新宿住友ビル三角広場。 西新宿にもっとにぎわいを 屋内広場や美術館が今夏開業 :日本経済新聞

【2020年】新宿住友ビル(三角ビル)の入居テナント紹介!

新宿住友ビル三角広場

新宿副都心にある新宿住友ビルは上から見ると三角形をしている特徴的な形状から住友三角ビルの愛称でも親しまれています。 現在、このビルでは2017年から大規模な改修工事の真っ最中です。 何ができるのか興味があったので調べてみると、建物の改修工事だけではなくて、ビルの足元を囲むように全天候型のアトリウムを建築中なのだそうです。 その広さは約6600平方メートルで最大の天井高は25メートル(有効天井高22メートル)もあるということですので、相当、広々としたスペースであることは間違えないです。 都営地下鉄大江戸線の都庁前駅からも直結ということでアクセスも良いので、ここでイベント等を開催すると、かなりの集客効果が見込めそうです。 オープンは2020年6月ということですので、何とか、東京オリンピックには間に合わせたいのでしょう。 計画を詳しくみると、緑とうるおいが溢れるアトリウム空間を目指すということで、壁面緑化やフラワーポットの配置などで、緑豊かな空間を目指すとあります。 その広い空間をいかしたスポーツ大会、パブリックビューイベント、お祭りイベント、マルシェ、フードイベント、車の展示、巨大模型の展示など、多岐な用途に使えるように設計されています。 また大規模災害時には、帰宅困難者の受け入れ施設や防災対策拠点としての機能させることになっています。 この新宿副都心の周辺は日中の勤務者の数が多いですが避難場所は少ないので、災害時の避難場所が増えることは心強いです。 これまでは代々木公園などの屋外で行われていた大きなイベントも、こちらに誘致ができるかもしれません。 オープンが待ち遠しい施設です。 かなり、アトリウムの屋根の形もわかるところまで工事が進んでいます。 かなり広いスペースであることがよく分かりました。

次の

新宿住友ビル 三角広場などのリニューアル工事の様子

新宿住友ビル三角広場

2000人規模のイベントが可能な全天候型施設に生まれ変わる(新宿住友ビルの「三角広場」) 7月1日に正式に開業するのが「三角広場」だ。 「三角ビル」として知られる新宿住友ビル周辺の空地をすっぽりとガラス張りの屋根と壁で覆い、大型のモニターを備えた。 最大2000人規模のイベント開催が可能だ。 屋内広場となったことで、季節や天候にかかわらず多目的に利用できるようになった。 新型コロナウイルスの影響で当面は目立ったイベントは休止だが、災害時の避難所や、日常のランチの場としても活用できる。 7月以降、SOMPOホールディングスが損害保険ジャパン本社ビルの敷地内に建てた別棟で開業するのが「SOMPO美術館」だ。 もともと本社ビル内にあった美術館を移転・拡張する。 ゴッホの「ひまわり」が単独展示となり観賞できるようになるほか、洋画家、東郷青児の作品などを多数展示する。 「広く美術館の存在を知ってもらいたい」(同社)と独立した建物とした。 2つのビルはいずれも1970年代に建てられた超高層ビルの草分け的存在。 壁面や空地の位置は都市計画で定まっており、勝手な増築はできない。 今回はにぎわい創造や文化振興といった観点で都や新宿区が変更を認め、新たな施設の整備が可能となった。 西新宿では新宿中央公園にも芝生広場に隣接してカフェやフィットネスクラブが入る施設「シュクノバ」が7月16日に開業予定。 同19日には改札を通らずJR新宿駅を東西に横断できる自由通路も開通する。 「働く」イメージが強い西新宿だが、多様な施設の開業で「遊ぶ」にも魅力的な街となりそうだ。

次の

新宿住友ビルディング

新宿住友ビル三角広場

三角広場の外観 新宿住友ビルは地上52階、地下4階の高層ビルで1974年に完成した。 高さは200メートルを超え、新宿の超高層ビル群の中でもいち早く建設された。 近年課題となっていた周辺地域のにぎわいを取り戻すことなどを狙い、2017年から大規模な改修を進めてきた。 イベントスペースの名称は「三角広場」。 面積が約3250平方メートル。 高さ約25メートルで2千人規模を収容できる。 展示会やパブリックビューイング、スポーツイベントなどでの利用を想定している。 非常用発電機や防災備蓄倉庫を備え、災害時には帰宅困難者らの避難場所として使う方針だ。 ビルの地上2階や地下1階には計26店舗の店舗や飲食店が入る。 「三角広場」は6月1日にオープンする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で開業時期が1カ月遅れることになった。 住友不動産ビル事業本部の宮川享之・新宿事業所長は説明会で「土日が静かな街並みになっている西新宿のにぎわいを取り戻す一歩にしたい」と語った。 当面は大人数のイベント開催は難しいため、日常のランチや触れ合いの場として活用されることになりそうだ。 (原欣宏).

次の