韓国 経済 危機 & 崩壊 特集。 韓国がこれから直面する「IMF危機以上」の地獄 文在寅の経済失政の上にコロナショックは「複合危機」を招く(1/5)

コロナ第2波の懸念高まる韓国と中国、日本は危機を回避し成長できるか

韓国 経済 危機 & 崩壊 特集

韓国銀行が28日、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態の影響で、今年の韓国の実質国内総生産(GDP)成長率が-0. 2%にとどまると予想した。 韓国銀行がマイナス成長率の見通しをしたのは、金融危機当時の2009年7月の-1. 6%(2009年の成長率予想)以来11年ぶりだ。 韓国銀行はこの日発表した経済見通し報告書で、今年の成長率見通しを従来の2. 1%から-0. 2%に2. 3%ポイント大幅に下げた。 来年の成長率は3. 1%と予想した。 これは直前の展望(2. 4%)より0. 7%ポイント高い数値だ。 先立って、去る2月は今年の予想成長率を2. 3%から2. 1%に下げたが、後に各種指標でコロナ19事態の経済打撃がより深刻なものと続々と確認され、これを反映して2. 3%ポイント一気に下げたのだ。 第1四半期の成長率は前期比-1. 4%であった。 世界金融危機当時の2008年第4四半期(-3. 3%)以来、11年3ヶ月ぶりに最低だ。 しかし、第2四半期に入っても、今年の成長見通しは暗鬱な指標が出た。 4月の輸出額が前年同月比24. 3%減なのに続いて、5月1〜20日にも20. 3%減少した。 韓国の輸出と成長率に肯定的な影響を与える世界経済の二軸、米国と中国の経済状況も予想よりも悪い。 米国ウォールストリートジャーナル(WSJ)が今月64人のエコノミストを対象に調査した結果、アメリカの第2四半期の成長率予想値は、平均-32%と調査された。 中国は去る22日開かれた全国人民代表大会(全人代)第3次年次総会で今年の経済成長率の目標数値を提示しなかった。 イジュヨル韓銀総裁は記者懇談会で「-0. 2%だった時よりも楽観的なシナリオでは、小幅プラス成長する可能性があるものと見た」とし「悲観的なシナリオでは、マイナス幅が(-0. 2%)よりも大きくなる可能性がある」と述べた。 韓銀の「成長率大幅下方調整」は、既に他の機関が0%前後の成長率見通しを打ち出し早くから予見された。 去る20日、国策研究員である韓国開発研究院(KDI)は、今年の韓国の経済が上半期(-0. 2%)と下半期(0. 5%)を通して、年間0. 2%成長すると予測した。 コロナ19長期化で経済活動が来年になってから徐々に回復する「サブシナリオ」を適用すると、成長率が-1. 6%まで低下する可能性があると予想した。 ジョンギュチョルKDI経済見通し室長は「最も可能性の高い数字は0. 2%である。 ただし、不確実性が高いため、より低い数字ともなりうる。 逆成長の可能性が高い」と説明した。 韓国金融研究院は14日、今年の成長率を-0. 5%と発表した。 国際通貨基金(IMF)も先月14日、韓国経済がマイナス成長(-1. 2%)すると予想しており、国際金融センターが集計した4月末現在、主要な海外IB(投資銀行)の、今年の韓国の成長率見通しの平均(-0. 9%)も0%を下回っている。 韓国銀行は、今年と来年の消費者物価上昇率をそれぞれ0. 3%、1. 1%と予想した。 韓国経済が「マイナス成長」したのは、1953年に韓国銀行がGDP統計を編制した後、1980年(-1. 6%)、1998年(-5. 1%)のたった二回しかない。 韓銀がマイナス(-1. 6%)予想をした2009年でさえ、実際の成長率は0. 2%に達した。 国が滅びるかにかかわらず、レベルの低い国民性が問題である。 お前のような文章を書く人間が間もなく消えると思う。 とても悲しく残念なことだと思います。 政府の負債がGDPの2倍が越えているにもかかわらず、国債の安全性は日本の方が韓国より高い。 前後が変わってるんじゃない? 偽ニュースメーカーは自分たちの知能レベルを絶対超えることができないようだね。 2なら、実際にはマイナス20%も超えるという意味じゃないか。 naver. nhn? そうしたら無様にもIMFの管理に陥るだろう。 日本に対するこれまでの反抗的態度を謝罪して、全国民で土下座して通貨スワップを哀願しないといけない。 それでも通貨スワップは無理だね。 IMFは2度目のデフォルトを認めてくれない可能性が大いにある。 換金できるものは全部売って、借金の返済をしなければならない。 帝政ロシアは米国に懇願してアラスカを買ってもらって、借金返済に充てた。 丁賤はこれからキューバのように干からびた国にまい進だ。 お粗末で憐れな民族よ。 IMF管理地獄の前に、経済悪化でのた打ち回る今の惨めな姿を、世界の人々と旨いビールを飲みながら眺めよう。 わっはっは。 カテゴリー• 990• 234• 214• 437• 2,207• 567• 552• 416• 180• 247• 105• 102• 1,161• 540•

次の

韓国通貨危機

韓国 経済 危機 & 崩壊 特集

韓国経済、【2020年にな!】韓国経済、滅ぶ? 記事要約:韓国メディアによると、最近、日本のメディアは韓国が11月中にポクマン(回復不可能な大失敗)するだろうという類いのデマが、堂々と記事として掲載されているそうだ。 いや、管理人は知らないんだが一体、どこの日本メディアがそんなこと述べているんだ。 まあ、それは置いといて、管理人は韓国経済は末期ガンのようなものだと思っているので、既に手遅れなのだ。 だから、最初の副題に「既に手遅れ」と書いてある。 だから、回復不可能な大失敗は過去の行いであって未来ではない。 文在寅大統領が韓国経済をぶち壊したというよりは末期ガンの進行速度を速めたというのが正しい見解だ。 何度か述べているが、韓国経済の回復は手遅れなのだから、根本的なガン細胞、韓国財閥と労働貴族の解体が出来なければ明日はない。 問題は普通のガンと違って取り除いたら、身体の半分ぐらいが持って行かれるということ。 つまり、絶大な痛みを伴う。 原因はわかっていてもガンに侵蝕されつつ延命治療しかできない。 韓国のゾンビ企業が増えていることでもそれがわかる。 韓国造船と同じで大きすぎて潰せないのだ。 だが、増え続ける家計債務危機で韓国経済の破綻を予想した2020年はもうすぐなのだ。 管理人は2016年に予言したが、いよいよその年が来るのだ。 でも、4年前からの予測って長いよな。 だから、11月に韓国経済が破綻することも、年内に破綻することもデマであると。 一体どういう理由で11月危機説かは知らないが。 そもそも書いてないからな。 > もちろん、ファクトが敢えて間違っているということではない。 ただし、同じ数字に対してどう解釈するのかという問題は、全くの別問題である。 国内外状況を総合的に判断して分析するのではなく、まるで世界とかけ離れた外界人(エイリアン)かのように韓国の実績だけについてアレコレ言うことは、状況に対処して韓国社会の未来を十分に見通すには不適切だからである。 確かに韓国経済のことは韓国人が1番理解しているはずである。 だが、実際、管理人の韓国経済における現状分析で間違った分析をした覚えはない。 なぜなら、韓国の出した数値を用いて分析しているからだ。 近い未来についての予測は多少外れても、中・長期的な予測を外すことはない。 ネットで毎回、騒がれている2016年や2018年に韓国経済破綻とか、そういうのだって管理人は述べたことはない。 だから、韓国社会の未来を十分に見通すには不適切というのはおかしいだろう。 そもそも、最低賃金を大幅に引き上げて製造業が潰れて景気が悪くなるとネットで予想されていたが、やはり、その通りだっただろう。 どう見ても、韓国政府より、管理人や東亜版の住人の方が韓国経済について理解しているんだよな。 それだけ、今の韓国政府が無能だということ。 素人の予想が的中するぐらい酷い経済対策しかできてないともいう。 そして、今度は凄い言い訳が始まる。 > 今年の韓国の成長率が、これまでと比べて低いと見えるのは明らかである。 しかし、すでに世界的に韓国は、先進国に入ったという評価を受けている。 その分、成長速度は大幅に落ちるしかない。 韓国が先進国に入ったから経済成長率が落ちた。 あほだよな。 なら、朴槿恵前大統領の成長率は高いのだ。 まさか、2年前ぐらい先進国に入ったので経済成長の速度が大幅に落ちましたてか。 でも、先進国のトップに君臨する米国は韓国以上に成長しているんだよな。 確か2019年の米国の成長予測は2. 4%だったか。 だから、先進国に入ったから経済成長率が大幅に落ちるなら、どうして米国は成長できているのか。 そもそも、韓国如きのGDPで成長速度が落ちたら、この先、経済成長率で他の先進国に追いつくことは不可能だろうに。 つまり、これから転げ落ちて、他の国に抜かれていくだけだ。 > さらに米中の貿易紛争によって、全世界の経済が全般的に低迷する局面に入っている。 そのような全世界的な状況に比べれば、韓国は非常にファインプレーをしている。 ファインプレーね。 どう見ても、オウンゴールの連発だよな。 着実に2%ね。 大規模な政府ドーピングで財政赤字を増やして成長率2%に維持するなんてどの国でもできるわ。 でも、それをやったところで長続きしないことも理解しないとな。 > また、インドネシアとはこれよりの一段さらに高いCEFAを締結して、今回はASEAN10か国と中国、日本、オーストラリア、ニュージーランドなど、計15か国とRCEPを締結することで、韓国企業の対外活動に翼を与えた。 経常収支も外貨準備高もまた、国家負債も非常に安定的に管理されていて、国内外のどちらにおいても韓国経済に危機の兆しは感じられない。 管理人もそう思う。 経済収支も外貨準備高も増え続けている。 外貨準備高は4063億ドルだったか。 それが額面通りあるなら問題ないだろう。 でも、家計債務を忘れていないか?増え続ける家計債務の爆弾はもうすぐ爆発する。 既にターニングポイントの1500兆ウォンは超えているからな。 > 国際的環境によって当面の困難がない訳ではないが、全ての状況に国内企業が対処する能力を十分に見せていて、また全世界の経済状況に比べて相対的に韓国経済全体が良くなっている。 むしろ日本から聞こえる呪い的な見通しは、韓国に向けられた彼らの嫉妬であると理解できる状況である。 いや、この記者は愚かだよな。 なんで、日本が韓国に嫉妬しなければいけないんだ。 日本がその気になったら、いくらでも潰せるような屑国家に嫉妬とか、呆れるしかないよな。 そんなに韓国経済が良いなら、日本製に頼らないで生きて貰えないか。 不買運動だって最近、低迷気味だろう。 韓国人が数か月できたのは日本旅行中止して、日本製のビールを飲まないことだけ。 これで日本経済にどうやってダメージ与えるんだ?あほだろう。 かすり傷を負わしてホルホルしたところで、逆にこの先、韓国が日本企業から見放されていくことを理解してないという。 韓国の日本製の不買運動は輸出国家として致命的だということをわかっていない。 他の国がそれをどう見ているかも理解しない。 > 筆者の家に伝わる教訓が一つある。 親戚の中では珍しく事業に成功した一家があった。 その家の奥方が少し乱暴な言葉遣いをする傾向があったのだが、ある時に祭祀に参加して家が滅ぶだろうという呪い的な発言をして皆を驚かせた。 ところがその数年後、他の家は何事もなかったが、その家だけが信じられない程度に滅んだ。 そのため、いつも大人がその教訓を聞かせて言葉が種になるとし、言葉に気をつけるように教えた。 言葉に気をつけるなら韓国メディアではないのか?そもそも、この筆者が言葉に気をつけてないよな。 日本メディアが韓国の未来に呪いと中傷を浴びせるとか、書いておいて言葉に気をつけろだという。 自分の文章だけで矛盾するなよ。 自分が出来てないことを人に教える。 さすが認知バイアスのなせる技だな。 コンデだよな、 > 最近、その教えが新鮮だ。 いくら現政権が気に入らなくても、それが政権ではなく、国の未来を賭けた呪いになってはいけなくはないか。 敵に賞賛されて誇らしいのか。 多くの日本人は文在寅大統領の政権を支持している。 むしろ、一生、韓国の大統領やってほしいという意見が大多数だ。 この人、何か勘違いしているよな。 文在寅政権を叩く日本人なんてほとんどいないぞ。 むしろ、応援しているのにな。 の応援(1日1回クリック)をお願いする。 (メールアドレスの入力不要にしました) 韓国経済、【2020年にな!】韓国経済、滅ぶ? 最近日本のメディアでは、韓国が11月中にポクマン(回復不可能な大失敗)するだろうという類のデマが、堂々と記事として掲載されているという。 そして、その根拠として提示される、二つの代表的な韓国内の保守メディアが登場する。 国内メディアが自由韓国党と口を合わせ、文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済政策の失策を浮き彫りにしようとする試みが目立っている。 メディアは性格上、良くなるのは当然のことであり、問題がある部分を集中的に報道するものと決まっているが、特に日本のメディアが喜んで引用する二つのメディアの場合、単に問題提起するレベルを越えているものと見られる。 文在寅政権への憎悪をズケズケと露呈することで、問題提起のレベルを越え、ほとんど呪いに近い報道傾向を見せているからである。 日本のメディアが韓日経済戦争中の状況で、韓国の未来に呪いと中傷を浴びせるのは分かるが、その源泉記事ソースが韓国メディアという事実は惨憺たるものだ。 もちろん、ファクトが敢えて間違っているということではない。 ただし、同じ数字に対してどう解釈するのかという問題は、全くの別問題である。 国内外状況を総合的に判断して分析するのではなく、まるで世界とかけ離れた外界人(エイリアン)かのように韓国の実績だけについてアレコレ言うことは、状況に対処して韓国社会の未来を十分に見通すには不適切だからである。 今年の韓国の成長率が、これまでと比べて低いと見えるのは明らかである。 しかし、すでに世界的に韓国は、先進国に入ったという評価を受けている。 その分、成長速度は大幅に落ちるしかない。 さらに米中の貿易紛争によって、全世界の経済が全般的に低迷する局面に入っている。 そのような全世界的な状況に比べれば、韓国は非常にファインプレーをしている。 さらに、未だに対日屈辱外交を強要する保守政界と保守メディアの雰囲気があるが、韓国はむしろ日本を後回しにして、全世界とこれまで以上に活発に通商外交を繰り広げ、経済に新しい活力を吹き入れている。 我らの交易相手国の大多数とFTAを締結しているのはもちろん、特に技術強国と相次ぐFTAを締結することで、今後の今回の日本の経済空襲のような不意の侵略に効率的に対応する基礎を用意した。 また、インドネシアとはこれよりの一段さらに高いCEFAを締結して、今回はASEAN10か国と中国、日本、オーストラリア、ニュージーランドなど、計15か国とRCEPを締結することで、韓国企業の対外活動に翼を与えた。 経常収支も外貨準備高もまた、国家負債も非常に安定的に管理されていて、国内外のどちらにおいても韓国経済に危機の兆しは感じられない。 (省略) 国際的環境によって当面の困難がない訳ではないが、全ての状況に国内企業が対処する能力を十分に見せていて、また全世界の経済状況に比べて相対的に韓国経済全体が良くなっている。 むしろ日本から聞こえる呪い的な見通しは、韓国に向けられた彼らの嫉妬であると理解できる状況である。 筆者の家に伝わる教訓が一つある。 親戚の中では珍しく事業に成功した一家があった。 その家の奥方が少し乱暴な言葉遣いをする傾向があったのだが、ある時に祭祀に参加して家が滅ぶだろうという呪い的な発言をして皆を驚かせた。 ところがその数年後、他の家は何事もなかったが、その家だけが信じられない程度に滅んだ。 そのため、いつも大人がその教訓を聞かせて言葉が種になるとし、言葉に気をつけるように教えた。 最近、その教えが新鮮だ。 いくら現政権が気に入らなくても、それが政権ではなく、国の未来を賭けた呪いになってはいけなくはないか。 敵に賞賛されて誇らしいのか。 ソースは5chより記事掲載 ソース:ソウルファイナンス(韓国語) 文政権や共に民主党の広報のような記事だ! 韓国の経済は悪いし、その原因は外因と内因の両方があり、政策の失敗も大きい。 少なくともIMFは、助言や指導を無視して悪化している韓国経済に呆れて、助ける気も力もない状態です。

次の

韓国通貨危機とは|金融経済用語集

韓国 経済 危機 & 崩壊 特集

1997年、韓国は通貨危機に陥り、国家の破産という絶体絶命の状況に追い込まれていました。 その時、国民を守るべき政府は何をしていたのか? 自国の暗部を追及する社会派映画。 登場するキャラクターは架空のものですが、「当時、非公開で運営されていた対策チームがあった」という事実に基づき、経済危機の前後の状況は正確に再現されています。 前年にOECD(経済協力開発機構)に加盟して先進国の仲間入りを果たし、右肩上がりの経済成長と好景気にわく97年の韓国。 11月15日、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョン(キム・ヘス)が10日前に提出した通貨危機に関するレポートがようやく総裁の目にとまります。 しかしこの時、国家破産まで残された時間は7日間しかありませんでした。 対策チームが急遽招集されますが、「国民に危機を知らせるべきだ」というシヒョンの意見は、財政局次官や経済首席によって無視されてしまいます。 同じ頃、政府が隠しているこの状況を独自に察知した経営コンサルタントのジョンハク(ユ・アイン)は勤務先のノンバンクを辞めて独立、投資家を集めて一世一代の大勝負に出ます。 一方で、経済情勢に疎い町工場の経営者ガプス(ホ・ジュノ)は大手百貨店からの大量注文に喜び、現金取引の原則を曲げて手形決済に応じてしまいました。 国家の破綻を利用して稼ごうとする経営コンサルタントのジョンハク(ユ・アイン) 事態は日に日に悪化し、不渡りを出す会社や自殺者も続出。 政府はIMF(国際通貨基金)に支援を求める決定をしますが、それはIMFが国の経済全般に介入し主導権を握る可能性も含んでいました。 シヒョンは公式会議の席でIMFの代表に対し論戦を挑むのですが…。 国民に対する情報操作や欺瞞によって追いつめられていく庶民。 国家が危機に陥ったことを逆手にとって成功した者が持つ微妙な感情。 責任をとるべき立場にありながら、何の痛手も被らずしたたかに生き延びている政府高官。 「国際通貨システムの安定維持」という設立目的を忘れ、アメリカ財務省と組んで韓国経済を牛耳ろうとするIMF専務理事(フランス俳優ヴァンサン・カッセルが冷酷非情な役柄にハマっています)など、さまざまな人々のそれぞれの思惑での行動を描く群像劇。 支援の条件として厳しい要求を突き付けてくるIMFとの交渉の様子は映画では初めて明らかになったもので、当時の記録や実際の経験者へのインタビュー取材などによって再現されたもの。 国家や国民のために孤軍奮闘するキム・ヘス扮するシヒョン役が主役的な描かれ方をしていますが、彼女には具体的なモデルがいるわけではなく、脚本家のオム・ソンミンによれば「もしもあの時、こんな人がいてくれたらどれほど良かっただろうか」という願望を形にしたものだそうです。 事実の隠蔽や情報操作はわが国でも問題になっていることでもあり、「危機に陥った時、どう動くのか?」は決して他国の過去の話とばかり言っていられない共通のテーマなのです。 (『国家が破産する日』は11月8日から公開) 配給:ツイン (c)2018 ZIP CINEMA, CJ ENM CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

次の