ドラクエ10 クエスト。 クエスト一覧

【ドラクエ10】天地雷鳴士の職業クエストを攻略!

ドラクエ10 クエスト

受注場所と条件 受注場所 バルディスタ要塞 ラマンザ 受注条件 ・復興後 初回報酬 ・たそがれゴケ:1こ ・経験値:83500 P、 特訓スタンプ:167こ リプレイ報酬 ・緑のコケ :3こ ・経験値:13900 P、特訓スタンプ:28こ クエストの流れ• 「 酒場(F-5)」に行き、「 ミゼリ」と話す• 大きな岩を調べる• 「 ベルトロ(D-5)」と話す• 「 プリズニャン・強」を何度も倒して、「 カラミントの花」を手に入れる ・プリズニャン・強は、バルディア山岳地帯のE-5付近(月明りの谷の南下)にいます プリズニャン・強• 大きな岩を調べて、「 花を差しいれる」を選択する• 「 バスティ(H-7)」と話す• バルディスタ要塞の城下町に戻り、「 ラマンザ(E-5)」と話すと、クエストクリア Ver5. 2追加クエスト等• Ver5. 2「」• クエスト628「」 ()• クエスト629「」()• クエスト630「」• クエスト631「」• クエスト632「」• クエスト633「」• クエスト634「」(イルーシャのスケッチブック解放クエ) クエストメモ(ネタバレ)• ラマンザ:こんにちは 〇〇。 アナタのウワサは聞いているわ。 ヴァレリア様帰還の立役者なのでしょ? ヴァレリア様がいない間 この国は調子にのった連中が 好き勝手に荒らしてホント大変だったの。 それでね〇〇。 アタシ気になっていることがあるのだけど相談に乗ってくれないかしら? ・うける ・やめる ふふっ いい返事。 アナタ ベルトロは知ってるわよね。 この前 彼と酒場で久しぶりに飲んだんだけど……。 気になることを言っていたのよ。 ヴァレリア様の不在中は彼も結構大変だったみたいで いつも以上に領内の見回りをしたり働きづめたったみたい。 でね その話の中で彼が魔物に襲われていたカワイ子ちゃんを助けてどこだかにかくまった……なんてことを言っていたのよ。 その時は軽い気持ちでハイハイって聞き流していたんだけど今になってその子がどうなったか気になっちゃって。 もしかしたらバルディスタが落ち着いたことを知らないままかもしれないし。 それでアナタに調べてきてほしいの。 ……場所はどこって言ってたかしら? 酒場ではミゼリも一緒だったから彼女なら覚えてるかもしれないわ。 よろしくね。 ……ラマンザ姉さん? 姉さんは ここの酒場を辞めた後も アタシたちの様子を 見にきてくれたり…… 町の困りごとなんかを ベルトロ様や 上の人に さりげな~く 伝えてくれるから ミゼリたち とっても 感謝してるのよん。 あっ そぉだっ ミゼリ 忘れてたぁ~。 いやっ 来ないでっ!! …………あなた……誰? あのヒトじゃないわ……。 知らないヒトね。 わたしが魔物に襲われそうになった時……優しいあのヒトが助けてくれたの。 外は危ないからここでいい子にしてろって。 あとで迎えにくるって……言われたもの。 あのヒトじゃなければ わたしここから動かないわ……!• ベルトロ:よお 相棒~。 元気にやってるかァ。 俺の顔でも見にきたくなったってか? …………へ? ターボル峡谷の東の穴ぐらでカワイ子ちゃんが俺の迎えを待っている? あーそうそう思いだしたぜ。 確かに前に魔物に襲われそうになっていたカワイ子ちゃんを助けたことがあったねぇ。 近くにちょうどいい穴ぐらがあったから おびえるその子を優しく抱き上げてそこでおとなしく隠れてなって言ったなァ。 ……で そのカワイ子ちゃんが俺のことをずーっと待ってるってか? いやぁ モテる男はつらいねぇ。 へへっ。 まあ いつまでも あんな穴ぐらにいても仕方ないし バルディスタに来てもらったほうが良さそうか……。 とはいえ俺は今忙しくってな。 相棒のアンタに任せたいところだが……聞いた様子じゃあ口説くのは無理かもしれん。 ……そうだ ひとつ試してみてくれ。 バルディア山岳地帯などにいるプリズニャン・強を倒すとカラミントの花ってのを落とすことがある。 その花の香りがすればカワイ子ちゃんは俺だと思っていい子にしてくれるかもしれねぇ。 そしたらこれを使うんだ。 〇〇はボムボム発破を手に入れた。 へへっ。 前にガウシア樹海へ続く道をふさいでた でっかい岩があったろう? アンタがビックピッケルで壊してくれたヤツさ。 あん時 俺らも岩を壊す方法はねぇかっていろいろ試してたんだがこれはそん時の試作品さ。 アンタのおかげで出番はなかったんだが……これでカワイ子ちゃんのいる穴ぐらをふさいでいる岩を砕けるだろう。 いいか 相棒。 くれぐれもレディにはやさしくなっ。 〇〇は岩のスキマからカラミントの花を奥にそっと差しいれてみた。 ………………。 おびえていた気配がやわらいだ。 カワイ子ちゃんは穴ぐらの奥へと戻っていったようだ。 〇〇はベルトロから預かったボムボム発破を使って 穴ぐらをふさいでいた岩を砕いた!• バスティ:…………同じニオイがしたから あのヒトが迎えにきてくれたと思ったけど違うのね。 いいのよ あなたは悪くないわ。 いつまでたっても来てくれないから わたしも少し意地になっていたの。 ……そう。 あのヒト ベルトロって名前なの。 どこにいるか知っているかしら? あのヒトに言いたいことがあるの。 わたしをあのヒトのところに連れてって。 バスティは軽やかに飛び跳ねると〇〇のふところにもぐりこんだ! 〇〇はカワイ子ちゃんを手に入れた。 ……さあ 行きましょ。 ベルトロ:よお 相棒~。 どうだったんだ。 カワイ子ちゃんには会えたのかァ? バスティはいきなり〇〇のふところから飛び出すとベルトロをパリリと引っかいた! あいててててて……!• バスティ:後で必ず迎えにくるって言ったのに あなたはいつまでたっても来なかった。 わたし……ずっと待ってたのよ。 もうっあなたなんて大キライっ! バスティはぴょんと飛び跳ねると〇〇のふところに戻っていった。 〇〇はカワイ子ちゃんを 再び手に入れた。 ベルトロ:あーあー。 ネコちゃんにもフラれちまったってか? つれないねぇ。 ま 気が済んだならよしとしとこうか。 しかしそのネコちゃん。 どうするかねぇ。 さすがに城で飼うわけにもいかねぇしなぁ。 そうだ 相棒。 もともとアンタ ラマンザの頼みできたんだよな? アイツにネコちゃんの面倒を見てくれるよう頼んでくれねぇか。 ……いやぁ 俺からはちょいと頼みづらくてな。 へへっ。 まあ そういうことでよろしくなっ!• ラマンザ:おかえりなさい 〇〇。 カワイ子ちゃんの件はどうなったのかしら? 〇〇はラマンザにカワイ子ちゃんを見せ これまでのことを話した! ……なるほどねぇ。 また新しいオンナとひと悶着あったのかと思ったけれど その子がカワイ子ちゃんだった……ってワケね。 いいわ。 この家はひとりで住むには少し広いしその子はウチで暮らすといいわ。 バスティ:はじめまして ラマンザ。 私はバスティよ。 あなたとなら お互いのプライバシーを尊重して暮らせそうだわ。 よろしくね。 ラマンザ:ようこそ バスティ。 仲良くしてね。 〇〇 あなたには手間をかけさせたわね。 ありがとう。 これはわたしからのお礼よ。 ……そういえば言ってなかったかしら? ベルトロはわたしの元旦那よ。 彼と知り合ったのはわたしが酒場で働いていた頃よ。 若かったこともあってすぐに恋に落ちたわ。 仕事はできるし悪いオトコじゃないけれどどうにも女グセが……ね。 色々あって今は別々に暮らしているの。 今回はわたしの誤解だったけれど。 ふふっ。 ラマンザ:あらっ 〇〇。 バスティはこの家を気に入ってくれたみたい。 すっかり落ち着いているわ。 ……もしかしたらカラミントの香りがこの家にまだ残っているのかしら? ベルトロはカラミントの花から作られた香水を好んでつけていたのよ。 うちにも小さな鉢植えがあってよく世話をしてたわ。 彼 結構マメなのよ。 ふふっ。 バスティ:ネコというのはこの魔界に古くから存在する完璧な生き物なの。 ヒトはわたしたちを敬い大切にしてきたわ。 でも最近はわたしたちを小さな弱い生き物だと勘違いしてる輩もいるみたい。 ホント失礼しちゃう。 それにしても……。 この家いい香りがするわね。 わたしここがとっても気に入ったわ。 この家にはあなたが持ってきた花の香りが染みついているの。 わたしたちネコはこの香りが大好きなのよ。

次の

ミステリークエスト 妖魔のまなざし事件 簡易チャート|ドラクエ10攻略WEB

ドラクエ10 クエスト

ガートラント城 地下1階にいる オーガの男性 兵士ギズマンが レベル36以上の冒険者を 探しているようだ。 受注場所と条件 受注場所 ガートラント城 地下1階 ギズマン 受注条件 レベル36以上の冒険者 初回報酬 ・ウルベア銀貨:4こ ・経験値:12480 P、 特訓スタンプ:25こ リプレイ報酬 ・ウルベア銀貨:2こ ・経験値:3120 P、特訓スタンプ:7こ クエストの流れ• ガートラント城の地下1階に「 ギズマン(D-5)」からクエストを受ける ・ガートラント城に入り、右に曲がって地下に降りる• 2階の「 ゾック(D-4)」と話す• 中2階の「 ボンガフ(D-5)」と話す• 1階の兵士詰所にいる「 ゼガス(G-3)」と話す• 2階に行き、武器をかかげた彫像(D-5)の前で、しぐさ「 おじぎ」をする ・扉を背にして、右側の一番奥の彫像の前で、しぐさを行う• 「 はい」を選択する• 「 ギズマン」と話す• ギルザット地方にいる「 ゲリュオン」を5匹倒す ・ゲリュオンは「入り江の集落」の南側にいます ゲリュオン• 「 宣誓の滝」に戻り、滝をしらべる ・しぐさ「武器をかかげる」を覚える• ガートラント城へ戻り、「 ギズマン」に報告すると、クエストクリア クエストメモ(ネタバレ)• ギズマン:この先は偉大なる先人たちが眠る場所。 グロスナー王の許可を受けた者しか入ることはできぬ。 ところでそなたはレベル36以上の冒険者のようだな。 ぜひともそなたに頼みたいことがあるのだ。 近ごろガートラント城の兵士たちの間で奇妙なうわさが流れておるようでな……。 そのうわさの調査をうけてもらえぬか? おお受けてくれるか! かたじけない。 うわさというのは他でもない。 この城内にある彫像がしゃべるというくだらないものなのだ。 今のところ大きな騒ぎにはなっておらんが兵士たる者が愚にもつかぬうわさ話に心惑わされるなど恥ずべきこと。 そういうわけでそなたには城の兵士たちからうわさ話を聞きだしてその真相を調べてもらいたいのだ。 私のような古参には話しにくいことでもそなたのような冒険者になら話すやもしれぬ。 何かわかったら報告してくれ。 ゾック:ここは2階テラス。 西の廊下は兵士の休憩室や厨房へ続いており東へ行くとスピンドル兵士長の部屋がある。 玉座の間に行きたいなら南の階段ホールから3階へ上がるといいだろう。 ところでお姉さん。 城にある彫像が語りかけてくるって言ったら信じるか? 兵士詰所にいるゼガスがそんな話をしてたんだが……おっと。 これは旅の人に言うことじゃなかったな。 ボンガフ:この奥は炎の間と呼ばれる大広間。 足下の赤いじゅうたんに沿って進めば玉座の間に行けるぞ。 ……ん? しゃべる彫像について知りたい? ああぜひとも聞いてくれ! オレは確かに彫像の声を聴いたんだ!! 訓練の最後にする礼の練習をしようと剣をかかげた彫像に深くおじぎをした時だ。 突然アタマの中に低い声が響いて……。 思わず振り返ってみたが誰もいねぇ。 君が悪くてたまらねえよ。 ゼガス:城の2階にさ武器をかかげたでっかい彫像が並んでる広間があるでしょ? あそこは訓練や任務に出る時の集合場所に使われたりするんだけど……そこに出るんだってさ~。 べっ……べつにボクはオバケが怖くて訓練をサボったんじゃなくてたまたま風邪で休んだだけだよ! ゴホゴホ!• 我が前にて……こうべをたれし者よ……。 この声が……聞こえるか……? ああっ……! やっと返事をもらえたっ!? う うれしい……! はっ! すみません! ボクここの兵士です。 ……おじぎをしてくれた方に何度も声をかけたのですが誰も応えてくれなくって! ……ええっ? ここにオバケが出るって兵士たちの間でウワサになっている……? あわわ。 そんな……す すみません! そうだ! せっかくだから聞いてください! ボク行きたい所があったんですけどなぜか色々と忘れてしまったみたいで……。 覚えているのは若草色の大地のずっと先……岩壁がそびえていて滝かなんかの音だけが響く静かな場所……ってくらいなんです。 あいまいな記憶ですみません……。 でもこの城の中ならピンと来るかもなので場所を調べてボクを連れてってくれませんか? 本当ですかっ! ありがとうございます! あなたの名前は……なるほど! 〇〇さんっていうのですね。 で では……ボクは〇〇さんの後ろからコッソリついていきますので聞き込みのほうはよろしくお願いします!• ギズマン:おお! そなたうわさの蝶さはどうなっておる? 何かわかったのならこのギズマンに報告してくれ。 ……なに? 若草色の大地の先に岩壁があって滝のような音がする場所に行きたいと? それが今回の調査を関係があるのだな? 滝といえば……ふむ。 ガートラント領の南 ギルザット地方。 その東の果てに宣誓の滝と呼ばれる滝があるが……。 宣誓の滝……!? たしかそんな名前の場所だったはずです! よく覚えてなくてすみませんが……。 〇〇さんお願いします!ボクをそこに連れていってください。 そこに行けば何かを思いだせるかも……!• ギズマン:……む? ぼーっとしてどうかしたのか? 理由は聞かぬが宣誓の滝の近くは魔物が強く危険な場所だ。 行くのなら気をつけるのだぞ。 ああっ……この場所は見覚えがあります! 〇〇さんボクを連れてきてくれて本当にありがとうございます! はっ! す すみません 思いだしました……。 ボクはここで仲間と修行をするはずでした! ……でもみんなどこへ行ったんでしょう? いないんじゃ仕方ありません……。 〇〇さん。 それじゃあボクたちだけで修行を始めましょう!! この地方の南にはゲリュオンという魔物がいます。 そいつを5匹倒してまたこの場所に戻ってきてください。 ゲリュオンは凶暴な魔物ですが強くなるためには戦っておかないと……。 す すみませんがよろしくお願いします! よ……よしっ! これで修行は終わりです! 宣誓の滝に戻りましょう!! 〇〇さん修行おつかれさまでした! でもやはり誰もいませんね。 すみません……。 みんないったいどこへ行ったんでしょう? ……ああっ! そ そういえばボクたちは修行を終えた時は決まって宣誓の滝に武器をかかげその成果を報告していました。 あなたにも武器のかかげ方を教えます。 ボクの言う通りにイメージしてみてください! まずは右手を高くかかげて……。 武器をかかげるにはさくせんコマンドのキャラ設定のよく使うセリフ設定から使えるようにするといいと思います! それでは〇〇さん。 す すみませんが滝に武器をかかげて修行の成果を報告してください……! ああ……そっか。 そうだったのか……。 す すみません……〇〇さん。 ボクすべて思いだしました……。 ボクには大切な仲間がいたんです……。 厳しい修行に耐えこの滝に集い武器をかかげともに強くなることを誓い合った仲間が……。 だ だから……ここに来ればみんなに……仲間たちに会えるんじゃないかって……。 それで宣誓の滝へ来たかったんです!! でもボクはあの時……修行中の事故で……。 そんなことも忘れてしまっていて……。 ……そうだ! 〇〇さん。 城で宣誓の滝のことを教えてくれた真面目でガンコそうな兵士がいたでしょう? すっかり老けてたから気づかなかったけど彼……ボクの親友だったんです! つまりそれだけ長い年月がたっていたのですね……。 ああっ! すべて思いだしたからもう行かなきゃいけないみたいです。 いろいろボクの願いを聞いてくださってありがとうございます! 〇〇さんと修行ができてとても楽しかったです!• ギズマン:ふむ。 そなた何かをなしえた顔をしておるな。 宣誓の滝でいったい何があったのか……。 くわしく聞かせてくれ。 なんと!? そのオバケの声は私のことを親友と言った!? なるほど……。 そうかそういうことか。 その話を聞いてようやく合点がいった。 ……すこし長くなるが私の若いころの話を聞いてほしい。 かつてここガートラントの兵士の中から武勇に優れた者たちを集めより高みを目指すための修行にはげむ集団があった。 私の友人もそのひとりだった。 彼らは宣誓の滝に集い厳しい修行を通じ武器をかかげ強くなることを誓ったという。 だがあいつは強くなることに純粋でその純粋さゆえに修行中の事故で命を……。 そなたは亡き友人とともに宣誓の滝へ行きあいつの願いをかなえてくれたのだな。 これは私の感謝の気持ちだ。 受け取ってくれ。 あいつと私はここの兵士になるよりも前幼いころからの友人でな。 昔から能天気でそそっかしいやつだった。 自分が死んだことに気づかず城の彫像に乗り移って兵士たちを怖がらせるなどふっ……まったくもってあいつらしい。

次の

【ドラクエ11S】全クエスト一覧の受注場所・報酬と攻略法【DQ11S,PS4,3DS,スイッチ】

ドラクエ10 クエスト

受注場所と条件 受注場所 バルディスタ要塞 ラマンザ 受注条件 ・復興後 初回報酬 ・たそがれゴケ:1こ ・経験値:83500 P、 特訓スタンプ:167こ リプレイ報酬 ・緑のコケ :3こ ・経験値:13900 P、特訓スタンプ:28こ クエストの流れ• 「 酒場(F-5)」に行き、「 ミゼリ」と話す• 大きな岩を調べる• 「 ベルトロ(D-5)」と話す• 「 プリズニャン・強」を何度も倒して、「 カラミントの花」を手に入れる ・プリズニャン・強は、バルディア山岳地帯のE-5付近(月明りの谷の南下)にいます プリズニャン・強• 大きな岩を調べて、「 花を差しいれる」を選択する• 「 バスティ(H-7)」と話す• バルディスタ要塞の城下町に戻り、「 ラマンザ(E-5)」と話すと、クエストクリア Ver5. 2追加クエスト等• Ver5. 2「」• クエスト628「」 ()• クエスト629「」()• クエスト630「」• クエスト631「」• クエスト632「」• クエスト633「」• クエスト634「」(イルーシャのスケッチブック解放クエ) クエストメモ(ネタバレ)• ラマンザ:こんにちは 〇〇。 アナタのウワサは聞いているわ。 ヴァレリア様帰還の立役者なのでしょ? ヴァレリア様がいない間 この国は調子にのった連中が 好き勝手に荒らしてホント大変だったの。 それでね〇〇。 アタシ気になっていることがあるのだけど相談に乗ってくれないかしら? ・うける ・やめる ふふっ いい返事。 アナタ ベルトロは知ってるわよね。 この前 彼と酒場で久しぶりに飲んだんだけど……。 気になることを言っていたのよ。 ヴァレリア様の不在中は彼も結構大変だったみたいで いつも以上に領内の見回りをしたり働きづめたったみたい。 でね その話の中で彼が魔物に襲われていたカワイ子ちゃんを助けてどこだかにかくまった……なんてことを言っていたのよ。 その時は軽い気持ちでハイハイって聞き流していたんだけど今になってその子がどうなったか気になっちゃって。 もしかしたらバルディスタが落ち着いたことを知らないままかもしれないし。 それでアナタに調べてきてほしいの。 ……場所はどこって言ってたかしら? 酒場ではミゼリも一緒だったから彼女なら覚えてるかもしれないわ。 よろしくね。 ……ラマンザ姉さん? 姉さんは ここの酒場を辞めた後も アタシたちの様子を 見にきてくれたり…… 町の困りごとなんかを ベルトロ様や 上の人に さりげな~く 伝えてくれるから ミゼリたち とっても 感謝してるのよん。 あっ そぉだっ ミゼリ 忘れてたぁ~。 いやっ 来ないでっ!! …………あなた……誰? あのヒトじゃないわ……。 知らないヒトね。 わたしが魔物に襲われそうになった時……優しいあのヒトが助けてくれたの。 外は危ないからここでいい子にしてろって。 あとで迎えにくるって……言われたもの。 あのヒトじゃなければ わたしここから動かないわ……!• ベルトロ:よお 相棒~。 元気にやってるかァ。 俺の顔でも見にきたくなったってか? …………へ? ターボル峡谷の東の穴ぐらでカワイ子ちゃんが俺の迎えを待っている? あーそうそう思いだしたぜ。 確かに前に魔物に襲われそうになっていたカワイ子ちゃんを助けたことがあったねぇ。 近くにちょうどいい穴ぐらがあったから おびえるその子を優しく抱き上げてそこでおとなしく隠れてなって言ったなァ。 ……で そのカワイ子ちゃんが俺のことをずーっと待ってるってか? いやぁ モテる男はつらいねぇ。 へへっ。 まあ いつまでも あんな穴ぐらにいても仕方ないし バルディスタに来てもらったほうが良さそうか……。 とはいえ俺は今忙しくってな。 相棒のアンタに任せたいところだが……聞いた様子じゃあ口説くのは無理かもしれん。 ……そうだ ひとつ試してみてくれ。 バルディア山岳地帯などにいるプリズニャン・強を倒すとカラミントの花ってのを落とすことがある。 その花の香りがすればカワイ子ちゃんは俺だと思っていい子にしてくれるかもしれねぇ。 そしたらこれを使うんだ。 〇〇はボムボム発破を手に入れた。 へへっ。 前にガウシア樹海へ続く道をふさいでた でっかい岩があったろう? アンタがビックピッケルで壊してくれたヤツさ。 あん時 俺らも岩を壊す方法はねぇかっていろいろ試してたんだがこれはそん時の試作品さ。 アンタのおかげで出番はなかったんだが……これでカワイ子ちゃんのいる穴ぐらをふさいでいる岩を砕けるだろう。 いいか 相棒。 くれぐれもレディにはやさしくなっ。 〇〇は岩のスキマからカラミントの花を奥にそっと差しいれてみた。 ………………。 おびえていた気配がやわらいだ。 カワイ子ちゃんは穴ぐらの奥へと戻っていったようだ。 〇〇はベルトロから預かったボムボム発破を使って 穴ぐらをふさいでいた岩を砕いた!• バスティ:…………同じニオイがしたから あのヒトが迎えにきてくれたと思ったけど違うのね。 いいのよ あなたは悪くないわ。 いつまでたっても来てくれないから わたしも少し意地になっていたの。 ……そう。 あのヒト ベルトロって名前なの。 どこにいるか知っているかしら? あのヒトに言いたいことがあるの。 わたしをあのヒトのところに連れてって。 バスティは軽やかに飛び跳ねると〇〇のふところにもぐりこんだ! 〇〇はカワイ子ちゃんを手に入れた。 ……さあ 行きましょ。 ベルトロ:よお 相棒~。 どうだったんだ。 カワイ子ちゃんには会えたのかァ? バスティはいきなり〇〇のふところから飛び出すとベルトロをパリリと引っかいた! あいててててて……!• バスティ:後で必ず迎えにくるって言ったのに あなたはいつまでたっても来なかった。 わたし……ずっと待ってたのよ。 もうっあなたなんて大キライっ! バスティはぴょんと飛び跳ねると〇〇のふところに戻っていった。 〇〇はカワイ子ちゃんを 再び手に入れた。 ベルトロ:あーあー。 ネコちゃんにもフラれちまったってか? つれないねぇ。 ま 気が済んだならよしとしとこうか。 しかしそのネコちゃん。 どうするかねぇ。 さすがに城で飼うわけにもいかねぇしなぁ。 そうだ 相棒。 もともとアンタ ラマンザの頼みできたんだよな? アイツにネコちゃんの面倒を見てくれるよう頼んでくれねぇか。 ……いやぁ 俺からはちょいと頼みづらくてな。 へへっ。 まあ そういうことでよろしくなっ!• ラマンザ:おかえりなさい 〇〇。 カワイ子ちゃんの件はどうなったのかしら? 〇〇はラマンザにカワイ子ちゃんを見せ これまでのことを話した! ……なるほどねぇ。 また新しいオンナとひと悶着あったのかと思ったけれど その子がカワイ子ちゃんだった……ってワケね。 いいわ。 この家はひとりで住むには少し広いしその子はウチで暮らすといいわ。 バスティ:はじめまして ラマンザ。 私はバスティよ。 あなたとなら お互いのプライバシーを尊重して暮らせそうだわ。 よろしくね。 ラマンザ:ようこそ バスティ。 仲良くしてね。 〇〇 あなたには手間をかけさせたわね。 ありがとう。 これはわたしからのお礼よ。 ……そういえば言ってなかったかしら? ベルトロはわたしの元旦那よ。 彼と知り合ったのはわたしが酒場で働いていた頃よ。 若かったこともあってすぐに恋に落ちたわ。 仕事はできるし悪いオトコじゃないけれどどうにも女グセが……ね。 色々あって今は別々に暮らしているの。 今回はわたしの誤解だったけれど。 ふふっ。 ラマンザ:あらっ 〇〇。 バスティはこの家を気に入ってくれたみたい。 すっかり落ち着いているわ。 ……もしかしたらカラミントの香りがこの家にまだ残っているのかしら? ベルトロはカラミントの花から作られた香水を好んでつけていたのよ。 うちにも小さな鉢植えがあってよく世話をしてたわ。 彼 結構マメなのよ。 ふふっ。 バスティ:ネコというのはこの魔界に古くから存在する完璧な生き物なの。 ヒトはわたしたちを敬い大切にしてきたわ。 でも最近はわたしたちを小さな弱い生き物だと勘違いしてる輩もいるみたい。 ホント失礼しちゃう。 それにしても……。 この家いい香りがするわね。 わたしここがとっても気に入ったわ。 この家にはあなたが持ってきた花の香りが染みついているの。 わたしたちネコはこの香りが大好きなのよ。

次の