このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。 このアカウントではiCloudミュージ…

iPhoneのiCloudミュージックライブラリをオフにする方法

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません

皆さんはiPhoneを使っていますか?今や日本人のほとんどがスマホを持ち歩く時代になりました。 連絡先を交換するときも、昔のようにいちいちメールアドレスを交換しなくても、もっと簡単に連絡手段を確保できるようになりました。 さらにiPhoneなどのスマホには多くの機能が備わっています。 電話はもちろん、iPhoneやAndroidなどの機種によって操作方法や機能が違ってきます。 スマホを買う時、iPhoneなどの機種を気にする人は多いと思います。 さらに、アプリを入れれば自分好みの機能を付け加えていくことができます。 メッセージアプリやSNS・ゲームなどのアプリも多くあります。 皆さんも好きなアプリがあるのではないでしょうか? まず最初にiPhoneで 『この項目は再生できません』と表示され、Apple Musicなどの曲が再生できない原因として考えられるのが、Apple Musicでグレーアウトされている可能性です。 Apple Musicで曲の項目がグレーアウトしてしまった場合はいくつかの原因が考えられます。 iPhoneとiTunesの同期トラブルやiTunesのバージョンが古いこと、Appleのサーバー障害・iPhoneの一時的な不具合など、様々です。 しかし、特に原因になりやすいのがiCloudミュージックライブラリの不具合です。 Appleの公式サポートにも、この関連の報告が多いそうです。 今回はこれらの解決方法を見ていきましょう。 iPhoneで『この項目は再生できません』と表示され、Apple Musicなどの曲が再生できない場合、まずやっていただきたいのがiPhoneの再起動です。 再起動はよく聞く対処法ですよね。 事あるごとにとりあえず再起動、再起動と言われています。 よく使われる再起動ですが、実際iPhoneなどの端末に問題が起きた場合、再起動はかなり有効的な手段になります。 再起動の方法はiPhoneの種類によって異なります。 ホームボタンがある端末の場合は電源ボタンの長押しで再起動ができます。 ホームボタンがない端末の場合は電源ボタンと音量ボタンの同時押長押しで再起動ができます。 再起動の詳しい方法は説明書を見るのがいいでしょう。 再起動する際は落ち着いた場所で行うのがベストでしょう。 次にiPhoneで『この項目は再生できません』と表示され、Apple Musicなどの曲が再生できない場合のiCloudでの対処法や設定方法を解説していきます。 端末が原因でない場合、iCloudライブラリなどに原因がある場合があります。 そもそもiCloudミュージックライブラリを知らない方々もいるでしょう。 iCloudミュージックライブラリとは今回のエラー・不具合に深く関係している可能性があり、Apple Musicにも深い関係がある重要な機能です。 iCloudミュージックライブラリは、Cloudで動作するiTunesライブラリで、Apple Musicのメンバーシップを購読すると利用できる機能の一つです。 今回はこのiCloudミュージックライブラリを調べていきましょう。 では、iCloudミュージックライブラリの設定を変更するにはどうすればいいのでしょうか? Apple Musicを利用している方はiCloudミュージックライブラリが原因になっている可能性があるので一度確認してみましょう。 まずはこれを行なってみてください。 Apple Musicを使っていない場合はこの項目がないと思います。 そしてオフにしたら再度iTunesとiPhoneを同期し直してみてください。 これでiCloudミュージックライブラリの設定を変更でき、『この項目は再生できません』の不具合が直っている可能性があります。 iPhoneの復元とは、iPhoneを初期化することを指します。 初期化すると購入時と同じ状態になります。 すなわちデータを全て削除するということです。 これは本当に最終手段なので、困り果てた場合に使ってください。 とはいえ、データを初期化してしまったら今までのデータが全て消えてしまいます。 それで『この項目は再生できません』のエラーを消すのはあまりにも犠牲が大きすぎますよね?流石に私もそんなことは言いません。 まず、初期化する前にやっていただきたいことがあります。 これは必ずiPhoneの復元(iPhoneの初期化)をする前に行なってください。 そうでなければ本当にiPhoneの全てのデータが消えてしまいます。 iPhoneを復元(iPhoneを初期化)する前にやっていただきたいのはバックアップです。 バックアップをしておけば、仮にiPhoneのデータが全て消えても、バックアップからiPhoneのデータを復元することができます。 今回バックアップに使うのはiTunesです。 iTunesはapple製品のバックアップができる優れものです。 バックアップをするには、まずiPhoneをPCなどのiTunesに接続しましょう。 ここからバックアップを取ります。 想起すると自動的にバックアップをとる昨日もありますが、念のため手動でバックアップを行なっておきましょう。 ストレージなどを確認できる項目でiPhoneのバックアップをとることができます。 バックアップを取れたらiPhoneを復元(iPhoneを初期化)しましょう。 すると購入時と同じようになってしまいますが、焦らないでください。 全てのデータはiTunesに保存してあります。 なのでiPhoneのデータが消えても大丈夫です。 iPhoneを復元(iPhoneを初期化)できたら再度先ほどバックアップを取った端末に繋ぎ、iTunesから 『バックアップの復元』を選択しましょう。 これでバックアップからiPhoneのデータを復元できます。 アプリや写真・動画や連絡先など、全ての項目が復元できます。 ただ、その量が多いと復元に時間がかかりますので、気長に待ちましょう。 バックアップから復元する場合は時間に余裕がある時がいいですね。

次の

絶対に間違わないで! iCloudミュージックライブラリをオンにする場合は、『音楽を残す』

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません

不具合でiPhoneでiCloudミュージックライブラリが表示されない時は、Apple MusicあるいはiTunes Matchに登録しているのに見つからないという場合が多いです。 下記でApple MusicまたはiTunes Matchに登録しているのに、iCloudミュージックライブラリ(曲)が見つからない時の対処法として、「iPhoneの再起動」「iTunes Storeにサインイン」の2つをみていきましょう。 なお、iCloudミュージックライブラリが表示されないで、曲が見つからない原因は、端末の不具合あるいはiCloudミュージックライブラリ設定の不具合やApple IDが認証されない不具合などが挙げられます。 多くの場合、iPhoneの一時的な不具合は 端末の再起動で解決できます。 iCloudミュージックライブラリが表示されない(曲が見つからない)場合には、1回iPhoneの電源を停止させた後に、再度起動し直してみましょう。 再起動する際のポイントとして、ホームボタン2回押しでAppスイッチャーを表示させ、起動しているアプリをすべて停止した状態で再起動させます。 再起動が完了した後、iCloudミュージックライブラリが表示されているか確認してみましょう。 もし再起動させる方法でも、iCloudミュージックライブラリが表示されないもしくは曲が見つからない場合には、iTunes Storeにサインインする方法を行ってください。 iPhoneでiCloudミュージックライブラリが表示されない時は、 iTunes Storeへサインインができていない場合があります。 対処法としては、iTunes Storeからサインアウトした後に、もう一度サインインしてみてください。 iTunes Storeにサインインし直す方法では、まずiPhoneの設定アプリを開きます。 画面上部の「プロフィール」の項目をタップしてから、「サインアウト」をタップしましょう。 そして「iPhoneにサインイン」をタップし、Apple IDとパスワードを入力します。 設定に応じて、2ファクタ認証が要求されることがあります。 認証コードを入力した後に、iCloudミュージックライブラリが表示されているか確認して完了です。 iTunes Storeにサインインし直す方法は以上で終わりになります。 今回の記事では、【iPhone】 iCloudミュージックライブラリが表示されないときの対処法!というテーマで執筆しました。 iPhoneでiCloudミュージックライブラリが表示されない時の原因と対処法を4パターン紹介しています。 Apple MusicあるいはiTunes Matchに登録しているか確認する方法をはじめ、Apple MusicもしくはiTunes Matchに登録しているのに見つからない場合にiPhoneを再起動したり、iTunes Storeにサインインし直す方法を解説しました。 また、iCloudミュージックライブラリの曲が表示されない場合には、iCloudミュージックライブラリをオフにしてオンに戻す方法をお伝えし、曲が表示されているがグレーアウトしている場合には、コンピュータの認証をし直す方法を紹介してきました。

次の

[修正] iCloudミュージックライブラリを利用できませんでした

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません

Window10の自動更新の後,OutlookのiCloudのカレンダーを見ようとしても「このフォルダーのセットを開けません。 インフォーメーション ストアが開けませんでした」となり,予定表が見られません。 iCloudの修復,Outlookのアドインの確認は実施。 プログラムからiCloudを立ち上げ,メール,連絡先,カレンダー,およびタスクを一旦解除してからOutlookに再設定を行っても解決しません。 この時,iCloud用Outlook設定のウィンドウにダウンロード中の表示後に「設定が完了しました。 Outlookのカレンダー,連絡先,タスクがiCloudを使用するように設定されました。 」の表示になりますが,実際には使用できません。 以前は,Outlookの上のバーにiCloudの表示やタグがあり,クリックしてアップロードが可能でしたが,現在はOutlookの上にiCloudの表示は全くありません。 iPhoneとOutlookのカレンダーの同期ができないと大変不便です。 対策をご教示頂きたく,どうぞよろしくお願いします。 iCloud for Windows を Uninstall してから Windows の コントロールパネルの メール から 新しい Profile を作成して、 新しい Profile に Email アカウントの設定を実施しなおしてから 新しい Profile で Outlook を起動させても、 最新の iCloud for Windows を導入しなおしてみてください。

次の