつもと matsumoto17 「在日」「生活保護」といったワードがこの事件とともに語られるのは悲しいことだ。 当然ながら在日の方も、生活保護を受けている方も、大部分はこんな最低な事件を起こしたりしない。 擁護する声は・・・ 当然ながら彼女の行動に擁護すべき点などない。 だが歪んだ正義感から彼女の名前や住所、勤務先、顔写真等まですべてを特定、拡散した人たちに対しても、批判の声は集まっている。 こないだも言ったけど、事の善悪は別にして、解析班のこういった歪んだ正義感こそ一番気持ちが悪い。 被害者であるしまむらはそれだけでは事を納めなかった。 なんと 警察に被害届を出し、刑事事件として主婦は逮捕されることになったのだ。 <札幌東署>しまむら店員に土下座させる…強要容疑で女逮捕 介護職員、青木万利子容疑者(43)を強要容疑で逮捕した。 子供が朝鮮学校に通っているので「在日」では?と言われてますね。 — kisaki gaetgmbdcv 行き過ぎたモンスタークレーマーは逮捕される。 この事実が公衆に知らしめられたのは大きな収穫だ。 しかし土下座を強要された本人2人は、結果的にしまむらを退職したという。 二人の精神的な苦痛は続くことだろう。 そのことを思うとさらに加害者が憎くなるばかりだ。 教訓 狂った人間というのは、どの町にも一定数必ず存在するものだ。 そうした人間に絡まれたとき、土下座して謝るなんて対応はとってはいけない。 すぐに警察に連絡しよう。 脅迫・強要というのは立派な犯罪であり、そんな犯罪者とまともに関わる必要はないのだ。 それと客は神様なんかじゃない。 たまたま立場が違っただけで、人を神様扱いするなんて間違っている。 そうした間違いがクレーマーの力を増大し、今回のような悲しい事件を生んだのだ。

次の

【悲報】twitter大物絵師さん、トレパク疑惑で大炎上中……: GOSSIP速報

し ぬこ 炎上

日曜日に放送されたサザエさんが炎上という話題が、複数のメディアで取り上げられていました。 個人的には、今回のケースを「炎上」と呼ぶのは少し大袈裟ではないかという印象です。 ただ、テレビにおけるタレント発言の炎上報道などを考える上で、非常に興味深い事例といえるので、ご紹介したいと思います。 まず、今回の騒動を時系列にまとめるとこのようになります。 デイリースポーツは既に記事を修正 冒頭に書いたように、今回のサザエさんの事例を炎上と呼ぶのは大袈裟というのが個人的な結論です。 また、当日のツイートを分析した結果、明確に「不謹慎」と名言している人は11人しかいない、という記事が話題になるなど、デイリースポーツの記事への批判も少なくなかったようです。 参考: もちろん、長引く外出自粛の中で、GWの旅行を促しかねない番組を放送したことに、違和感を感じた人は少なくなかったのは事実だと思いますし、不謹慎というキーワード以外にも、サザエさんを見て嫌な気持ちになったという趣旨の発言をしている方は複数いたようです。 ただ、さすがに「炎上」というタイトルは書き過ぎだったと考えて、記事タイトルを修正、配信先からは削除した可能性が高いと考えられます。 しかし、残念ながらすでに炎上というタイトルの記事が出回ってしまった結果、デイリースポーツ以外のメディアは、「サザエさん炎上」を既成事実として、関連記事が量産してしまっているわけです。 グラフで見えてくる炎上の真の発火点 はたして、サザエさんは炎上と呼ぶ状態になったのかどうか、具体的にグラフで分析してみましょう。 Yahoo! リアルタイム検索というサービスを使うと、。 (出典:Yahoo! リアルタイム検索) 30日間のグラフを見ると、サザエさんの先日の放送日に、ツイート数が大きなピークをつけていることは一目瞭然です。 ただ、一方で、毎週日曜日は「サザエさん」というキーワードを含んだ投稿が多くされていることも分かると思います。 しかも、実はこの最後のグラフのピークは、放送当日ではありません。 放送当日のツイート数は実はピークの半分強の1万件程度、普通の日曜日の投稿が7000件前後ですので、当日だけを見ると2倍も超えていません。 実は、この18000件を超える投稿数のピークは、番組放送 翌日なのです。 その理由は、一週間のツイート数のグラフを見れば一目瞭然。 (出典:Yahoo! リアルタイム検索) 確かに放送当日のツイート数は、7000件と跳ね上がっているものの、そのピークはすぐに収まります。 これは実は通常のサザエさんの放送されている週末の投稿数とそれほど変わりません。 そして、実は炎上に関するツイートが増えるのは、翌日の10時以降。 つまりデイリースポーツの記事が、各種ポータルサイトに転載されたタイミングなのです。 そして、そこからの方が炎上に関する話題が余韻を作っていることが分かります。 実際に、26日のサザエさん放映中の発言を丁寧に眺めてみると、ネガティブな投稿をしている人が、通常の週よりも増えている印象があるのは事実です。 ただ、7000件の全体数からすると、その比率はそれほど高い印象はありません。 当日一番話題になったのは、おそらく批判ツイートではなく、佐藤二朗さんの擁護ツイートでしょう。 このグラフだけを見ると、実はサザエさんは番組放送がきっかけで炎上したのではなく、炎上を報道する記事によって炎上状態になった可能性が高いと考えられるわけです。 大勢が視聴するテレビ番組と批判の構造 しかも、実はサザエさんの放送日には、という言葉もあるように、毎週のように何かしらネガティブなツイートが混じっているのが普通です。 サザエさんのような視聴率が10%を超えるようなテレビ番組は、単純計算すると全国で少なくとも数百万人が視聴していることになります。 そのうちの0. 1%の人がツイートするだけで、何千人もツイートすることになるわけです。 そのツイートする人の1割、視聴者のうちのたった0. 01%の人が批判的な投稿をすれば、数百件の批判的な投稿がツイッター上に出現することになります。 日本のツイッターのトレンドに、毎日の様にテレビ番組関連のキーワードが表示されるのはこれが背景です。 簡単に言うと、賛否が分かれるようなテレビ番組であれば、今回程度の批判的な投稿がツイッター上に数十から数百件出てくるのは、ある意味普通の状況とも言えるわけです。 本来「炎上」という言葉で連想するのは、企業や個人がしでかした不祥事により、批判やクレームの電話が殺到して止まらなくなる火だるまのような状態をイメージされる方が多いはず。 今回のサザエさんの旅行への批判は、ウイルス感染により私たちが感じているストレスが、普段、私たちがテレビを見ながら独り言のように突っ込んでいる発言とともに、ツイッター上にも表出しているだけと考えると、これを「炎上」と呼ぶべきかどうかは議論が分かれるはずです。 メディアが既成事実化する炎上のネガティブサイクル ここに、昨今のテレビ番組に関するネット上のメディアの炎上報道の問題点が見えます。 最近、芸能人の過激な発言の炎上を取り上げるメディアが増えているのも、同様の構造と言えるでしょう。 今回も、ガリガリガリクソンさんのツイートをメディアが記事化していますが、このツイートは記事のタイトルにまで取り上げられた割に、この記事執筆時点で70程度しかリツイートされていません。 ツイッター上の話題のツイートが1万単位のリツイートが珍しくなくなっていることを考えると、このツイートは芸能人のツイートとは言え、それほど注目されていないツイートと言えます。 ひょっとすると、メディア側もリモート推奨で取材に行けなくなっているという現状もあり、ネット上のこうした小さな出来事を取り上げざるをえない状況になっているのかもしれません。 こうしたテレビを起点にした話題にメディアが頼らざるをえない状況が、それほど炎上していない話題を、大手のメディアが記事化し、それにより炎上が既成事実化するというテレビとネット報道のネガティブサイクルを加速しているように感じます。 炎上のネガティブサイクルを加速しないために もちろん、私自身も、こうして炎上事例の解説記事を書いており、このサイクルの末端に関わってしまっているのは事実ですので、他人事のように書ける立場ではありません。 ただ、読者の方に是非知って頂きたいのは、特にネット上のメディアにおいては、記事の表示回数が広告収入に直結するビジネスモデルが確立されてしまった結果、個人が運営するネットメディアはもちろん、デイリースポーツや日刊スポーツのように歴史のあるメディアであっても、時にこうやって炎上を過剰に報道してしまうことがあるという点です。 参考: 炎上のネガティブサイクルを生み出しているのは、メディアかもしれませんが、そうした記事に釣られて炎上記事の拡散に私たちが協力してしまうと、私たちもネガティブサイクルを回すことに加担してしまっていることになります。 炎上がタイトルに入っている記事を見つけたら、是非その記事を拡散する前に、少し落ち着いて、本当に炎上が事実なのか、調べてみることをオススメします。 個人的には、ウイルス感染拡大により、人々の間に不安や他の人に対する不信や怒りが広まってしまっている今このタイミングで、こうしたささいな出来事を炎上と取り上げて火に油を注ぐ行為は、できるだけさけ、未来に向けて私たちが協力していくために役立つ記事を増やしていきたいと、自分にも改めて言い聞かせたいと思います。 来年のゴールデンウィークには、サザエさんのゴールデンウィーク旅行を全国の人が心から楽しく見ることができますように。

次の