ニュートン の 林檎。 ‎椎名林檎の「ニュートンの林檎」をApple Musicで

‎椎名林檎の「ニュートンの林檎」をApple Musicで

ニュートン の 林檎

各ルート感想 共通ルート 例の100円セールで購入しました。 Laplacianのゲームは初めてプレイしたのですが、がロリで、むちゃくちゃにした過去を元に戻すという設定がかなり面白く一気にプレイしてしまいました。 偉人をヒロインにする作品はごまんとありますが、本作の「時代背景から女性は見向きもされないので男性名義で発表」というのはかなりしっくりきて好きです。 近世ヨーロッパの世界観は素敵だし、キャターも魅力的です。 物理は高校で学んだ程度の知識しかないのですが、聞いたことものばかりでついていけないなんて事はなく、どんどん引き込まれました。 そして忘れてはいけないのが、全ルートで実装されているやたら凝ったムービー。 あれはラップでいいのでしょうか。 個人的には四五のが好きです。 以下ネタバレ 四五ルート 名前が凄い女のルート。 一二三 四五(うたかね よつこ)。 とんでもない負けヒロインのオーラを感じていましたが、物語上、一番最初に攻略できるようになるのでやっぱりそういうことなんでしょうね。 彼女のルートではやむを得ない事情から無理やり帰還を試み、もといた2017年から30年近く未来の世界に辿り着きましたが、これからの物語の展望を感じられて非常に面白かったです。 ラビルート 彼女のルート自体は渾身の出来でした。 ラビの問題は解決しつつも重大な伏線(と思われるもの)を残し、本命のアリスルートで一気に回収するのだろうなとワクワクが止まりませんでした。 その伏線とは「なぜラビの母親はあそこまでの技術力を持っていたのか」と「なぜラビは後世に名を残さなかったのか」です。 まあ全く見当違いな考察をしていたわけですが。 以降のルートでは母親どころかラビも空気になったし、ラビもアリスたちと同じ手を使って名前を残していたというオチでがっくしです。 衝撃的な結末を迎え、新たな選択肢を切り拓いたラビルートがこの作品のピークでした。 ラビルートをクリアしたあとにもう一度ラビルートに行くと、少し変化があったりします。 しかし最終盤で分岐するラビTrueが欲しかったですね…。 春ルート 春ルートをプレイするまでは「このキャラ必要だったか?」なんて思っていました。 海外が舞台となるゲームで必ず1人はいる日本人ヒロイン(代表は北大路花火)ということだけで、物語にどう関わってくるのだろうとずっと考えていたので、の名前が出た瞬間にピンと来ましたね。 が、春ルート自体は主人公が完全に過去に残ると決めた以外語るところがなくやっぱり少し持て余したのではないかと思わないこともないです。 年上のヒロインが好きなので春のキャターは良かったです。 エミールート ドイツ人もびっくりのイモ女。 は実は2人だったのです。 エミーには並々ならない秘密があるとは踏んでいましたが、まさかアリスの妹だとは思いませんでした。 てっきりアリスより年上だと…。 最後の選択肢で分岐するルートですが、やっぱりアリスに寄り添いたいですね。 アリスルート めっちゃ嫌がらせしてきそうな女。 かわいい。 溜まりに溜まっていた伏線のようなものを一気に回収するのだろうなと思っていたので少し肩透かしだなというのが正直なところです。 しかし、様々な事情からメンタルがやられたアリスを立ち直させるシーンは結構感動しました。 ラスボスだと思っていたフックが主人公一行にしてやられてそれっきりだったのも意外でした。 フック自体も偉大な人物なので史実に合わせるとこれ以上堕とすわけにはいかないのでしょうが、ただのクズで終わった印象。 アリスとの今生の別れが辛い人は強くてニューゲームをプレイしましょう。 総評 間違いなく傑作になり得たゲームでした。 キャラは魅力的だし、ストーリーラインは最高に面白いです。 しかしながら、その面白かった感情を振り返る度に次々と気になる点が出てきて、段々と評価が下がっていきました。 謎はたくさんあるのですが、結局林檎の樹が燃えてしまった理由は何だったのでしょうね。 『 』や『』の影響でしょうか、物語が動き始めた最初に大きな伏線があると信じて止まなかったです。 また、を考え始めるとキリがありません。 深く考えず割り切ってしまえばかなりの良作なのですが、私には厳しかったです。 光るところは確かにあったので色々と惜しい作品でした。

次の

椎名林檎「ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~」特設サイト

ニュートン の 林檎

こんにちは、たなかあきらです。 ニュートンは、「りんごの木からりんごが落ちるのを見て、万有引力を思いついた」と言われていますが、本当でしょうか? 何の証拠もないと言われています。 事実は、どこまで本当なのか、纏めてみました。 しかし、ニュートンがウールスソープに滞在していた時の記録や証拠が残っている訳ではなく、実家にりんごの木があったとうという話は後になってからの作り話とされています。 これは、1726年に作家ウィリアム・ストゥークリがニュートンとの会話した内容を、記したものです(Memoirs of Sir Isaac Newton's Life) when formerly, the notion of gravitation came into his mind. It was occasioned by the fall of an apple, as he sat in contemplative mood. Why should that apple always descend perpendicularly to the ground, thought he to himself. Why should it not go sideways or upwards, but constantly to the earth's centre. 重力の概念がニュートンの心によぎったとき、それは偶然にもニュートンが瞑想状態で静かにすわっているときに偶然にリンゴが木から落ちたときであった。 なぜ、りんごはいつも地面に対して垂直に落ちるのだろう、と彼自身は考えた。 なぜりんごは横に行ったり、上に行ったりせず、地球の中心に向かっていくのだろうか? (たなかあきら訳) これはニュートンがウィリアムに話した内容とされていますが、ニュートンが本当に語ったのか? ニュートンの賢明さを表現するために作られた話、という説もあります。 こちらは、ニュートンの姪に聞いた話としていますが、 いずれも真偽は分かりません。 「ニュートンは、りんごの木からりんごが落ちるのを見て、万有引力を思いついた」 これを、作り話として片付けてしまっては、面白くありません。 「ニュートンは、りんごの木からりんごが落ちるのを見て、万有引力を思いついた」と言われ続けている、別の理由と深い意味を考えてはいかがでしょうか。 ニュートンの「驚異の年」 新たな発想を得たり大きなことを成し遂げた人物を見てみますと、空白の時間がある人が多いようです。 ニュートンがケンブリッジ大学で学位を取った1665年頃、ロンドンではペストが大流行していました。 このため、大学は閉鎖されて、ニュートンも大学を離れて、帰郷することになります。 ニュートンは2度帰郷し、18か月におよび故郷で暮らすことになったのです。 実は、これがニュートンにとって吉と出ました。 ニュートンはケンブリッジ大学でやらなければならなかった雑用から解放され、好きな学問の研究にじっくりと取り組むことが出来たのです。 この時にニュートンが取り組んだテーマは3つありました。 このペストから逃れてのんびりと田舎暮らしをしている、1年半ほどの期間にニュートンの主要な業績の概念は作られたのでした。 この期間のことは「驚異の年」、「驚異の諸年」、「創造的休暇」とも呼ばれています。 日常生活や雑多から逃れ、自分のアイディアを深く深く考える時間を持つこと、これが成功するためには必要なようです。

次の

楽天ブックス: ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜 (初回限定盤)

ニュートン の 林檎

こんにちは、たなかあきらです。 ニュートンは、「りんごの木からりんごが落ちるのを見て、万有引力を思いついた」と言われていますが、本当でしょうか? 何の証拠もないと言われています。 事実は、どこまで本当なのか、纏めてみました。 しかし、ニュートンがウールスソープに滞在していた時の記録や証拠が残っている訳ではなく、実家にりんごの木があったとうという話は後になってからの作り話とされています。 これは、1726年に作家ウィリアム・ストゥークリがニュートンとの会話した内容を、記したものです(Memoirs of Sir Isaac Newton's Life) when formerly, the notion of gravitation came into his mind. It was occasioned by the fall of an apple, as he sat in contemplative mood. Why should that apple always descend perpendicularly to the ground, thought he to himself. Why should it not go sideways or upwards, but constantly to the earth's centre. 重力の概念がニュートンの心によぎったとき、それは偶然にもニュートンが瞑想状態で静かにすわっているときに偶然にリンゴが木から落ちたときであった。 なぜ、りんごはいつも地面に対して垂直に落ちるのだろう、と彼自身は考えた。 なぜりんごは横に行ったり、上に行ったりせず、地球の中心に向かっていくのだろうか? (たなかあきら訳) これはニュートンがウィリアムに話した内容とされていますが、ニュートンが本当に語ったのか? ニュートンの賢明さを表現するために作られた話、という説もあります。 こちらは、ニュートンの姪に聞いた話としていますが、 いずれも真偽は分かりません。 「ニュートンは、りんごの木からりんごが落ちるのを見て、万有引力を思いついた」 これを、作り話として片付けてしまっては、面白くありません。 「ニュートンは、りんごの木からりんごが落ちるのを見て、万有引力を思いついた」と言われ続けている、別の理由と深い意味を考えてはいかがでしょうか。 ニュートンの「驚異の年」 新たな発想を得たり大きなことを成し遂げた人物を見てみますと、空白の時間がある人が多いようです。 ニュートンがケンブリッジ大学で学位を取った1665年頃、ロンドンではペストが大流行していました。 このため、大学は閉鎖されて、ニュートンも大学を離れて、帰郷することになります。 ニュートンは2度帰郷し、18か月におよび故郷で暮らすことになったのです。 実は、これがニュートンにとって吉と出ました。 ニュートンはケンブリッジ大学でやらなければならなかった雑用から解放され、好きな学問の研究にじっくりと取り組むことが出来たのです。 この時にニュートンが取り組んだテーマは3つありました。 このペストから逃れてのんびりと田舎暮らしをしている、1年半ほどの期間にニュートンの主要な業績の概念は作られたのでした。 この期間のことは「驚異の年」、「驚異の諸年」、「創造的休暇」とも呼ばれています。 日常生活や雑多から逃れ、自分のアイディアを深く深く考える時間を持つこと、これが成功するためには必要なようです。

次の