ベース ボール スレッド。 名古屋の中学野球チーム(軟式) 西名古屋ベースボールクラブ

名古屋の中学野球チーム(軟式) 西名古屋ベースボールクラブ

ベース ボール スレッド

プロ野球発足80周年記念事業「未来の侍プロジェクト」にて、日本野球機構より船橋市の高瀬町運動広場にベース・ウォールが寄贈され、1年がたった。 もともと野球用の壁当て施設は少ないため、週末にはベース・ウォール目当てでここを訪れる人の姿が見られた。 平成26年度のベース・ウォール設置は、プロ12球団の拠点11都道府県に12カ所。 その多くが小学校の敷地内であったが、ロッテマリーンズの本拠地・千葉県では公園が設置場所に選出され、誰でも利用可能という使い勝手の良さも喜ばれている。 船橋食品コンビナートに隣接する高瀬町運動広場は、野球場5面 一般用1面、少年用4面 、サッカーの試合も可能な球技場1面を備えた、広大な運動広場だ。 球場などの利用は予約制だが、ベース・ウォールは予約なしでいつでも利用可能。 ただし、少年野球場Cに面しているため、ここが試合などで使用されている場合は使用不可となる。 ベース・ウォールは高さ2. 7m、横7. 2mの特殊硬質ウレタン製。 3人までが同時に投球できるよう、ストライクゾーンが3カ所描かれている。 野球の壁当てはオーソドックスながら、近年見直されている効果的な練習方法だ。 まず壁に向かって投げ、跳ね返ってきた球を捕球、そして送球。 この一連の動きを繰り返すことで、投球コントロールだけでなく捕球・送球技術や瞬発力が養われ、実戦での動きの良さに結び付くという。 プロ野球や侍ジャパンが子どもたちの憧れであってほしい。 そんな願いが込められたベース・ウォールは、野球少年少女はもちろん、遊びでの気軽な利用も大歓迎だ。 お薦めの時間帯は平日の昼間。 船橋港の潮の香と野球界の心意気を感じながら、大きな壁にドーンと球をぶつけてみよう。

次の

ヘッドパーツの種類

ベース ボール スレッド

スレッドとは、撚り糸、筋、脈絡などの意味を持つ英単語。 ITの分野では、コンピュータが連続して実行する命令の列など、一筋の連続した流れになっているものを比喩的に表す。 連続して実行される一本の命令の並び、処理の流れのことで、並行処理を行わない場合は一つの()は一つのスレッド()で命令を順に実行していく。 並行処理が可能な環境では一つのプログラムが複数のスレッドを持つことができ、それぞれが独立にプログラム中の異なる箇所を並行して実行していくことができる。 このような実行方式を「」(multithreading)という。 一方、オペレーティングシステム(OS)上で複数の異なるプログラムを並行して実行できることは「」「マルチプロセス」等と呼んで区別する。 SNSなどのスレッド表示 インターネットの分野では、一つの話題に属する複数の発言や記事を一つの流れとしてグループ化したものをスレッドと呼ぶことがある。 隠語的に「スレ」と略して呼ぶこともある。 (ソーシャルネットワークサービス)や(BBS)、などで、様々な利用者が様々な話題について発言する場合、規模が大きくなってくると誰が誰に返答しているのか、どの話題についての発言なのかが分かりにくくなってくる。 このような場合に、スレッド表示に対応したシステムでは、関連する一連の発言をひとかたまりのスレッドとして管理し、スレッドごとに分けて表示したり、スレッドを指定して書き込んだりできるようにしている。 利用者は個々の発言がどの流れに属するものかすぐに判別でき、関心のある話題だけを閲覧することができる。 発言時も自分の書き込みがどの発言や話題に対する応答かを簡単に明示することができ、効率的にコミュニケーションを進めることができる。

次の

黎明期の野球をとことん再現「ヴィンテージ・ベース・ボール」の世界

ベース ボール スレッド

「ヴィンテージ・ベース・ボール」とは ここはアメリカのニュージャージー州。 行われているのは、アメリカで1970年代頃から始まった「ヴィンテージ・ベース・ボール」という野球である。 「ヴィンテージ」という名が付いた理由は、野球黎明期のルールやスタイルで試合を行うから。 「ベース・ボール(「baseball」ではなく「base ball」)」という表記も当時に合わせたものだ。 その歴史などは佐山和夫さんの著書『古式野球—大リーグへの反論』にも詳しく紹介されている。 グラブを使わず試合をするのも野球黎明期のスタイルに合わせているため。 グラブの登場は1870年代といわれているが、今日の試合は1864年のルールで行われている。 試合ごとに用いるルールの年代は変わるそうだが、メインは1870年以前のルール。 ちなみに1864年は、前年まで認められていた打球のワンバウンド捕球によるアウト成立のルールが改められ、捕球によるアウト成立はノーバウンドのみになった年だそうである。 嗚呼、あと1年早ければ……。 と、このように筋金入りの野球&歴史マニアたちが集っているヴィンテージ・ベース・ボールだが、両チームのユニホームも奮っている。 一方は古いモノクロ写真で見たことあるようなダブダブ気味のユニホーム。 もう一方は濃い目のパンツ、白いシャツにワークキャップ。 これまた古き良きアメリカが舞台の映画などで見かける、昔のアメリカ人のようなスタイルである。 そう、ヴィンテージ・ベース・ボールの愛好者たちは、ただ昔のルールで野球をやるだけではなく、ユニホームや道具も、当時の物やスタイルを再現しているのだ。 日本で言うならば、もはや本格時代劇の世界。 日本でもイベントで明治時代の野球を再現した試合を目にした記憶はあるが、こちらは本格的にリーグ戦も行っている。 試合会場は野球場ではなく、野球黎明期の世界を創り出すべく、あえて「原っぱ」に近い場所。 まさに「フィールド」というわけだ。 ライトを守る僕のそばにはレンガ造りの小屋が建っているのだが「それがまたいい」らしい。 ライトのそばにはレンガ造りの小屋が。 もちろん選手はグラブはしていない。 常軌を逸しているこだわりっぷり 2016年夏、僕がヴィンテージ・ベース・ボールを観戦したいとメールを出し、それに快く応じてくれたチーム「フレミントン・ネシャノック」の代表、ブラッド・ショーさん(61歳*当時)は言う。 「どうだい? ここ、スタジアムっぽくないのがいいだろう!」 自分もまあまあの野球好きだと思うが、上には上がいることを痛感させられる。 ブラッドさんがヴィンテージ・ベース・ボールを始めたのは2000年頃。 もともと野球と歴史が好きで「野球史を多くの人に伝える、何かいい方法はないか?」と考えていたときに出会ったのが、ヴィンテージ・ベース・ボールだった。 「実際やってみるとこれが楽しくてね。 同好の士とともに現在はリーグ戦にも参加している。 観戦だけのつもりだった僕を、出会ってすぐに「君も試合に入れ」と勧誘するなど、偉大なる好事家にして凄まじい行動力のブラッドさん。 一応、本人の名誉のためにも言っておくと、ふだんの仕事はソフトウェア会社のマネジャー。 けっこう偉い人なのだ。 ヴィンテージ・ベース・ボールで使用するボール。 現在とは縫い方が異なる それにしてもヴィンテージ・ベース・ボールのこだわりっぷりは常軌を逸している(ホメ言葉)。 打者の近くに立つのはシルクハットをかぶった紳士。 いったい何者かと思っていたら審判だという。 昔のアンパイアは正装して、こんな場所に立っていたのだ。 まあ、確かにその格好でキャッチャーの後ろに立つのは危ない(もっともキャッチャーも素手&防具ナシなのだが)。 きちんとジャッジできるのか、とも思ったが、この時代のピッチャーは、打者が打ちやすいボールを投げるのが基本。 だから、みんなどんどん打っていく。 つまり球審の必要性があまりないから、このスタイルでもよかったのだろう。

次の