ワックス おすすめ 髪型。 オーシャントリコのヘアワックスおすすめ6選!軟毛やくせ毛にも

ワックスで簡単セット!初心者にもおすすめなスタイル別髪型アレンジのやり方

ワックス おすすめ 髪型

ヘアワックスを使ったスタイリングで、女性も髪に空気感と柔らかい動きを出しこなれ感のあるトレンドヘアに。 おすすめアレンジとワックスの使い方を紹介します。 【目次】 ・ ・ ・ ・ 女性におすすめのヘアワックス KOKOBUY|ザ・プロダクト ヘアワックス 2019年間読者 ベストコスメ スタイリング剤 ランキング 1位 2018年間読者ベストコスメ スタイリング ランキング1位、ナチュラル&オーガニックヘアケアランキング3位受賞。 ちょうどいい固さのナチュラルワックスはみんなの定番!自然由来原料のみから作られるバーム状ワックス。 42g ¥1,980 【読者の口コミ】 「おしゃれなウエット感が出るからやみつき!」(会社員・29歳) 「ここ数年ずっとコレ。 前髪に少しつけるだけで1日ヘアスタイルがしっくり来ます」(会社員・34歳) 「ぬれ感が絶妙」(大学生・19歳) 「肌についてもトラブルがない。 ハンドクリームやネイルケアにも使えて便利」(パート・33 歳) 「手あれしてても使えるのがいい」(主婦・35歳) ミルボン|(右)モールディング ワックス まるでプロ級スタイリング。 細部まで自由に表現しやすく、360度髪を輝かせるスタイリング剤。 ホームケアで簡単に、サロン帰りのような仕上がりを実現。 全3種 100g ¥2,000 アムリターラ|ベジガーデンヘアワックス オーガニックコスメ「アムリターラ」から、ミツロウと植物成分のみで作られた全身に使えるヘアワックスがリリース。 オリーブオイルの数倍ものビタミンEを含む貴重なアルガンオイルを70%以上も配合し、ミツロウで固めたヘアワックス。 髪だけでなく、肌や唇の保湿にも。 洗い流さないトリートメントとしても使えてとっても便利! 40g ¥2,400 市販で買える!プチプラ女性用ヘアワックス ウテナ|マトメージュ まとめ髪スティック レギュラー ほわっと髪が浮いてきたら、髪表面ではなく、整えたい箇所の内側にオン。 塗っていないかのような美しい見た目に。 13g ¥550 サラ|(右)ゆるふわカールジュレワックス(左)まとまりヘアジュレワックス 不快感なくヘアスタイルをキープできる、新感覚のジュレワックス。。 長時間キープするのに固まらないので指通りが柔らか。 ふんわりヘアにはピンク、まとまりヘアにはブルーのワックスを。 コテやパーマで傷んだ毛先もトリートメント成分のおかげでパサつかない! (右)100g ¥800(編集部調べ) (左)100g ¥800(編集部調べ) 大人の女性に…ショートヘアはワックスでキマる! 全体にワックスをクシャッと揉み込みでこなれ感アップ パーマをかける場合は17~23mmのロッドを使い、内巻きと逆巻きをランダムに巻きます。 アイロンで仕上げるなら、26mmのアイロンで内巻きと外ハネを無造作な動きとなるようランダムに巻きます。 ドライする時はトップが潰れないよう注意して。 下を向いてラフに乾かすと簡単にボリューム感のある仕上がりに。 7割ほどドライしたら、ワックスクリームを全体にクシャッと揉み込みながら塗布します。 最後にハネ感を整えたらフィニッシュです。 ソフトワックスを毛先から揉み込み!大人カジュアルヘア パーマは太めのロッドを使いフォワード&リバースのミックス巻きに。 前髪は大きく1カール巻きます。 ノンパーマなら、26mmのアイロンでフォワード&リバースに巻いて毛先の動きをしっかりつけます。 スタイリングはややセット力のあるミルクワックスやソフトワックスを毛先から揉み込み、全体の質感を揃えて整えます。 最後に前髪の毛先に塗布したらフィニッシュ。 ホールド感のあるワックスで立体感と抜け感で軽さを演出 バーム(オイル系ワックス)で少しホールド感のあるタイプをチョイス。 サイド、バック内側、襟足の順につけていき、手に残ったバームでトップ、前髪をつけていきます。 トップと前髪につけすぎてしまうと、せっかくの立体感がつぶれてしまうので注意!耳掛けスタイルは、もみあげを気持ち外して耳にかけずと落とすと、一層しゃれ感が増します。 ソフトワックスを全体にもみこんで今っぽ大人ショートに ショートでもしっかりケアすることで毛先のおさまりがよくなり、美スタイルをつくるベースとなるので、ドライ前に洗い流さないタイプのトリートメントを塗布します。 その後、自然な立ち上がりになるように根元をこすりながら、ドライヤーで乾かします。 完全にドライしたら、柔らかい質感で束感をつくるソフトワックスを毛先中心に全体的に揉み込みます。 柔らかい曲線のCカールをトリートメントワックスでふんわり仕上げに ドライ前にオイルタイプのトリートメントを塗布し、しっかり乾かしながら根元から毛先までツヤ感を出します。 乾いたらストレートアイロンを使いCカールで柔らかい曲線を演出。 表面はふわっと仕上げ、前髪はサイドに流れるように。 最後に、トリートメントワックスなどをサラっとつけたら完成です。 ワックスはつけ過ぎに注意して。 ツヤを与えるバーム系ワックスでクールな大人女性を演出 パーマは20~25mmのロッドを使い、髪の長さに合わせてワンカール。 カールアイロン仕上げなら、26mmを使い内巻きにワンカール巻きます。 スタイリング剤は、ややセット力がありツヤを与えるバーム系ワックスをチョイス。 クシュっと髪を握るように塗布して、ふんわり仕上げたら完成です。 髪に潤いを与えるシアバター系のワックスでスタイルが簡単に決まる パーマは20~23mmのロッドでトップから内巻きに、襟足にはピンパーマをかけます。 ドライ時はシャンプーをする時のように髪を動かしながら乾かすのが鍵。 髪に潤いを与えるシアバター系のワックスを、毛先中心にクシュクシュっと揉み込むように塗布します。 パーマヘア同様、スタイリング剤を付けたら完成です。 ボブヘアをワックスを使っておしゃれ感アップ! 外国人の髪のように、ふわっとルーズな毛流れ 髪にもみ込むと、空気を含みながら毛束同士がくっついて、見事にボリュームアップ。 外国人の髪のように、ふわっとルーズな毛流れを作りたいときにはマスト。 ドライな仕上がりはカジュアル感抜群。 マンダム ギャツビー ヘアジャム マットニュアンス 110ml¥800 のびが良い、メンズに人気の液状ワックス。 ジェルタイプなのにベタベタせず、ツヤのない無造作ヘアが作りやすい。 ローランド オーウェイ インフィーネ プレシャス・ワックス 100ml¥3,600 ソフトホールドのクレイワックス。 軽い毛束感が作れるので、動きのあるスタイルにしたいときにはマスト! 3. ジョンマスターオーガニック ヘアペースト 57g¥2,900 天然クレイが髪をナチュラルにホールド。 のびの良いテクスチャーで、固めすぎることなく躍動感と立体感のあるスタイルを実現。 ワックスで作る外ハネのニュアンスが女性らしさをアップ パーマは、太めのロッドで毛先ワンカール、顔まわりはリバース方向に縦で巻きます。 ドライ後、オイルやオイルワックスを手に取り、上から手ぐしを通すように塗布します。 ややウェットでツヤ感のあるスタイリング剤を選ぶとおしゃれ感のある質感に。 最後に前髪をつまんで束感メイクしたら完成です。 ツヤ感の出るソフトワックスでセミウェットに仕上げる! 髪をドライする時、前髪はその日の気分で下ろしも流しも対応できるように分け目がつかないように乾かします。 ドライ後、ストレートアイロン、もしくは26mmのカールアイロンで毛先を外ハネにします。 クルッとしたカール感ではなく、軽く丸みをつける程度でOK。 ツヤ感の出るソフトワックスを全体に揉み込んだらフィニッシュ。 毛先がパサついているとNGなので、セミウェットな質感を目指して品良く仕上げて。

次の

ワックスで簡単セット!初心者にもおすすめなスタイル別髪型アレンジのやり方

ワックス おすすめ 髪型

こなれ感たっぷりのふんわりゆるヘアも簡単!ショートヘアからロングまでワックスを使ったスタイル別のアレンジのセット手順をまとめました。 自然な毛流れや毛束感で今風のトレンドヘアに。 2017年間ベストコスメにランキング入りのおすすめワックスや全身に使えるワックスなどおすすめアイテムも要チェック! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【動画】ワックスで簡単!髪型セットのやり方をチェック ワックス一つで流行りのウェットヘアに!簡単ヘアアレンジ ウエットな質感の重みで、梅雨や雨の日のくせ毛や広がりをおしゃれに魅せる! <How to> 【1】濡れたようなツヤっぽい質感がでる、ワックスやスタイリング剤を全体になじませる。 【2】顔周りの毛束を残してハーフアップにし、毛束をねじって下からアメピンを挿して髪型を固定。 POINT:バレッタをつけてさらに補強を。 トレンド!マッシュショートのスタイリング 軽めのワックスでマッシュショートおしゃれ女子に変身! 一歩先をいくおしゃれ女子にオススメしたいのが、こちらのマッシュショート。 やや懐かしさのあるマッシュですが、ラウンドする毛先を長めに残し、毛先を動かしてラフに顔周りを隠すのが今っぽく作るコツ。 顔周りの毛が長いので、丸顔や頬骨が出ている人の骨格もカバーできます。 パーマをかければスタイリングは超簡単に。 軽やかで春らしく、パッと見でおしゃれ感がある程よく個性派な髪型です。 【ワックスの使い方】 スタイリングは乾かし方が重要。 ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流して。 軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成です。 パーマをかけるのでスタイリングがとにかく簡単。 大人っぽくモードなイメージにしたいなら、こちらがおすすめ。 マニッシュでありながら、女性らしさを感じるポイントは、重さを残しつつ丸みを意識したシルエットにあり。 また、サイドの髪を耳にかけてすっきりとタイトにまとめても。 前髪を重めラインでカットしサイドに流すことで、大人っぽい雰囲気をまとうことができます。 カジュアルでも、ボーイッシュでもない、大人女性がモードっぽさを楽しめるショートヘア。 乾かすだけの手軽なスタイリングも嬉しいポイントです。 【ワックスの使い方】 仕上がりのシルエットをイメージしながら、分け目が割れないよう乾かします。 トップの髪は根元からしっかり立ち上げ、つむじからの自然な毛流れに逆らって乾かせば、ふんわりキレイなフォルムに。 ツヤ感と束感が重要なので、スタイリング剤は、ミルクタイプのワックスやソフトワックスなどを選び、シルエットと質感を整えたら完成。 時短を叶えるデザインなので、忙しい人はもちろん、品のあるショートヘアにチャレンジしたい人にも注目のスタイルです。 ワックスで絶壁を感じさせないふんわりシルエット 後頭部がストンと平べったい絶壁。 スタイリングが決まりにくいし、治すことができないからこそコンプレックスに思う人は多いはず。 でも大丈夫。 髪型次第で絶壁をカバーし、頭の形をキレイに見せることができます。 そのスタイルとはズバリ、ショート。 後頭部で毛量調整しながら毛先を動かすので、丸いシルエットを自然に作ることができます。 でもショートはクールになりがちでちょっと苦手…という人におすすめしたいのが、こちらの前髪ありのショート。 やや厚めの前髪を作り、さらに後頭部はふんわり丸いシルエットなので、ショートでも柔らかくかわいらしい印象に。 ショートに抵抗がある人でも、思い切ってカットしてみれば新たな自分に出会えるはず。 今までの悩みを克服できる髪型なので、絶壁に悩んでいる人は今すぐお試しあれ! 【ワックスの使い方】 絶壁で髪がペタッとしないよう、後頭部を乾かすときは下側から根元に指を入れ、立ち上げるように乾かします。 表面だけがふんわりするよう32㎜のアイロンで毛先を内巻きに。 柔らかな立体感を出したいので軽く滑らせる程度でOK。 前髪の表面も軽く巻いて丸みをつけるとかわいらしい印象に。 重たくならないパウダー系のワックスを根元にもみ込むと、立体的なボリューム感と束感をキープできます。 カットで作った丸みにプラスし、アイロンで表面に立体感を出すのが、絶壁克服への大切なひと手間。 最後に耳掛けをし、耳の上にかかる毛束をふわっとさせれば完成です。 絶壁を克服するだけでなく、かわいらしさも手に入る嬉しいスタイル。 ショートがトレンドの今こそトライすることをおすすめします。 ショートヘアをワックスで簡単アレンジ ワックスで作るひし形シルエットショートヘア とにかく小顔になりたい人は必読。 髪型次第で輪郭はスッキリ見えます。 そんな魅力的なスタイルとは、トップにボリュームを出したひし形のショート。 ふわっとしたひし形ヘアで輪郭を包むと、顔はキュッと小さく見えます。 これはまさに、錯視を利用した髪型。 見た目の印象で、実際の顔の大きさより小さく見せることができるんです。 トップのボリュームだけでなく、前髪や襟足の作り方にも秘密あり。 目尻を隠すように前髪を流すと顔の面積が必然的に小さくなるし、襟足をタイトに作ると顔周りのふわっと感が際立ち顔がスッキリ見えます。 そんな計算された小顔に見せるための錯視ショート。 輪郭マッサージの効果にヤキモキしている間に、サロンに行く方が賢明です! 【ワックスの使い方】 分け目がパカッと割れないように、トップを乾かすときは毛束を手前に引き出し指の腹で地肌をこすりながら乾かします。 表面がふわっとするようにトップと前髪の毛束に太めのマジックカーラーを根元から巻き付けて。 5分くらい経つと自然なカールに。 ソフトワックスを全体にもみ込み、襟足はタイトに、トップの毛先は後ろに流れるようにします。 前髪は目尻を隠しつつ、毛先はトップのふわっと感に繋がるように流せば完成です。 カットベースでひし形を作っているので、スタイリングは表面をカーラーで巻くだけのラクチンヘア。 ひし形シルエットはパッと見の収まりが良く、上品な印象を与えます。 また長め前髪で大人かわいい印象にも。 小顔だけでなく、欲しいが詰まった優秀ヘア。 小顔になりたい人はもちろん、髪型チェンジに悩んでいる人にもぜひおすすめしたい髪型です! 直毛&猫っ毛さんの外国人ふわっとスタイリング マンネリしがちな猫っ毛&直毛ショートに空気感と動きを!外国人風フワクシュヘアになれる! 動きのないタイトフォルムにまとまってしまい、ワンパターン化しがちな直毛&猫っ毛のショート。 ヘアアイロンを使って、トップに空気感、毛先にハネ感を出せば、エアリーな外国人風のニュアンスヘアが完成です。 スタイリングに必要なワックスはこちら ザ・プロダクト|ヘアワックス 42g ¥1,980 「オーガニック認証をとったシアバターやアロエベラなどを使用した硬めのワックス。 ナチュラル成分なので頭皮についても安心です!スタイルをホールドしながら髪を保湿。 リップやネイルケアにも使える優秀なアイテムです」 BEFOREがこちら。 全体的にボリュームがなくペタンコな表情までのっぺり見えてしまいがち……。 <ワックスを使ったスタイリング方法> 【STEP 1】トップに空気感を出す 「髪を真上に引き出したトップの毛の根元横に140度ほどに温めた32mmのアイロンをオン。 その上に引き出した毛束をのせて、3秒ほど置くと、根元がふんわりと立ち上がりエアリーに」 【STEP 2】顔まわりの毛先を外ハネに 「顔まわりの髪の毛先から5㎝の部分をランダムに挟み、毛先を外ハネに。 前髪はストレートのまま残しておくほうがバランスよく決まります」 【STEP 3】バックの毛先も外ハネに 「STEP 2同様にバックの毛先から5cmの部分をランダムにアイロンで挟み、軽く外ハネに。 こちらも、部分的にハネ感を出すことが垢抜けの秘訣」 【STEP 4】ワックスを手にとり揉み込む 「大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから髪にオン。 無造作に髪を握るようにして揉み込むとフワクシュな質感に」 【完成!】 トップのエアリー感と、毛先のランダムなハネ感がキュートな外国人風フワクシュスタイルの完成!ストレートな毛束を残すことがこなれて見える秘訣です。 ラフな毛先でこなれ感のあるエアリースタイル エアリーでボリューミーなシルエットが表情を明るく見せてくれます。 ざっくりしたラフな毛流れがこなれ感を生み出し、今風の仕上がりに。 【ワックスの使い方】 1.26㎜のアイロンを縦に使い、内巻きと外巻きを交互に組み合わせる。 毛先だけニュアンスがつくように意識。 2.手のひらに固めのワックスを薄く広げ、根元からクシャッともみ込むようになじませてボリュームUP。 ゆる巻きふんわり柔らかな印象で女っぽく 黒髪のショートヘアは、柔らかニュアンスが命。 ストレートだとシャープでボーイッシュになってしまいがち。 そこでゆるめのパーマやアイロンでふんわり感を出しやさしい印象に。 髪の遊びを強調するように、ワックスは軽めのものを毛先中心になじませて。 【ワックスの使い方】 1.ストレートヘアの場合、太いアイロンで全体を緩く巻いて動きを出す 2.前髪ははっきりと分け目を作らず、ボリューム感を出して。 3.毛先中心にスプレーワックスをシュッとした後、指先で毛先をねじるようにして、自然な動きと束感を出す。 女性らしい丸みと透明感のあるセンシュアルボブ 【ワックスの使い方】 ワックスを毛先全体にもみ込み、軽やかさをキープ。 指を開いて手ぐし感を出すと立体感が増します。 ボブ・ロブをワックスで簡単アレンジ ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに! センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。 こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、春っぽい軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。 ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。 顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。 自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせる髪型です。 【ワックスの使い方】 ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。 また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 表面は内巻きにワンカール。 さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。 柔らかいワックスでまとまる髪型ならAラインボブ ハイレイヤーが流行っているものの、レイヤーを入れるとまとまらなくなる、そんな経験のある方におすすめしたいのがこちらのボブです。 ちょっこっとレイヤーで毛先に程よい重さを残し、キレイなカットラインを見せることでキチッとしたクールな女性のイメージに仕上げています。 アイロンカールは中間から巻くのがポイントで、毛先のカール感が緩やかなデザインとなり、作り込みすぎないニュアンスが洒落感をプラス。 暗めの髪色が落ち着いた雰囲気を表現し、大人女性にマッチします。 短めのAラインシルエットのボブヘアは、サイドのボリュームが出しやすいので、髪がストンとしやすい人やペタッとしやすい人にチャレンジして欲しい髪型です。 【ワックスの使い方】 全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで耳横の髪をランダムに取り、中間からスパイラルで巻きます。 毛先がくるっとし過ぎないようラフに仕上げるのがコツ。 前髪も中間から毛先にかけてアイロンで軽くカールづけします。 スタイリング剤は、ツヤ感を出すため洗い流さないミルクトリートメント、もしくは、柔らかいワックスを髪の中間から毛先に揉みこむように塗布。 毛束感を整えたら完成です。 こなれ感アップの上品ハーフアップ 定番ハーフアップも、ひと工夫でこなれ感アップ! BEFORE 【ワックスの使い方】 1.髪全体を緩目に巻いてスプレーワックスをつけた後、分け目を左右に6:4の割合でとる。 2.両サイドのこめかみ部分の毛束を下方向にねじる。 3.ねじった毛束を後頭部に寄せ、それぞれピンで留める。 4.ピンを隠すようにバレッタをつけ、2本の毛束を一つにまとめたように演出して。 【美人ポイント】 仕上げに毛先をつまんで毛束感と自然な動きを付けるのが、華やかで親しみやすい雰囲気を呼び込んで。 2.結び目に毛束を巻きつけ、毛束の中間にピンを刺して固定。 毛先は遊ばせるのがコツ。 4.顔周りは外巻きにし、遅れ毛に浮遊感をつける。 5.仕上げに少量のファイバーワックスを後れ毛につけて。 毛束間が色っぽい。 ハーフアップ 輪郭に沿って流れる毛束がまろやかな女性像を演出! 1 顔周りの毛束を残してハーフアップにする 1.耳から前を基準に、顔周りの毛束を残します。 2.両側のこめかみから毛束を取り始め、中央でまとめて半回転ねじり、ピンで留めます。 2 顔周りの毛束を外巻きにして動きをつける 【美人ポイント】 3.残しておいた顔周りの毛束を、2~3束にざっくり分けます。 4.その後、1束ずつヘアアイロンを使って中間~毛先を外巻き。 3 巻いた毛束にワックスをつけてニュアンスづけ 5.ヘアワックスを指先になじませる。 6.巻いた毛束をつまんで程よくくずして。 動きがより立体的&くずれにくくなり、色っぽさがアップ。 ミディアム・ロングをワックスで簡単アレンジ シアバター系ワックスで毛束感と浮遊感のある色っぽミディ 子供っぽく見えがちなぱっつん前髪ですが、シースルーバングとすることで、清楚さと色っぽさがミックスされたミディアムレイヤーに。 前髪が目にかかるギリギリの長さなので、目の印象を強調して女性らしさをアップさせるポイントです。 さらに、デザインを美しくしているカギは、顔と髪の長さの黄金比率にもあり!顔の長さと前髪の長さが等倍になるよう、前髪カットすると、バランスが良く見え美人度を底上げしてくれるのです。 たっぷりレイヤーでラフな動きと軽さが出て、毛束感と浮遊感のある色っぽミディ。 これからの季節に注目したい髪型なのはもちろん、前髪を作ってみたい、動きが出にくい髪質の人にもおすすめです。 【ワックスの使い方】 ドライ時に気をつけたいのが前髪の乾かし方。 弱めの風をあて生えグセを修正しながら乾かしましょう。 32mmのアイロンを使い、全体を内&外ミックスでワンカールに強めに巻きます。 さらに、顔まわりは中間にもカール感を作ります。 髪の質感に統一感があると今っぽくなるので、全体的に付けるのがマストです。 バーム系ワックスでウェットな質感に仕上げる今どきミディ 外ハネやボブの進化系として、近頃流行りつつあるレイヤーたっぷりなミディをご提案。 前髪は、人気のシースルーバング。 長めの前髪は流すこともできるので、2WAYの異なった雰囲気を楽しむことができます。 おでこが透けるので、前髪が長くても軽さと大人っぽさを演出。 ナチュラルで抜け感のあるミディアムレングス。 ハイレイヤーなので、乾かすのも簡単かつ時短スタイリングを叶えてくれます。 カジュアルでも、しゃれたニュアンスがあるので、これからの季節に注目の髪型です。 【ワックスの使い方】 絶妙なカットが施されているため、乾かすだけで外ハネくびれスタイルを再現できます。 ただし、前髪に分け目がつかないよう注意して。 カール感を強調したいなら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネに、トップは持ち上げで内巻きに。 セット力がありウェットな質感に仕上げるバーム系のワックスを付けてシルエットを整えます。 クリームワックスで伸ばしかけヘアスタイリング ヘアスタイルのトレンドはI(アイ)ラインへ移行しつつあるとか。 Iラインとはすそ広がりのAラインとは違い、毛先に重さや厚みのないシルエットになります。 こちらのミディはパーマスタイルでも広がらないよう毛量調整をしてラフな動きとニュアンスを演出。 外ハネミックスがしゃれ感をプラスしてくれます。 肩に当たるハネを動きとして活かせるので、伸ばしかけでもストレスと無縁です。 また、髪色を暖色系のアプリコットブラウンにすることで、パサつきを抑え、髪表面のキレイさやツヤ感を引き立ててくれます。 今っぽいシルエットでカジュアルな雰囲気を目指すなら断然このミディ!やわらかい女性らしさや髪のツヤ感が欲しい人にもおすすめの髪型です。 【ワックスの使い方】 スタイリングは、ドライ後にツヤが出るクリームワックスを中間から毛先に塗布し、やや重めの質感で毛束を作ります。 前髪は流行りの透け感バングでも、暖色系の色味は厚みを感じやすいので、束感を強調しながら流すことで軽さや今っぽさを表現します。 パーマ無しの場合、太めの38mmのアイロンで、顔周りはリバースに、バックはランダムにゆるく巻いてからスタイリング剤をつけて整えます。 耳上にはしっかりレイヤーを入れつつ、アウトラインには重みを残しているので、ハイレイヤーであっても毛先の厚みがあるのが新しい。 また、ワンカール巻くだけで、まるでパーマのような軽く動きのある仕上がりになります。 こなれ感のあるおしゃれな髪型。 【ワックスの使い方】 スタイリングが楽なのが嬉しいポイント。 髪を乾かしたら、32mmのアイロンで毛先をワンカール。 レイヤーがたっぷり入っているので、サイド3段、バック4段に分けて巻くようにすると上手くいきます。 ややセット力のあるシアバター系のワックスを毛先から中間まで、髪をほぐしながら塗布。 ふわりと空気を含ませるようにシルエットを整えたら完成です。 ツヤ感と束感を作るオイルワックスで大人の重軽ロング ロングは断然、重めのレイヤーがトレンドです。 こちらの髪型は、重さのあるカットの中にカラーリングで軽さをミックス。 抜け感や透明感をプラスしています。 細めのハイライトによるコントラストが、気品のある立体感を生み、やさしくフェミニンなイメージを与えてくれます。 また、襟足までしっかりハイライトが入っているので、アップやアレンジをした時も毛先の色がグラデーションとなり、おしゃれなニュアンスに。 毛先に重さや厚みは残しつつ、レイヤーの動きが軽い質感となる重軽ヘア。 ふんわりとした柔らかさと女性らしさが漂うロングは、髪質が硬く見えやすい人にオススメです。 【ワックスの使い方】 根元に空気感が出るように全体を乾かします。 ドライ後34mmの太めアイロンで、ランダムに内+外カールを巻いて大きく緩やかなウェーブ感を作ります。 スタイリング剤は、ツヤ感と束感を作るオイルワックス、もしくはクリームワックスを塗布してセミウェットな質感で色っぽい仕上がりに。 ナチュラルな女性らしい雰囲気にするなら前髪を7:3に分けて。 クールに決めたいならオールバックがオススメです。 バーム系ワックスで大きめカールとラフな遊びで今どきロングヘア 大きめカールのロングヘアは、巻いた後にカール感を散らすことが鍵に。 また、たっぷりレイヤーが入っているので、毛先に遊びがありこなれ感のあるスタイルになっています。 スタイリングは中間のカール感を強調することで、大人女性のセクシーさを演出することに加え、結び目の跡が自然と馴染みやすいので、暑い日は気軽にアップにすることも。 前髪のウェイトは目元ギリギリに設定し、目の印象をアップ。 さらに、自然な流れがクールさを引き立ててくれます。 髪がぺたっとしやすい人や毛量が少なめの人はもちろん、クセを生かせるのでクセ毛の人にもおすすめな髪型です。 【ワックスの使い方】 全体的に乾かしたら32mmのアイロンを使い、まず毛先から耳下くらいまで巻き込みます。 その後、アイロンを縦使いにして、中間のカールが強くなるよう毛先にかけてスパイラルで巻きます。 前髪はアイロン、ブロー、マジックカラーでも毛流れが作れればOK。 スタイリング剤は、ツヤ感の出るオイルか、バーム系ワックスを使い手ぐしを通すように塗布します。 その後、毛先のカールを裂くように散らして、ラフ感をプラスしたらフィニッシュ。 1 顔周りの毛束にワックスをなじませる 1.顔周りの毛束は残しておく。 あか抜けのポイント。 2.その毛束に少量のワックスをなじませ、無造作な動きをつける。 2 耳上の毛束をねじって低めのハーフアップに 3.耳上の毛束を取り、外側にねじる。 4.反対側の毛束も同様にねじった後、2本の毛束を後頭部の下でまとめ、ピンで留める。 3 ハーフアップの毛流れにワックスをオン 5.少量のヘアワックスを指先になじせる。 6.Step. 1でねじった毛束をつまんでほぐし、緩いニュアンスをプラス。 巻かずにくせづけ。 手ぐし風束感セミディ 隙間のある毛束感が特徴のゆるセミディをうまくスタイリングするコツは、大きめのアイロンで毛先を内巻きと外巻きの交互にワンカールさせるのがコツ。 最後は少量のワックスをもみこんで毛先を持ち上げるようにセットすれば完成。 髪を上下2段に分けて巻くと、くずれにくい。 曲線を描くように、アイロンを滑らす。 空気感を出す。 毛先にニュアンス大人っぽカジュアルロブ 曖昧レングスならどんな印象にも。 手首を内に返しながら毛先を緩やかな内巻きにすると、コテよりも自然なカールに。 髪質別のワックスでアレンジするやり方 髪質別おすすめ!ワックスの使い方 無造作だけどバサッとしすぎないラフでこなれ感があるトレンドヘア。 でも試してみるとなかなか難しい…。 そのお悩み、解決できます!カットやシャンプー、クセづけにドライなど、ちょっとした工夫や自分に合うヘアケア方法を見つけてみましょう。 今回は、ワックスを使ったスタイリングについてご紹介します。 教えてくれたのは…GARDEN Tokyo トップスタイリスト 津田 恵さん 人気サロンのスゴ腕美容師。 本誌でも素敵なスタイルやスタイリングの方法を披露してくれている。 髪にツヤとしなやかさを与えます。 今のトレンドはシアバターやヘアバーム。 天然由来のワックスのようなものですが、あまり重さはなく柔らかな仕上がり。 つけすぎるとベタつくので、少量で充分! 手にしっかり広げる 天然のシアバターやヘアバームは温度が低いと固いので、手のひらをこすりながら温めてよく広げる。 指の間にまでしっかりと。 パーマ部分にもみ込む 髪の中間の内側から手を入れて持ち上げるようにしながら、よくもみ込む。 毛先は指でつまむように、丁寧につけて調整。 ミルクや固形のワックスは、水分の重さでせっかく巻いた髪がヘタッてしまうので避けて。 スタイルをキープしながらも、気になった部分を手ぐしで変えられるくらい柔らかな仕上がり。 全体に吹きつける 上からワックスの霧が落ちてくるイメージで、全体にスプレーワックスを髪全体に回しかける。 1か所で噴射するとムラづきするので注意。 指でつまんで束を作る 表面の浮遊感を作るため、指先で毛束をつまむようにして仕上げる。 内側からバサッと指を入れると、キレイさが損なわれるので注意。 自然な毛流れとこなれ感たっぷりのふんわりゆるヘアアレンジを美的クラブがトライしてみました! お悩み「髪が細くて猫っ毛。 さらに、表面にざっくりした逆毛を仕込むのも解決策。 一気に華やかさが増しますよ!」(木部さん) 【Before】 \根元もふんわり/ 1.根元近くにミストを吹きつけてから、38㎜のアイロンでラフに巻きながらほぐす。 2.根元を起こすように立ち上げ巻く。 \逆毛を立てて…/ 3.クッションブラシを使い、根元近くの表面に軽く逆毛を立てる。 \下からクシャッと!/ 4.キープ力の高いワックスを少量手に広げ、トップをクシャッと持ち上げるようにしながらなじませて空気感をキープ。 【After】 ワックスでウェットな大人っぽポンパドール 伸ばしかけの前髪や顔まわりをスッキリする髪型ならポンパドールヘア。 Fujiko PR 大谷奈央さんは、ラブリーな雰囲気にならないようにひと工夫しているそう。 「ポンパドールを大人っぽくするには、髪の質感が大事だと思っています。 ふわふわとさせると甘くなってしまうので、髪全体をウェットにするのがポイント。 また、前髪を上げたときに目立つフェイスラインが卵型だと、品の良い顔立ちに見えると思うので、ここにもひと手間加えています」とのこと。 大人に似合うウエットな質感のポンパドールのやり方 【STEP1】髪全体にワックスをつけて膨らみを抑える 【STEP2】前髪とトップの髪をふたつに分けて取る 「前髪とトップの髪を両手で取ります。 このとき、自然に左右ふたつの毛束になるように取り分けます」 【STEP3】ふたつに取り分けた髪をねじって交差させる 「【STEP2】で取り分けたふたつの毛束を、それぞれ1度ねじってから交差させます」 【STEP4】毛流れに逆らうようにヘアピンで留めて固定する 「【STEP3】で上にかぶせた方の毛束の流れに逆らうように、ヘアピンを差し込んで留めます」 【STEP5】髪の境目と前髪の生え際にダークブラウンのパウダーでラインをぼかす 「トップの髪を取った境目のラインがくっきり見えると幼い印象になるので、髪用のダークブラウンのパウダーをポンポンっとつけてラインをぼかします。 また、フェイスラインが卵型に見えるように前髪の生え際にものせると、大人らしい丸みの顔立ちに」 【完成!】 今っぽいウエット感でポンパドールがこなれた印象に。 理想的な卵型フェイスで顔立ちまでも美しく。 一見幼く見える髪型だからこそ、守ってあげたくなるような愛しい印象を与えます。 さらにハチが張っていて頭の形が四角いとこなれ感に欠けるので、トップにボリュームを出して頭の形を丸く見せることをおすすめします。 あえて遊び心をプラスしないことが、どんな人からも愛される清楚系女子の鉄則です。 【ワックスの使い方】 ドライヤーで乾かすとき、トップの毛束は上に引き上げながら乾かします。 普段の分け目から5㎜ズラして分けると、トップがふわっと立ち上がり立体感が出ます。 裾はナチュラルなカールを作れるストレートアイロンを使い、毛先だけなめらかな内巻きに。 さらにハチ上の毛束を横に引き出しやや高い位置から同じように巻くと、表面にふわっとした毛束が作れます。 ソフトワックスを指先に少量伸ばし、毛先にもみ込みながら束感をつけます。 トップをつまんで根元の立ち上げ部分にもなじませ、さらに前髪の毛先にもなじませたら完成です。 内巻きボブはスタイリングも簡単なので、忙しいOLにもおすすめ。 この冬、清楚な愛され系女子を目指すなら真っ先にTRYしてほしいスタイルです! 2種類のワックスで猫っ毛のボブヘアをかわいく、美しくキープ 猫っ毛のヘアスタイルキープにはワックスのつけ方も重要!長持ちするこなれボブのスタイリング方法を ア&メイクアップアーティストGeorge(ジョージ)さんに教えてもらいました。 <ワックスの使い方> STEP1. 2種類のワックスを1:1の割合でブレンド ジェルワックスと固めのワックスを手のひらにワンプッシュずつ出します。 手のひらでよ~くなじませます。 手の上に広げるようにすり合わせて、フッと感触が軽くなったらOK。 STEP2. 混ぜたワックスを髪全体に塗布していく。 髪全体にワックスをなじませます。 「シャンプー後に髪をタオルドライするときのような要領で、ワシャワシャ~ッと空気を含ませるようにワックスをつけていくと、髪にボリュームが出ると同時に、毛束感も出しやすいです」 毛先は軽くにぎる感じでつけていきます。 顔周りの髪を引き出して、軽くねじるようにワックスをなじませます。 「量が多いとペったり見えてしまうので、手に残った少量のワックスを軽~くでOK!」 最後に手ぐしで軽く全体を整えて終了。 ふんわりと空気をはらんだような、絶妙な毛束感のある仕上がりに。 天然由来原料だけでできている 42g ¥1,980 【読者の口コミ】 「ワックス特有のベタつきがなく、ナチュラルな仕上がり」(生保・29歳 ) 「手や唇にも使えるので毎日携帯。 冬の必需品です」 (飲食・30歳 ) 「美容師さんに勧められて購入。 今っぽいぬれ髪が簡単に作れます!」 (教育関連・30歳 ) 「全体になじませてお団子アレンジにしたり、外ハネヘアにもぴったり」 (IT関連・32歳 ) 「これがなきゃ髪が決まらない!」(営業・28歳) 「手ぐしで何度も直せるのが便利」(金融・33歳) ロレッタ|メイクアップワックス 4. パッケージのかわいさも女ゴコロに響くよう。 65g ¥2,000 【読者の口コミ】 「巻き髪にツヤを与えたいから私はワックスを愛用 」 (受付・32歳) 「自然なロース゛の香りか゛ホ゜イント。 シャンフ゜ーて゛落ちやすいのも便利 」(IT関連・28歳) ミルボン|ニゼル ジェリーM セット力が控えめでベタつかず、みずみずしいツヤ感が長もちするジェルワックス。 90g ¥1,800 ビープル バイ コスメキッチン|リレイ フリー バーム パーツケアもできるヘアワックス。 程よいホールド感で、ニュアンスヘアもタイトヘアも思いのまま。 ヘアのみならず、固くなったかかとや乾燥しがちなリップなど、マルチに使える。 30g ¥1. ホームケアで簡単に、サロン帰りのような仕上がりを実現。 弾力あるカールをキレイに甦らせる「ナチュカール」と、エアリー感のあるくせ毛風スタイルを作る「ゆるくしゅ」。 アルガンオイル配合。 オリーブオイルの数倍ものビタミンEを含む貴重なアルガンオイルを70%以上も配合し、ミツロウで固めたヘアワックス。 髪だけでなく、肌や唇の保湿にも。 オーガニックコスメ「アムリターラ」から、ミツロウと植物成分のみで作られたヘアワックスがリリース。 〝ナチュラル〟と〝ホールド〟から使用感を選べる。

次の

【プロが教える】メンズヘアワックスのおすすめ人気ランキング15選

ワックス おすすめ 髪型

出典: バームを手のひらの熱で溶かしてオイル状にして使うタイプのワックスです。 スタイリング力はそこまで高くないですが、濡れ感を出したり、まとまりを良くしたり束感を出すなど、様々なスタイルに使うことができます。 オーガニックのものがほとんどで、唇や手など全身に使えるので、敏感肌の方にもおすすめです。 自分の髪質に合わせて選ぶ やわらかい髪質の方にはハードタイプ セット力の強いヘアワックスを選んで、ボリューム感を出すのがおすすめです。 油分の少ないドライタイプだと、長くスタイルを維持できそうです。 しっとりしてツヤ感の出るワックスを使うと、ボリュームが無くなってしまいます。 ツヤのあるしっとりとした仕上がりにしたいときには、毛先だけに使うなど工夫してみてください。 剛毛タイプの方にはまとまりのいいものを 固いタイプの髪の毛は、動きが出しづらく広がってしまうことが多いかも知れません。 このタイプの方は、クリームワックスなど、水分量が少し多めのものを選ぶと、動きがつけやすくなるでしょう。 くせ毛の方にはしっかり固められるものを くせ毛で髪が広がりやすい方には、ジェルワックスなどしっかりと固められるタイプがおすすめです。 また、くせ毛でボリュームが出ない方には、ドライタイプで少しボリュームを出すのがいいでしょう。 自分のくせのタイプに合わせて選んでみてください。 オーガニックをどうかで選ぶ.

次の