基づく 類語。 「鑑みる」の意味と使い方例文4つ|「考慮する」との違いとは

環境省_ガイドライン・マニュアル等

基づく 類語

「鑑みる」という言葉をご存知でしょうか。 「考える」や「考えてみる」などと発音や意味合いが似ているため混同しやすいですが、ニュアンスが微妙に異なるので注意が必要です。 特にビジネスシーンなどでも使われることがあるので、恥をかかないためにも正しい意味と使い方を習得しましょう。 「鑑みる」の読み方 「鑑みる」は「かんがみる」と読みます。 鑑みるの「鑑」は音読みでは「かん」訓読みでは「かがみ」とも読まれ、手本や模範、規範とすべきものを表します。 例えば、手本となる人のことを「人の鑑」「先生の鑑」などと表現され、また、手本や規範という意味を持つ「亀鑑 きかん 」は「医師の亀鑑ともいうべき人物だ」のように用いられます。 「鑑みる」の意味 「鑑みる」とは「手本に照らしてみる。 のっとる」「照らし合わせて考える」「参考にして考える」という意味があります。 考えるには考えますが、何かを参考にしたり手本にして考えているところがポイントです。 先例があるため、単純に「~を考える」とは用いず、手本や先例、失敗などに「鑑みる」のように「~を」ではなく「~に鑑みる」と用います。 「鑑みる」の使い方 使い方1:「参考にする」の意味 「鑑みる」の使い方の一つめに、「参考にする」という意味での使い方があります。 「~を参考にする」という部分を「~に鑑みる」と置き換えることができます。 「参考にする」と「鑑みる」を置き換えた例文で比較してみましょう。 例文 ・去年のスケジュール表「を参考にする」と、再来月は例年どおり忙しそうなのでレジャーは控えよう ・ 去年のスケジュール表「に鑑みる」と、再来月は例年どおり忙しそうなのでレジャーは控えよう 【逆パターン】 ・そのデータ「に鑑みて」今後の戦略を練っていく ・そのデータ「を参考にして」今後の戦略を練っていく 使い方2:「念頭に置く」の意味 二つめに「念頭に置く」という意味での使い方です。 「念頭に置く」は「考えに入れる。 心にかけて、忘れないこと」という意味になります。 こちらも「~を参考にする」と同じように「~を念頭に置く」と使いますが、鑑みるに置き換える際は「~に鑑みる」となります。 例文 ・亀の甲より年の劫。 そのご老人の忠言「を念頭に置いて」、対策を立てよう ・亀の甲より年の劫。 そのご老人の忠言「に鑑みて」、対策を立てよう 【逆パターン】 ・コーチのアドバイス「に鑑みて」試合に臨む ・コーチのアドバイス「を念頭に置いた上で」試合に臨む 使い方3:「見込む」の意味 三つめの使い方は「見込む」です。 「見込む」の意味としては 「有望だと思う、確かだとあてにする、予想して勘定に入れる」となります。 こちらも「~を見込む」といった使い方になります。 例文 ・これまでの実績「を見込んで」、安定した品質が期待できる ・これまでの実績「に鑑みて」、安定した品質が期待できる 【逆パターン】 ・電車の遅れ「に鑑みて」、この後のスケジュール調整をしなければならない ・電車の遅れ「を見込んで」、この後のスケジュール調整をしなければならない 使い方4:「勘案する」の意味 四つめとして、「勘案する」という意味での使い方があります。 「勘案する」は日常ではなじみのない言葉ですが、使われている漢字を見ることで、意味が読み取れます。 例文 ・その国の気候「を勘案して」、服装を決める必要がある ・その国の気候「に鑑みて」、服装を決める必要がある 【逆パターン】 ・我々は、色々な条件「に鑑みて」判断しなければならない ・我々は、色々な条件「を勘案して」判断しなければならない 「勘案する」の意味は「さまざまな要素を合わせ、色々と考えること」でした。 普段の生活でも勘案することは数多くありますが、特に転職をするとなると時間をかけて勘案する必要があるのではないでしょうか。 一人では難しい転職も、15000社以上の取引社数を誇るマイナビエージェントなら、豊富なネットワークを生かし、あなたの転職をしっかりサポートします。 「言質を取る」の使い方 「言質を取る」とは証拠となる言葉を引き出すことです。 例えば現代のビジネスシーンでは、何らかの交渉時に、契約への賛同や締結の約束を相手から得たということを知らせる場合に使います。 「言質を取る」はこちらから証拠を提出するのではなく、相手の言葉の中に証拠を見出した時に使う言葉であることがポイントです。 「賜り」の使い方 「賜り」の意味としては「もらう」の謙譲語で、現代語では特にあらたまった時に用いる言葉です。 また「下賜(かし)する」の尊敬語で、「くださる」という意味もあります。 あらたまった言葉で、普段の会話ではあまり使わない「賜り」ですが、ビジネスレターや案内状、公式の場でのあいさつなどでは良く使われる言葉です。

次の

「飽和状態」の意味と仕事・市場においての使い方、類語、英語

基づく 類語

「見識」の意味とは? 「見識」は「優れた判断力」「確かな考えや意見」を意味する 「見識」とは、「物事を見通し、本質をとらえるような優れた判断力」を意味します。 また、「優れた判断力から得られるしっかりとした考え・意見」という意味も持ちます。 周囲の人を納得させるような意見・結論を導き出すのが「見識」です。 「見識」には「みえ」「気位」という意味も 「見識」には上記以外にも、「みえ」「気位(きぐらい)」という意味もあります。 「気位」とは、わかりやすく言うと「プライド」のことで、自分をよく見せようとしたり、自分の品位を保とうとする気の持ち方のことです。 一般に、「優れた判断力」の意味で使われることが多いですが、「みえ」「気位」という意味も抑えておきましょう。 「見識」の使い方と例文 「見識のある人」「見識を備える」がよく見る表現 「見識」という言葉は、「見識のある人」「見識を備えた人」という風に、褒め言葉としてよく用いられます。 たとえば、• 若いのに見識のある人だ• 彼のように見識を備えた人に任せておけば安心だ といった使い方が可能です。 具体的に言うと、問題解決能力がある人・経験豊富な人・判断力がある人を指して「見識がある人」と表現することが多いでしょう。 また、「見識を持つ」というと、経験や知識に基づいた判断力を身に着ける、という意味になります。 「見識が広い」「見識が狭い」と表現する 「見識」の程度は、広い・狭いと表現します。 「見識が広い人」というと、「経験や知識が豊富で、それに基づいた考え・判断力が優れている」という意味になります。 一方、「見識が狭い人」とは、知識や経験が浅く、モノの見方も狭い人のことです。 同じ意味では、「見識が浅い」「見識がない」という表現もあります。 「見識を広める」「見識を深める」もよく使う 「見識を広める」「見識を深める」もよく使われる表現で、自らを高めることを意味します。 たとえば、• 異業種の人と交流して見識を広める(様々な事柄に触れ、知識や判断力を身に着ける)• 一人前のビジネスパーソンとなるには、見識を深めることも大切だ(現状よりもさらに、判断力・洞察力を深める・極める) といった使い方が可能です。 「広める」に対して「深める」の方がより一層長けている、というニュアンスを含みます。 「見識を疑う」は非難のニュアンスを含む 「見識を疑う」という表現は、「(相手の)常識を疑う」という批判的なニュアンスを持つ表現です。 今回ばかりは上司の見識を疑ってしまう というと、上司の判断や意見に対して、疑問に思う様を表します。 「見識が高い」と「高い見識」は違う意味になることも 「見識」を「高い」という言葉とともに使う場合には、その意味に注意が必要です。 「高い見識のある人」というと、優れた判断力をも持つ人・知識や経験に基づいたしっかりとした考えの人、という褒め言葉になります。 一方で、「彼女は見識が高い」と使った場合、「みえ」「気位」のニュアンスになることがあり、「彼女はみえっぱりだ」「プライドが高い」といったやや批判的な意味にもとらえることができるため、注意が必要です。 「見識」の類語 「見識」の類語は「知見」「見解」 「見識」と似た意味の言葉には、「知見」「見解」が挙げられます。 「知見」とは、「実際に見て得た知識」「調査や研究に基づいて知った事柄」といった意味があります。 「研究によって得られた知見」や「世界中を旅して知見を広げる」といった使用が可能です。 「見識」に比べ、実際にこの目で見た事柄に対して使うのがポイントです。 一方、「見解」には、「物事に対する考え方・意見」という意味の言葉です。 「見解」は人によって異なるものですが、「見識」は知識に基づくためゆるぎないのが特徴です。 「識見」も類語のひとつ 「見識」の類語では、「識見(しきけん・しっけん)」も挙げられます。 意味は「見識」に同じく、「物事を正しく判断する力」を指しますが、一般には「識見」よりも「見識」の方がより優れた判断力を意味することが多いのが特徴です。 「見識」と「知識」はニュアンスが異なる 「見識」と「知識」も似た語感の言葉ですが、「知識」が単に「知っている内容」「理解している内容」を指すのに対し、「見識」はそうした知識に基づいた判断力という点で異なります。 「見解」は公的な意見に対して使う表現 「見解」とは、知識や経験をもとに公表された、公的な意見という意味の言葉です。 「見識」は様々な対象・シーンで使用されるのに対し、「見解」は公なものに限られるのが特徴です。 そのため、「見解」は社会問題などでよく用いられます。 「有識者」も類語のひとつ 「有識者」とは、高い見識を持つ人のことです。 「有識」とは、知識が広く学問があり、優れた判断力をもつことを意味します。 たとえば、ニュースでよく耳にする「有識者会議」とは、経済界や文化人、関連団体を代表する識者・実務経験者を集め、様々な観点から検討・議論する会議です。 「有識者会議」は、国や各自治体の諮問機関として設置されるため、ニュースでもしばしば耳にします。 「見識」の英語訳 「見識」は英語で「insight」 「見識」を英語にすると「insight」となります。 「insight」には洞察力・識見といった意味があり、たとえば、「a man of insight」で「見識のある人」という意味で使用することが可能です。 また、似た意味の表現として、「judgement(優れた判断力)」や「discernment(洞察力)」を使用することもあります。 まとめ 「見識」は「知識や経験に基づいた確かな判断力・しっかりとした考え」という意味の言葉です。 「見識がある人」という風に褒め言葉として使うこともあれば、「見識を深める」と自己研鑽の意味で使うこともできます。 ただし、「彼女は見識が高い」というと「見栄っ張り」のニュアンスとしてもとれるので、注意が必要です。

次の

基づくの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

基づく 類語

公開日: 2018. 09 更新日: 2018. 09 「飽和状態」の意味と仕事・市場においての使い方、類語、英語 「飽和状態」という言葉をご存知でしょうか。 「美容院が飽和状態」「市場が飽和状態」といったように使います。 では、「飽和状態」とはどのような意味なのでしょうか。 「飽和状態」は日常会話だけではなく、化学において使われていることもあります。 ただ、意味について知らなかったり、どの場面で使えば良いのか迷ってしまいますよね。 使われていることが多い言葉なので、意味について正しく知っておく必要があります。 そこで今回は「飽和状態」の意味や使い方、類語、対義語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「飽和状態」の使い方と例文 市場・仕事における「飽和状態」 限界まできているため、それ以上は増えないという場合に「飽和状態」を使います。 市場や仕事においての「飽和状態」は、 ものや属している人などが有り余っていることを表します。 例えば、「夏休みや冬休みなど長期休みは、交通量が飽和状態になる」と言った場合は「車が多くてかなり混んでいる状態、車の行き来が激しいこと、車や人が多すぎて溢れかえっていること」を意味します。 「外食市場は飽和状態なので、独自のサービスを考えなければならない」と言えます。 仕事においても「今後も、医療職は飽和状態にならないだろう」と言います。 これは「これから先も医療職は増えないだろう」という意味になります。 使い方としては、 ・飽和状態にある ・飽和状態になる ・飽和状態に達する ・すでに飽和状態 などとなります。 例文 ・ここら辺はコンビニと美容院が飽和状態で、どれを利用して良いか迷ってしまう。 ・大晦日やお盆休みは交通が飽和状態になるから、事故には気をつけるようにしてね。 ・時代が進化していくにつれて、飽和状態になる職業もいくつかあるだろう。 ・都会に近づくにつれて人口は飽和状態に達しているから、物件を探すときには気をつけたほうが良い。 ・飽和状態のアパレル市場を立て直すためには、今までにないサービスを考える必要がある。 ・世の中には似たような製品が飽和状態となっているから、オリジナルの商品を開発しなければいけない。 ・飲食店は飽和状態に達しているので、どこに行けば良いのかいつも悩んでしまう。 化学(湿度・水)における「飽和状態」 化学においての「飽和状態」は「 それ以上増えることはない、限界まで溶かした状態」を表します。 限界まで物質が溶けている状態が「飽和状態」です。 液体と蒸気が同時に存在することを表す場合に使います。 例えば、水に塩を入れてかき混ぜると溶けますが、入れる塩を徐々に増やしていくと、だんだん塩は溶けなくなってそのままになってしまいます。 この場合は「飽和状態に達した」と表現することができます。 確かに、紅茶やコーヒーを飲んでいるときに砂糖を入れても、だんだん溶けなくなってきて下に溜まってきてしまうということがありますよね。 「 不飽和状態」と言うこともできて、「まだ解けることができる状態」を意味します。 「飽和水溶液」という言葉もあって、これは「最大限まで物質が溶けている水溶液」を表しています。 「飽和状態」の類語 ダブつき状態 (意味:ものが多くて余っている状態) 「資金はダブつき状態だから、計画を実行できるよ」 限度を超える (意味:許される範囲を上回ること) 「限度を超えないように注意しなければいけない」 最大限 (意味:ある範囲で一番大きい度合いであること) 「最大限の力を発揮するように頑張る」 上限 (意味:ある物事においての上の方の限界) 「持っていくお菓子の上限金額は500円だ」 極度 (意味:それ以上はないこと) 「今日の演奏会は極度に緊張している」 いっぱいいっぱい (意味:少しもゆとりがないこと) 「仕事でいっぱいいっぱいなので、他のことは考えられない」 余裕がない (意味:ゆとりがないこと) 「他人の作品を見るほどの余裕はない」 限界状態 (意味:これ以上はできないとい状態) 「もう限界状態だからリタイアする」 「飽和状態」の対義語 不足 (意味:物事が足りていないこと) 「不足している部分については補う必要がある」 ゆとりがある (意味:余裕があってきつくないこと) 「ゆとりをもってやらないと上手くいかない」 有り余る (意味:思っている以上にあること) 「彼は有り余るほどお金を持っていると自慢している」 不十分 (意味:完璧ではないこと) 「決定的な証拠が不十分だから、まだ断定はできない」 欠落 (意味:物事のある部分が抜けていること) 「欠落部分がないように気をつける」 不完全 (意味:足りていないことや完全ではないこと) 「この内容では不完全だから、考え直す必要がある」 余裕がある (意味:限度までにゆとりがあること) 「まだ約束時間まで余裕があるからカフェで休む」 欠陥(けっかん) (意味:完全ではなかったり、抜けていることがある) 「新しく買ったものに欠陥があった」 不備 (意味:必要としているものが足りていないこと) 「この書類にはいくつか不備がある」.

次の