税理士試験。 必見!税理士試験各受験科目の特徴と科目選択のコツ

税理士の試験制度

税理士試験

5.受験が毎年になると予備校費用がバカにならない 6.税理士事務所で働いていると、思うように勉強時間が取れない 7.試験合格を目指すとしたら、5科目合格しなければならない これが税理士試験の辛さです。 七重苦、八重苦あります。 さらに掘り下げていきます。 1.各科目の分量が半端ない 税理士試験科目の一つ一つの分量がかなりあります。 大原予備校が出している目安の時間がこちらです。 科目名 計算と理論の比重 学習時間の 目安 必要な簿記知識 計算 理論 簿記論 100点 — 400時間 日商簿記3級 財務諸表論 50点 50点 400時間 日商簿記3級 所得税法 50点 50点 600時間 日商簿記3級 法人税法 50点 50点 600時間 簿記or財表の学習経験 相続税法 50点 50点 520時間 不要 消費税法 50点 50点 300時間 日商簿記3級 酒税法 70点 30点 170時間 不要 国税徴収法 — 100点 170時間 不要 住民税 50点 50点 190時間 不要 事業税 45点 55点 190時間 日商簿記3級 固定資産税 50点 50点 190時間 不要 ちなみにこれは理論の暗記時間を含めておりません。 一科目20万円くらいなので、合計の学費は 100万円を超えます 落ちれば、学費積み上げで、余分にお金が飛んでいきます。 時間はかかるわ、お金は飛ぶは踏んだり蹴ったり、合格できなきゃ 悲惨すぎます。 辛すぎです。 6.税理士事務所で働いていると、思うように勉強時間が取れない これもあるあるな話ですが、税理士登録には実務経験が2年必要になります。 なので、働きながら目指す人も多いですが、仕事が忙しいという本末転倒な状況があります。 仕事して勉強して、色々な プレッシャーに耐えながら、受験するのは辛すぎます。 7.試験合格を目指すとしたら、5科目合格しなければならない 税理士試験ってほとんどドラゴンボールと一緒なんです。 ドラゴンボールが一つ欠けていたらシェンロンが出現しませんよね。 それと同じで税理士試験も 5科目合格しないと税理士になれません。 4科目でずっと止まっていたら、いつまで経っても独占業務は行えないのです。 ・満点勝負の試験のため、合格ラインは最低90点以上 ・酒の判定をミスると、酒税額の合計額が一致しないので、芋づる式で間違う ある意味潔い試験で、ミスったら来年という感じで、みんな覚悟しています。 それでも、勉強して良かったなと思いました。 終わりに:結局、税理士試験は辛いことのほうが多い試験です 結局、税理士試験は辛いことの方が多い試験です。 私は楽しさを見つけながら、この試験を乗り越えようとしています。 その一つに大学院による税法免除を上手く活用と思っています。 間違いなく最速で合格するのは、 院免除です。 大学進学が当たり前になった今、大学院進学もこれから普通になると思います。 免除の観点から、プライド的に許さない人もいると思いますが、上がったもの勝ちです。 こっちの方が、税理士になるのも早いし、学歴的にも上になりますからね。 使えるものは使って、早目に ハードな試験からみんなで上がっていきましょう!.

次の

資格概要

税理士試験

概要 [ ] 税理士試験に合格した者及び税理士試験を免除された者は、租税又は会計に関する事務に2年以上従事した上で、税理士となる資格を有することとなる(税理士法第3条第1号及び第2号)。 なお、及びはそれだけで税理士となる資格を有する(同法第3条第3号及び第4号)。 また、その他の一定の条件に該当する者は、前述の条件を満たしていたとしても税理士となる資格を有しない(同法第4条)。 税理士となる資格を有する者が税理士となるためには、に備える税理士名簿に登録しなければならない(同法第18条、第19条)。 沿革 [ ] (昭和26年)、の制定と共に、税理士試験を実施するためののとして税理士試験委員が設置される。 同年に税理士試験公告が出され、同年からにかけて税理士試験が実施される。 (昭和31年)、暫定措置として特別税理士試験制度が設けられる。 (昭和55年)の税理士法改正により、(昭和56年)に税理士試験委員が税理士審査会に改組される。 (昭和60年)、特別税理士試験制度が廃止される。 (平成13年)、に伴い、税理士審査会が国税審議会に統合され、その機能が税理士分科会に移管される。 試験実施の日時及び場所等 [ ] 税理士試験は毎年1回以上行うこととされ(税理士法第12条第2項)、例年は年1回、第1週の、、の3日間に渡り行われる。 試験会場は、、、、、、、、、、、、及び国税審議会の指定するその他の場所となる(同法施行規則第5条)。 国税審議会会長は、税理士試験を実施する初日の2月前までに、試験を実施する日時や場所等の受験に必要な事項を、官報で公告しなければならない(同法施行規則第6条)。 受験資格及び受験者 [ ] 受験資格 [ ] 税理士試験を受験するためには、下記のような学識、資格、職歴、認定等の一定の条件のいずれかに該当することを必要とする(税理士法第5条)。 一定の事務・業務に2年以上従事した者• 、、で又はを1科目以上履修して卒業した者• 大学3年次以上の学生で、法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者• 1級合格者• 上級合格者 受験者 [ ] 通常、税に関わる職業を希望する場合、日本全国での大学進学率上昇(学歴社会)、院免除、国家公務員採用総合職試験や採用試験(国税庁経験者採用試験含む) 、さらに税理士試験後にややを受験する等の選択肢を得るためにも偏差値が高い大学へ進学されている。 詳細は「」を参照 一般社会と同様、税理士試験受験者は上記のような将来の多様な選択肢の幅を保持するためにも、世間一般に評価が高く各種試験の採用率や合格率が高く、毎年行われる行政官国内研究員制度 等において、府省庁の高級官僚が派遣される名門大学(、、、等)へ進学し、・等の高級官僚との・を構築することが考えられる。 税理士試験の会計学と税法は高度な知的水準の内容となっている。 それゆえ、税理士試験受験者の学歴別割合としては、大学卒業者が大多数となっている。 税理士制度沿革史編集委員会『税理士制度沿革史[増補改訂版]』日本税理士会連合会事業本部(昭和62年6月25日増補改訂版発行)では、科目制度である税理士試験において、試験実施回数や受験者数の増加と比較して合格者数は少ないことについて、「当該試験が職責上かなり高度の知識や能力を要求しているにもかかわらず受験者に相当な能力の格差があり、会計学と税法をともにこなせる者の少ないことを如実に物語っているものといえよう。 」と指摘している。 学歴別受験者数(単位:人) 丸括弧内は割合(単位:%) 回 年度 大学卒 大学在学中 短大・旧専卒業 専門学校卒業 高校・旧中卒 その他 合計 第49回 1999(平成11) 33,754 (64. 32) 2,834 (5. 40) 4,204 (8. 01) - 7,482 (14. 26) 4,203 (8. 01) 52,477 第50回 2000(平成12) 34,483 (65. 60) 2,818 (5. 36) 4,065 (7. 73) - 7,209 (13. 71) 3,992 (7. 59) 52,567 第51回 2001(平成13) 34,203 (67. 49) 2,579 (5. 09) 3,756 (7. 41) - 6,693 (13. 21) 3,446 (6. 80) 50,677 第52回 2002(平成14) 35,997 (68. 49) 2,781 (5. 29) 2,975 (5. 66) 4,781 (9. 10) 4,811 (9. 15) 1,215 (2. 31) 52,560 第53回 2003(平成15) 38,558 (69. 88) 3,002 (5. 44) 2,846 (5. 16) 4,883 (8. 85) 4,800 (8. 70) 1,086 (1. 97) 55,175 第54回 2004(平成16) 39,701 (70. 74) 3,164 (5. 64) 2,726 (4. 86) 4,904 (8. 74) 4,624 (8. 24) 1,007 (1. 79) 56,126 第55回 2005(平成17) 40,241 (71. 46) 3,489 (6. 20) 2,478 (4. 40) 4,892 (8. 69) 4,234 (7. 52) 980 (1. 74) 56,314 第56回 2006(平成18) 39,249 (72. 41) 2,981 (5. 50) 2,305 (4. 25) 4,806 (8. 87) 3,973 (7. 33) 889 (1. 64) 54,203 第57回 2007(平成19) 38,968 (73. 08) 3,042 (5. 70) 2,138 (4. 01) 4,697 (8. 81) 3,729 (6. 99) 750 (1. 41) 53,324 第58回 2008(平成20) 38,113 (73. 49) 2,780 (5. 36) 2,031 (3. 92) 4,425 (8. 53) 3,640 (7. 02) 874 (1. 69) 51,863 第59回 2009(平成21) 38,150 (74. 11) 2,443 (4. 75) 1,951 (3. 79) 4,536 (8. 81) 3,674 (7. 14) 725 (1. 41) 51,479 第60回 2010(平成22) 38,459 (74. 72) 2,343 (4. 55) 1,813 (3. 52) 4,518 (8. 78) 3,562 (6. 92) 773 (1. 50) 51,468 第61回 2011(平成23) 36,989 (74. 71) 1,975 (3. 99) 1,665 (3. 36) 4,467 (9. 02) 3,581 (7. 23) 833 (1. 68) 49,510 第62回 2012(平成24) 35,911 (74. 62) 1,986 (4. 13) 1,585 (3. 29) 4,313 (8. 96) 3,579 (7. 44) 749 (1. 56) 48,123 第63回 2013(平成25) 33,966 (74. 92) 1,755 (3. 87) 1,421 (3. 13) 4,034 (8. 90) 3,383 (7. 46) 778 (1. 72) 45,337 第64回 2014(平成26) 30,661 (74. 73) 1,493 (3. 64) 1,317 (3. 21) 3,755 (9. 15) 3,126 (7. 62) 679 (1. 65) 41,031 第65回 2015(平成27) 28,615 (74. 96) 1,244 (3. 26) 1,207 (3. 16) 3,562 (9. 33) 2,893 (7. 58) 654 (1. 71) 38,175 第66回 2016(平成28) 26,691 (75. 00) 1,182 (3. 32) 1,057 (2. 97) 3,298 (9. 27) 2,759 (7. 75) 602 (1. 69) 35,589 第67回 2017(平成29) 24,817 (75. 26) 980 (2. 97) 965 (2. 93) 3,135 (9. 51) 2,511 (7. 62) 566 (1. 72) 32,974 第68回 2018(平成30) 23,240 (75. 33) 966 (3. 13) 906 (2. 94) 2,906 (9. 42) 2,381 (7. 72) 451 (1. 46) 30,850 第69回 2019(令和元) 22,393 (75. 20) 1,019 (3. 42) 841 (2. 82) 2,824 (9. 48) 2,282 (7. 66) 420 (1. 41) 29,779• 統計上、受験者に占める大学進学者の割合が増加する一方、高卒者等は毎年順当に減少し、税理士試験を受験しなくなっていることが明らかに読み取れる。 年齢別受験者数(単位:人) 丸括弧内は割合(単位:%) 回 年度 41歳以上 36~40歳 31~35歳 26~30歳 25歳以下 合計 第49回 1999(平成11) 9,835 (18. 74) 6,204 (11. 82) 9,565 (18. 23) 14,837 (28. 27) 12,036 (22. 94) 52,477 第50回 2000(平成12) 9,827 (18. 69) 6,417 (12. 21) 9,789 (18. 62) 15,243 (29. 00) 11,291 (21. 48) 52,567 第51回 2001(平成13) 9,484 (18. 71) 6,276 (12. 38) 9,616 (18. 98) 14,848 (29. 30) 10,453 (20. 63) 50,677 第52回 2002(平成14) 9,632 (18. 33) 6,132 (11. 67) 10,738 (20. 43) 15,273 (29. 06) 10,785 (20. 52) 52,560 第53回 2003(平成15) 9,972 (18. 07) 6,596 (11. 95) 11,509 (20. 86) 15,793 (28. 62) 11,305 (20. 49) 55,175 第54回 2004(平成16) 10,032 (17. 87) 6,727 (11. 99) 12,207 (21. 75) 15,549 (27. 70) 11,611 (20. 69) 56,126 第55回 2005(平成17) 9,772 (17. 35) 6,779 (12. 04) 12,420 (22. 05) 15,198 (26. 99) 12,145 (21. 57) 56,314 第56回 2006(平成18) 9,946 (18. 35) 6,773 (12. 50) 12,490 (23. 04) 14,281 (26. 35) 10,713 (19. 76) 54,203 第57回 2007(平成19) 9,861 (18. 49) 7,403 (13. 88) 12,426 (23. 30) 13,491 (25. 30) 10,143 (19. 02) 53,324 第58回 2008(平成20) 10,068 (19. 41) 7,713 (14. 87) 12,117 (23. 36) 12,645 (24. 38) 9,320 (17. 97) 51,863 第59回 2009(平成21) 10,518 (20. 43) 8,410 (16. 34) 11,984 (23. 28) 12,053 (23. 41) 8,514 (16. 54) 51,479 第60回 2010(平成22) 10,740 (20. 87) 8,779 (17. 06) 11,634 (22. 60) 11,851 (23. 03) 8,464 (16. 45) 51,468 第61回 2011(平成23) 10,974 (22. 17) 8,520 (17. 21) 10,995 (22. 21) 10,955 (22. 13) 8,066 (16. 29) 49,510 第62回 2012(平成24) 11,185 (23. 24) 8,434 (17. 53) 10,428 (21. 67) 10,302 (21. 41) 7,774 (16. 15) 48,123 第63回 2013(平成25) 11,481 (25. 32) 8,149 (17. 97) 9,643 (21. 27) 9,352 (20. 63) 6,712 (14. 80) 45,337 第64回 2014(平成26) 11,449 (27. 90) 7,460 (18. 18) 8,570 (20. 89) 8,005 (19. 51) 5,547 (13. 52) 41,031 第65回 2015(平成27) 11,571 (30. 31) 6,986 (18. 30) 7,686 (20. 13) 7,092 (18. 58) 4,840 (12. 68) 38,175 第66回 2016(平成28) 11,489 (32. 28) 6,351 (17. 85) 6,918 (19. 44) 6,380 (17. 93) 4,451 (12. 51) 35,589 第67回 2017(平成29) 11,320 (34. 33) 5,798 (17. 58) 6,270 (19. 01) 5,626 (17. 06) 3,960 (12. 01) 32,974 第68回 2018(平成30) 11,309 (36. 66) 5,268 (17. 08) 5,716 (18. 53) 4,900 (15. 88) 3,657 (11. 85) 30,850 第69回 2019(令和元) 11,318 (38. 01) 4,997 (16. 78) 5,360 (18. 00) 4,398 (14. 77) 3,706 (12. 45) 29,779 試験科目 [ ] 分野による分類 [ ] 試験科目は「 税法に属する科目」と「 会計に属する科目」の2種類に大別され、「 税法に属する科目」とされる9科目(、、、、、、、、)と、「 会計に属する科目」とされる2科目(、)の計11科目となる(税理士法第6条)。 選択制による分類 [ ] 試験科目は、選択可能性によって、「 必須科目」(簿記論、財務諸表論)、「 選択必須科目」(法人税法、所得税法)、「 選択科目」(相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税)に分類される。 「 必須科目」は、その2科目両方の合格が、「 選択必須科目」は、2科目のうちいずれか1科目の合格が、「 選択科目」は、相続税法、消費税法又は酒税法のいずれか1科目、国税徴収法、事業税又は住民税のいずれか1科目、固定資産税、及び選択必須科目のうち選択しなかった科目の中からいずれか2科目の合格が必要となる。 合計5科目の合格により、税理士法第3条第1項第1号の要件を充足し、税理士となる資格を有することとなる。 また、1回の試験では最大5科目(会計に属する科目2科目、所得税法又は法人税法を含めた税法に属する科目3科目)までしか受験できない。 税理士試験の合格 [ ] 合格発表は例年。 合格基準点は各科目60点以上だが(税理士法施行令第6条) 、例年の科目合格率は10~20%(科目により差がある)で概ね安定している。 受験者には結果通知書が送付されるほか、登録に必要な科目全てに合格すると、合格発表の日のに公示される(税理士法第11条、同法施行規則附則第10項)。 税理士試験の特徴としては、科目合格制がある。 我が国の事業者数および事業所数の減少 、一般事業会社における利用の急激な普及、をはじめとする金融サービスと会計の融合の促進、クラウド会計ソフトの誕生、、により、税理士を取り巻く環境が激変し、受験者数が毎年大幅減少していく傾向が止まらない。 近年、税理士試験の一部の問題において、設問の不備により正答が判然としない問題が出題されており受験者や予備校講師等から疑問の声が上がっている。 また、採点や合格基準が不透明であることに対しても批判があり、適切な試験を実施するよう国税審議会に要望する署名活動が行われている。 00 6,945 13. 23 7,997 15. 24 第50回 2000(平成12) 52,567 1,076 2. 05 7,173 13. 65 8,249 15. 69 第51回 2001(平成13) 50,677 1,085 2. 14 7,415 14. 63 8,500 16. 77 第52回 2002(平成14) 52,560 1,074 2. 04 7,706 14. 66 8,780 16. 70 第53回 2003(平成15) 55,175 1,193 2. 16 9,850 17. 85 11,043 20. 01 第54回 2004(平成16) 56,126 1,090 1. 94 8,039 14. 32 9,129 16. 27 第55回 2005(平成17) 56,314 1,055 1. 87 8,662 15. 38 9,717 17. 26 第56回 2006(平成18) 54,203 1,126 2. 08 8,726 16. 10 9,852 18. 18 第57回 2007(平成19) 53,324 1,014 1. 90 7,413 13. 90 8,427 15. 80 第58回 2008(平成20) 51,863 964 1. 86 8,212 15. 83 9,176 17. 69 第59回 2009(平成21) 51,479 1,058 2. 06 7,116 13. 82 8,174 15. 88 第60回 2010(平成22) 51,468 999 1. 94 7,454 14. 48 8,453 16. 42 第61回 2011(平成23) 49,510 1,094 2. 21 7,973 16. 10 9,067 18. 31 第62回 2012(平成24) 48,123 1,104 2. 29 8,964 18. 63 10,068 20. 92 第63回 2013(平成25) 45,337 905 2. 00 7,443 16. 42 8,348 18. 41 第64回 2014(平成26) 41,031 910 2. 22 5,999 14. 62 6,909 16. 84 第65回 2015(平成27) 38,175 835 2. 19 6,067 15. 89 6,902 18. 08 第66回 2016(平成28) 35,589 756 2. 12 4,882 13. 72 5,638 15. 84 第67回 2017(平成29) 32,984 795 2. 41 5,839 17. 70 6,634 20. 11 第68回 2018(平成30) 30,850 672 2. 18 4,044 13. 11 4,716 15. 29 第69回 2019(令和元) 29,779 749 2. 52 4,639 15. 58 5,388 18. 09 試験科目の免除制度 [ ] 我が国では、戦前から高等教育機関における会計学研究振興の為、旧制時代には所定の課程を修了すれば及び税理士資格の前身である資格を無試験で取得することができた。 また、1948年にが定められたが、計理士資格を持つものは特別公認会計士試験を受験・合格することで資格を取得できる救済措置が制定されていた。 それゆえ、今日でも、を母体とする や、旧制大学であるやが会計学研究の拠点であり、研修講師や税理士や公認会計士を多数輩出している。 税理士試験においても、科目合格をした場合には、その合格した科目については、それ以降の税理士試験において免除されることとなる(税理士法第7条)。 学歴が無い者は科目合格をすることで有資格者となれる。 また、税理士試験を受験し科目合格をする方法以外に、以下の条件を満たすことにより一部の科目が免除される。 学位取得による免除 [ ] 税理士は高度な職能を有する専門家とされている。 そのため法理論等の専門性を持つ豊かな教養人が望まれ税理士試験制度は大学院修了者へ学位取得による免除制度を設けている。 税法又は会計学に関するのを取得した者は、それぞれに属する科目を1科目合格した場合においてそれぞれに属する残りの科目が免除され(同法第7条第1項から第3項)、税法又は会計学に関するの学位を取得した者は、それぞれに属する科目が免除される(同法第7条第2項及び第3項)。 (平成14年)3月までにへ進学した者のうち、の学位(修士または博士)を持つ者は系の科目(簿記論、財務諸表論)の試験が免除され、、またはのうちの学位(修士または博士)を持つ者は税法系の科目(選択必修及び選択科目)の試験が免除されていた。 このため商学系及び法学系の両大学院の修士号を取得している場合(ダブルマスター)には税理士試験を受けることなく税理士資格が取得できた。 しかし2002年(平成14年)4月1日以降に大学院へ進学した場合、修士号取得者については、会計系ならば会計に関するを、税法系ならば税法(租税体系・法人税・所得税・消費税など)に関する修士論文を作成し、かつ、関係する科目1科目を合格することが、免除を受ける要件となった。 つまり、例えば商学の修士号を持っている者は、会計に関する修士論文を作成しており、かつ簿記論又は財務諸表論のどちらかに合格することにより、もう片方が免除されるのである。 なお、論文審査があるため、修士論文を作成していない者や、税理士試験と関係のない研究をした者は、たとえ修士号を取得しても試験は免除されない。 また、博士号取得者については、会計学に関する研究により学位を取得した者は会計系の科目2科目が、税法に関する研究により学位を取得した者は税法系の科目3科目が、それぞれ免除されるようになった(同法第8条第1項及び第2項)。 そして、税理士が修士号取得後、博士課程へ進学し、博士学位を取得した場合は免除申請をすることで試験科目を大幅に免除される。 このように今日では大学院進学が制度上奨励されている。 免除要件 [ ] 「学位による試験科目免除」制度に基づく認定をする国税審議会での審査に関しては申請者の入学する研究科は問われず、指導教授の経歴が課税庁出身であるか否かも問われない また制度変更後は修士論文の内容が問われる事となったため、伝統的な・・・等系の研究・専攻以外に、の修士課程修了者が試験科目免除の対象となった例がある。 重要なことは、修士論文のタイトルと中身 である。 詳細は「」を参照 国税従事による免除 [ ] において一定の事務に一定期間(10~20年以上)従事した者は、一部又は全部の税法に属する科目が免除される(同法第8条第1項第4号から第10号及び同条第2項)。 また、更に一定の要件を満たし、国税審議会の指定した研修(指定研修 )を修了した者は、会計に属する科目が免除される(同法第8条第1項第10号、同施行規則第2条の7及び8)。 就職活動 [ ] を行うの子会社や関連企業等において、税理士試験実施後の8月や合格発表後の12月に受験生や合格者を対象とした就職説明会が開催される。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 詳細は国税庁のHPを参照• 税理士試験の試験科目に関しては、会計2科目の受験者の減少が文部科学省の審議会にて指摘されている• 法人税法及び所得税法について、国税庁では簿記論・財務諸表論と同様に「必須科目」と呼んでいるが、ここでは説明の便宜上、「選択必須科目」と表記する• を修了しの学位を得ることにより税理士資格取得につながることから、一部の私立大学は少子化の流れの中で学生募集の宣伝材料として積極的に「学位による試験科目免除」(通称:院免除)を宣伝していた。 インターネットの掲示板などで課税庁出身教員に指導されることが免除要件であるかのごとき誤解が一部受験生の間で存在したが、学位論文の内容が論点であり特定の大学院を出る者だけが院免除出来る訳では無い。 例として「……平成14年改正後税理士法の「学位による試験科目免除」制度に基づく認定を国税審議会から受けた。 これは理系大学院生にとって以後税理士への道を拓く画期的な先行事例となるものである。 通常、修士論文執筆にあたり、著『法律学講座双書 租税法』を基本書とし、参考文献については租税法学会編「租税法研究」各号の「租税法学界の動向」、「国家学会雑誌」学界展望<租税法>等を参考にする。 その他、税務大学校論叢、租税判例百選等を引用する。 出典 [ ]• 585. 「税理士試験公告」『官報』第7411号、1951年9月20日、348面。 国税庁. 2020年3月26日閲覧。 国税庁. 2020年3月26日閲覧。 国税庁. 2020年3月26日閲覧。 , p. 500. 人事院. 2020年3月21日閲覧。 税理士制度沿革史編集委員会『税理士制度沿革史[増補改訂版]』日本税理士会連合会事業本部 昭和62年6月25日一〇四四頁• - (2004年6月3日アーカイブ分)• - (2007年1月29日アーカイブ分)• - (2006年12月6日アーカイブ分)• - (2007年6月11日アーカイブ分)• - (2007年7月14日アーカイブ分)• - (2007年7月14日アーカイブ分)• - (2007年7月14日アーカイブ分)• - (2011年10月20日アーカイブ分)• - (2012年11月1日アーカイブ分)• - (2013年11月6日アーカイブ分)• - (2014年10月13日アーカイブ分)• - (2015年5月8日アーカイブ分)• - (2016年7月10日アーカイブ分)• - (2017年3月14日アーカイブ分)• - (2017年12月19日アーカイブ分)• - (2017年12月19日アーカイブ分)• - (2017年12月19日アーカイブ分)• - (2018年3月21日アーカイブ分)• - (2018年3月21日アーカイブ分)• - (2019年1月6日アーカイブ分)• - (2020年3月19日アーカイブ分)• 国税庁. 2020年7月12日閲覧。 文部科学省 2015年12月21日. 2020年7月12日閲覧。 国税庁. 2020年7月12日閲覧。 国税庁. 2020年7月12日閲覧。 国税庁. 2020年7月12日閲覧。 国税庁. 2020年3月21日閲覧。 [ ]• Change. org. 2020年3月21日閲覧。 以上の学校でを修得した者は無試験で計理士資格が認められたからである(平野由美子「 」『立命館経営学』第50巻5号、pp. 57 - 79、、2012年)• 原征士「 」『経営志林』法政大学経営学会、1990年• 国税庁. 2020年3月21日閲覧。 国税庁. 2020年3月21日閲覧。 国税庁. 2020年3月21日閲覧。 大原キャリアナビ. 2020年3月21日閲覧。 TACプロフェッションバンク. 2020年3月21日閲覧。 参考文献 [ ]• 『国税庁五十年史』、2000年7月25日。 『経営学博士が教える試験免除で公認会計士・税理士になる究極の方法』〈YELL books〉、2010年9月。 『経営学博士が教える 大学院で試験免除! 税理士になる秘密の授業』〈YELL books〉、2012年5月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - e-Gov法令検索• - e-Gov法令検索.

次の

税理士試験に独学でチャレンジ!自力で合格は勝ち取れるのか

税理士試験

科目名 種類 時間(目安) 出題内容の比率 簿記論 必須 450~500時間 理論0%:計算100% 財務諸表論 必須 450~500時間 理論50%:計算50% 所得税法 選択必須 600~700時間 理論50%:計算50% 法人税法 選択必須 600時間 理論50%:計算50% 相続税法 選択 450~500時間 理論50%:計算50% 消費税法 選択 450~500時間 理論50%:計算50% 酒税法 選択 150~200時間 理論40%:計算60% 国税徴収法 選択 150時間 理論100%:計算0% 住民税法 選択 200時間 理論50%:計算50% 事業税法 選択 200~250時間 理論30%:計算70% 固定資産税法 選択 250時間 理論50%:計算50% 科目名 種類 平成29年度 平成30年度 令和元年度 簿記論 必須 14. 2% 14. 8% 17. 4% 財務諸表論 必須 26. 6% 13. 4% 18. 9% 所得税法 選択必須 13. 0% 12. 3% 14. 7% 法人税法 選択必須 12. 1% 11. 6% 12. 8% 相続税法 選択 12. 1% 11. 8% 11. 7% 消費税法 選択 13. 3% 10. 6% 11. 9% 酒税法 選択 12. 2% 12. 8% 12. 4% 国税徴収法 選択 11. 6% 10. 7% 12. 7% 住民税法 選択 14. 3% 13. 5% 19. 0% 事業税法 選択 11. 9% 11. 0% 14. 8% 固定資産税法 選択 13. 3% 14. 9% 13. 7% 合格しやすいタイプとは 仕事に向き不向きがあるように資格取得にも適性があります。 合格しやすいタイプの 特長を真似して取り入れてみることが良い結果につながる可能性はあります。 ・学習計画を着実に実行し、必要に応じて修正できる。 試験範囲が広く、各科目の難易度も高い税理士試験に合格するには 効率的な学習計画をたて、自己管理する能力が必要です。 ・無駄に迷わない。 模擬試験の結果や勉強の進み具合に一喜一憂したり、うわさやクチコミに振り回されて迷っていたりすると、勉強の効率は下がります。 たとえば、科目別合格率を参考に選択することは考えられますが、前年度までの科目別合格率が高くても、自分がその科目で合格点をとれる保証はどこにもないのです。 計画の見直しは必要ですが、 他者の情報を基準にするのではなく、自分自身の状況をふまえた検討を行いましょう。 <ココまでのまとめ> ・税理士試験の準備のために勉強しやすい環境に転職するのも有効。 ・データに振り回されるより、興味や目的意識をもてる科目がモチベーションを維持しやすい。 まとめ 税理士試験に合格し、税理士会に登録したら、そこから税理士としてのキャリアが始まります。 マイナビ税理士では、 試験合格後に転職を考えている皆さまに向けて、個別の無料キャリア相談を行っています。 すぐに転職したいという意思がなくても、合格後の進路に関するお悩みをご相談いただくだけでも大丈夫です。 勉強時間の確保にお悩みの場合は、税理士試験への サポート体制が充実した税理士事務所への転職という選択肢もあります。 もちろんご相談費用はいっさいかかりません。 まずはお気軽にお申し込みください。

次の