佐藤二朗 映画。 佐藤二朗のアドリブがつまらない!罵倒評価に隠された重大な真実とは!

佐藤二朗、声優出演するも映画鑑賞せず… 理由は「息子と一緒に観るのが楽しみ」

佐藤二朗 映画

俳優・佐藤二朗(51)の個性的なキャラクターはしばしば笑いを誘うが、いつも目の奥には何ものにも動じない感じがあって、時々怖い。 「はるヲうるひと」(近日公開)は、そんな佐藤が、主宰するユニット「ちからわざ」で09年に初演したこだわりの舞台の映画化だ。 監督、脚本を担当した今回は、主演を山田孝之に譲り、自らは凶暴なその兄にふんして、持ち味の「怖さ」を存分に生かしている。 舞台は架空の島。 置き屋が点在し、本土からは1日2度連絡船が往来し、女性目当ての客がやってくる。 兄(佐藤)が経営する置き屋には弟(山田)と妹(仲里依紗)が寄宿し、女4人(坂井真紀、今藤洋子、笹野鈴々音、駒林怜)が働いている。 正妻の子である兄と、愛人の子である弟妹は主従関係にあり、女たちは兄を恐れ、弟をバカにしている。 病弱な妹はその弟の庇護(ひご)を受け、「商売」には関わらない。 女たちとの間には微妙な緊張感が漂う。 近隣では原子力発電所の建設が計画され、原発マネーを巡る不穏な動きもある。 兄はその暗躍に一枚かんでいるというか、どうやら主導する立場にもあり、満たされない思いを置き屋の面々や、この非生産的な活動に向けている。 救いのない設定。 何のために生きているか分からない登場人物たちののたうつような姿に、いつの間にか「生きる」とは何かを考えさせられる。 舞台で佐藤が演じたキャラに倣い、金髪姿になった山田の目は焦点が定まらない。 押せば倒れそうな無気力が目に見えるような巧演だ。 どちらかといえばシャキッとした印象のある仲も従来のキャラを殺し、意味なく塗る口紅がぞっとするほど美しい。 監督・佐藤が「今まで見たことのない山田孝之、仲里依紗をご覧いただけると確信しています」と言い切るだけのことはある。 「本宅」に妻子と住む兄が語る「理想の家族」のそらぞらしさが、佐藤ならではの「空回り」演技で強調される。 序盤からジワジワと狂気をにじませ、後半に荒れ狂う様はかなり怖い。 終盤に自らの足元が崩れ、ぼうぜん自失となる姿まで、見事な狂気のグラデーションを披露する。 舞台からの出演者である今藤、笹野に坂井とオーディションで入った駒林を加えた女たちも大正ロマンを意識したような色使いの置き屋の中に自然になじんでいる。 それぞれの「必死」がにじむような好演の結果だろうか。 退廃の極みのような物語から、不思議に元気をもらえる作品だ。 お詫びして訂正します。

次の

映画『今日から俺は!!劇場版』公開翌日! 主演俳優・賀来賢人&監督・福田雄一が佐藤二朗へ“留守電”メッセージ!『佐藤二朗のいい部屋ジロー』(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

佐藤二朗 映画

俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を務めた映画『はるヲうるひと』が、「第35回ワルシャワ映画祭」の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品、上映されることが分かった。 本作は、佐藤監督が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で2009年に初演、2014年に再演された舞台の映画化。 主演には「勇者ヨシヒコ」シリーズや『50回目のファーストキス』などで佐藤監督と共演している山田孝之。 共演に仲里依紗、向井理、坂井真紀ら豪華キャスト陣が集結した。 本作について佐藤監督は「架空の島の売春宿で生きる男女のおはなし。 生きる手触りが掴めず、死んだように生きる人々が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし」と説明。 また、今回の映画祭への正式出品を受け「とても光栄に思っています。 これを機に海外の方々にも、この壮絶な闘いの姿を目撃して欲しい」とコメント。 さらに「日本の皆様にも来年、ご覧頂けます。 誰も見たことのない山田孝之、誰も見たことのない仲里依紗、誰も見たことのない佐藤二朗をご覧頂けると確信しています。 ご期待を。 その膨らんだ胸に見合う作品だと思っています」と自信を見せている。 なお、佐藤監督は上映に合わせて現地入りをする予定。 受賞結果は、映画祭最終日の10月20日に発表される。 『はるヲうるひと』は2020年全国にて公開予定。 《cinemacafe. net》.

次の

大泉洋と佐藤二朗、映画リハーサルの合間にアドリブ談義「それが僕らの仕事ですから」(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

佐藤二朗 映画

『新解釈・三國志』で共演する大泉洋と佐藤二朗 福田雄一監督がメガホンを取り、主演のと初タッグを組んだ映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の特報動画が7月14日に公開された。 そんななかキャストのが15日、Twitterで「いつの間にこんな動画が」と注目したのは5月3日に公開された『メイキング映像第二弾』である。 特報では「まさかのコメディ?」と映画の実態に迫るが、メイキング映像では既にその片鱗を覗かせており、大泉と佐藤によるレアなアドリブ談義まで見られた。 『三国志』は中国の後漢末期から三国時代にかけて繰り広げられた魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)による興亡史であり、日本では氏の歴史小説『三国志』や横山光輝氏の漫画『三国志』など数々の作品で描かれてきた。 『新解釈・三國志』は福田雄一監督が脚本を手掛けたオリジナルであり、横山光輝版のような壮大な世界観を覆す斬新な作品となりそうだ。 福田監督と言えば、『勇者ヨシヒコ』シリーズや人気漫画を実写化したドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』に『』、映画『銀魂』シリーズなどで知られるようにコメディが大好きである。 『新解釈・三國志』には福田作品に度々出演するや佐藤二朗、ムロツヨシ、橋本環奈、賀来賢人、城田優といったいわゆる「福田組」の面々がキャストに顔を並べるが、福田監督と初めてタッグを組む売れっ子俳優の大泉洋が主演することによってどのような化学反応を起こすかは見どころの1つだろう。 「三国志」に欠かせない農民による組織的反乱「黄巾の乱」を起こしたとされる黄天の逆賊・黄巾役を務める山田孝之は、キャスティングが発表されると憧れの大泉洋との共演が実現して喜んでいた。 『メイキング映像第二弾』ではそんな山田演じる黄巾と、大泉洋演じる後に蜀の国を興す乱世の英雄・劉備玄徳が相まみえるリハーサルでの一幕がある。 リハーサル中とはいえ台本のセリフはなく、ほとんどアドリブによる応酬が続きいきいきとした山田孝之の姿が印象的だ。 乱世に恐怖をもたらした酒池肉林の暴君・董卓役の佐藤二朗も大泉洋との共演は少ない。 佐藤は『メイキング映像第二弾』について「ひどいな。 本当にひどい。 みんなも。 俺も」とツイートしているが、リハーサルの合間に大泉とやりとりするところは興味深い。 佐藤二朗が『勇者ヨシヒコ』シリーズや『スーパーサラリーマン左江内氏』で見せたようなアドリブによる演技を持ち味とすれば、大泉洋もまたアドリブが得意だ。 最近では7月8日放送の日本テレビ系水曜ドラマ『ハケンの品格』第4話で東海林役の大泉が商談で取引先社長・美香(キムラ緑子)を前にしゃべり続けるシーンがあり、Twitter上で「絶対アドリブだろってとこがアドリブっぽく見えない!」、「我らが洋ちゃん ほんとに面白いし、どこまでが台本でどれがアドリブでどんだけオーバーなのか」と話題になったものだ。 『新解釈・三國志』の『メイキング映像第二弾』では大泉がアドリブ演技について「それが僕らの仕事ですから」と切り出せば、佐藤が「大泉、いいこと言った!」と同調。 さらに大泉が「僕らは店に商品を出さなければいけない。 買う買わないは自由」とたとえて持論を述べていた。

次の