大和 証券 副 社長。 大和証券グループ入りで新体制 グッドタイムリビング

大和証券(株)『大和証券百年史』(2003.05)

大和 証券 副 社長

大和証券グループ本社社長 日比野隆司 1955年、岐阜県生まれ。 55歳。 79年東京大学法学部卒業、同社入社。 2002年経営企画部長、04年常務取締役、07年専務、09年副社長。 4月より現職。 1.出身高校:岐阜県立岐阜高校 2.座右の書、好きな本:P・F・ドラッカー『マネジメント』 3.尊敬する歴史上の人物:特になし 4.座右の銘、好きな言葉:艱難汝を玉にす 5.健康法・ストレス解消法:出勤時に階段を上る、ゴルフ 「よく生き延びたものですよ。 本当に」 ふと漏らしたこの言葉にも、実感がこもる。 日比野隆司が、大和証券に入社したのは79年。 気づいてみれば、証券業界に君臨していた大手4社体制もいまはない。 20数社あった準大手も、ほとんどが銀行の軍門に下ってしまった。 入社当時、証券業はまだ免許業種。 だから、所轄官庁だった大蔵省との関係も踏まえて採用されたエリートである。 といって、エリート臭さは全くない。 日比野を知るOBも「若いときから大物の雰囲気があった。 かといって、えらそうなところもなく人の話もとてもよく聞く」と人柄を評する。 債券・株式の売買を行うマーケット部門を経て、ずっと企画畑を歩いてきた。 従来なら、順調に出世街道を歩いていたに違いないが、時代はそれを許さない。 運用開発部の次長時代には、部下による大量の誤発注に直面。 あわてず、騒がずこれに対処した。 97年の金融危機の際は特命チームも任された。 大和証券の格付けが「投機的レベル」にまで下げられそうになる事態に直面したからだ。 投機的レベルに下げられると、ドルなど外貨資金の調達に支障をきたし、資金ショートさえ起こしかねない。 自らニューヨークの格付け会社に乗り込み、格下げの事態を回避した。 「あれ以上のピンチはちょっとなかったですね」。 その証券人生を象徴するかのように、社長としても厳しい局面からのスタートとなる。 大和はリーマンショックの影響で09年3月期に1411億円の経常赤字を出したが、前11年3月期、今年度第1四半期も経常赤字だった。 最も大きな要因は、大和証券キャピタル・マーケッツ(CM)が受け持つホールセール(法人)部門の赤字だ。 99年、大和証券はホールセール部門を切り離し、住友銀行(現・三井住友銀行)と合弁で、大和証券SBCMを設立したが、09年に三井住友フィナンシャルグループが日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)を買収するにあたって合弁を解消した。 それが、いまの大和証券CMである。 「ホールセールの赤字は合弁解消の影響ではないか」と問うと、「ダメージがないというのもいいすぎだし、すごくあるというもいいすぎ。 市場環境が悪かったインパクトのほうが大きい」と、ここだけは強く反論してみせた。

次の

鈴木凛の父親は鈴木茂晴(大和証券会長)!?年収資産がスゴい!

大和 証券 副 社長

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 3,334,784 3,828,674 3,694,283 4,153,271 3,964,512 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 16,516,779 15,430,266 16,784,193 16,252,309 18,882,125 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 124,562 124,980 124,190 168,089 309,166 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 84,879 90,596 105,776 115,937 124,115 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 359,814 352,780 426,599 437,100 542,181 総資産 資産合計。 20,420,818 19,827,296 21,135,041 21,126,706 23,822,099 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 16,980,908 16,166,482 17,207,957 17,173,001 20,040,684 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 2,211,119 2,401,194 2,645,160 2,700,486 2,562,498 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 1,228,791 1,259,620 1,281,924 1,253,219 1,218,917 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 16,516,779 15,430,266 16,784,193 16,252,309 18,882,125 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 124,562 124,980 124,190 168,089 309,166 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 84,879 90,596 105,776 115,937 124,115 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 359,814 352,780 426,599 437,100 542,181 総資産 資産合計。 20,420,818 19,827,296 21,135,041 21,126,706 23,822,099 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 16,980,908 16,166,482 17,207,957 17,173,001 20,040,684 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 2,211,119 2,401,194 2,645,160 2,700,486 2,562,498 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 1,228,791 1,259,620 1,281,924 1,253,219 1,218,917 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 138,896 143,747 207,249 279,344 314,917 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 - - - - - その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 174,707 43,396 -1,318,321 300,228 167,189 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 415,647 307,713 777,872 108,243 -215,397 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -229,727 143,231 432,813 55,741 -135,794 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - - - - - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - - - - - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - - - - - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 91位 281位 3,728位 48位 総資産 資産合計。 17位 18位 18位 18位 現預金等 10位 9位 10位 10位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 62位 64位 69位 73位 現預金等増減 12位 14位 3,663位 13位 3,742位 1955年9月27日生 1979年4月 当社入社 2002年4月 当社経営企画部長 2002年6月 大和証券エスエムビーシー㈱執行役員エクイティ担当 2004年5月 当社常務執行役員経営企画・人事・法務・秘書担当兼人事部長 2004年6月 当社取締役兼常務執行役企画・人事・法務担当兼人事部長 2004年7月 当社企画・人事・法務担当 2005年4月 当社企画・人事担当 2007年4月 当社取締役兼専務執行役 2008年7月 当社企画・人事担当兼ホールセール部門副担当大和証券エスエムビーシー㈱専務執行役員 2009年4月 当社取締役兼執行役副社長ホールセール部門副担当大和証券エスエムビーシー㈱代表取締役副社長 2011年4月 当社取締役兼代表執行役社長最高経営責任者 CEO 兼リテール部門担当兼ホールセール部門担当大和証券㈱代表取締役社長 2013年4月 当社最高経営責任者 CEO 2017年4月 当社取締役会長兼執行役大和証券㈱代表取締役会長 〔主要な兼職〕 大和証券㈱代表取締役会長㈱帝国ホテル社外取締役 1960年7月16日生 1983年4月 当社入社 1999年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱へ転籍 2005年4月 大和証券エスエムビーシー㈱商品戦略部長 2006年4月 同社執行役員企画担当 2007年4月 当社執行役企画副担当兼人事副担当兼経営企画部長 2008年10月 当社企画副担当兼人事副担当 2009年4月 当社常務執行役 2009年6月 当社取締役兼常務執行役 2010年4月 当社取締役大和証券キャピタル・マーケッツ㈱常務取締役 2010年6月 大和証券キャピタル・マーケッツ㈱常務取締役法人営業上席担当兼事業法人上席担当兼法人統括担当 2011年4月 同社事業法人上席担当兼法人営業担当兼法人統括担当 2012年4月 大和証券㈱専務取締役法人本部長 2015年4月 当社専務執行役リテール部門副担当 2016年4月 当社代表執行役副社長最高執行責任者 COO 兼リテール部門担当大和証券㈱代表取締役副社長 2016年6月 当社取締役兼代表執行役副社長 2017年4月 当社取締役兼代表執行役社長最高経営責任者 CEO 兼リテール部門担当大和証券㈱代表取締役社長 〔主要な兼職〕 大和証券㈱代表取締役社長 1962年4月27日生 1985年4月 当社入社 1999年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱へ転籍 2007年9月 当社へ転籍 2008年10月 当社経営企画部長 2009年4月 当社執行役法務担当兼企画副担当兼経営企画部長 2010年4月 当社企画副担当兼人事副担当 2011年4月 当社常務執行役法務担当兼企画副担当兼人事副担当大和証券㈱執行役員 2012年1月 当社常務執行役大和証券㈱執行役員 2012年4月 当社企画担当兼法務担当兼人事副担当大和証券㈱常務執行役員 2014年4月 当社専務執行役企画担当兼人事担当大和証券㈱専務取締役 2016年4月 当社企画担当兼ホールセール部門副担当 2016年6月 当社取締役兼専務執行役 2018年4月 当社取締役兼代表執行役副社長最高執行責任者 COO 兼企画担当兼ホールセール部門担当大和証券㈱代表取締役副社長 2019年4月 当社ホールセール部門担当 〔主要な兼職〕 大和証券㈱代表取締役副社長 1960年1月8日生 1982年4月 当社入社 1999年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱へ転籍 2001年4月 大和証券㈱下関支店長 2003年2月 大和証券エスエムビーシー㈱事業法人第二部長 2005年4月 同社金融法人部長 2007年4月 同社執行役員法人営業担当 2008年4月 同社金融法人担当 2009年4月 同社金融法人担当兼金融・公共ソリューション副担当 2009年10月 同社金融法人担当 2010年4月 大和証券キャピタル・マーケッツ㈱常務執行役員金融・公共法人担当 2012年4月 大和証券㈱常務取締役金融・公共法人担当 2013年4月 同社専務取締役 2015年4月 同社法人本部長 2017年4月 当社執行役副社長ホールセール部門副担当大和証券㈱代表取締役副社長 2017年6月 当社取締役兼執行役副社長 〔主要な兼職〕 大和証券㈱代表取締役副社長 1963年8月5日生 1986年4月 当社入社 1999年4月 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ㈱へ転籍 1999年7月 当社へ転籍 2005年9月 大和証券㈱ダイレクト企画部長 2009年4月 同社執行役員PTS担当兼ダイレクト担当 2009年6月 同社オンライン商品担当兼ダイレクト担当 2011年4月 大和証券キャピタル・マーケッツ㈱執行役員金融市場担当 2012年4月 大和証券㈱執行役員金融市場担当 2013年4月 当社常務執行役員米州担当大和証券キャピタル・マーケッツアメリカホールディングスInc. 会長 2013年7月 大和証券キャピタル・マーケッツアメリカInc. 会長 2014年4月 当社常務執行役海外副担当 米州担当 2014年6月 当社取締役兼常務執行役 2016年4月 当社取締役兼専務執行役海外担当大和証券㈱専務取締役 2019年4月 当社取締役兼執行役副社長 〔主要な兼職〕 大和証券㈱代表取締役副社長 1962年10月12日生 1985年4月 当社入社 2002年2月 大和証券エスエムビーシー㈱へ転籍 2003年2月 当社へ転籍 2008年10月 大和証券エスエムビーシー㈱へ転籍 大和証券エスエムビーシーヨーロッパリミテッド社長 2010年4月 大和証券キャピタル・マーケッツ㈱執行役員国際企画担当兼国際企画部長 2010年10月 同社国際企画担当兼企画副担当 2010年12月 同社国際企画担当兼企画副担当兼アジア特別副担当 2011年4月 当社執行役員財務担当大和証券㈱執行役員 2012年4月 当社財務担当兼企画副担当大和リアル・エステート・アセット・マネジメント㈱取締役 2013年4月 当社常務執行役最高財務責任者 CFO 兼企画副担当兼海外副担当大和証券㈱常務執行役員 2015年4月 当社最高財務責任者 CFO 兼海外副担当 2016年4月 当社専務執行役大和証券㈱専務取締役 2016年6月 当社取締役兼専務執行役 2019年4月 当社ホールセール部門副担当 〔主要な兼職〕 大和証券㈱専務取締役 1958年4月28日生 1981年10月 ㈱野村総合研究所入社 1985年9月 Mc Kinsey Company 経営コンサルタント 1986年10月 Mercury Asset Management ,SGWarburg ファンドマネージャー 1995年11月 Yamaichi Regent ABCPolska 投資担当取締役執行役員 CIO 1998年7月 BIS 国際決済銀行 年金基金運用統括官 2004年10月 OECD 経済協力開発機構 年金基金運用統括官 2008年3月 Kawai Global Intelligence 代表 2012年4月 京都大学高等教育研究開発推進機構教授 2013年4月 京都大学国際高等教育院教授 2014年4月 京都大学大学院総合生存学館教授 2018年6月 当社取締役 〔主要な兼職〕 京都大学大学院総合生存学館教授一般財団法人未来を創る財団理事 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 4人 4人 3人 4人 -人 従業員数(連結) 13,701人 13,836人 14,791人 15,196人 -人 平均年齢(単独) 42歳 42. 1歳 41. 9歳 41. 9歳 -歳 平均勤続年数(単独) 15. 4年 15. 3年 15年 15. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

全社員約1万人が一斉にテレワークへ 大和証券が進める働き方改革

大和 証券 副 社長

大和証券グループ本社社長 日比野隆司 1955年、岐阜県生まれ。 55歳。 79年東京大学法学部卒業、同社入社。 2002年経営企画部長、04年常務取締役、07年専務、09年副社長。 4月より現職。 1.出身高校:岐阜県立岐阜高校 2.座右の書、好きな本:P・F・ドラッカー『マネジメント』 3.尊敬する歴史上の人物:特になし 4.座右の銘、好きな言葉:艱難汝を玉にす 5.健康法・ストレス解消法:出勤時に階段を上る、ゴルフ 「よく生き延びたものですよ。 本当に」 ふと漏らしたこの言葉にも、実感がこもる。 日比野隆司が、大和証券に入社したのは79年。 気づいてみれば、証券業界に君臨していた大手4社体制もいまはない。 20数社あった準大手も、ほとんどが銀行の軍門に下ってしまった。 入社当時、証券業はまだ免許業種。 だから、所轄官庁だった大蔵省との関係も踏まえて採用されたエリートである。 といって、エリート臭さは全くない。 日比野を知るOBも「若いときから大物の雰囲気があった。 かといって、えらそうなところもなく人の話もとてもよく聞く」と人柄を評する。 債券・株式の売買を行うマーケット部門を経て、ずっと企画畑を歩いてきた。 従来なら、順調に出世街道を歩いていたに違いないが、時代はそれを許さない。 運用開発部の次長時代には、部下による大量の誤発注に直面。 あわてず、騒がずこれに対処した。 97年の金融危機の際は特命チームも任された。 大和証券の格付けが「投機的レベル」にまで下げられそうになる事態に直面したからだ。 投機的レベルに下げられると、ドルなど外貨資金の調達に支障をきたし、資金ショートさえ起こしかねない。 自らニューヨークの格付け会社に乗り込み、格下げの事態を回避した。 「あれ以上のピンチはちょっとなかったですね」。 その証券人生を象徴するかのように、社長としても厳しい局面からのスタートとなる。 大和はリーマンショックの影響で09年3月期に1411億円の経常赤字を出したが、前11年3月期、今年度第1四半期も経常赤字だった。 最も大きな要因は、大和証券キャピタル・マーケッツ(CM)が受け持つホールセール(法人)部門の赤字だ。 99年、大和証券はホールセール部門を切り離し、住友銀行(現・三井住友銀行)と合弁で、大和証券SBCMを設立したが、09年に三井住友フィナンシャルグループが日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)を買収するにあたって合弁を解消した。 それが、いまの大和証券CMである。 「ホールセールの赤字は合弁解消の影響ではないか」と問うと、「ダメージがないというのもいいすぎだし、すごくあるというもいいすぎ。 市場環境が悪かったインパクトのほうが大きい」と、ここだけは強く反論してみせた。

次の