ジャイアンツ なんj。 なんJ野球速報 : 読売ジャイアンツ

なんjをまとめるンゴwww : 読売ジャイアンツ

ジャイアンツ なんj

代走での起用が増えていく中で、より走りに特化した練習を取り入れていたのですか? 鈴木 シーズン中は7時間前から(球場に)入って、トレーニングをひたすらしていました。 足に対しての注意力みたいなのは相当ありましたね。 まず球場に着いたら足湯に入ります。 車を運転して行くので、どうしても同じ姿勢のままになってしまい、血液の循環が悪くなる。 足にストレスをかけたくないので活性化させて、体を動かせる状態にしていく。 東京ドームの試合では毎回、足湯に入りました。 球場に着いたとき、練習が終わったとき、試合ごと、だいたい10分ずつ、トータル1日30分入っていましたね。 ビジターのときは使えないので、青竹踏みと天然の水を持って行っていました。 適切な水分を摂ることも、走るためにすごく重要です。 だから僕は、岐阜まで行って天然の水を汲んできていました。 鈴木 良いと思ったものなら行きますね。 20リットルのポリタンクを買って。 こだわりです。 いろんなところに行って、いろんな水を試しましたが、そこの水が一番合いましたね。 クライマックスシリーズの激戦をよそに、巨人は来季に向けたチーム作りを進めていた。 昨オフは総額30億円ともいわれる大補強を敢行。 陽岱綱、森福充彦、山口俊をFAで獲得。 その結果、選手がだぶつき、球団初の13連敗を喫するなど11年ぶりのBクラスに沈んだ。 しかし、これでぶれる渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆ではない。 「30億円でダメなら、あと30億円」とばかり、今オフも積極果敢なFA補強に乗り出す。 「巨人の人気が下降している今こそ、『圧倒的なドリームチームを作って球界を盛り上げろ』という指令が下ったようです。 圧倒的な戦力で勝利してこそテレビ視聴率も上昇し、プロ野球人気の隆盛に繋がるとの考えです。 せっかく補強に30億円費やしたのだから、さらにつぎ込め、ということなのでしょう」 スポーツ紙デスク ターゲットは 日本ハムの中継ぎ左腕・宮西尚生、先発も抑えもできる増井浩俊。 そして、西武の牧田和久というFA3投手だ。 外国人補強にも出費は惜しまない。 今季本塁打王の中日・アレックス・ゲレーロと、シーズン60本塁打の日本プロ野球記録を持つヤクルトのウラディミール・バレンティンの2人を調査中。 FAと合わせると、昨年同様30億円程度は必要だが、結果もおのずとついてくるという判断だ。 今年5月、DH制導入に向けた動きをキャッチされたのも、外国人バッターのだぶつきを抑えるためか…。 今ドラフトの目玉である清宮幸太郎の受け入れだけが目的ではなかったのだ。 これだけのメンバーが揃えば、広島だろうがソフトバンクだろうが、敵ではない。 高橋由伸監督は感情を表に出さない分、大物選手を操ることができるという評価もある。 巨人のはじき出した「ベストな戦略」、どう出るか。

次の

なんじぇいスタジアム

ジャイアンツ なんj

巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)が米大リーグに復帰する可能性があることが16日、分かった。 10勝3敗、防御率1.94と抜群の安定感を見せる右腕をめぐっては、古巣のレンジャーズを含む6球団が既に獲得に向けた調査を開始。 1年契約の巨人も今季年俸70万ドル(約8400万円)からの大幅アップを準備して残留オファーを出す見込み。 今季の戦いに欠かせない活躍を見せた助っ投の去就に注目が集まる。 美人妻のローレンさん(27)との熱烈キス以上に熱い投球でG党を魅了しているマイコラスが、わずか1年で巨人から去ってしまうかもしれない。 米大リーグの複数球団が、右腕の獲得に動き出していることが明らかになった。 最も熱心なのが古巣のレンジャーズだ。 既に何度も登板試合に足を運んでおり、前回9日の阪神戦(甲子園)も視察。 レ軍関係者はサンケイスポーツの取材に、 「去年、うちにいたときよりも明らかにレベルが上がっている。 日本に来て、コーチやキャッチャーから学ぶことは新鮮だし、それを自分の材料にしている」と高評価を下した。

次の

なんjをまとめるンゴwww : 読売ジャイアンツ

ジャイアンツ なんj

巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)が米大リーグに復帰する可能性があることが16日、分かった。 10勝3敗、防御率1.94と抜群の安定感を見せる右腕をめぐっては、古巣のレンジャーズを含む6球団が既に獲得に向けた調査を開始。 1年契約の巨人も今季年俸70万ドル(約8400万円)からの大幅アップを準備して残留オファーを出す見込み。 今季の戦いに欠かせない活躍を見せた助っ投の去就に注目が集まる。 美人妻のローレンさん(27)との熱烈キス以上に熱い投球でG党を魅了しているマイコラスが、わずか1年で巨人から去ってしまうかもしれない。 米大リーグの複数球団が、右腕の獲得に動き出していることが明らかになった。 最も熱心なのが古巣のレンジャーズだ。 既に何度も登板試合に足を運んでおり、前回9日の阪神戦(甲子園)も視察。 レ軍関係者はサンケイスポーツの取材に、 「去年、うちにいたときよりも明らかにレベルが上がっている。 日本に来て、コーチやキャッチャーから学ぶことは新鮮だし、それを自分の材料にしている」と高評価を下した。

次の