アイ ムービー テロップ。 iMovieで文字入れ(字幕・テロップ・タイトル)する方法をiPhoneとMac別に解説!

Premiere Proでテロップを効率的に入れる方法【背景を入れる方法も紹介】

アイ ムービー テロップ

動画作成を行う上で、編集は必要不可欠な作業の一つです。 特に、字幕(テロップ)の適用は基本的な編集機能なので、手順および方法をマスターしておきたいという方も多いのではないでしょうか? しかし、普段からPCをあまり使わない方にとって、どうやって 動画字幕入れたら良いか分からないと思います。 そこで今回は、 PCで動画に字幕(テロップ)を入れる方法について紹介します。 動画に字幕(テロップ)を適用できる編集ソフト「Filmora9」について紹介 Windows・Macで動画字幕入れるには、最低限の加工ができる動画編集ソフトを利用する必要があります。 どの編集ソフトを使って動画テロップ入れても構いませんが、中でも初心者の方にオススメなのが、Wondershare社から出されている高性能な動画編集ソフトです。 初心者でも楽々動画編集できるのが特徴のソフトで、使いやすさに特化した独自のインターフェースと迅速な作業を可能にする処理性能によって、簡単に編集を行う事ができます。 Filmora9では、無料体験版と言わなければ気付かないほど、多彩で尚且つ優秀な編集機能が用意されています。 「タイトル」では、詳細設定が可能な字幕(テロップ)やカラフルなテキストを動画に適用して、映画のようなオープニングおよびエンドロールを簡単に作成する事ができます。 また、背景の色や動画の雰囲気を変えたいと思った場合は、「フィルター」および「オーバーレイ」を利用してみましょう。 その他にも、知識が無くても簡単にクロマキー合成ができる「グリーンスクリーン」やモザイク等の加工を行える「パワーツール」など、様々な機能が搭載されています。 単純な操作だけで編集ができる上に、無料で全機能を使えてしまうのは、この「Filmora9」しかありません。 続いて、「Filmora9」を利用して 動画字幕入れる方法について紹介します。 Filmora9で動画に字幕(テロップ)を入れる方法 ステップ1:字幕(テロップ)を入れたい動画ファイルをインポートする まず、最初にを起動して、「新しいプロジェクト」を選択します。 起動後、画面左上にある「マイアルバム」からPCに保存されている動画をソフトにインポートします。 インポートが完了したら、下のタイムラインに動画をドラッグ&ドロップします。 ステップ2:動画に字幕(テロップ)を入れる 編集機能タブの「タイトル」をクリックして、「字幕」を選択します。 そうすると、字幕スタイルの一覧が表示されるので、動画のテーマに合うもしくは、お好みのスタイルを選択して、そのままタイムラインにドラッグ&ドロップします。 ドラッグした「タイトル」のクリップ上で、右クリックから「プロパディを表示」を選択します。 ステップ3:文字のアニメーションなどを設定する 画面に「タイトル」の基本設定と「プリセット」、「アニメーション」が表示されるので、動画に必要な編集を行ってください。 基本設定では、字幕の入力、フォントの字体や色の変更、行間隔および文字間隔の調節などを行う事ができます。 また、画面左側にある「プリセット」と「アニメーション」では、テキストスタイルや字幕の表示方法を設定する事ができます。 基本設定の作業が完了したら、「高度な編集」をクリックします。 ステップ4:字幕の高度編集を行う 「高度編集」では、字幕の外枠・影などの詳細設定に加えて、動画を見ながらテロップを表示するタイミングや時間を自由に調節する事ができます。 必要がある方は、動画の編集を行ってください。 編集完了後は、「プリセットとして保存する」を選択して「OK」をクリックします。 そうすると、「タイトル」の「カスタム」に編集した動画が自動で保存されます。 皆さん、いかがでしたでしょうか?今回、紹介した方法を利用すれば、動画編集が初めての方でも簡単に、 PCで動画テロップ作成を行う事ができます。 またには、字幕(テロップ)以外にも魅力的かつ優れた機能が豊富に搭載されているので、無料で動画編集したいという方は、ぜひインストールしてみてはいかがでしょうか?.

次の

【iMovie】テロップ(文字入れ)挿入のやり方

アイ ムービー テロップ

みなとです。 最近友達の結婚式にあたり余興のムービーを制作したのですが、そのおかげでだいぶiMovieに詳しくなりました笑。 当初はMovieなど使ったことはなく、映像をカットする方法、フェードイン・アウトなどの効果の出し方などはもちろんゼロから勉強し、一つのムービーを仕上げることが出来ました。 さて、ムービーを制作する上では色々なテクニックが必要とされるのですが、中でも一番よく使ったものとしては テロップの挿入です。 実は、 iMovieはテロップ挿入の自由度が低く、テンプレートに則って決められた位置にしか挿入することが出来ません。 これはちょっと困りますよね。 実際に僕も困りました。 しかし、ちょっと工夫することで自由な位置にテロップを挿入することが出来ますので、今回はその方法を紹介していきます。 iMovieで自由な位置にテロップを挿入する手順 簡単に言うと テロップ用の文字を画像として作り、それを映像に重ねる、という方法になります。 こんな感じでムービーの1シーンをキャプチャーか何かで持ってきておくと、具体的なテロップの位置がイメージしやすいと思います。 何回も言いますが、 背景は透過させ、16:9の画像で保存をすることをオススメします。 僕はイラストレーターを使ったのですが、無料で使えるソフトとしては「pixlr」が有名のようですね。 テロップを入れたい時間に持ってきて下さい。 右上にアイコンがいくつか並んでいる場所がありますよね。 こちらを色々と触ってみて下さい。 徐々に拡大されるエフェクトをオフにする場合は、 「クロップ」という左から4番目のアイコンをクリックし、「スタイル」を「フィット」にします。 テロップのフェードイン&アウトは左から1番目の「ビデオオーバーレイ設定」で調整可能です。 テロップの透明度も変えられます。 上の画像のように、 赤に囲まれたものをドラッグすることで、テロップの表示時間を自由に調整可能です。 以上でテロップ挿入が完了です。 最後に これだけ見ると、テロップを入れるまでのステップは結構多いですが、慣れれば簡単に出来ます。 参考にしてみて下さい。

次の

動画編集に使えるテロップの作り方まとめ【フリー素材配布中!】

アイ ムービー テロップ

みなとです。 最近友達の結婚式にあたり余興のムービーを制作したのですが、そのおかげでだいぶiMovieに詳しくなりました笑。 当初はMovieなど使ったことはなく、映像をカットする方法、フェードイン・アウトなどの効果の出し方などはもちろんゼロから勉強し、一つのムービーを仕上げることが出来ました。 さて、ムービーを制作する上では色々なテクニックが必要とされるのですが、中でも一番よく使ったものとしては テロップの挿入です。 実は、 iMovieはテロップ挿入の自由度が低く、テンプレートに則って決められた位置にしか挿入することが出来ません。 これはちょっと困りますよね。 実際に僕も困りました。 しかし、ちょっと工夫することで自由な位置にテロップを挿入することが出来ますので、今回はその方法を紹介していきます。 iMovieで自由な位置にテロップを挿入する手順 簡単に言うと テロップ用の文字を画像として作り、それを映像に重ねる、という方法になります。 こんな感じでムービーの1シーンをキャプチャーか何かで持ってきておくと、具体的なテロップの位置がイメージしやすいと思います。 何回も言いますが、 背景は透過させ、16:9の画像で保存をすることをオススメします。 僕はイラストレーターを使ったのですが、無料で使えるソフトとしては「pixlr」が有名のようですね。 テロップを入れたい時間に持ってきて下さい。 右上にアイコンがいくつか並んでいる場所がありますよね。 こちらを色々と触ってみて下さい。 徐々に拡大されるエフェクトをオフにする場合は、 「クロップ」という左から4番目のアイコンをクリックし、「スタイル」を「フィット」にします。 テロップのフェードイン&アウトは左から1番目の「ビデオオーバーレイ設定」で調整可能です。 テロップの透明度も変えられます。 上の画像のように、 赤に囲まれたものをドラッグすることで、テロップの表示時間を自由に調整可能です。 以上でテロップ挿入が完了です。 最後に これだけ見ると、テロップを入れるまでのステップは結構多いですが、慣れれば簡単に出来ます。 参考にしてみて下さい。

次の