シリンジ ポンプ 看護。 カテコラミン多量投与や麻薬持続投与中のシリンジ交換の方法が知りたい|ハテナース

シリンジポンプ使用時のエクステンションチューブについて知りたい|ハテナース

シリンジ ポンプ 看護

輸液ポンプは、使用頻度の高いME(Medical engineering)機器のひとつです。 とても便利な機器ですが、ハイリスク薬の使用が多いため、うっかりミスが重大な事故につながってしまう恐れがあります。 日々の多忙な看護業務で、何度も鳴るポンプのアラームにイラッとしたり、操作ミスを起こしそうになりひやっとした経験がある方も多いのではないでしょうか。 輸液ポンプと上手に付き合っていくためのポイントをまとめてみました。 操作方法などわからなくなったとき、ぜひ活用してみてくださいね。 輸液ポンプとは? 輸液ポンプは、一定の速度で薬剤を持続投与するためのME機器です。 指示された輸液速度で、輸液を確実に管理したい場合に使用します。 輸液ポンプの目的・適応 1. 輸液流量の厳密な管理が必要なとき 化学療法、中心静脈栄養、インスリン入りの輸液、脳降下薬使用など24時間で均等に投与したい場合や、指示された速度で正確な投与が必要な場合に使用します。 輸液のバランス管理が重要なとき 集中治療期にある患者、高齢者、心疾患患者、乳幼児など、出納バランスに応じてコントロールしないと、容易に全身状態の悪化につながる可能性がある患者さんに使用します。 輸液の流量を一定に保ちたいとき シリンジポンプを使用した微量点滴を側管から行うときは、微量点滴の投与速度に影響を与えます。 一定速度を保つため使用します。 輸液ルートの、クレンメでの手動滴下管理が困難な場合 抹消静脈ラインを関節付近に挿入している場合は、患者さんの体動で、滴下加速度が極端に変化するため使用します。 輸液ポンプ、電源コード 2. ポンプ用輸液セット(ロック式で指定されたポンプ用を使用します。 )、留置針、延長チューブ 3. 輸液製剤 4. 点滴スタンド 5. アルコール綿 6. 注射指示書 7. 未滅菌手袋 輸液ポンプ使用の手順 1. 輸液ポンプを点滴スタンドに設置後、電源コードを輸液ポンプとコンセントに接続します。 接続した輸液と輸液ルートをベッドサイドに運び、患者氏名と投与する薬剤・投与方法を確認し、承諾を得ます。 静脈留置針の刺入を行い、輸液ルートに接続し、その後ドレッシング材で固定します。 ドアロックレバーを解除し、電源スイッチを長く押して電源を入れます。 ドアを開けると、輸液ポンプの使用前点検(セルフチェック)が始まります。 動作状況を確認します。 輸液ルートの上流・下流を確認します。 上下を逆にすると血液が吸引されます。 輸液ルートを溝に沿ってまっすぐセットします。 ドアをロックします。 指示の輸液の流量と予定量を設定します。 入力ミスに注意します。 設定後に再確認します。 滴下開始前に、輸液ルート全体の確認を行います。 ・6つのR(Right)で確認します。 患者・薬剤・目的・用量・用法 経路 ・与薬時間 ・点滴ボトルから抹消ライン刺入部までの輸液ルート全体に間違いがないか確認します。 開始スイッチを押して点滴を開始します。 輸液ポンプの注意点・ポイント 1. 輸液ポンプは作動しているか 最低でも24時間ごとに、輸液ポンプに装着されている部分の輸液チューブを15センチ以上ずらして、装着しなおします。 流量を正しく設定しているか 輸液開始時、停止後の再開時には、予定量、流量を必ず確認します。 使用中は、積算だけを信用せず、輸液バッグ内の残量をチェックします。 クレンメは輸液ポンプの下にあるか 一部の輸液ポンプでは閉塞アラームが作動しないことがあるため必ず輸液ポンプの下にクレンメを設置します。 輸液ルートの屈曲・圧迫の有無、接続部のゆるみはないか 5. 輸液ルートは閉塞していないか 輸液ルートが体の下敷きになったり、閉塞していると、予定量の輸液が滴下されず、接続部が外れるなどの原因になります。 ポンプのドアを開けるときには、クレンメを閉じているか クレンメを閉じないでドアオープンすると、フリーフローが起こるため必ずクレンメを閉じてからドアを開けます。 輸液ポンプのアラーム対応 何が原因で鳴っているのかを必ず確認します。 閉塞アラームの場合 クレンメ、三方活栓などにより輸液ルートが閉塞しているとき 輸液ルートの屈曲・圧迫、抹消静脈ライン内での凝固血液、薬剤の結晶などによるものがあります。 気泡混入アラーム 輸液ルート内の気泡が混入しているとき 3. 電圧低下アラーム AC電源コードが外れ、内臓バッテリーも充電されていない場合に鳴るので、すぐにAC電源コードを接続します。 輸液ポンプ使用中の患者さんの観察項目・アセスメント 1. バイタルサイン 薬剤によっては血圧、SPO2、心電図モニターの装着が必要です。 継時的にバイタルサインを測定します。 気分不良の有無、患者さんの全身状態に変化はないか 3. 薬剤の効果や副作用の出現の有無 4. 全体の水分出納バランス 5. 静脈留置針刺入部に発赤、腫脹、輸液の露出、疼痛の有無 ・血管外注入になっても、輸液ポンプでは検知されないので注意が必要です。 ・血管刺激性のある薬剤の使用、長期間の留置によって、血栓性静脈炎を起こす可能性がありま す。 滴下開始以降も、定期的に観察を継続 ・何かあれば看護師を呼んでもらうように患者さんに説明しておきます。 例)アラームが鳴ったとき、トイレに行きたくなったとき、刺入部に痛みや異常を感じたとき、輸液ルートが外れたときなど おわりに 輸液ポンプは、正しく使用すれば、とても便利な機器です。 訪室時には常にチェックを行い、機器を過信しないことが大切だと思います。 機器のチェックと、患者さんの状態を観察し、安全に治療が行われるよう援助していきましょう。

次の

カテコラミン多量投与や麻薬持続投与中のシリンジ交換の方法が知りたい|ハテナース

シリンジ ポンプ 看護

看護必要度A項目「シリンジポンプの管理」を評価する 「シリンジポンプの管理」の定義と判断基準・留意点 項目の定義 シリンジポンプの管理は、末梢静脈・中心静脈・硬膜外・動脈・皮下に対して、静脈注射・輸液・輸血・血液製剤・薬液の微量持続注入を行うにあたりシリンジポンプを使用し、看護師等が使用状況(投与時間、投与量等)を管理している場合に評価する項目である。 選択肢の判断基準 「 なし」 末梢静脈・中心静脈・硬膜外・動脈・皮下に対して静脈注射・輸液・輸血・血液製剤・薬液の微量持続注入を行うにあたりシリンジポンプの管理をしなかった場合をいう。 「 あり」 末梢静脈・中心静脈・硬膜外・動脈・皮下に対して静脈注射・輸液・輸血・血液製剤・薬液の微量持続注入を行うにあたりシリンジポンプの管理をした場合をいう。 判断に際しての留意点 末梢静脈・中心静脈・硬膜外・動脈・皮下に対して、静脈注射・輸液・輸血・血液製剤・薬液の微量持続注入をシリンジポンプにセットしていても、作動させていない場合には使用していないものとする。 携帯用であってもシリンジポンプの管理の対象に含めるが、PCA(自己調節鎮痛法)によるシリンジポンプは、看護師等が投与時間と投与量の両方の管理を行い、持続的に注入している場合のみ含める。 「シリンジポンプの管理」を評価する場合に確認すべきこと シリンジポンプの管理を評価する際に注意したいポイントは、 シリンジポンプにセットしていても作動させていないなら「なし」とする点です。 そして、仮に携帯用であってもシリンジポンプの管理対象になる点も重要です。 ただし、PCAは「投与の時間」と「投与の量」のいずれも管理していて、なおかつ持続的な注入をしている場合のみ「 あり」となります。 輸血、血液製剤の種類及び単位数については問わないが、腹膜透析や血液透析は輸血や血液製剤の管理の対象に含めない。 自己血輸血、腹水を濾過して輸血する場合は含める。 「輸血や血液製剤の管理」を評価する場合に確認すべきこと 「輸血や血液製剤の管理」を評価する上で確認しておきたいポイントは、 腹膜透析や血液透析は対象に含まれないことを理解しておくことです。 また、輸血や血液製剤の種類・単位数は問われないので注意しましょう。 自己血輸血や腹水を濾過して輸血する場合は「 あり」とします。 まとめ 「シリンジポンプの管理」と 「輸血や血液製剤の管理」の項目では、いずれも管理の有無を問われています。 しかし、注意したい点としては、管理をしている場合にも評価に含めるもの含めないものがある点です。 例えば「シリンジポンプの管理」の評価をする際には、シリンジポンプを作動させていなければセットしていても対象には含まれません。 「輸血や血液製剤の管理」の評価をする場合にも、腹膜透析や血液透析は評価の対象に含まれません。 このように「管理」をしていても評価に含まれない場合もあるため、評価の判断基準となる事項を事前にしっかり確認しておくことが大切になります。

次の

サイフォニング現象

シリンジ ポンプ 看護

・輸液流量の厳密な管理が必要なとき ・輸液のバランス管理が重要なとき ・輸液流量を一定に保ちたいとき ・輸液セットのクレンメによる自然滴下による管理が困難なとき 通常の輸液セットでの管理が難しいなどに、輸液ポンプやシリンジポンプを使用して薬剤の投与を行います。 では、輸液ポンプとシリンジポンプの基本的な操作方法を見ていきましょう。 輸液ポンプはセッティングに注意が必要 病院では術後の点滴管理などや厳密な輸液管理が必要な場合に輸液ポンプを使用することが多いと思います。 輸液ポンプの操作に慣れない間は、ルートのセットの方法やスイッチの入れ忘れなどの トラブルも起きやすいため、手順をしっかり確認しておきましょう。 クレンメの位置は輸液ポンプより下 ルートが患者さんに入った状態で、輸液ポンプのセッティングを見ていきましょう。 輸液ポンプは機材室などに充電された状態で管理されている職場も多いと思います。 1.電源が入るか、見た目に破損がないかをチェックします。 2.輸液ポンプを点滴棒に外れないようにセッティングします。 3.輸液セットを輸液ポンプにセットしますが、このときクレンメは輸液ポンプ本体よりも下に来るようにセットします。 4.輸液ポンプ本体のフタをあけ、チューブを中央にまっすぐたるみがないようにはめ込みます。 5.チューブがセットできたら、輸液ポンプのドアをロックして指示された輸液の流量と予定量を設定します。 この時に入力ミスがないか確認しておきましょう。 6.輸液ポンプの設定が完了したら輸液ルート全体の確認をします。 7.確認が終わったら「開始」ボタンを押して点滴を開始します。 輸液ポンプの使用中は残量チェックが大切 輸液ポンプは設定した滴下速度、輸液量を機械で管理が行える便利なものです。 機械の方が安全と信じきってしまうことは、トラブルの原因になってしまいます。 輸液ポンプの使用中も時間通りに滴下しているか、 残量は合っているかの確認が大切です。 通常の輸液と同様に、点滴時間と滴下速度を計算して、点滴バッグに目安を記入して確認するようにしておきましょう。 また輸液セットのチューブは、 最低でも24時間ごとにポンプが装着されている部分をずらして装着しなおします。 輸液ポンプの3種類のアラームについて 輸液ポンプを扱っているとアラーム音が鳴ることがあります。 初めて輸液ポンプを扱ったときは、アラームが鳴って焦ってとりあえず電源を切ったという人も多いと思います。 輸液ポンプのアラームには3種類あり、 それぞれの対応と確認がポイントになります。 ・閉塞アラーム ・気泡混入アラーム ・電圧低下アラーム これらがアラームの種類になります。 閉塞アラーム 閉塞アラームは、輸液ルートのチューブ内の閉塞などにより滴下ができない状態の時に鳴ります。 閉塞アラームが鳴ったときは、 クレンメ、三方活栓が開放されているかを確認します。 開始直後にこのアラームが鳴る場合は、クレンメや三方活栓の開放忘れが原因のことが多いです。 気泡混入アラーム 輸液ルート内に気泡が混入している場合に、このアラームがなります。 このアラームが鳴った場合は、クレンメを閉じた状態で輸液ポンプのドアを開け、気泡を取り除きます。 電圧低下アラーム 輸液ポンプは電源コードがつながっていない状態でも動くようになっていますが、内蔵バッテリー切れに鳴るとこのアラームが鳴ります。 このアラームが鳴ったら すぐにAC電源コードを接続します。 フリーフローに注意する 輸液ポンプのアラームが鳴り慌てて輸液ポンプのドアを開けてしまう人もいると思います。 クレンメが開いた状態で輸液ポンプのドアを開けてしまうと、フリーフローを起こしてしまいます。 フリーフローとは、薬剤がクレンメ全開の状態で滴下投与されてしまうことです。 開始する時にクレンメは全開になっているので、 ドアを開けるときは必ずクレンメを閉じるようにしましょう。 シリンジポンプは微量で投与する時に使用する シリンジポンプの使用は、病院によって頻度が違うこともあると思います。 シリンジポンプは循環器系の薬剤などを正確な量を投与する場合や時間1ml以下の微量な量を投与する場合などに使用されることが多いです。 シリンジポンプの接続に注意する 1.指示された薬剤をシリンジに準備します 2.シリンジに延長チューブを接続し、チューブ内を薬液で満たしておきます。 シリンジと延長チューブがしっかりロックされていることを確認します。 3.シリンジポンプを点滴台に患者と同じ高さにセッティングします。 4.シリンジポンプにシリンジをセットし、延長チューブと三方活栓を接続します。 5.指示された量を設定し「開始」ボタンを押して開始します。 接続ルートが複数ある場合は注意 シリンジポンプで薬剤を投与する場合は、メインルートの側管から接続しますが、ルートに複数の接続がある場合は、接続ミスや混ぜると危険なものがないか確認します。 ルート接続ミスを防ぐためにも、シリンジポンプの延長チューブに目印をつけておくなどの工夫も必要です。 日勤帯で接続したシリンジは夜勤帯まで引き継がれることが多く、接続ミスも起こりやすいです。 シリンジポンプの閉塞は注意が必要 シリンジポンプも輸液ポンプ同様に閉塞時にはアラームが鳴ります。 閉塞アラームが鳴った場合は、ルートが確実に接続されているかを確認します。 三方活栓がロックされたままの状態だったり、ルートがねじれて閉塞している場合もあるので、 ルートを辿って確認することが大切です。 アラームが鳴ると輸液ポンプと同様に、シリンジポンプを解除してしまいがちですが、すぐに解除してはいけません。 閉塞されていた分の薬剤が押されて溜まっている状態なので、解放してしまうと一気に薬剤が投与されてしまいます。 閉塞アラームが鳴ったら、まずはルートの確認を行い、接続部分を外して押し出された薬剤を解放します。 シリンジポンプで投与される薬剤は、 微量な投与量の管理が必要な薬剤もあるので、投与には注意する必要があります。 医療機器を正しく扱うために 輸液ポンプやシリンジポンプは、薬剤を確実に投与できる便利なアイテムなので、使用している病院もたくさんあります。 使用方法を間違えてしまうと重大なミスにつながることもあるため、正しい取り扱い方法を知っておくことが大切です。 特にアラームが鳴った時の対応は必要になるので、対処できるようにしておきましょう。 輸液ポンプやシリンジポンプの扱いを身につけたいという人は、今回紹介した輸液ポンプとシリンジポンプの操作やアラーム対応についての内容を参考にしてみてください。 関連記事(PR含む).

次の